需給とデフレ

資本主義って、需給で価格が決まるのよね。
これは*円、これは$円とか。
需給曲線があって、交わる部分が価格だとか、教科書にも書いてあるような平易な内容。

最近の日本では、おかしな企業が隆盛してますね(衰退してきてるのもありますが)。
100円ショップのダイソーの社長(矢野博丈さん)の口癖は、「うちはもうつぶれる」だそうな。
実質無借金の企業のせりふとは思えませんが、「客に飽きられたら終わり」っていうのが思想の根底にあるようですね。
一度に超大量発注して安く作り、在庫にしばらく溜めて徐々に吐き出していくってビジネスになってます。
なんていうか、100円で売っても利益が出るように生産量を無理やり調整している感じです。
需要に応じて生産しているのではないのです。
これは、極めて危険なビジネスモデルだと思います。

ユニクロなんかも、海外での大量生産組ですが、はっきり言って需要を無視して作ってます。
フリース1900円、ていったところで、1900円で売って元が取れる量を無理やり生産しなければいけなくなってるだけな気がします。
衣料品は100円の雑貨と違って消耗品っていうほどの消耗品ではないですから、在庫に残ったのが目に見えてきやすいのよね。
型落ちしたからってすんなり処分するわけにもいかない分量です。

はっきり言って、こんな資源の無駄遣いを行っているのは日本だけでしょう。
もちろん日本は相対的に物価が高かったですから、「今の日本の商品の値段は安すぎる、安く売れる体制にすれば儲かる」みたいなところに行き着くのは分かります。
行き着くのはいいんだけど、そこで更なる慎重なアセスメントがないから、結局市場を無視したわがままな企業になってしまうんです。
そういうビジネスは、客に飽きられたら終わりなんです。あるいは追従されたり追い抜かれたりしたら負けなんです。
ユニクロなんかも1000円フリースをぶつけられて苦戦しました。
ダイソーは赤字商品も陳列するなど苦悩して、客の確保に走っているようです。

日本はデフレというよりは、国際的に見た適正物価に向かっているように感じます。
いくら安くモノを売ろうと企てたところで、相手も同じことを考えてます。
値段を下げれば下げるほど、利益が出ない体質になって、結局トータルコストで上回るほうが負けてしまいます。
生き延びたほうだって無傷じゃないです。

日本が今後もっかい復活するようなことがあるなら、特化品の市場でしか無理でしょうね。
日本でしか作れない、特定の会社でしか作れない、みたいな。
そういう商品だと粗利率も高くなりますから、日本でもやっていけるでしょう。




供給が過剰って意味では、日本の産業なんか典型的な例でしょうね。
建設業、小売業、銀行業なんか特にそんな気がします。
健全なゼネコンは、つぶれかけのゼネコンが採算ぎりぎりの値段あるいは赤字確定の値段で工事を落札するから、いい仕事ができない。
小売も店が多すぎて、一店舗あたりの利益は全然上がらない。
銀行も多すぎるから、適正な貸出金利を設定できない。

日本って、企業を保護しすぎ。
なんていうか、オール国営企業?みたいな錯覚さえ覚えます。
建設業なんてもっとつぶせばいいのに。政府主導で銀行に圧力をかけ、臭いものに蓋を無理やりさせているようです。
まあ、おそらく自民党の政治献金の源泉だからでしょうけど。
つぶれたはずの企業も、規模こそ小さくなってもこっそり生き延びてます。
こういった企業は決済が現金かせいぜいシークの短い小切手ですから、それこそ健全のゼネコンと勝負したら安値で工事を落とせてしまいます。
結局健全なゼネコンに仕事がいかなくなり、不良ゼネコンになる。
健全ゼネコンは、適正な利益を求めているのに、そうじゃないところに邪魔をされる。
商いの本質を行っている企業が押しのけられている。
おかしいですよ。

小売もマイカル、ダイエーって結局再生になりましたね。
そごうも一部はつぶれてもまだ残ってますし。長崎屋とかもそうですね。
全部潰せば、生き残った企業は増益になる。それこそちゃんとした資本主義。
現状を見るに、生き残る必要性を感じません。
つぶれかけても政府が金融機関に圧力を掛けてくれて助けてくれるだろう、みたいな風潮が企業トップで蔓延しないのが不思議です。
まあ、ヨーカドーの鈴木社長もイオンの岡田社長も、優れた経済人ですから。
政府は資本主義の本質を歪め続け、無理やり救済して国際信用を保ったつもりでいるけど、それこそ自分の身を食べて暮らしているようなものだ。
そんなことにも気づけないのか政府は。

銀行も多すぎですよ。
日本でも最近は、企業が直接金融から資金を調達する機会が多くなってきましたから、それこそ間接金融なんてもっと減るべきです。
健全な銀行が**%で貸しましょう、って言ったところで、青色吐息の銀行がでてきて、「いやウチは##%でいいです」とかしゃしゃり出ているようなもの。
こういう銀行は審査も甘いですから、どっちが先になるかは別ですけどどっちも潰れる公算が高いです。
しかも破綻銀行をほぼ再生させている!のがなによりもおかしい気がする。
消滅でいいんじゃない?
なんで新しい銀行をわざわざ作るかな。

過当競争こそが、日本のデフレの本質でしょう。
供給が多すぎて、一部のセクターにおいては適正な利益が出ないんです。いや、出せないんです。
だから税収も減るに決まっています。
何度も何度も書くのは嫌なんですけど、ゾンビがゾンビを生み出しているだけなんです。

なんで政府主導でいろんな愚かなことが行われるのかねぇ。。。。呆れてものも言えんわ。
政府の認識はおかしいね。
最後は表にしときます。

  政府見解 自分の見解
デフレの本質 銀行の不良債権
株の空売り
企業の過当競争
銀行への債権放棄の強要
金融危機の本質 銀行の不良債権 政府の借換債が減少に転じる
シナリオがみえないこと



This page is written in HTML 4.01 Tranditional