せっきーの世紀末

/(^o^)\日本ヲワタ/(^o^)\

2014/08/31(日)   トライアミューズメントタワー

232.jpg 601×801 87K
(もはやすっかり表通り)

 昔は毎日のようにゲーセンに通っていた。著名なハイスコアラーである高知のさべつ氏によると、スコア更新は自分の歯との戦いだという。うまくいかなくて悔しくて、歯ぎしりばかりしてしまう。その気持ちは同じことをしてきた身として、痛いほどよくわかる。
 しかし昨今では、エミュレータによるTAあるいはTASがものすごいので、もはやハイスコアを競うという概念がないように思う。最近のゲームのランキングは1回のプレイによるハイスコアではなく、どれほどやりこんだかという内容に特化していて、意義が非常に薄いものになっている。
 しかしそのトライタワーが、もう場所を探すのさえ苦労した。秋葉原の裏通りだったはずなのに、もはや裏通りって印象がない。こんなに末広町寄りだったっけ?とも思った。また、入口も変になっていて、エレベータも2台だし、わけのわからない外食店が入っていたり、随分様変わりしたもんだね。
 7階に上がり、忍者くん魔城の冒険、アルカノイド、源平闘魔伝、タンクフォースと一通りプレイ。全くさえなかったね。そこから階段で8階に上がると、クレイジークライマーが。しかしトイレの位置といい、複雑な階段と自販機の場所の意味不明さとか、いろいろと懐かしかったね。レトロゲーを置くのであれば、むしろ電Go!でしょ、と思ったのだが、さすがに無理だろうか。

2014/08/30(土)   何に期待?

 競馬の解説は常に後付けである。どんなに予想外の結果に終わっても、リプレイのときには理路整然とした解説が用意されている。競輪、競艇、オートレースなども同じかもしれない。もっとも、自身はどれ一つやらないけれど。
 それに比べると、門田や落合、野村、桑田などのプロ野球の解説は、本当によく見えていると思う。ここでこういう球を投げる、エンドランをかける、右打ちする、だいたい当たるものね。やはり豊富な研究量に裏付けされているんだなぁ、と思う。
 後付けの解説はもうひとつあった。株式市場と為替である。どんなにいい指標が出ても暴落するときもあるし、そうでなくても暴騰するときもある。世界情勢の緊迫に、日本では実質賃金が過去最悪の勢いで悪化。誰が株を買うんだろう?と思うんだけど、年金が国債を売って買って、その国債は日銀が即吸収している。金利上昇を避けるためだが、ばかげたことだと思う。
 しかし、アメリカの市場の上げもほんと、いい加減にしてもらいたいなと思う。世界情勢も何もかも無視でしょ。1%にも満たない富裕層が、自分たちの利益のために相場を吊り上げ続けている構図。中国の不動産バブルといい、アメリカの株式バブルといい、過去の失敗を全く反省していないところが情けない。景気が回復しているなんて実感している庶民は、日米ともほとんどいないと思う。

2014/08/29(金)   トチ狂い

 泉州国際市民マラソンが来年開催分から抽選になった。正直言って、抽選は好きじゃないんだよね。エリート選手なら出走は確実だからいいけど、市民ランナーにとってはレースプランが立てづらくなるだけだから。正直、もどかしい気持ちでいっぱい。
 個人的には、主催者の意向に沿わない選手は以後も門前払いでいいと思う。虚偽タイム申請、仮装、飲食物投棄、立小便など。海外みたいに放尿が逮捕される時代が来ないのかな?と思う。いくらトイレが少なく、並ばなければいけないとはいえ。
 泉州国際に出られるかどうか分からないので、1週後の東京マラソンにエントリーしてしまった。いやこれはすごい。正直、大都心は嫌いなうえ、しかも東京ど真ん中でしょ。まあでも、泉州に出られる保証がないので、仕方ないと思っている。もちろん泉州もエントリーする予定。両方当選すると、中0週で連闘ということになるのである。さあて、大丈夫なのかな?と。

2014/08/28(木)   長野新幹線ダイヤ改正

 北陸新幹線の延伸日が正式に決定し、ダイヤの概要が発表された。現行の本数から大幅増になり、違和感を禁じ得ない。長距離利用が増えるから、仕方ない・・・のかなぁ?
 まず裏の面から話をすると、北陸新幹線の延伸に伴い、北越急行経由のはくたかは廃止となる。北越急行は特急車両をJR西日本に売却、地域間輸送に特化する。また、はくたかと接続していた上越新幹線については過剰輸送となることが見込まれることから、減便も予想される。
 在来線に関しては、北しなの線はじめ、並行在来線がJRから経営分離される。運転本数の減、運賃の増などが見込まれ、沿線住民にとってはデメリットも大きい。むしろ、デメリットのほうが大きい。そのように感じる内容である。
 長距離輸送については、長野=東京に関しては現状の27往復から40往復になる。さらに、車両は2年前には8両編成のみであったものが、24往復の12両編成、16往復の8両編成となり、運行本数としては216両から416両とほぼ倍増になる。試行中の12両編成の空席率を見ていると、この運行計画に違和感を感じずにはいられない。はくたかは最大117両だから、どう考えても増便が多すぎるように思える。気のせいなのかなぁ?

