せっきーの世紀末

/(^o^)\日本ヲワタ/(^o^)\

2013/06/30(日)   G1

grp0630233830.jpg 801×601 95K
 昔のG1は熱かった。と言っても、競馬のことではない。もちろん、競輪や競艇でもない。麻雀格闘倶楽部の話である。店内のみのイベントながら、実に熾烈な争いが繰り広げられたものだった。
 今日はG1の最終日。廃人プレイすることに。開店と同時に全台埋まるってのがまたなんとも。。。こんな時代、いつ以来だろうか?そんな印象である。とにかくひたすら半荘をプレイすることに。昨日は真珠マイナス7で、原点に戻ったって感じだった。先が思いやられるな・・・。どうも7になったあたりから調整が露骨になりすぎた印象が拭えない。
 とにかく具合の悪い配牌ばかり。一四九1369↓東南西北、こんな配牌でどうするの?って感じが拭えないのだが。リーチが入るときは安パイを払った直後だし、やたらと2軒、3軒リーチが多い。ひどいと思ったのは一度、4人リーチになって、残り4枚の状態で全家に無筋でドラの赤ウーピンを持ってきた。「あーっ!!」声が出るも、無事通関。しかし、その後下家も対面も上家も、みんなウーピンをツモ切っている。ここに4枚ウーピンが固まってたって、アンタ。もうちっと現実味のある、麻雀らしいゲームだったらいいなぁ、と思うんだけど、携帯による合わせの差し込みが増えて以降、聴牌すらできない仕様になったようで困る。1枚余らせたイーシャンテンに組んでも、絶対に聴牌する前に目いっぱいに受けるよう、うざったい牌がやってくるのよね。無視するけど(笑)。だって、無視しないと追いかけリーチのタイミングで刺さることは目に見えているのだから。
 調子は昨日に続いて最悪。それでも、終わってみたらこんな結果だった。おそらく、最高に打ち込んだ2〜3のころでもこんなにクラブスコアが貯まったことはないな。途中、760000点を超えたほどだった。最後に箱ラスを引き、この数字に収まったけど。店舗代表でもないのにこの数字ってどうなん?っていうか!この成績にも関わらず、店内争いのG1では4位って!! どんだけ熾烈なんだよ!! ちょっと考えられなくて戸惑っている、っていうか、この成績で優勝できないんなら、もうどうしようもないなと割り切れるわ(笑)

2013/06/24(月)   オールスター

 プロ野球のオールスターでファン投票で選ばれた面々を見た。今年の成績を考えると、妥当な人と不可思議な人が半々ぐらいだろうか。まあ、その時点でおかしいんだけど(笑)。
 女性歌手グループがCDではなく、CDに付属する悪主権を売っているようなものか。おいこらIME、悪主権ってなんだよ!握手券ね(笑)。悪主権なんていうと自民党みたいだ。秋葉原の金券ショップにいくと露骨だけど、握手券だけがないCDが1枚100円とか、ひどい値段で売られている。いくらミリオンを達成しようが、何の意味もないと思わない?毎日劇場に通っているメンバーや研修生はいったいその現状をどう考えているのだろう。その団体そのものが一種の踏み台であるのなら、別に構わないのだけど、年齢的にそう判断している確率なんて悲劇的に低いとしか言いようがないし。
 とにかく、組織票が入りすぎなのよ、日本のプロ野球オールスターってのは。考えられない。マツダがスポンサーになってからよりひどくなった印象がある。セパともに首位打者争いしている2人が入らないってどんな事態なのかと思う。プロ野球は興行だとは思うけど、それにしてもあまりにもひどくなったものだね。

2013/06/22(土)   中村紀洋

 長野で行われる予定だったDeNA対阪神のカードが中止になった。自身がチケットを持っていたわけではないけれど、長野でのカードはほとんどないだけに残念なこと。ヤクルトや中日もたまにやるけれど、もっと多くのチームに来てほしいものだね。
 そんなわけで、長野駅近辺では思わぬ人を見かけることができた。マット・マートンがそのうちのひとり。「アイ ドント ライク セッキーサーン」とか言われちゃうのかな(笑)。来日初の長野だろうか。オフは故郷へ帰るんだろうし、阪神はしばらく長野では試合をしていなかったはずだから。
 まあ、それよりもびっくりしたのは中村紀洋さん。いやぁ、威圧感抜群というか、もう人間そのものが何か違う。ただそう感じたのだった。やっぱり近くで見ると怖いです(笑)。それもまた、彼の魅力の一つなのだ。2000本安打おめでとうございます。

