JR東日本・奥羽本線(秋田新幹線)

覚えているかどうかが勝負!

Last Update: Jun.22, 1998
○スコア定数 41.8

 秋田新幹線は簡単だと思います。中級と特級の違いは特級の方がダイヤが厳しい区間が あること、 制限表示が唐突であること、ボーナスが少なく減点が大きいこと、天候が悪いこと、東北 新幹線のボーナス面があるかどうかですが、特級の方が減速信号が出ないので(出せない ので)、制限を覚えてさえいれば簡単。
 発車してすぐや駅到着前に音楽 (188KB)が流れるのが何 とも言えない。この音楽は好きなのだ。でもゲームでは音質が悪いので何とかして欲しい。

中級と特級を混同するとまずいので、以下では速度については特に触れません。

●秋田−四ッ小屋(通過)  秋田を発車したら 55km/h 制限。右側の信号を通り過ぎると制限が緩和される。制限が 解除されたら今度は秋田車輌基地が見えて、しばらくしたら左側の柱に黄色い 『饋電(きでん)区間予告』の標識が見える。この次にある『饋電区間』(白地に赤い矢印)の標 識から◎の『饋電区間終り』まで惰行すれば2秒(特級)か5秒(中級)のセクション通過ボーナス がもらえる(このボーナスで『?』って表情になる人・ボーナスをとれない人は初心者。 ならないのはリピーター)。特級はセクション前に 110km/hで突入し、セクション後 113km/h まで加速。

●四ッ小屋−和田(通過)  四ッ小屋を通過したら 90km/h 制限。特級では減速をゆっくり行わないと、和田 を定通できなくなる。緩い左カーブの手前で 101km/h ぐらい。

●和田−大張野(通過) 次の和田を通過した後も 90km/h 制限。こっちは四ッ小屋〜和田間よりも余裕がない。大 張野通過後 80km/h の制限があるので、大張野駅通過速度は 104km/h 以下に。特級では 105km/h で惰行

●大張野−羽後境(通過) 大張野を通過した後は 80km/h 制限。これは駅通過前に減速していないと間に合わない。徐々に制限 が緩和されていってトンネル内で解除(のはず)。トンネルは1or2秒のボーナスがある 。だいたいトンネルの入口から柱1個と4/7ぐらい(やな表現だ) 前で鳴らすと2秒もらえそう。中級だと3秒も出せるようだ。特級は制限を過ぎた後は 110km/h まで加速。

●羽後境−峰吉川(通過)  羽後境を通過した後にも 90km/h 制限があり、これもあらかじめ少し減速していた方が良 さそう。でまたしてもトンネル内で解除。こっちのトンネルもボーナスがある。画面が右 にシフトしたあたりで警笛をならせば2秒。特級は制限解除後 116km/h まで加速。

●峰吉川−刈羽野(通過)  峰吉川〜刈羽野〜神宮寺間は制限がない。中級は飛ばしすぎないように。特級は駅手前 で減速しないように、前半は惰行。緩い右カーブの中間辺りから加速。

●刈羽野−神宮寺(通過) この区間の一番目の踏切は警笛ボーナスがある。踏切は柱1個弱まで引きつけて警笛を鳴 らせばいいが私には難しい。
 峰吉川〜刈羽野に比べて、刈羽野〜神宮寺は時間が足りない。特級だと 130km/h で何 とか定通で きるといったところ。128km/h 以上のスピードを出すと最後の評価で『安全性への配慮』 が半分欠けた優(もしくはそれ以下)になってしまうような気がするので、いつも 134km/h までかまわず加速することにしている。定刻 4 秒前から減速。

●神宮寺−大曲(停車)  神宮寺を通過したら 100km/h 制限。右カーブを通過するころ通る川で警笛ボーナスがあ る。橋梁にさしかかる寸前の柱を通過してすぐに警笛を鳴すと2秒。制限が解除されても 入構速度が 55km/h なので再加速は不要。しばらくするとまた 『饋電区間』の標識。惰行でボーナスをもらえる(ブレーキはかけたままでも良いが、か けない方が良いに決まっている)。 大曲で車止め激突をすると画面がバグるときがある。持ち時間がなくなったときかも。

●盛岡−新花巻(停車)  東北新幹線は特級で大曲で停止位置 0m で停まったうえで時間が余っていたら運転できる。 ATCの指示通り運転すればまずミスしない。でもこの区間を運転できるの はオタクだけなので(AOUに行ってメモしたりしている人)、実際は違うのかもしれな いが(現に私はミスりました←私がオタクでないことの格好の証左)。
This page is written in HTML 4.0