2014/08/27(水)   増税の準備

 また消費税を増税するらしい。そのための土台作りが必要ということで、つまらない工作ばかりしている。そのうちのひとつがPKO、年金による株価買いである。国民が損しようが、どうでもいいというわけだね。株価が上昇すると、年金は売ってバランスを取るのが基本なのに。
 公共事業の四半期ごとの発表を始めたのもそのひとつだし、もうひとつは公共事業の前倒し執行もそうである。前倒ししたって、年間トータルで見れば変わらない。でも、増税の判断をする11月ごろには、7〜9月期のデータが最新のものだから、その値は意地でも下げられない。悲しくむなしい世界だなぁ。
 昨日は欧米市場が暴落した。政情不安、治安悪化に加えて金融商品の懸念、疫病発生とよいところを探すのが難しい状態だから無理のないこと。しかし、それにもかかわらず、日経平均株価はわずか0.5%マイナスにとどまった。正直、狂いすぎていてよくわからない。アメリカ以上に下げる、それが日経平均だったから。
 日本の景気情勢が良い、なんて言っているのは政府や経団連の大本営発表だけで、実質賃金は連月3%以上の下落、4−6月GDPはマイナス8%と、政府の予測をはるかに下回る見込み。それでも、そういう都合の悪い材料は加味しないというのだから、すごい世の中になってしまった、とあきれてしまう。

2014/08/26(火)   未承認薬投与

 アフリカでエボラ出血熱が猛威を振るっていると伝わっている。非常事態宣言が出される国もあり、事態はそう簡単に収束しない様相である。かつてはペストやコレラなども猛威を振るったものだった。未知の疫病はいつも怖いものがある。
 なぜ急に?というのが率直なところ。というのも、エイズみたいに、現地では耐性を持っている人がいるけど、そこからそうじゃない人に伝播していった、という感染の図式ではないからである。鳥インフルエンザのように、突発性変異なのだろうか。そうすると、発展途上国に特有の課題というわけではない。先進国でも起こりうる課題である。
 とにかく、現状をなんとかしないといけない。アメリカ人の神父が未承認薬を投与されて回復したと伝わっている。未承認薬はそのアメリカ製のものだけでなく、ドイツ製や日本製のものもある。どれほどの効果があるのか、人体実験するしかないのだろうか。パンデミック地域で未承認薬をテストしたら、耐性菌が出てきたときに悲惨なことになりそうで怖い。
 それに、未承認薬を投与するということは、毒物の投与そのものではないのか。そのように思うのだが、気のせいだろうか。仮にエボラの症状から回復したとして、後日に深刻な副作用、後遺症を残さないとも限らない。差し迫った危険と、その後迫りくる危険。天秤にかけることは非常に難しいことで、世の中の難しさを思い知らされる。

2014/08/25(月)   志望校を母校にする

 自身が大学生だったころは、数学科と物理学科だけは人気がなかった。理由は簡単、就職の引き受け手がいないことにある。数学科だったら予備校に就職するか大学に残らないといけないし、物理学科でもやはり同様か、物好きな企業を探して受けないといけなかった。
 代々木ゼミナールの謳い文句は表題のものである。大学受験というのが大きな産業のひとつだった。過去形で示してあるとおり、もはや過去のものとなってしまったが。時代は大きく変わる。仕方のないことである。
 そりゃこれだけの少子高齢化時代だもの。大学はまだまだ増やすみたいだし、普通に考えて浪人する人が出るはずがない。オンデマンド時代になり、インターネットの活用によって講義のあり方も大きく変わった。東進ハイスクールの林修先生なんて、質問が出る授業はよくない授業であるというのが持論だし、ネットの講義だけで完結すればもっとも費用は安上がりである。
 その昔は、駿台、河合塾、そして代ゼミと言われたものだったけどねぇ。その下に大予備、北予備、東進などがいたような気がする。3大予備校時代は終わりをつげ、2大時代になるのか、それとも東進などが割って入るのか。何がなんだか、分からない。パラダイムシフトとはそんな時代である。

2014/08/24(日)   概念の違い

 日本の住所は変だなぁ、と思う。ある地域に●●町として、そこからさらに細分化して1丁目、2丁目などとつけ、さらに番(番地)と号をつける。歴史ある地域では、甲乙丙、イロハなどとつけられることもある。
 外国の住所はそのぶん、わかりやすいと思う。すべての道路に名前を付ける。スミス通り、オックスフォード通りなどという感じである。で、道路の端が1番、その向かいが2番。1の隣が3、2の隣が4、という感じで、奇数と偶数が並んでいる。
 もっとも、同じ名前の道路なんて腐るほどある。ただ、ある町においては1本だけに制限しているのである。シドニー市リバプール通り225、メルボルン市リバプール通り225、という感じで区別している。世界で最も多い道路名はワシントン通りであろうと言われている。
 ただ、シドニーとメルボルンぐらい離れていれば何の問題もないが、現実にはなかなか大変なことも事実である。重複のため名前がつけられない場合、本当に意味の分からない名前になるからね。マツオストリートとかノムラアベニューとか、日本人の名前っぽい道路もあったね。その道路沿いにそういう姓の人が住んでいるから、そうなったのである。そのマツオストリートも重複のため、片方はマッツォストリートになっていて、正直読めなくて困った。

