せっきーの世紀末

/(^o^)\日本ヲワタ/(^o^)\

2015/09/30(水)   breadtop

grp0929191333.jpg 777×514 215K
 わんこかわいい。2500円。

2015/09/29(火)   heineken house

8.jpg 777×514 216K
 トレードマークの緑なんだけど、なぜか違和感が。。。気のせい?

2015/09/28(月)   メルボルン(ヤラ川)

grp0927224344.jpg 777×514 245K
 本当は高層階から見た写真があればいいのだけど、残念ながらそんなものはなく・・・。個人的にはこれが一番好みの構図かな。いつの日か、中高層から見た写真を撮ってみたいものですね。

2015/09/27(日)   タウンホール

grp0927222256.jpg 777×514 188K
 マラソンの受付会場であるタウンホール。3年越しのリニューアル工事が終わっていました。綺麗になりましたね、と言いたいところですが、実際問題、何が変わったのか、まったく分かりませんでした。

2015/09/26(土)   DAISO(2)

daiso.png 791×935 684K
 DAISOのシドニーの店舗リストを調べ上げてみました。それが上の地図。ジャッジャジャーン!シドニー市内は3店舗でした。

 シドニーの区分に、日本でいう都道府県的な意味のシドニーと、市町村的な意味のシドニーがありますが、この3店舗の意味は市町村的なシドニー(市、City)という意味です。広域のシドニー、つまり都道府県的なシドニー(県、greater Sydney)という意味では、7店舗あります。シドニー(県)にはもちろんシドニー(市)も含まれますが、マラソンのスタート地点であるノースシドニー市、ビーチの有名なマンリー市、ボンダイ市、サザーランド市などいくつかの市に分かれています。シドニー県には400万人が住んでいますが、そのうちシドニー市には約20万人しか住んでいません。東京都千代田区在住のようなものでしょうか。
 市内で自身が見つけたのはセントラル駅北口から徒歩約4分のローソンプレースのもの(黄色)ですが、青色で示したウインヤード駅のもののほうが利便性はよさそうです。こんな駅前にあったなんて、想像だにしませんでした。下の地図の左側の緑色の部分が公園であり、絵のとおり大量のバスが集うバス乗り場にあたるのですが(16個以上乗り場がある)、その右側にある建物がメンジーズという、電車の駅とスーパーに直結したホテルです。駅の東口を出て信号を渡ればすぐ目の前。知らなかったなぁ。。。
 チャッツとマコーリーにあると言われたのですが、両方とも郊外にぽつんと点在しているもののようです。もっと近隣にいっぱいできたのかと思ったのですが、そうではないようです。シドニーのサーキュラーキーからインナーフェリーに乗って終点にあたるパラマタにも大きなショッピングセンターがあるのですが、そこにもあるようです。この図では表示しきれていませんが、北西部のブラックタウンにもあるので7店舗あるようです(2015年9月現在)。来年にはもっと増えているかもしれません。

2015/09/25(金)   DAISO

grp0926000019.jpg 777×514 209K
 今回のシドニー訪問で、なによりも最大の誤算だったのはこの存在。店内の写真も大量にありますが、とりあえず自粛したいと思います。自身はこの撮影したRawson placeのものしか知らなかったのです。で、ここで洗濯用ネットを購入し知人に渡したところ「あっ、ダイソーだ」などと言われてしまいました。去年は少なくともなかったそうなので、去年の9月から今年の9月にかけてできたものと思われます。
 ほかに、チャッツウッドとマッコーリーユニにあると言われました。チャッツウッドはともかく、マッコーリーユニとなると相当田舎にあたるので、かなりの数のお店を展開しているのかしら?と思いましたが、どうもシドニーは6店舗だけのようです。その記事は翌日のものに回すことにします。
 シドニーに限らず、オーストラリアの物価は鬼のように高いので、正直助かります。108円均一であるはずもなく、基本的に2.8ドル均一(一部3.8ドル)ですが、かなり安いです。知人はダイソーに行ったらしばらく物色に夢中になり、1時間ぐらいあっという間に経ってしまうそうです。うーん、日本では考えられない光景ですが、シドニーでならあり得るかもしれませんね。
 390mLのコーラのペットボトル、カレーせんべい、のど飴、塩飴を購入しました。2.8×4で11.2ドル(約950円)です。日本では考えられない高値ですが、これがシドニーでは考えられない安値になるので驚きですよね。とあるノーベル経済学賞受賞者に言わせれば、物価は世界ですぐに均一になるということですが、そんなことあるはずないのだと思います。それはともかく、ダイソーのオーストラリアでのオープンは海外旅行の荷物を劇的に変えることになるような気がいたします。