2013/06/21(金)   大リーグの産休

 青木宣親に第二子が誕生したそうだ。おめでたい話だね。奥さんは日本人だけど、アメリカで生まれたら子供はアメリカのグリーンカードを手に入れられる。日本の先行きが暗いだけに、大きなメリットになるんじゃないか。
 大リーグでも産休制度があるんだね。男が立ち会って何になるの?っていうか、日本だと出産に休暇を取ることが悪みたいな風潮があって困る。異動前の職場だと全力で休めと言われただろうけど、今の職場では同期の男にジュニアが産まれても、休みすら取れない。奥さんが破水して大変だってのに、次の日も普通に出勤。ちょっと考えられないことだと思う。
 家族のために働いているのに、家族の慶事に立ち会えないってのは異常だよ。まして出産は死の危険もあるわけだし。まあブラック企業で働いている自身はどうしようもないけどね(笑)。早くレンタル移籍が終わらないかなぁ。毎日ただそれだけを考えている。
 大リーグだと産休制度なんて当然あるんだろうと思っていたけど、つい2年前からなんだね。もっとも、明文化されたのが2年前なだけであって、それ以前から出産や卒業となれば当たり前のように休む。それがアメリカの労働環境ってものだから。それにしても日本は、グローバルグローバルと言いながら、世界の悪いところばかり取り入れている気がしてならない。

2013/06/20(木)   サッカーの話題

 正直、サッカーはまるで見ないし、そんなに興味もない。そもそも、男子のスピードは速すぎて、何が起こっているのか理解するのに時間がおいつかず、意味が分からないというのが実情。女子ぐらいのスピードでちょうどいいかな、という印象である。
 今日のサッカーは朝7時からだった。イタリアを相手にまさかの2点先制も、気づいてみたら2−2と同点に追いつかれた。そこから1点勝ち越すも、結局3−4で逆転負け。なんだかスコアと経過だけ見れば野球の結果か、と思うような内容である。
 いくらなんでも職場のパソコンで結果や経緯を見るのは間違いだと思うけど、どうなんだろうね。完全に考えられないことなのでただ驚いた。服務規程では間違いなく禁止されていることだから。誰も注意しないのもこの職場の末期的なところかな、と思うところ。
 夜は女子の試合。スピード的にこれぐらいのほうがやっぱりいいね。結果はといえばまさかの宮間の退場で、1−1の引き分けに終わったわけだけど、いろいろな意味で男子サッカーより見ごたえがあったと感じた。

2013/06/18(火)   腓腹筋痙攣

 腹筋の回数だけはランニングを開始する前から半端なかった。高校時代から毎日100回以上をこなしており、腹筋の割れ方はおかしかった。体育は中学のころとかずっと苦手だったんだけど、家でひたすら腕立て伏せ・腹筋・背筋を繰り返した結果、高校2年のときにサッカーの授業をやったあたりから面白いように点が取れる状態になり、大学入学直後の基礎体力のテストでは最上位だった。オルドでは脱ぐとすごいんです状態だった。って、オルドってほど囲った経験ないけど(笑)
 腓腹筋痙攣ってなんだろう?まず字がなじみがない。痙攣ってピクピクすることだってことはわかっても、腓腹筋ってなに?って感じかな。腹ってついているぐらいだからおなかが痙攣するのかしら?
 腹斜筋痙攣って症状もあるんだよね。だからこそ、腓腹筋痙攣って明言しているのである。寝ている間とかマラソン中に突然脇腹が痛くなった経験がある人っていないだろうか。あれはおなかにある腹斜筋っていう筋肉が収縮して、痙攣するからああなるんだそうだ。なったことがないから分からない。無責任と言われるかもしれないけど、それは昔からの貯金が大きく生きているポイントだと思っている。
 腓腹筋っていうのは、腹って字がついていても、要はふくらはぎのこと。ふくらはぎがつってしまう。それが腓腹筋痙攣という症状である。最近、3日続けて真夜中に左足が腓腹筋痙攣を起こし、寝ていられない状態になってしまう。おかげで寝不足。しかしこういう症状って、いったい何科を受診すればいいんだろう?って思う。ドラッグストアに行っても、「足がつる?そんな症状に対する薬なんてありません」と冷やかし呼ばわりされる始末だし、困ったもんだ。

