思考ゲームソフトの商品価値

プログラムが強くなりすぎたらどうなるのか。
将棋や囲碁などにおける現状ではレベル設定ができるとはいえ、所詮最高レベルにしても多くのユーザーを満足させることはできない状況だ。
だが、いずれコンピュータが人間の最高レベルの人に肉薄する時期には、ほとんどのユーザーがコンピュータに勝てなくなってるはずである。
もはやそこまで行ってしまうと、もてなしの相手というような存在になるであろう。
レベル設定なぞする必要なく、人間の指し手を評価し力量を調べることによって自動的に強さを変える、というような、万人を楽しめるようなプログラムが求められるだろう。
当然基礎となる最高レベルの強さが追いついていない現在では全く詮無いことなのだが、チェスあるいはオセロなどといったコンピュータが圧倒的に強い分野でもこの面に苦労していることから考えれば結構馬鹿にできない問題だと言える。
客を楽しませられないプログラムに客の投資動機付けを求めることは不可能であるからだ。
This page is written in HTML 4.01 Tranditional