2015/09/24(木)   王座戦&阪神戦

 王座戦では羽生王座が佐藤八段に敗れ1勝2敗となり、阪神は最下位争いをしている中日に2−4で敗戦。笑える一日でしたね。

2015/09/23(水)   免税店

 煙草が欲しいと海外に行くたびに言われます。別に良いのですが、あまり価格のことを知らないのですよね。それがあまりよくなかったようです。
 キングスフォードスミス空港で煙草を買おうとしたのは良いのですが、どこで売っているのか、よくわかりません。やっとのことで最初の店に戻り、壁際のレジで話しかけると、どうみても壁としか見えない奥に隠されていました。日本語でも「喫煙は死への近道」と書かれています。
 買おうとしたものはマルボロアイスブラストというもののようです。海外では1mgやライトなどの記載は禁止ですから、ふうん、そうなの?アイスブラストなんて日本では聞いたことがないのですが。まあいいや、と思い、搭乗券とパスポートを見せると、どちらもコピーを取られました。すごい国ですね。東南アジアでは空港で山積みでノーチェック、いまだにマイルドセブンなどが売っていたりするのですけれど。
 支払いの段になり、普通に1カートン111ドルと言われました。免税でしょ?と確認したのですが、税抜きでこの価格だそうです。日本でこんなに高くないなぁ、という気がしたので、結局キャンセルしてしまいました。オーストラリアでは煙草は高いので結構自作している人もいるし、自作キットも売っていたりしますが、彼らの話では市販品が一箱9ドル50セントなどだったような?8年前の話で、現状はちょっとわからないですが、免税して1箱千円はさすがに高過ぎないでしょうか。相場勘がないのに書くのも気が引けるのですけれどね。

2015/09/22(火)   雨とタイガーエアーの騒動

 滞在中、ずっと雨でしたね。こんなに天気に恵まれないのも珍し……くはないかも?日頃の行いの悪さが祟ったようです。
 メルボルンに久しぶりに来たのですが、南北がエンターテイメントコンプレックスからサザンクロス駅まで、東西はフリンダース駅(キルダストリート)からサザンクロス駅(スペンサーストリート)までの間しか移動しませんでした。筋肉痛の上に生憎の天気だったので、やむを得ないですね。

 サザンクロスからスカイバスに乗り、空港へ向かいます。予定より20分早いのですが、念のためです。これがなければ大変なことになっていたんだろうなぁ、と思います。
 まず、メルボルン空港の作りが複雑です。バスの運転手のアナウンスから最初に止まったところで降りるのは分かったのですけれど、タイガーの乗り場が見当たりません。階段を上がるとタイガーはUターンのイラストが描かれていました。建物を出て右側に進み、やっとタイガー専用のターミナルを発見できました。
 チェックイン機でチェックインしようとしたのですが、「すでに搭乗券は発券済みです」などとわけのわからない表示が出ます。そんな馬鹿な!と思い、係員に文句を言うと有人窓口に回されました。しかしここも係員が少なく長蛇の列。うまくいくのかと不安になります。
 やっとのことで自分の番になりました。予約券とパスポートを見せたのに「ジェットスターじゃないの?」などと言われる始末です。係員も搭乗券を発券できないまま、時刻の30分前になりました。LCCはドライですから、まだチェックインしていない人の予約は無効になりますとアナウンスが流れます。おいおい、お前たちのせいだろ!と係員に噛みつきます。やっとのことで搭乗券を発券してもらえました。
 あわてて2階に行き、手荷物の検査です。それを過ぎたら搭乗口までダッシュだな、と思っていたら、あのランダムの爆発物調査に当たってしまいました。絶対ランダムじゃない、50人に一人らしいのですが、自身があたる確率は軽く7割を越えています。でもそこで文句を言ってもどうしようもないので、黙って従います。そうこうするうち、トイレに行きたくなってしまいました。
 爆発物の検査が終わり、トイレに駆け込みます。用を足していると、アナウンスで名前を呼ばれてしまいました。「せっきーちゃん、10分前に窓口に来ないと搭乗拒否して出発しちゃうからね。」LCCならではのドライさ。慌ただしくトイレから出て、搭乗口まで全力疾走です。まだ筋肉痛なのに。
 はぁはぁ。搭乗口に着いたのが10分9秒前。本当にギリギリです。券を見せると、搭乗券のバーコードが読み取りエラーになります。なんで?と思ったのですが、身体障害の方が乗られる関係で座席が変わったようです。搭乗口の机の上においてあった搭乗券と差し替えられました。発券済みって、こんなところにあったらわからないじゃないか!という気持ちになりましたが、もう気力もないので、素直にします。新しい座席は出口から一番遠い席で、降りるまで10分はタイムロスしたでしょうか。やっていられない気分でいっぱいです。最初で最後のタイガーエアーの利用の騒動でした。もう二度と使わないです。

2015/09/20(日)   無事終了

 終わりました。全身ボロボロですが、なんとかなったかもしれない。詳細は後日。

2015/09/17(木)   雷直撃

 また乱気流きたわぁ。。。ってか、雷が座席すぐそばの翼を直撃!こんな経験ないわ。。。機内では悲鳴、機長からは大丈夫とのアナウンスがあったけど、正直不安しかなかった。目の前で起きたことだし、暗くて見えないからね。
 体調のほうは満身創痍。右膝を痛めて、しかも風邪気味。どーすんだろ?

