2016年、4年ぶりにマラソンコース変更!

2016.2.16


 今年は9月13日から9月19日までシドニーに滞在して、18日にシドニーマラソンに出ることまでは決まっている。正直、一番走っているコースだね。先日守谷に出て思ったけど、やっぱり一度走ったことのあるところとそうでないところでは全然違う。慣れているコースだからいい記録も出るよね、と思っていた。
 そんなさなか、大会事務局からまさかの連絡が。「今年、コースを大幅に変更します!」。な、なんだってー!?全然知らなかった。いつだろう?公式サイトにはこのように書かれている。

> Where can I find a combined course map with all four distances?
> Click here for a combined course map. 2016 course are subject to change.

 このsubject to changeってほんと、あるある表現だよね。要するにコースが変わりますということ。しかし公式サイトにもこれ以上の表現がない。州政府ページにもない。IAAFにも記載はない。まだ検定して2年しか経ってないはず(5年サイクル)。しかも2年前の検定の前は3年前のコース変更によるものだったから、ものすごいペースでIAAFに大金を貢いでませんかね??お金もったいなくない?もしかして、IAAFゴールドラベル大会としてはありえないほどの適当な運営がとがめられたとか、かなぁ?たぶん、距離は42.195kmに満たないからね
(ないしょ)。
 今年で16回目になるけど、スタート地点とゴール地点は何度か変わっている。第1回はオリンピックと全く同じコースだった。しかし、さすがに市民生活へのしわ寄せが大きすぎた。当時はまだ電車なんて2両編成と4両編成だったし(現在は8両2階建て)、バスが交通のかなめであったにもかかわらず、相当広範囲にわたって通行止めにしたからね。オリンピックならまだしも、1800人参加の小規模大会で何をやっているんだ!!って話になったんだろうねぇ。
 その後、劇的に主要道路を通らないようにコースはリバイスされていった。昔はピアモントインターチェンジの手前から高速に入って、アンザックブリッジを走れたんだよ。ものすごい起伏でねぇ。市橋さんがバテて首位争いから後退したあの橋です。スタート地点もミラーストリート?とんでもない!って感じでキリビリに移らされた。まあキャパシティの問題もあるからね。
 市街地をどんどんと規制をかけていった結果、センテニアルパークをぐるぐる回って距離を稼ぐしかなくなる。後半は通称倉庫街道を活用。37km地点から高速道路に入るところがもっとも起伏があってシビアだった。3〜5%のアップダウンの連続で、しかも高速道路だから道路がカントしているからね。何よりも、降りてまたのぼってくるというのを目で見えるコース設定になっているのが極悪だよねぇ。あそこで撃沈するランナー多数。ほんと鬼門です。
 この高速道路をふさぐのがたぶん問題なんだろうね。一番影響が大きいのはフィッシュマーケット。昔のオーストラリアは本当に日曜日はどこのお店もやっていなかったのですが、最近はオーストラリアでも日曜日はそこそこ経済は動いているからね。とはいっても、それでも平日の30%ぐらいだけど。昔は10%弱だった。スパゲティーソースをごはんにかけて食べたって記事が懐かしく思い出され、また読んでしまった。自身のラブラブ日記のなかでも屈指の出来。もうあんな楽しい日記なんて二度と書けないね。それはともかく、高速道路(ってかピアモントインターチェンジ)をふさいじゃうとフィッシュマーケットの魚が外に運搬できない。交通規制の開始はフィッシュマーケットの開場と同じ午前4時からだし。交通規制に対しては市民の理解も進んでいますが、経済への影響は避けないといけないからね。。。
 後半の山場がなくなるということは、シドニーマラソンが劇的に高速化するという意味だよね。スタートしてすぐにハーバーブリッジを渡るというコース設定は変更できないと思う。ハーフ、ファミリーラン、ブリッジランもあるわけだし、橋の交通規制は10時には解除しないとバスの運休多発、電車で人がさばききれなくなるからね。ということは、やっぱり起点はキリビリ(ミルソンズポイント)で、最初は激しく上ってハーバーブリッジということは変わらない。景観からいえばミセスマコーリーポイントも必須だから、はずせない。そこから先、距離を稼ぐならキングスクロス方面にいかないと無理ですが、そちらは治安の関係から不可能だろう。そうすると、折り返し地点、いや30km地点ぐらいまでは同じじゃない?過去のコース改変の履歴から、縦方向(エリザベス、ジョージ、ピット)をまたぐコース設定にはしないと思われるからね。景観という意味ではミラーズポイントもシドニー屈指だから、ピアモントの拷問に変えてミラーズポイントを上らせるってのはありなのかな。交通規制もほとんどかけなくていいし。でも、あんまり道幅広くないし、意外と傾斜あるかも?まあ、岬だからね。
 フィニッシュがオペラハウスでなくなる可能性は割とあるかも?30kmを過ぎてから、ボタニックガーデン〜オペラハウスと経由する形にしてね。でもじゃあ、どこをフィニッシュにするんだ?って話にはなるけど。シドニータワー?弱いかなぁ。現時点の予想をざっくりと書くと、「ミルソンズポイント〜ハーバーブリッジ〜ミセスマコーリーポイント〜センテニアルパーク〜サーキュラーキー〜ミラーズポイント〜オペラハウス」って感じかなぁ?
 とか言ってて、スタート時刻が1時間切りあがったりして、ハーバーブリッジのはるか北からスタートとかだったら笑えるけどね。でも何だろう?予想するのが楽しいってのもあるじゃない?決まっていないからこそ楽しめる、みたいな。ってか、ワリーウッドからセントラル駅までがちょうど42kmなんだよね。もうこのコースの逆向きで良くない?序盤はオペラハウスを右手に見ながら橋を渡って、スピットの拷問勾配にシーフォースからブルックベールまでのただっぴろい直線。コラロイの上り坂を登り切ったら海が見えて、そして湖が見えてきてゴールみたいな。ゴール地点のキャパシティはオペラハウス周辺の10倍はありますよ。無理ですかそうですか。いや、わかってますけど。笑。