コンビニ競争

会社の食堂はいちおうあるんですが、朝は6時15分から。
6時半に集合しなきゃいけないんで飯くうのが遅い自分にはちょい無理っぽです。
ってなわけで前日のうちにコンビニで食料を買う。

行ったのは近くのローソンだったのですが、コンビニも随分様変わりしましたね。
おにぎり80円とか、ざるそば50円引きとか、一時のスーパーの値引き競争をちょっとだけ思わせる価格競争。
価格競争のことを思ったのは本当にちょっとで、もっと思ったことは商品のサイクルのよさ。
昔は一日3回だったんだけど、いまや1日5回も新しい商品が回ってくるのだそうな。

はっきり言って輸送がエネルギー消費や二酸化炭素排出の大半を占めているってのはもはや言うまでもないことなのに、一時の価格競争がそんな事実をうやむやにしてしまう資本主義社会が嫌いなのです。
地球のことを考えるのに割り箸やスプーンをつけなかったりするのはまぁひとつのアプローチではあるけれど、もっと大事なことを見忘れていませんか?って感じなのです。


それはともかく、おいらは森永の「謹製・珈琲牛乳」が好きなんですが、この日陳列をみていると「謹製・抹茶牛乳」なんてものがあってマジびびったのです。
どんな味やねん。。。
売るほうも売るほうだけど商品を作るほうも作るほうだね。出せばいいってもんじゃないでそ。
とか言ってて美味かったらどうしよう?
This page is written in HTML 4.01 Tranditional