2015/09/16(水)   日銀会見

 民主党政権なら金融緩和そのものをしないけど、「追加緩和せず!」ってニュースになっていたんだろうなぁ。報道が「金融緩和の現状維持決定」だったから、10月の追加緩和もないと見ましたが、どうでしょうか。安保法案による支持率激減の度合いによるのかなぁ。

2015/09/15(火)   同軸の思考

 アメリカは株価が下がることを承知でなぜ利上げするのでしょうか。それは、将来のバブルを防ぐために絶対必要だからです。9月に上げるかどうかは判然としないけども、年内には上げると思われます。短期的な視点なんて、どうでもいいのです。中長期を見ることが中央銀行の仕事なのですから。
 日本銀行総裁の会見が本日行われました。現状の緩和策については木内委員のみ反対という、想定通りの結果?になりました。インフレ率2%が必須と述べておきながら、しれっと0%で推移していると述べるこの矛盾。ほかにもおかしなこと、いっぱい言っていました。多すぎてとりまとめに苦労いたします。録画をしたので、飛行機の中で見まくることにいたしましょう。
 週末に、携帯電話の料金を下げるように首相が指示したと伝えられました。こんなことで内閣支持率が上昇すると見込んでいるのですから、どうしようもない愚か者です。新規参入を促すような構造改革が必要な局面です。電気料金なども同じです。既存の大手電力会社だけ散々守っておいて、携帯電話だけこの仕打ちというのは「政治献金が少ないだろ!」と言っているように聞こえます。週明けから通信株は暴落。方や株価対策を指示、方や株価暴落のきっかけを招く。消費増税と金融緩和のセットを思い出します。
 大量の国会の質疑の録画と、日銀総裁の会見の録画を見ることにいたしますか。首相がいないときのほうが、失言、放言が多いような気がいたしますが、気のせいでしょうか。そういえば2年前G7があったときに、安倍首相は「法人税の減税合戦はやめるべきだ」と提案していました。至極正論に思ったのですが、そんな首相が消費税増税、法人税減税を進めているのですから、なんという矛盾でしょうか。10日あまり、日本の矛盾を見つける旅に出てまいります。みなさまお元気で。

2015/09/14(月)   とんぼ帰り

 昨日、19時00分岡谷発の普通に乗り、塩尻駅で乗り換えて実家に帰りました。そして今日はしなの19号で岡谷駅に18時15分に戻ってまいりました。24時間経たずに戻ってきたのは初めてですね。諸般の事情によるものです。
 さすがに移動が長くて疲れましたね。ゆっくり食事をする暇もなく・・・。ひたすら移動の2日間でございました。

2015/09/13(日)   民俗性の違い

 TPPって本気でやるの?日本だけやたら乗り気です。アメリカは表向き反対ですが、これは日本など諸外国に譲歩を迫るためです。相手が日本だけであればイチコロですが、カナダやニュージーランドなど外交の強い国相手にはなかなか通じません。
 日本はことなかれ主義が何故か尊重される傾向にあり、納得できません。臭いものには蓋、という考え方が、他ならぬ自分を苦しめていることになぜ気づかないのでしょうか。その答えは単純に、日本人の先見性が乏しく思考が浅いからだと思います。考えなければいけないときに考えない。日本人だけでなく、韓国や中国などアジアは全般にそうなのかもしれません。
 中国政府が株式市場に介入すると明言し、実際に実行しています。その前の段階で国民に不動産を買えと煽り、不動産がバブルで手がつけられなくなるとかわりに株式を買えと煽りました。その結果が現在です。
 日本人は中国はかくも愚かだと笑いますが、本当に笑える立場なのでしょうか。この1年、日本の年金は株式を17兆円も買い増し、日銀は3兆円を買い入れしました。合計で20兆円も株価対策につぎ込んでいるのです。それでいて年初来安値付近ですから、どれだけ公的資金を棄損しているのかという話です。中国と全く同じどころか、中国以上に必死に市場を支えています。しかし政府にはそのことを公言できる人間はいません。
 中国など他国に視線を向けさせ、ガス抜きに用いるのは韓国や中国がよくやることです。日本は経済から政治まで、本当に近隣国に瓜二つなのですが、なぜか、日本国民は彼らを笑い、自分たちがどうなっているのか、全く考えもしていないようです。
 現体制を全力で維持する。中国や北朝鮮と日本はどう違うのか、よくわかりません。現体制が続くことが本当にメリットなのか、まずは考えてみる。それが欧米式なのでしょうね。自分たちの将来を良くするために必要だからこそ彼らは常に変化し続けています。一方、将来のことなど全く考えず、今日明日をどう過ごすか、そのことしか考えていないから、日本人は全く変われなく、愚かなのだ。そのように思います。自国の破綻が目に見えてきても、政治は集団的自衛権に遮二無二。こんなコメディのような国家、世界にとってはおいしい餌でしょうね。

