西武帝国の崩壊

東証・大証に上場している鉄道株のうち、西武だけは際立って割高であった。
PBR(株価純資産倍率)は、同業他社が1〜3倍なのに対して、西武は8倍もしたのだから。
帳簿上の流通株に比べて実際の流通株はかなり少なかったのだからそりゃ割高になるわなぁ。
相場操縦は証券取引法違反です。
堤会長「西武の株価は割安」って発言はとんでもない認識。

今回の事件は、半年前の総会屋への利益供与事件の全容解明中に判明したと思われる。
半年前の処分は絶対におかしかった。
社長が取締役になることを「降格」としていたり、堤会長はなぜか責任を取らなかったり。
しかも堤会長は会見すら欠席したのである。
部下の一切の責任は上司が負うものだから、こんな態度は信じられなかったね。
どんな会社なんだろう?って思ったものだ。
しかも世論が強まると処分も増すという、なんか小出しなやり方だったしね。

「そうした事実は最近まで承知してなかった」
前も書いたけど、これは絶対に嘘。
なんと40年も前からその体制が続いていたという。
ありえないこと。
バブルの絶頂期、個人資産の含み益が10兆円を超えていた、ってされていた時期にでも株を買い集め、上場廃止にしておけばよかったのに。
そんなこともせず、コクドは西武鉄道株を担保に融資を受けていたりする。
実態がばれ担保価値が下がることを恐れたのだろう。
もう一つ嘘と言える理由があって、それはなにかというと、西武は上場株のくせに、証券関連業務を信託銀に委託していないのである。
ほかの上場会社でこんなとこってあるのかな?少なくともおいらは知らない。
信託銀に委託すると勝手に名義寄せされるから実態がばれてしまう。
「個人名義の配当金をコクドの口座に振り込む」なんてことは絶対に行えないしね。
だから委託できなかった。と思う。

「(上場規定に抵触するから)売却すればいいんだな、と思って親密先に売却した」
これもありえない行為。
上場規定に抵触するのが分かった時点で東証・国交省に届け出なければいけない。
詐欺の疑いもあるし、インサイダー疑惑もある。
売却時には売却先に正確な経営実態並びに株式保有分布を知らせなきゃいけない。
本当にそうしたことをしていたのかはなはだ疑問である。

「悪意はない」でこの問題が済まされるわけがない。
それで済むなら、警察なんて要らない。
犯罪は、結果がすべて。
上場廃止を強く求めます。
またまた日本の経済モラルが問われている。ほんとに正念場だよ今は。

--

それにしても、ほんとすごいね。ここまで常識から乖離している会社が存在すること自体が驚きですわ。
雪印の事件でもうそんな企業はないと思ってたから。
西武の株を目先筋、個人投資家などが買っているが、これも信じられない。
2日連続ストップ安を経て、今日は727円で引けた。
決算も粉飾かもしれないしね。上場廃止になれば100円の価値もないだろう。

株価チャートをみるに、インサイダー取引で儲けた人間がいるのは明らかだね。
こんな株には手を出さないほうが良い。
This page is written in HTML 4.01 Tranditional