金融のモラルハザード

こんな日本に誰がした?


2002年1月末。野村アセットマネジメントの運用する野村MMFに組み込まれていた銀行劣後債が、本社に買い取られた。
銀行劣後債っていうのはまあ、返済順位が最低位の利回りの良い債券です。
大手銀が発行するものでも投資不適格なものです。要はギャンブル商品だってことです。

MMFっていうのは市場を意識した商品であるはず(海外のMMFほどではないにしても)なのに、こんなギャンブル商品が組み込まれてていいんですかね?

 1個目の疑問。MMFは毎日決算の商品なので、時価評価をしていれば組み入れ直後から元本を下回っていたはず。
なのに、引き取り前もずっと、元本を割ることは無かった。すなわち時価評価をしていなかったという事実。
特例が適用されてたんだけど思いますが。
この時点で金融庁は注意勧告すべきなはずではないのですか。少なくとも毎日決算の商品において時価評価しなくてもいい特例なんていらんでしょう。
 2個目の疑問。何かあったときには市場で債券を換金するっていう商品(投資信託)なのに、自社で引き取った。
まあ市場じゃ額面どおりに売れないからに決まっているけど。
 3個目の疑問。金融庁がこの措置を認可したこと。
はっきり言ってやばいんじゃない?何考えてんの?こんな行為を認めておいて、新しい枠組みを作るもクソもないんじゃない??

金融システムの不正をなくし、国民の金融システムに対する不安を解消して経済を安定させるのが金融庁の仕事なんじゃない?
なにかあるとまずいみたいな事なかれ主義で道理を曲げるのはやめていただきたいものですな。
何かあるとまずいのは、今までに本当は起こってはいけないことが起こっていて市場がナーバスだからです。
市場がナーバスになってるのは金融庁が仕事してない(なかった)からです。
少しは機能しろよ、ちゃんと。税金食いつぶしてるだけでは困りますね。

ついでに、たまに金融庁が試みる正常化を妨げる時代遅れの政治家も消えて欲しいものです。
This page is written in HTML 4.0