behavior as an intelligent novice

intelligent noviceっていう言葉がある。
日本語に直すのが難しいが、筋のよい初心者といったところだろうか。
たとえば将棋はかなり強いがチェスを全くしらないっていうような人がチェスを教えてもらってるときに、将棋でやってるような感覚でチェスに着手することになるのだが、ときに思わぬ妙手をひねり出したりすることがある。
そうして時に教えてもらってる上級者を破るわけである。
そうすると教えている側はきつねにつままれる。『初心者じゃないだろう?』というわけだ。
実際は初心者なんだけどね。

おいらは将棋はそこそこ指せる。囲碁は全くダメ。オセロも中〜上級への入り口、ってなところだろうか。
しかしどれをやるときもはじめての人とやるときは必ず「初心者です」という。
んで、囲碁はまじめにやるけど大抵負かされる。初心者だから当たり前。
ところがオセロや将棋をやるとなるとそうじゃない。
中盤まで、ごく普通に進めて、「相手が定跡を知っているかどうか」「相手の時間の使い方はどのようなものか」を調べる。
それで定跡通ならそのまま全力で戦うし、ちょっと有利みたいならその後しばらく手加減する。
かなり有利になれば***(爆)
あとは、時間の使い方も大切。相手が長考派の場合、自分も結構考えるようにする。
相手が早指しの場合、自分も必ず早指しだ。
とにかく、どの面でも相手に不快を与えないように指すのである。
そうして、熱戦のまま終盤に突入し、普通は1手負けする。ときには逆転勝ち、時には本気で見落として大逆転負けをする。
結果はどうでもよいのだ。相手を楽しませることが肝心なのだから。
どの結果になっても、相手は聞いてくる。「実は初心者じゃないんじゃない?」って。
そう聞かれると、「いやぁ戦争シミュレーションゲームみたいに戦いました。局地で負けても全体で勝てばなんとかなるんだ、って感じでやってました、ははは」とか答える(うっかり囲碁みたいに、とかいうと相手が囲碁を得意としてる場合に死んでしまうからダメ)。
それでもう1局指すと、次は前局と逆の結果になるようにする。
1勝1敗なら華があるでしょ。ってなわけでほぼ必ず1勝1敗なのである。
強い人に当たったなら真面目に指して連敗するだろうけどそれは全然恥じゃないし。
2局目を指そう、と言ってくれるということは、1局目に楽しめたということなのだ。
おいらが求めているのは、こう言われることなのである。

プロがアマチュア相手に対戦するときは、いきなりは本気を出さずに、アマチュアができるだけもってる力を発揮できるような局面に持っていくという。
要はわざと負けたりはせずに試しているということだ。
いくら強い、強いったって、強いことなんてそれ単独では何のメリットもないのだ。
あくまで、比較対象があってこそ強いのである。
自分は強いから他の弱い人間なんてゴミだみたいに振舞う人間はそこの根本が絶対おかしいと思う。

はたして、コンピュータがどれだけ進歩するかどうかは知らないけど、おいらの真似は出来るのだろうか。
いやぁ、楽しみ楽しみ。
This page is written in HTML 4.01 Tranditional