2014/08/23(土)   国際電話カード

 日本にいても滅多に電話しないが、海外にいるとよく電話する。それこそ相当な数なんだろうなぁ、と思う。ただ、番号が「通知不可能」になるらしく、「こんなん取ったらどんなおれおれ詐欺待ってるんかと思うたら取れへんわ」(いちけんさん)などと、怖いようにも思えるそうだ。
 ただ、毎回通知不可能になるわけではなく、ちゃんと表示されているものもあった。それでも、+61とか+64とかで始まっているから、怖いっちゃー怖いんだろうね。電話番号がプラスで始まっているというのは個人的には普通のことだけど、数字以外が入っているということを想定していない人も多いだろうから。
 長い間ずっと、奴から譲り受けたグローバルゴシップの国際電話カードを使っていたんだけど、オークランドに行ったときになくしてしまった。そこで、オークランドで買ったカードを今でも使っている。もう使い始めてから何年?6年ぐらいにはなりそうだ。有効期限は最終利用から1年なので、外国でありがちな固定期限のカードと比べて有利だ。
 しかし、そのカードが日本からの利用ができなくなってしまった。全く知らなくて、期限更新のために使おうと思ったら使えなくなっていてショックだった。残額は18ニュージーランドドル程度。ニュージーランドとオーストラリアはおろか、日本や韓国や台湾やマレーシアからもかけたものだけど、もう期限の更新のしようもないのか。。。残念だけど仕方がない。何らかの方策を講じないとね。

2014/08/22(金)   女子スポーツ

 女子バレーが連勝スタート。方や男子はといえば全敗である。そもそも、男子が試合なんてしてるの?と言われるぐらい、認知度がないかもしれないが。
 サッカーの世界ではずっと男子ばかり注目されていて、女子なんて歯牙にもかからない感じだったね。代表20年近い澤が環境の変化に驚くのも無理はないと思う。もっとも、今の環境を迎えられたのも、女子ワールドカップ制覇など、彼女たちの努力と結果のたまものに他ならない。
 男子サッカーに見慣れた人にとっては、女子サッカーは非常にスピードが遅く、緩慢に見えるのだそうだ。事実、なでしこジャパンとて、男子大学生と試合をしてもまず勝てない。高校生でもどうか、というレベルだから、無理のないことだと思うけどね。個人的には、落ち着いて見られるからいいのだけど。
 ジムでたまたま見ていた女子バレーも、これぐらいのスピードがちょうどいいなぁ、と思ってみていたのだった。これが男子バレーになると、もうものすごい速さで驚く。試合についていけないどころか、もはや競技として成立していないんじゃないか?と思うぐらいスパイクは強力で、しかも速い。女子バレーの連勝の立役者は佐野であることは余人に否定させないけど(笑)、男子バレーじゃ、もう球を拾うということができない世界になっているものね。スピードとパワーの進化も、考えさせられるものがある。

2014/08/21(木)   透明人間同士の戦い

 朝日新聞が産経新聞に抗議したらしい。

> 記事は確かな取材に基づくもので、『事実を曲げて』といった記述は誤りです。

 元ネタは吉田メモと呼ばれる福島第一原発(吉田所長、当時)を巡る報道だが、どちらも事実は報道していないので、どっちもどっちというところか。報道が信用を損ねる根源には、事実のボリュームが薄い、あるいは事実が書かれていないことにある。会社としての思惑だけを優先するようになってしまい、もはや讀賣などでも事実に反する報道が数多くなされる時代。海外の新聞と読み比べると、日本の新聞は死んだと思わされる。
 給料が増えた、株価があがった、ガソリンが5週連続値下がりした。それぞれ、断片的に見れば事実のようにも見える。しかし消費増税等で物価が上昇していることを差し引いた実質賃金は大幅な下落が続いている。株価は1年以上横ばいで、史上最高値に迫る勢いのアメリカと比べてみれば、日本なんてまだピークの4割ほどにしか過ぎない。ガソリンが5週連続値下がりったって、毎週の値下がりは10銭〜30銭程度。それまでの5か月で、30円は値上がりしたと思われることと比べると、値下げと報じることに違和感を禁じ得ない。少なくとも現在が民主党政権であったなら、産経はそれぞれを「実質賃金、連続大幅下落」「外貨建て株価下落、外国人逃避」「ガソリン高止まり、生活困窮」などと記事にすることは目に見えている。
 一般人が新聞社を訴訟しても、謎の巨大権限「取材源の秘匿」で新聞社には勝てない。でも、新聞社同士でやりあう分には、それは適用されないから面白い。昨今の報道内容からするに、産経がエンドースメントを取っているとは到底思えないけど、だからと言って朝日にあるかと言われれば、それも分からないんだよなあ。ドレッシングはいらない。派手にどんちゃん騒ぎして、結果として純粋な事実関係が明らかになるのであれば、日本のメリットになるだろう。
 事実を捏造して風説を流布した挙句、裁判でその証拠さえ見せる必要がない、というのはどう考えても異常。成熟した国家の新聞は、そのあたりも実によくできていると考えさせられる。もっと言えば、透明人間を信じてやまない日本の新聞の読者が愚か極まりないというか、残念極まりないというか。。。

