自民党系新聞社?

退職金への控除額大幅削減案が読売新聞に載っていた。
退職金控除に関しては、勤務年数×40万円の控除枠がある。
勤務年数が20年を超えると、70万円に拡大される。

(退職所得の控除額)
・20年未満 勤務年数×40万円
・20年以上 勤務年数×70万円−600万円
(年数の端数は切り上げ)

こんなのは一般常識だから書く必要ないはずだけど念のため。

読売によると、終身雇用が崩れているからとか言って20年以上の70万円枠をなくすようだ。
あと、基礎控除の部分に関しても減額される見通しだとか。

あいかわらず取れるところから取ろうとするんだなあ。とか、そりゃ自民は都市部で惨敗するわなぁ、なんてのも思いましたけど、もっと不思議やったのは、この件が載ったのが読売一社だけだったことである。
またかよ!って思った。
早い話、政府が読売にアドバルーンを上げさせて、国民の反応をみようとしているのがみえみえ。
この手のことが起こるのは今回だけじゃないしね。
いつものことだから。
それで反発の動きが思ったより出たりすると、引っ込めたりとか、対案を出したりとか、いろいろである。

政府も好きになれないけど、その注文に乗る新聞社も好きではないですわ。
こんなことしないと部数伸ばせないのか!って感じがして萎えるね。

(追記)政府の御用新聞社とはいえ、読売は世界一位の販売数を誇っている
This page is written in HTML 4.01 Tranditional