2015/09/12(土)   幻のホームラン

 何が起こったのか、正直わからなかった。
 阪神甲子園球場で行われた、阪神=広島の20回戦。両者が決め手を欠き試合は延長戦に突入する中、延長12回1死、広島田中の打球は左中間最深部を襲う。白球は外野フェンスを越え、防球ネットにあたり跳ね返ったように見えた。微妙なプレイなので、ビデオ判定だろうと思われた。
 審判団がビデオ判定をしている間、テレビでは繰り返しそのシーンが映し出され、ホームランであることは明白だった。しかし、責任審判の説明は耳を疑うものだった。「インプレーとして、ランナー2塁で再開いたします。」3塁に到達していた田中の困惑の表情。無理もない。インプレーであれば3塁であることは明白である。結局ランナー3塁として再開されたが、広島は得点することができず、試合は引き分けに終わった。
 パ・リーグぐらい差が離れていれば笑い話で済むかもしれない話だが、情けないことにセ・リーグでは首位争いを3チームで1ゲーム以内で争っている。広島はやや厳しめの位置ではあるものの、この試合に勝利できていれば首位と2.5ゲーム差であり、3位争いはもちろん首位争いにも関わる試合だった。
 ビデオ判定しても誤審。最近の機材の先進化によって、審判の誤審、疑惑の判定が増えたように思う。審判が瞬時に正しい判断を下すのは難しいとは思うけれど、さすがにビデオ判定でまで誤審するのはいかがなものかと。。。阪神が0.5差で優勝するようなことになれば、大問題になるような気がいたします。

2015/09/11(金)   セ・リーグ

 阪神とヤクルトが同率で並び、巨人が2ゲーム差の3位につけるという混迷した事態になってまいりました。かたやパ・リーグは・・・。ソフトバンクの強さが恐るべしですね。シーズン100勝するかもしれないという勢いです。これでクライマックスシリーズで敗退したらどうなるのか、少し楽しみな気もします。短期決戦は水物ですからね。
 G1は優勝できましたが、阪神の優勝は無理でしょう。なんとなくそう感じる一日でした。打力のあるヤクルトが有望でしょうか。広島はないと思いますが、果たしてどうなるでしょうか。
 これからの時期、5連勝、6連勝とできるチームが強いのだと思います。連戦になってきますしね。岩田と黒田では、勝敗はやる前から明らかなように思います。阪神は投手力があると思われていますが、実際には先発も頼りなく、抑えの安藤、福原、呉、誰もが打たれそうな感じなのですよ。巨人で例えれば、菅野の代わりに藤浪は良いとして、あとは大竹が3人。ブルペンには山口とマシソンが2人ずついるような感じでしょうかね。

2015/09/10(木)   G1

grp0909214136.jpg 775×393 166K
 1つ取れていたようです。もう一つは2位。特典なんてとっくに吐き出してマイナス状態ですが、とりあえず取れて良かったですね。右側に廃人プレイの跡を感じるのは気のせいです。