2014/08/20(水)   靴の数

 衣装持ちと言われるようなことはほぼない。いつも同じような服を着ている。アニメのドラえもんに出てくるのび太はじめ、アニメのキャラクターのようなものである。よほど激しく使い古せば新しいものを買うけど、夏物がオフになる今の時期でも、来年のために買っておこうとは思わないタイプかな。
 そのくせ、靴の数だけはものすごくあるんだ。1年で20足は買う。ランニングシューズ以外はタウンスニーカー1足とブーツ1足、ビジネスシューズ2足なので、ほぼランニングシューズである。1か月にだいたい1.5足がなくなるペースである。その分の出費もばかにならない。
 この前もりんくうで靴を買ったのだけど、家の下駄箱にもう置く場所がない。使い古したのを捨てないとなあ、と思いつつ、イージージョグのときには自前で修繕した古い靴を履いているという矛盾が。。。まあでも、レースでは2〜3回履けばもう駄目だから、仕方ないよね。
 おしゃれな同世代の人たちは、もっと部屋に衣装を置いてあるのかなぁ?服の置場がない、なんて人も、きっといるんだろうね。かく言う自身も、大学・大学院時代と、家出少女にド派手に無駄遣いされ、1度しか着ないような服が部屋に大量にあったし。奴ほどではないにしろ、今は服の数こそ少ないけれど、ユニフォーミティーにはこだわっている。つもり(笑)

2014/08/19(火)   寝違え

 枕が高いと言われる。枕が変わって眠れない、というタイプではない(むしろ、日本全国どこでも眠れないから。海外除く)。でも、枕がないと全く駄目だね。眠れる気がしない。どれぐらい枕が高いかと言うと、だいたい15cmぐらいの厚みである。
 クビが痛い。枕のせいではないと信じたいが、久々に熟睡したらこれだもの。全く首が回らず、会社を休む羽目になった。なんてこったい。寝違いで有給、なんて人は世の中にどれぐらいいるんだろう?

2014/08/18(月)   いびつな相場

 長期金利の低下に歯止めがかからない。10年物国債は1年半ぶりに0.5%を下回った。株式市場は、年金買いによる6日続伸。気持ち悪い相場に背筋が寒くなる。
 普通、株を売って債券を買う、あるいは債券を買って株を売る、という動きがセットになる。リスク資産を両建てなんてことはできないからね。だから、株が下がれば債券が買われ(金利は低下)、株が上げれば債券が売られる(金利は上昇)わけである。
 年金のリバランスがうまく機能していない。株式の比率を12%から20%まで8%上げるわけだけど、その分に相当する額の国債を当然売っている。売り浴びせられると金利が急上昇し、大量の国債を抱え込むメガバンク等の決算に大きな影響が出かねない。国債の含み損が膨らむと、株を売って処理しないといけないからね。そこで、年金に株を買わせて、国債は日銀に買わせる、という愚行を続けている。これが今の政府である。
 いびつとは、不正、と書く。歪、である。株価の上昇だけが目的になってしまうと、こんな愚かなことになるんだなぁ。今の政府は首相をはじめ愚か極まりなく、政治というよりは政治家ごっこをやっているようにしか思えない。日銀と年金という両輪が凍りついたら、日本の市場はどうなるのだろう?

2014/08/17(日)   ショッピング

 りんくうプレミアムアウトレットにいってきた。目的は二つ。白いランパンとランシューズを手に入れることと、紫のアームポーチを入手することである。
 白いTシャツは山ほどあるんだけど、それに引き換え、ランパンで白いものというのを見たことがない。かれこれ1年ばかり探しているけど、全く見当たらない。靴はアディダスのを発見。その後いろいろと見ていると、ナイキで白いランパンを発見したのでびっくり。L寸しかないけど、とりあえず購入することに。
 紫のアームポーチは、ほんと、欲しいんだよなあ。これもまた、見当たらないんだけどね。インターネットを探してもないようだ。白いランパンに比べればいくらでもありそうな気がするのに。今日も収穫なし。残念だったね。
 りんくうはすごい人出だったね。さすが連休最終日。海外から帰ってきたっぽい人もいっぱいいたようだし、一種のリゾート地になっているよね。オフィスとしては期待外れに終わったけど、どういう形であれ、はやるのであればよいことだと思う。

2014/08/16(土)   蚊

 大阪は暑いね。それに蚊が多い。寝苦しさに拍車をかけるこの二つ。なんとかならないのだろうか。
 長野では川沿いに住んでいる。大阪の家より、よっぽど蚊が多そうに思えるけど、意外といないのである。アースノーマットとか、あるけど使ったことないしね。まあ部屋が3階だから、少ないのも無理はないのかもしれない。
 蚊が飛べる高さは地上2階が限界と言われている。エレベーターなどに入ることで、たまに10階とかでも見られたりするけど、基本的には高層階には上れない。そこまでの飛翔能力はないからである。
 最近、耳栓をして寝ている。そのせいで、蚊が飛んでも気づかないんだけど、起きてみたら肌がいつもひどいことに。ほんと、なんとかならないのかなぁ。

