485系はくたか

車輌性能は、多分どちらも同じです。

Last Update: Jun.22, 1998
○スコア定数 21.6

●直江津−黒井(通過)  この路線は、隠し警笛などのボーナスがない。ほとんどは定通にかかっている。

 直江津を1秒遅らせて出発して 100km/h(50秒) まで加速。そのまま惰行ぐらいで定時通過できそう。


●黒井−犀潟(通過)  一番の勝負どころ(だと思う)。
 通過してからもずっと惰行。2つ目の陸橋あたりからブレーキ3、場内進行でブレーキ4。
45km/h になったら惰行。上級と同じく 45km/h 制限を抜けて、制限解除時に 18秒前 ならその まま加速、60km/h で惰行。制限解除時に 19秒前なら 3〜4 秒惰行して 60km/h まで加速、惰行。

●犀潟−くびき(通過)  犀潟駅を早く通過しすぎると減速信号が出ておしまい。通過したあと高架の右カーブで制限 90km/h、がかかる。制限が 110に緩和されたら116km/h まで加速、惰行。

●くびき−大池いこいの森(通過)  通過したあとすぐにカーブで制限 120km/h がかかる。でもここでは 116km/h まで調整 し、トンネルを越えたらちょっと加速ぐらいで充分だろう。

●大池いこいの森−うらがわら(通過)  制限はないが、加速しすぎると早通してしまう。通過後は再び 116km/h まで加速、惰行。

●うらがわら−虫川大杉(通過)  681系とは違ってこの区間は余裕がある。115km/h まで加速、惰行。

●虫川大杉−ほくほく大島(通過)  しばらく制限はないが、この区間は通過後 124km/h にしてからずっと惰行。 120km/h を切ったら、再度 124km/h まで加速、惰行。駅通過時には警笛を要求されるので、必ず鳴らすこと。

●ほくほく大島−まつだい(通過)  通過後すぐに 124km/h に加速して惰行。110km/h まで速度が落ちたら、120km/h まで加速、惰行。

●まつだい−十日町(停車)  まつだいを通過したら 124km/h まで加速し、維持する(時間が少なめなので)。4つ目のトンネルは警笛を要求されるので必ず鳴らすこと。薬師峠信号場を過ぎたら、惰行。トンネル出口を過ぎるとすぐに信濃川があり、ここでも警笛を要求される。信濃川にさしかかったらブレーキ7(雨天時8)。52km/h まで減速、惰行。上り勾配のお陰で制限速度の 45km/h まで速度が落ちてくれる。あとはホーム階段付近からブレーキを掛けはじめて停車する。なお、この駅で遅れると、六日町停車まで遅れが取り戻せなくない恐れが強いため、遅れないように注意する。

●十日町−しんざ(通過)  上級と違って、十日町停車時のボーナスゲームはない。
 十日町をダイヤ通りに発車して、ひたすら加速。通過してすぐにトンネルに入るので、駅通過時には必ず警笛を鳴らすこと。

●しんざ−美佐島(通過)  通過した直後から惰行、3秒ほどまってひたすら加速していく。

●美佐島−魚沼丘陵(通過)  時間が不足気味なので、124km/h を維持して走る。第一閉塞信号機(680m地点)を過ぎたら惰行、トンネル出口が明るくなったらブレーキ2にして 120km/h まで減速し、惰行。そのまま魚沼丘陵を通過する。

●魚沼丘陵−六日町(停車)  何の気なしに惰行していると制限 100km/h に間に合わない。これを越してもすぐに 制限 60km/h がかかる。
 魚沼丘陵通過後、制限 120が解除されたらブレーキ7。制限 100の地点を 100km/h を下回って通過するが、かまわず 60km/h まで減速し惰行。残り 150m ぐらいからブレーキ。
雨天時は、通過直後からブレーキ8。そのまま 60km/h まで減速する。あとは惰行して停車操作。残り 160m ぐらいからブレーキを掛けはじめる。
This page is written in HTML 4.0