2015/09/09(水)   政情に関するつぶやき

 政情不安になると体調が悪くなるのは事実です。一種の発作のようなものかもしれません。先月来1か月を振り返ってみたいと思います。

 60日ルールのため、参議院に送られた安全保障関連法案。書いているように、自身は自民党の法案だからとか、憲法違反だからとかそんなつまらない理由でこの法案に反対しているわけではありません。反対の根拠は、この法案が成立することで日本の安全保障は逆に厳しい環境におかれてしまうこと、歳入とセットになっていないことなどです。
 夏にこんなに長い間国会が開かれているというのも異常ですが、それもこれもすべて、60日ルールにより、参議院で審議をしたという事実がなければ法案を成立させられないからです。審議時間さえ過ぎれば採決というスタンスは参議院で首相自ら明言しています。
 しかし通例、秋には自民党総裁選があるのです。党内で政策論争を行うわけで、当然自民党というのは一枚岩ではないわけです。昔はこの総裁選があったからこそ自民党議員は強かったというのか、野党議員よりも勉強していて一枚上手という印象だったのですが、いまやその面影もありません。そもそも、総裁選が告示されれば論点整理などがあり、安全保障法案の成立は絶望的になります。
 寝技を使って、無理やり総裁選を無投票にしました。小泉さんもそうですし、負けると分かっていても自民党総裁選という名の論争はするべきなのです。議員としての資質向上もありますし、不満のはけ口も必要です。しかし今や、首相に反対すれば更迭という時代です。石原環境相、林農水相なんて、実質的に追い落とすために就けたとしか思えません。内閣人事が衆議院の候補者選びとほとんど同軸になっています。一元的で恐ろしい時代になったものです。野田を厚く遇するのか、それとも冷遇するのか。常識的には前者ですが、陰険な性格の首相ですから、後者でしょう。間違っても副総理や経産相などには就けず、沖縄担当大臣、北方領土担当大臣、出生率向上担当大臣などが関の山でしょうね。
 安全保障法案は月内に成立するのでしょうか。夏までに成立させると首相はアメリカで演説していたように思うのですが、もうすっかり秋ですよね。成立させたらさせたで、今度は左巻きの勢力が憲法違反だなどと騒動を起こし、ひと悶着あることは想像に難くありません。成立しても派兵ができなければ、アメリカの期待に沿わないものになります。アメリカにいつ首を斬られるか、分からないという状態になりそうです。
 その間に、株価の下支えとして使われた国民年金は大いに毀損し、30兆円ほどの赤字でしょうか。支給する段階では売りに出さなければいけませんから、現実的にはもっと赤字になるはずです。日本銀行がひたすら輪転機を回しているありさまはまるで戦前のドイツをほうふつさせます。そのうち、1万円札をリアカーで引っ張って行って、飲めたのはコーヒー一杯だけだった、などという時代が再来するかもしれません。日経平均株価は500京円など、とんでもない時代になっているかもしれません。経済が好調であれば国民はだませると首相は思っているのでしょうが、ほとんどの国民は疲弊しているのが実態です。
 市場は日本銀行に究極の二択を迫ってきています。追加金融緩和をするのか、しないのか、という二択です。これ以上の追加緩和は非現実的と誰もが思いますが、歴代で最も愚かな首相と歴代で最も愚かな日銀総裁のコンビです。1兆円から3兆円に金融緩和拡大した昨年10月のように、現状3兆円の株式買い入れペースを10兆円にする、などと言いだしかねません。昨今、株価は暴落をしていますが、要は日銀に二択を迫っていると言って間違いないと思います。政策催促の相場などというのはアメリカなどではよくありますが、日本では珍しいですよね。単純な話、ハゲタカに足元を見られるほど、取り返しのつかない政策を実行中なわけです。日銀がこれ以上は無理といえば、もっと売り浴びせるでしょう。そうすれば政権は存続基盤を失うことになりかねません。一方、日銀が金融緩和をさらに拡大するとなれば、日経平均株価は10万円、100万円なんて時代になるかもしれません。現在のお金と、日銀のその政策後のお金の価値が異なるので、比較することに意味はありません。結局のところどちらに転んでも国民の資産が毀損するという事実は、残念ながら動かしがたい事実なのです。国民の資産が毀損する(した)ということを国がはっきりと確認するためにマイナンバー制度を構築しようとしていると言っても過言ではありません。
 議席的には自民党政権は盤石なように見えます。しかし、9月は国会、10月は市場で大波乱が起こりそうで、かなり気をもんでしまうのが正直なところです。首相が辞めれば日本人はハッピー。そのことに間違いはありません。そして、9月か10月、どちらか、あるいは両方で致命的大失敗をして首相は入院するのではないか。それが個人的な読みです。希望的観測かもしれませんけれどね。

2015/09/08(火)   重症

 仕事が落ち着いたので病院へ行ったが、だいぶ重い薬を処方されてしまいました。うーん。しばらく静養したいと思います。

2015/09/07(月)   増量

 9月6日に体重計に乗ったのですが、8月27日出国前の体重と比べて、なんと5.3kgも増えてしまいました。衝撃的な事実です。なぜなら、わずか10日で5.3kgも増えることは常識的に考えられないことだからです。
 レース後には非常によく食べました。いや、レース前から極力食べるようにしていましたね。なぜなら、風邪でしたから。食べなければ回復できない。当たり前の話です。朝食昼食夕食、すべての食事の量が増えたと言って過言ではありません。
 一方で、運動した量で言えば、明らかに激減しているわけです。この2週間で走ったのは3回のみ。1週間で55km走るのが標準ですが、その3回の合計(フルマラソンを含む)が55km程度ですから、55km運動量が少ない計算です。55×70kg=3850kcalは増えている計算になります。
 そうすると、体脂肪1kg=7700kcalですから、あれ?約500gぐらい増えた計算になるのでしょうか。あれ?おかしいな。。。そうですね、摂取カロリーの増加を加味していませんでした。一日当たり500kcal摂取が増えたとすると、500×10=5000kcalぐらいでしょうか。まだまだ全然、帳尻があいません。
 体重の増減よりも、まずは体調の良化に努めるのが本筋というものでしょうか。まだ全快ではありませんので、しっかり治したいと思います。

