才能論

努力、才能・・・どちらもおいらには無縁のものだね。


唐突だけど、おいらは仕事の仲間と飲むのが嫌いです。
まぁ歓迎会や送別会とかだったら出るけど、何もなくて突然、飲もうかなんて話になっても飲まないのである。
(現職場では飲もうかって話がでたことないぐらい忙しい)
だって、愚痴ばっかりだからね。
まぁ愚痴を聞く分には全然構わないんだけどさ。毒っぽい発言は嫌いなのです。

自分が恵まれないと思ってるから愚痴るんだろうけど、まず思うのは、「あんたホントに言うほど努力してんの?」ってことだね。
まぁ確かに努力してても報われない人は見てきたつもりだけども、愚痴るような人ってあんま・・・アレだよね。
おいらなんか素直だから、「努力してない人間が報われる世界には住みたくないなぁ」って思ってしまう(言わないけど)。

それだけならまだいいんだけど、「○○さんは才能があっていいねぇ」みたいな話になるともう耳を塞ぎたくなるね。
才能ねぇ。おいらにはさっぱりわかんないんだけど、なんつかもって生まれたもののごとく片付けていいのかなと思う。
夫婦でもないんだし付きっ切りじゃないんだから、見えないところでその人がどうしてるかなんてわかんないのに。
見えないところですげー努力してるかもしれないのに(してないかもしれないけど)。
でも何も考えずに才能なんて言葉で片付けるのは最低だね。
そんなのは、その人の努力に対する冒涜だよ、ホント。

おいらは何もやってないから報われなくて当たり前なんだけど、やってないのに報われたいと思ってる人はどうかなぁ。
性根の卑しい人が増えたよね、最近。
心の空洞化が進んでるよ。
とか書いておきながら、飲んでるとき「こいつ最低やなぁ」と思ってしまうおいらも卑しいんだろうね。
自分がイヤになるよ。
This page is written in HTML 4.0