2014/08/15(金)   無条件降伏

 今日もやってきた終戦の日。日本は勝ち目のない軍事的な戦いから手を引いた。当然、無条件降伏であるから主権はなくなった。東京裁判を経て、朝鮮戦争を機に自衛隊が作られた。日本は冷戦のおかげで、非常に大きな利益を享受できた。他にも、キューバ、ドイツ、ギリシャなども同様だろうか。冷戦の終結は大きなパラダイムシフトであり、日本や先述の国家にとっては喫緊の課題であったにもかかわらず、ドイツ以外、何も手を打たなかったように思う。
 ドイツは東との外交に手を尽くしたね。東西統一を果たし、ロシアに産業が進出し、資源も確保することに成功した。そのことが現在、米露の緊張から経済に不安を与えていることは奇妙なめぐりあわせだが、巨大な隣国と親善関係を構築するのは当然のことである。対中国、対韓国で封じ込めさえすればいいと子供のように考えているだけの愚かな日本の総理大臣は、少しぐらい歴史に学んだらどうなのかと思う。
 手を打たなかった3国はいずれも危機になった。日本とて、TPPに集団的自衛権に、特定秘密保護法案とどんどんと国家がおかしな方向に向かっている。東京裁判は一方的でおかしい、日本は自立する時代なのだなどと述べる産経や読売などの愚かな人間が平然と台頭している時代。むしろ、愚かでなければ新聞記者にはなれないといわれるぐらいだから、仕方ないのだろうか。無条件降伏による敗戦なのだから、一方的で不平等なのは当然のことではないのだろうか。国民に教養を与えるべき存在と言われる人たちが国際的な常識を持ちあわせていないことを疑う。
 あと144日。数えてみると、それだけの数だけ出勤すると、次の職場に移ることになる。長いねぇ。自身は無条件降伏したつもりはさらさらないけど、いつの間にか無条件降伏したことにさせられていて、正直やっていられない。新聞が愚かなことをいくら述べようが、自身にはさほど影響がないのだけれど、自身の周囲が愚かなことを述べることはいい加減にしてもらいたいものだと思う。

2014/08/14(木)   残念なお知らせ

 ショックな知らせが入った。

 「泉州国際市民マラソンは、次回開催より抽選方式となります」

 東京マラソンの12倍を筆頭に、異常なマラソンブームだもの。もう無理ってものかな。。。当たる気がしない。

 何が困るって、長野マラソンのステップレースが見当たらないことなんだけど。もともと、雪国在住なもので、冬は走り込みが足りないから、いつもいっぱいいっぱいになるものね。とか言いながら長野マラソンが抽選方式になったら、もう笑うしかないけど。
 抽選にするのであれば、泉州は給水が少ないという難点があり、知人も脱水症状で倒れたりしたことがあるので、給水を増やしてほしいかなぁ、と思う。最初の給水がほぼ10km地点までないって、かなりシビアだよ。ばててくると腸の働きもにぶり、摂取した分を全部体内に取り込めなくなるからね。あと、仮装は厳禁でお願いします。今年も思ったけどだんじりの法被に下駄履いて走ったり、くまモンの服装したり、殺意しか起こらんよ。

2014/08/13(水)   異常

 本を出したことがあるけど、出版なんてするもんじゃないね。著者とか言えば偉そうだけど、衆人の寄付がなければ成り立たない商売。しかもそのために、見ず知らずの人や嫌いな人にまで頭を下げないといけない。知っている人にはどうかというと、やっぱり買ってくれと負担を強いるのである。そんな恥ずかしい生き方はしたくないな、と思っている。
 第三次産業に全く興味がないということはいつも書いていることなので略すとしても、まあ儲かるんだろうなぁ、と思う。昨今、出版不況なんて言われているけど、本が売れないってよりは著者の能力が足りないだけだと思う。あんな濡れ手で粟の世界はないと思う。世の中に、生産的なことを残したのか?って言われて、はいと即答できる作家はいるんだろうか。その返答通りに生産的なものなら、買ってもよいかなと思うけどね。
 濡れ手で粟といえば、政治家がそうだ。今の日本なんて、国益を損ねる政治家しかいないし。それというのも、大衆に迎合的な政治に堕ちてしまったからなんだろうなぁ。監視する役のマスメディアが政治になびいて、国富の流出に一役買っているというのがもう末期的だと思う。マスコミもまた、濡れ手で粟の世界だけどね。30歳にもなれば、1記者で年収1000万円は軽く超えるからね。
 今の副総理兼財務大臣が、年金が株を買うとしきりに喧伝してやまない。会見ではチャートの形を気にしたりしていて、まさに病気だなぁ、と思うのである。こういうチャートだから天井(あるいは底)なんていうのは、自称株式評論家の貧しい非生産的な三流著者のやることだと思うから。まさか大臣が市場操縦してるなんて、そりゃ連騰記録も更新?するかもね。年金が目減りして損するのは国民なのだから、正直やっていられない。