2015/09/06(日)   デモと藤田騎手引退と

 都市部では安全保障関連法案への反対デモが多いようです。昨日東京に行き、肌身で感じましたね。今日は松本市でもデモが行われていました。もちろん自身も反対ですが、いまのデモにはいろいろとおかしなことを感じるのもまた事実です。
 まず「戦争法案反対!」という掛け声が理解できません。現在上程されている法案の名称は戦争法案という名前ではないし、どのように短縮しても戦争という略称にはならないからです。次に、その「戦争法案反対」以外のこともシュプレヒコールを挙げているのですが、その中には同意できない内容も含まれているからです。なぜ複数の主張を織り混ぜたデモになるのか、理解できません。「戦争法案反対」だけ連呼したほうがはるかによいように思います。単純化して「安倍政権反対!」のほうがはるかに共感を得られそうな気がします。
 日本の政治の世界では政治家の小粒化が深刻ですが、日本では国民の小粒化というか、政治的不成熟が深刻だと思います。とにかくなにも考えない。インターネットにすべての答えがあると信じている人の多さは話にならないレベルです。論争は嫌いですが、不勉強な人が多すぎてまともなやり取りにすらなりません。公開されている国会の会議議事録を読まずに、新聞の中でもとくに飛ばし記事が多い産経新聞を信用している人間が多くいる時代です。皆が思考放棄になり、一部の政治家や政党には都合の良い時代なのでしょうね。
 競馬の世界の藤田騎手が実質的な引退を表明いたしました。政治の世界に国会しかないのと同じように、競馬界なんてJRAしかない世界です。そこに所属しながら、そこの悪口、構造的問題を堂々と主張できる。このような人がどの世界でも非常に減りました。昔は気骨のある政治家もいっぱいいましたが、今や党首の顔色のほうが地元の有権者より大切な時代ですから。馬主やエージェントの顔色ばかり見なければいけなくなってしまった競馬の世界の変化(劣化)に耐えられないというのが藤田騎手の免許取消申請であり、引退式もない引退劇につながったのかな、と思っています。今後の藤田さんのご活躍を祈念いたします。

2015/09/05(土)   オムライスの日

 例年、9月の第1週は東京に来ています。いつもだと仕事の東京出張と混ぜて来るのですが、今年はその要件を後輩に奪われてしまい、自腹です。しかも職場でも、その後輩がちゃんと出張先で仕事をしてくるのかについて誰もが否定的な見解を示していてちょっと納得できないのですけど、仕方ないことでしょうか。
 とりあえずお昼においしいものを山盛りいただきました。ありがたいことです。そのため、今年は伝説のオムライスは夕食になってしまいました。墓参して、御徒町のアートスポーツで資材を調達します。27cmしかないのですが、致し方ないでしょうか。
 皇居を走ります。病み上がりですから、一周が精一杯です。非常にゆったりとしたペースですけれど、それでも胸が苦しくなりました。レース本番ではなかったからよかったと前向きに受け止めます。お風呂に入り、オムライスをいただきました。今日はこんなにご馳走ばかりでよいのでしょうか。体重計に乗りますと明らかに太っていますが、明日から落とせば良いことです。
 あずさに乗り、長野に戻ります。中央線は驚くべき直線でほぼ日本屈指かと思いますけれど、特急の速度のなさもまた日本屈指でしょうか。数年後には12両編成になるようですが、それよりもまずは複線化などの遅延対策をお願いいたします。今日は新作花火大会のため安定の遅延でした。泥酔者が酒類をまき散らしながら乗車してきたので困惑いたしました。

2015/09/04(金)   飛行機のこと

grp0904222935.jpg 777×437 100K
(体調不良のため、文面はばらばらです)(ATMあるある詐欺…)

 往路。8月27日木曜日、羽田=クアラルンプール便。23:30発のため、とりあえず川崎まで出ておいて川崎で時間をつぶす(既報)。21:30ごろ羽田空港へ。ものすごい長蛇の列で驚く。チェックインが終わったころには飲食店や書店など売店がすでに閉店(22時まで)。深夜便のための羽田なのに22時で閉まるとか意味なくね?ユニクロとかが無駄に長い時間開いてて、なんだかなって感じ。
 インサイトに持って行った手荷物は、日焼け止め、歯磨き粉、目薬、薬、空のペットボトル、ボールペン。歯ブラシそのものを忘れたのはご愛嬌ってことで。。着ていたのは長袖Tシャツに長袖のパーカー。真夏なのに、と思うかもしれないけど、3年前の記事を読めば分かるけどエアアジアの機体の中が寒すぎてひどい目に遭っているんだよね。これぐらいでちょうどよかった。手荷物検査を終えて、空のペットボトルに飲料水を補給する。これは基本。世界どこの空港でも、飲料水は無料で汲める(はず)だからね。
 最初の機内、3列シート(窓沿い)の通路側。離陸は35分遅延。深夜便のためスーパードライとプリングルスを注文(既報)。1000円渡すと29RM扱い(日本人アテンダント)。ちなみに、復路では1000円が33RM扱い(外国人アテンダント)。なぜだ?為替レートは0.1%しか変動してないのに。。。とりあえず飲んで食べたが、しばらくしたら顔面蒼白になり、冷や汗が止まらなくなる。トイレの中へ逃げて頭を下にして、6分ぐらい籠城。5分ぐらいしたところでアナウンスが入り、「たばこ吸っちゃだめだよ」そんなわけないやん。追い出されるようにトイレを出て、座席で耐える。
 着陸が定時。あれ?どうやって遅延回復した?JR西日本も青ざめるわ。国際線トランジットの手続きを済ませると、かつての面影があるような、ないようなターミナルへ。増改築中だね。とりあえず寝るか。トイレの前にあるごろ寝仕様のベンチで横になっていた。ただ、同じようなことを考えているアジア人?が来てねぇ。ものすごい大音量の着メロがすげー頻繁に鳴るのよな。まじ勘弁してくれ。。。仕方ねぇ、搭乗口に行くかと思ったら、もう一度手荷物検査があってびっくりする。なぜ2回もある!?純粋に驚くと同時に、非常に混んでいてこれは飛行機に間に合わないわと焦った。やっとのことで手荷物検査を終えて、水を汲み直してから搭乗口へ。目の前にパン屋がある。これ、改築前に行ったお店だよなあ。懐かしい。手持ちが17RMしかないため、合計11.9RMのお買いもの。サンドイッチとバターサンドです。ホイップサンドかと思って食べたらバターだった。結構ショック。だって、ホイップが口の中に充満すると思ってんのに、食べたらべっちょりべちょーんだぜぇ?落差ありすぎやん。
 パース行き。どうみても日本人は自分だけです。アナウンスが英語とマレー語のみになり、いよいよアウエイ感が増してきた。中央の3列シートの通路側。ただ、真ん中が空いていたのですごい楽だった。飛行機の中で寝るのはまれなんだけど、この便ではよく寝たよね。気づいたら着陸態勢って感じだった。でもそこからむちゃくちゃ揺れる。尻もちのような態勢でパース到着。暴風のようだ。通常の入国の紙のほか、エボラ出血熱に関する宣言書も必要です。別室行き2回。ありえねー。

