新規参入は楽天

出来レースでしたね。
ヒアリングとかを公開にしたのも、楽天優位を印象付けるためだけでしょうし。

楽天が新規参入を認められたわけだけど、プロ野球界を取り巻く構造は、全く何も変わってない。
プロ野球界全体のことを考えたら、巨人一極となっている構造を直さないといけないわけです。
でも、そこには手をつけられない。
何かの機運が起こると、ナベツネが「新リーグだ」とか言って脅すわけで。
そんなわけで、巨人以外の球団が巨人のおこぼれに預かろう、そんな姿勢になるわけです。
テレビ中継されるのは圧倒的に巨人戦が多い。
プロ野球って12球団なかったっけ?って思わされます。
なぜ1球団しか前面に出さないのかが分からない。

球団経営者はストの機運が高まってきたころから選手の悪口ばっかりこぼすようになったけど、自分たちがしなきゃいけないことをしてるのかなぁ?なんて思いましたね。
オーナー会議でもまともな意見を出しているわけでもないようだし。
プロ野球はコミッショナーが最高権限者であり、各オーナー、選手はすべてこの決定に従う、なんて謳われていても、実際にはコミッショナーは巨人推薦の人間が就いていたりするわけで。
さして権限を持っているわけでもない。
巨人=読売新聞社=日本テレビ放送網、この系列がマーケットを席巻してるね。
プロ野球界全体を考えたときには憂うべき構造です。

--

ライブドアについての疑問。
堀江社長は「老害だ」とか言ってましたけど、だったらなんで既存の野球界の枠組みに入ることを考えるんじゃなくて、自分たちで新リーグを作ろう、っていう構想にならなかったんだろう。
既存のプロ野球組織NPBに加盟したところでそこは老人の集団なんだから、1球団だけの一存で変えられるわけないのに。
老害だ!と経営者らを叩いておいて、(NPBの)仲間に入れろ、っていうのはよくわからない主張ですね。
実際、NPBに加盟するより、新リーグを作って1からやり直したほうがきっとうまくいくと思うし。


日本のプロ野球は、一回ぶっ壊さないとダメだよ。
そういう意味ではストを終結させたのは失敗。
1年でも2年でも何年かかってでも、全員引退させて新リーグ組織を求めるとか、そういう発想ができなかったのかな。

This page is written in HTML 4.01 Tranditional