2014/08/12(火)   BGM

 麻雀格闘倶楽部のBGMが良いよね、なんて話を、もういつぐらいだろう?同シリーズの3が出た頃合いにABEさんたちと話した記憶がある。場所はジャンボパンチ希林。その後、実際にコナミに働きかけ、製品化してもらった。あんなの俺ら得?と思ったりしたけど、実際それなりに売れたんだろうね。
 最近、たま〜〜〜にやるけど、どうも音楽が好きじゃないんだ。初代のヒットから始まった同シリーズの快進撃だったけど(過去形)、やっぱり初代の音楽って半端なくよかったと思う。東1、東3、東4と甲乙つけがたいいい音楽だった。ましてよかったのは、やはり、リーチされたときの音楽だった。
 ハードウェアは年々進歩してるから、プログラムは昔のままでも強くなる。それは電王戦などで知られる将棋の例を引かずとも明白である。麻雀格闘倶楽部1・2・3のCPUのアルゴリズムがおかしい、あるいは牌山が操作されていることは実機で証明したけど、その後のシリーズではもうどうでもよい印象である。あえて明文化するのは避けるけど、ひとつ言えることは、完全に大衆受け、エンタメ路線に走ったなぁ、ということぐらいだろうか。
 昔はBGMが良いゲームが多かった。光栄の三国志にしろ、信長の野望にしろすごいものだったよね。鷹狩りにおいてもファウストとかネオプラネットなんて鳥肌ものだった。しかし最近は、印象に残るようなBGMがないような気がして残念だね。音楽が劣るとやっぱり、プレイする気にもなれなくなる。

2014/08/11(月)   下腿が硬い

 全く意識したことがなくても、指摘されて気づくことって少なくない。足の大きさが違うとか。左に比べ、右が若干こぶりになっている。オーダーメイドの0.25mmサイズの靴を造る時、全然違うから気づいたんだけど。
 昔はひたすら走っていたけど、最近はストレッチをしている時間のほうが長いんじゃないか、と思う。月に100km走ればよいほうだものね。それも、ウォーキングの距離などを含めてあれだから、実質的に走っている距離となると月に100kmもいかない。中身もペースがものすごく落ちていて、質の高い練習なんてほんと、月に1回やるかどうか、って感じ。練習量がこれだけ下がっても、なんとかやっていけるものなのか、それとも無理なのか。それは来月のシドニーで判明するんだけど、分からないってのは怖いなあ。
 それだけ負荷を抑えているのも、やはり下腿が硬いからなんだよなあ。左足は昔から吊りやすくて気を付けていたんだけど、ヒラメ筋のあたりが特に硬い。両足全般にそうだけど、ハムストリングスから大腿四頭筋にかけて、とにかく硬いのである。
 抑え気味のメニューに変えてどれぐらい経つのか定かではないんだけど、さすがにこれだけ自身の身体の硬さが目につくと、いくら疲労骨折が治ろうが、走ろうって気にはならないよね。こんな状態で走ると、どこか肉離れしそう。とりあえず健康第一。その上で、目標のために努力していきたいね。

2014/08/10(日)   白身魚フライ定食

 外出のおり、大阪市内で標記のものを頼んだ。昔はどんぶりものやラーメンもそれなりにあったけれど、最近は定食以外まず食べない。定食も、ラーメンセットやどんぶりセットなんてまず食べない。炭水化物の摂りすぎになるからね。基本は野菜である。
 しかし、想定外の混雑のようである。時期がら、そうなるのは致し方ないのかな。と思って待っていると、白身魚フライのはずなのに、出てきたのは鮭のフライだった。あれ?注文し間違えた?と思ってメニューを見るも、サーモンフライ定食にあたるものが見当たらない。うーん、これは?と思った。
 サーモンフライと白身魚が世間的に違うものと思われていることは間違いないことだと思う。でも、サーモンフライと言いながら白身魚フライを出せば詐欺だけど、白身魚フライをうたいながらサーモンフライを出しても、詐欺にはあたらないかな。なぜなら、鮭(サーモン)は白身魚の一種だからである。
 サーモンの好食であるプランクトンが赤いからサーモンは赤く見えるけど、実際には分類上、白身魚なんだよね。単純に、混雑のため白身魚が尽きたとお詫びされ、お鉢が1品追加になったので余計お得になった感じがした。白身魚フライ定食とサーモンフライ定食を比較すれば、多分後者の値段のほうが高いお店のほうが多いだろうからね。

2014/08/09(土)   台風

 耳鼻科へ。前回の診察と投薬のおかげではるかにマシになったけれど、予断を許さない状況のため訪れた。ものごと、何事も最初が大切だからね。
 どんな状況か聞かれて、実態よりも弱気に答える。しかし診られると「前よりずいぶんマシになったんちゃうかな〜と思うんやけどね。」と言われる。良くわかるね。前回はよほどひどかったのか、それとも今回は本当に良くなっていたのか。
 しかし、台風のためか病院は閑散としていた。その後、難波〜尼崎と移動したものの、どこも非常にすいていて。。。南海なんて、帰りの電車は保証しない旨のアナウンスが流れていて驚く。阪神はそんなでもなかったけどね。
 今日の目的は喫茶店ではなく、鷹狩り。2カ月前に取り上げたけれど、試験が終わるまでは封印していた。しかし終わってみたら、ほんと撤去がものすごいスピードで。。。時代を感じる一方、都心はやっぱりいいよなぁ、と思ったのだった。+10.7K。

2014/08/08(金)   ひつまぶし

 2週連続ひつまぶし。もちろん先週は資格試験のための前泊のためである。シティホテルに一泊二日二食付きで泊まったが、シングルで夕食付だったのは自身だけだった。もはや、そういう時代なのかなぁ。
 やっぱり高くはなるとは思うけど、せっかくの機会なので、地場の名物を食べたいじゃない?そう思うのであるが、路線バスの旅の蛭子さんのような人が増えている・・・のかなぁ?素泊まりでかつ丼やラーメン。朝はパンを食べたり、そもそも朝を摂らない人が多いらしい。ちょっと信じられない。
 今週は帰省のため。日程の都合上、土日と止まって月曜日には戻らないといけないけど(火曜日から出勤)。先週はホテルのひつまぶしだったけど、今回は名駅地下のひつまぶしである。熱田はさすがに無理だけど、せめて備長いきたいな・・・と思っていた。
 残念ながら新幹線が過去最高本数を更新したように、人出もものすごく、とても無理だった。しかたなく別のお店で食べる。値段に見合うかは先週と比べると疑問符だけど、不可ではなかった。しかし名駅の地下はやばとんといい、備長といい、なんであんなにいつも混んでいるんだろ。円安で自動車産業が潤っているせいかしら?