 復路。8月31日月曜日。昨日までが嘘のような閑静。早朝からタクシーで空港へ。ホテルの人に手配してもらったんだけど、待っているうちに流しのタクシーがきたようだ。それに乗ろうとしたら、手配したタクシーが来ていろいろとややこしいことになってしまう。こういう文化は分からんよ。異文化の疲労って感じだね。とりあえず空港へ。
 ワサナッツ4つとカンガルージャーキーをお土産に買う。どっちも、空港でしか買えないから。空港以外で買えるものは全部空港以外で買う。値段が全然違うから。6:55、パース発。3列シート(窓を含む)の通路側。2人に頻繁にトイレに立たれてまいった。そういや、往路では2人とも、一度たりともトイレに立たなかったよね。うーん。朝のタクシーのいざこざのせいか、それともマラソンが最悪の気象条件だったせいか、また風邪気味になる。げほげほ。薬を飲んでおとなしくしたいが、席を立たされた回数が10回以上だったのでさすがにきれそうになってしまった。
 クアラルンプール着。今度は要領がわかっているので、2回ゲートを過ぎて搭乗口にすぐに行けるようにしておく。しかし、なんとATMコーナーにATMがなかった。しかも、飲食店が新しいサイトのほうにはなかった。最低。ここでご飯を食べて日本まで耐える予定だったのに、何も食べられないとかありえん。。。手持ちの現金は5.1RMと豪ドル札、日本円の1000円札と10000円札1枚ずつ。でも、クアラルンプールの空港のお店はRM限定でまるで役に立たなかった。ATMのcomming soon!という表記が「なめとんのか」って気分にさせる。誤算。乗り継ぐ前に出金しておかないといけなかったのね。ちょうど5.1RMのパンを購入。チキンソーセージサンド。往路で買ったバターロールも同じ5.1RMだったけど、さすがにまずかったので買わない。昼食がこれだけじゃ足りないことは目に見えている。仕方なく、パースの空港で買ったワサナッツを開けて食べる。うーん、なんという構図ww
 離陸。さすがに空腹すぎてダメなので食事を注文。ただ、予約者優先ねって言われてスルーされて、離陸から都合2時間ぐらい経ったところだったかなぁ。チキン、キャロット、ポテトのセットです。RM19。インターネット予約よりRM1高く、しかもRM5相当の水が付いてこないというデメリットがあります。まあ水は汲んできているから。。。飲み物を聞かれ、そういやどうせ余ってもRMの使い道ないわなと思ってダイエットコーラを注文(RM7)。合計RM26で、1000円を渡したらおつりがRM3だと思っていたらRM7来たので驚く。
 日本が近づいてきても、本当に何のアナウンスも流れないのよねこの飛行機。おまけに日本人アテンダントがいなくて、結構珍しいんじゃない?と思った。マレー人のかたことの日本語が笑え過ぎて困った。薬とお酒を言い間違えるなよって感じ。バッグや宝石の免税は分かっても、お酒の免税と薬の免税だと全然意味が違うだろ!そもそもクスリの免税ってなんだか悪いことしているみたいだw座席は中央の3列シートの窓側。隣は空席です。クワイエットゾーンとかいう、3000円高い席だったんだけど、まるで意味なかったね。無駄金だったと思うw
 日本に着陸。5分遅れの22:35。入国審査が長蛇の列。げんなりしながら待つ、と思ったら外国人の列だった。韓国人と香港人の審査が厳しいらしいね。日本人はすぐだったけど、手荷物が全く出てこなくて、結局京急に乗れたのは23:20の品川行きエアポート急行。蒲田で降りて泊まる。失敗だった。川崎にすればよかった。だって翌日、蒲田=川崎=立川=岡谷というルートで帰ったが、最初の一駅がむっちゃ苦痛だったから。まあ日付変わる前にチェックインできたからよかったのかね。