2014/08/07(木)   高校野球

 星稜がド派手な大逆転をしたりした高校野球の地区予選。決勝でなければコールド負けだったわけだから、数少ない舞台で実現したわけだ。それにしてもほんと、漫画にすら描けないような大逆転劇。9回裏に9点奪って9x−8って、聞いたことがない。
 いよいよ本戦が始まる。トーナメントの都合上、準々決勝、準決勝となるにつれて間隔が短くなり、準決勝と決勝は連投というのがかつての常だった。そのうえ、ベンチ入りできる人間は限られているわけだから、一人当たりの負担はすごいものだよね。特に投手は、いくら若いとはいえ危険じゃないかと思う。
 なんだか、現行の規定が反対のように思えるんだよね。登板間隔が短くなる準決勝、決勝のほうが、球児のために気を使った運営をしなければならないはず。それなのに、現在は目いっぱいでしょ。試合時間だって朝8時ぐらいからやれば涼しいのに、わざわざお昼にやる意味がよくわからない。延長になる好試合も多い。甲子園に出るまでにエースが壊れてしまう、なんて例もある。正直、あり方を考え直す時期に来ていると思っている。
 昔、卓球をやっていたけど、当時は21点制だったのに、今や11点制しかない。バレーボールもサーブ権が行き来して、非常に長い試合が多かったのに、ラリーポイント制になりスムーズになった。サッカーにはPKがある。できる限り、規程通りの試合で決着をつけさせてあげたいというのは一つの思いやりだけど、成長途上の高校生だからこそ、もっと大きな、別の思いやりが必要なんじゃないのかな?と思う。野球の魅力を損なわないように、うまく時間を短縮できるアイデアをいろいろと募ってみる時期に来ていると思う。

2014/08/06(水)   中央西線復旧

 しなのの通る中央西線が復旧したようだ。南木曽の豪雨から1か月。長かったような、短かったような、やはり長かったような。個人的に思うのは、3日には復旧していてほしかった、ということかな。なにはともあれ、復旧させていただいて感謝している。
 JRの黒字路線は限られているからね。国鉄は慢性赤字で民営化されたけど、民営化直前のJR路線なんて、山手線、大阪環状線、南武線、赤羽線、中央線しか黒字路線はなかった。いまはもう少し黒字路線は増えている。一番変わったなぁ、と思わされるのは大村線かな。国鉄時代なら黒字になんてなるわけない路線だもの。
 JR東海の路線は災害になると弱い。新幹線が利益の7割だから、新幹線の災害に関しては全力で復旧に尽くすけれど、そうでなければ放置、というのが多い。名松線なんて最たるもので、現在も復旧作業中で、6年かかる見通しだという。高山線が豪雨不通になったときも、全線復旧まで3年かかった。
 それに比べると、中央線の災害は橋桁流出などの大規模災害であったにもかかわらず、1か月だものなぁ。JR東海が本気になるとこういうものか、とも思う。貨物輸送なども含めると、JR東海では新幹線の次に儲かっていると言われる路線だから、さすがに対応も早かったのかな。

2014/08/05(火)   自殺

 自殺という行為には考えさせられるものが多い。自殺した著名人、とくに文学の世界で名を成した人は、ほぼ明確な理由を持って自殺しているからである。
 科学的に言えば、死ぬことは大変である。死に切ることがいかに大変か。日本の自殺者は民主党政権時代こそ減ったけど、また増加の一途をたどっていて、年30000人は越える勢い。未遂の人を含めればその10倍?にはなるんじゃないかと思う。死のうとしても、なかなか死ねるものじゃないよ。
 理研の笹井さんが自殺したと報じられている。ノーベル賞を取った山中さんと争える唯一の人と評判だった。あれだけのキャリアを残した二人が、これほど明暗を分ける結果になろうとは・・・。いや、山中さんの最後がどうなるか分からないから、明確には言えないか。
 何が原因かなどは、本人にしか分からない。少なくとも傍観者として言えることは、今の日本は極めて他人に厳しい世の中になっており、無関係な人を傷つけることが多いように思う。士農工商エタ非人、なんて時代があったけど、はけ口を設けないとうまく機能しないような社会はダメだと思う。良い社会とはずばり、鼓腹撃壌。その一言に尽きるね。残念ながら、今の日本とは正反対だけど。

2014/08/04(月)   疲労

 昨日は6時起き。食事して、12時間の長丁場の試験に臨んだ。その後もあわただしく松本へ戻り、自家用車を運転して長野まで。疲労感が半端ない。身体の芯を貫くような感じで、今日はほんと大変で、身体が使い物にならなかった。それでも、仕事だけはいっぱいやった。仕事以外、何もできなかったけど。仕事が済んで銭湯に行ったが、番台に差し出したのは回数券ではなく、車のキー。更衣室に入って気づいたが、なんと手持ちがバスタオルだけ。相当疲れてるみたいだね。

2014/08/03(日)   100万人の空気調和

 表題は本の名前である。本編と続編の両方が刊行されている。二冊あわせて約1万円。専門書というのは極めて高いものなのだ。大学時代なんて、書籍代だけでどれだけのお金がかかったことやら。もっとも、学生の本分は勉強である。指定された教科書であれば、買わないわけにはいられない。
 この二冊の本を、職場の同僚に借りた。本の中身に触れるのはタブーだけれど、要はどのように空調や冷凍機を設計するのか、という本である。冷房というのは、温度だけ冷やすだけでは駄目である。なぜなら、結露するから。同様に、暖房というのもただ温度だけ上げると空気が異常なまでに乾燥してしまい、体調を壊してしまう。ストーブの上に水を入れたやかんをおいた記憶というのは誰にでもあるのではないだろうか。すべての冷房は除湿とセットになっており、すべての暖房は加湿とセットになっているのである。
 例年、空調に関する出題なんて、熱力学の基礎の分野では出たことがなかった。通常、理想気体の出題であり、大学教養の範囲である。しかし、36回目にしてはじめて、空調の問題が出題されたのである。当然、大学でも学ばない範囲である。問題をざっと見たところ、伝熱工学や流体力学も大学教養はおろか大学専門のレベルを越えており、とにかく焦った。
 問題4〜7のうち、簡単であった問題5から手を付け、完答。そのまま流体力学と伝熱工学に手を付ける。流体は大久保先生だったなぁ、と思いながら、基礎方程式を解答用紙余白に書きつめていく。そんなこんなで自力ですべて回答し、最後の問題こそかなり手古摺ったものの、借りて読んだ本の中身を思い出しながら時間内にきっちり仕上げた。公表された解答と照合すると、正答率は98%。もはや昔のような集中力も頭の柔軟性もなく、国家試験などつらい以外の何物でもないが、過去最高難易度の試験でこの結果とは今の自身も意外とやるもんだね。例年であれば完答できたに違いない……と信じたい(笑)。その他を含めた4つの試験項目で98%、98%、99%、89%。6割で合格なのだから、ほぼ合格なんだろうね。マークミスさえなければ。

2014/08/02(土)   名古屋

 資格試験の関係で名古屋へ。交通手段でこんなに悩まされた移動もなかったような気がする。もちろん、南木曽の豪雨災害による中央西線不通が原因である。まずそれよりもなぜ会場を東京でなく名古屋にしたのか、って問題があるけど、東京は嫌いだから最初から選択肢になかった。
 無難な移動は新幹線(東京経由)。ただ、それをやってしまうと、片道で17070円もかかるからなぁ。往復で、前泊費用、当日の市内の移動費用も考えると50000円近くかかってしまう。受験料と参考書代を含めれば8万円近い。さすがにダメだろう。
 そこで仕方なく、電車で中央西線の代行バスを利用することにした。それでも相当時間かかるね。行きはともかく、問題は帰りで、電車がないのである。高速バスも満席だし、さすがにこれは詰んだかな??と思った。
 荒業で、松本まで自動車で行き車を一泊させて、松本まで終電で帰ってきてそこから自分で運転して帰る、という選択肢を取ったのだった。あんまり褒められたことじゃないけどね。疲労もたまるし。ただ、移動費用が安く収まったことだけは事実。明日、終わった後合格した雰囲気だったら新幹線で帰るかな?、と思ったけど、車が置き去りになるからダメだった(笑)

2014/08/01(金)   塩酸事件

 松本サリン事件のとき、最初の被疑者が硝酸銀を持っていたことを思いだす。他にも農薬等を含め、20種類ほどの薬品を保持していたとされる。当然、それらの持っているだけではサリンなど合成しようもないのだが、なにしろ当時は散布されたガスが何であったかさえ、分からなかった。そうして悲劇の報道被害事件となった。
 そもそも、短絡的に答えを出そうとする報道の姿勢が理解できない。現在は当時よりさらに拍車がかかっていて、偏向報道おかまいなしだけど、当時ですら問題だったと思っている。サツ(警察)回りだけして警察寄りの新聞記事を書くという悪習を直さないと、いつまで経っても同じようなことはなくなるまい。もっとも、いまの報道が政治に寄っているのか、それとも政治が新聞のほうに寄っているのか、その関係までは不明だが。
 危険な薬品は買えない、と思われているけれど、必ずしもそれは正しくないからね。何もなくても手に入る薬品も多いし、そのうえ身分証と印鑑を持っていけば、たいていのものは買える。一科学者として言えば、もし本当に毒ガスを撒こうと思ったところで、敢えてそこでサリンを撒くというようなことはしないと思う。
 富士駅で乗客が持っていた塩酸がこぼれ、40分あまり運転を見合わせたという事件が起こった。塩酸を持っているという時点で問題かもしれないけど、もっと問題なのはそれを缶に入れて運んでいたということ。この人、理化学的な知識はないんだろうなぁ。そう思ったのであった。

過去ログ 2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月