2015/09/03(木)   風邪

 風邪です。パースの悪天候がこたえましたね。徐々に快方に向かいつつありますが、しばらくはいろいろと手に着かないかもしれません。。。一部だけアップデートしておきました。1日は37.3℃、2日は37.1℃、今日は36.7℃でした。
 G1の結果だけ見に行ったつもりだったのですが、なんと岡谷市のゲームセンターの前には「8月30日をもちまして営業を終了いたしました」との張り紙が。麻雀格闘倶楽部のために、最寄りで片道12km(往復24km)車を運転しなければいけないという環境になりました。体調はよくないし、そこまでして結果を見に行くものでもないし、もういいやというのが正直なところでしょうか。お客さんが少なかったから営業基盤は危ないとは思っていましたが、いきなりの出来事だったので驚いています。岡谷市+下諏訪町内にはセガ系列のゲームセンター1軒のみとなりました。

2015/09/02(水)   アクセス最悪

grp0904225410.jpg 437×777 121K
(早朝のバス増発するよ!9月6日からね!)

 これが1週間前であれば、タクシーに乗ることもなく、無用なストレスも感じずに済んだのですが。

 パースの空港ってとにかくアクセスが悪いんです。平日ならまだ、路線バスでなんとかなるんですけど、休日になりますともう本数も減って運行時間も非常に短くなります。なにしろ法律で休日出勤は2倍増しの賃金を支払わないといけないですから、どうしようもないのですけれどね。
 平日なら国内線は7時20分発から、国際線だと8時30分発のものからだと路線バスでも間に合います。エアポートコネクトというバスだと、それぞれ各1時間ぐらい早いものでも間に合うでしょうか。しかし、それ以外の時間帯になると、タクシーでしかアクセスできない。。。鉄道路線を作ってほしいですよね。
 よく、シドニー空港の鉄道が非常に高いと言われるけれど、個人的にはそうは思わないです。市内まで3駅10分で15ドル35セントですが、まるで高いとは思えないのです。タクシーで行けば、迎車代がかかり、空港利用税がかかり、なんだかんだで$55はしますよね。ぼったくりタクシーに遭う可能性もあるわけですし、時間はかかるし(そのかわり、ホテル目の前まで行ってくれるけど)。
 パースで鉄道路線を作れば、クライゼブルックかバーズウッドからせいぜい3駅分ですから、飛躍的にアクセスは向上するはずです。現在、国内線と国際線の間がバスで20分かかるという不都合も解消できます。現在は無料ですがかつては8ドルも移動のための料金を取っていたわけですし、シドニーのようにターミナル間の移動で5ドルほど取っても、高いとはとても思えません。パース空港まで鉄道ができれば、仮に20ドルしても利用します。鉄道構想が実現することを願っています。

2015/09/01(火)   ノルマ達成

grp0901210247.jpg 777×440 112K
 エアアジアは怖かったですね。例のマレーシア航空の事故があって、エアアジアも墜落事件を起こしました。その墜落事件の前にはすでに航空券は手配済みでしたから、もう祈るしかないという状態でした。
 機内食は全く事前注文しなかったのですが、復路の日本便でのみ頼みました。事前注文のメリットは、メニューによって1RM(リンギット)安いことと、350mLの水がついていることです。極端な話、水が不要で1RM安くならないメニューであれば、事前注文する必要はないということです。極端な話、写真のようなメニューなどの場合です。
 全く納得ができなかった出来事がありました。往路は1000円を渡すと29RM扱いだったのですが、復路では33RM扱いだったことです。往路のアテンダントにピンハネされたのか?と勘ぐってしまいます。
 往路の羽田発の便がいきなり45分遅れました。乗継時間が1時間ほどしかないと思い焦ります。全く眠れなくて風邪が悪化したので、ベンチでのんびり横になっていました。でも、クアラルンプール空港のターミナルが変わっていて、2回ゲートをくぐらないといけないのですね。仮眠してたら間に合わないところでした。
 どの飛行機でも自機の座標軸が分かると思っていたのです。いまどこを飛んでいる、という画面が見られると思うのですが、エアアジアではそれがないのですよね。たまに流れる機長の貴重なアナウンスで、それを信用しなければいけない。結構怖いですよね。都合4回乗ったのですが、まさに罰ゲームみたいな感じでした。実際、かなり怖かったですね。陸が見えてやっとほっとして、着陸してやっと罰ゲーム終わりみたいな印象でした。それが4回も。疲れましたよ。

過去ログ 2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月