2013/06/17(月)   日経の不祥事

 川崎重工業と三井造船の間で統合の話が出たのが4月22日。もはや造船業は中韓にシェアを奪われており、単独で立ち行かなくなっているのは明白である。三井造船がどうなるか、という話だった。
 政治家や官僚の動きがあったんだろうね。証拠はないのでそう思うとだけ書いておくけど。川重は造船以外にも新幹線、航空機、バイクなど幅広い事業を持つ、重工業で日本2位の巨大会社。政界及び官僚とはずぶずぶで、貸しも借りもある関係である。まあ日本の大手企業はどこもそうだから、川重だけが特段に悪いというつもりはない。
 川重に三井造船を拾わせる動きが、政官から社長以下3名に伝わった。こういうときはまずは取締役会を押さえるのが最初である。しかし会長には反対され、解任されるとまで言われる始末。日経にタレこみ、合併の方向を既成事実にしようとした。日経は企業統合にあたって、もはや調整役のような存在だからね。第一勧銀、新日鉄住金の例を引くまでもないことである。
 さて、4月22日に紙面になったのに、結局最後まで会長の反対は変わらなかった。そういうことなんだね。昨日の今日でバツが悪いけど(笑)、まあ一面記事を決めるような人は別にかしこくもなんともない。今の職場でも同じで、なんでこんなに無能な集積体が権力の中枢にいるのか、全く分からないのである。

2013/06/16(日)   本当の姿

 昨日はなんとも言えない一日だった。忘れられない日だけど、いろいろと思うと心境は複雑である。本当は忘れるべき一日ってものなのかもしれないね。そんな簡単に切り替えられるものじゃないけどさ。
 墓参りのあと、いろいろと話した。けど、つまるところ結局、忘れるべき一日でしょ、ということに尽きた。自身はそんなに義理堅いのかなぁ。不義理な人間は大嫌いだけど、だからといって別段、自身が義理堅いとは思わないんだよね。
 一連のことを済ませたあと、御徒町のアートスポーツでランニング用品をチェックする。一通りのものは持っているので、特段必要なものはないな・・・・。用品よりもレースそのものの参加費と、参加するための交通費がかさむ。そういう趣味であるように感じる。
 それにしても東京はなんでもあって、便利な街には違いないと思うんだけど、それでもまったく好きになれない。そういうところなのである。好き嫌いというのは生理的な現象だから理由なんて説明できない。同じように、忘れるべき一日とはいえ忘れることができないんだろうね。きっと、一生こうなんだろうな、そう感じた一日だった。

2013/06/15(土)   祈念する記念日

 例年書いている記念日である。書いているのは14日だけど、今日14日は大学の同窓会。明日15日は東京で墓参りのあとオムライスの日である。15日に書けないため、あえてあらかじめ書いているだけなので、念のため。
 ということで、毎年恒例のコメントを記します。この日は自身の誕生日ではありません。

 このサイトの家主さまは新聞記者だった。もともとは自身も一緒に、新聞社で働いていた。旧友のぷこ様とは「上流、中流、下流」って感じですね、なんて言ったりしていた。記者は最上流。編集は中流。自身のいた印刷セクションは最下流。身分的な意味の上下ではなく、作業的な上流・下流なので、お間違えないよう。
 とにかく、ブン屋(新聞関係者)というのは、信頼を得るのがすべて。たとえ言っていることが正しくても、理解されなければどうしようもない。逆に、言っていることが間違っていても、発信力がありパイプが豊富であれば、あたかもその意見が正論であるかのように流されてしまう。とにかく怖い世界だった。権力の濫用にならぬよう、我々三人は特に気を付けて働いている(た)と思っている。
 最近は人狼なるゲームがブームになっているようで、そこかしこでプレイされているようである。市民に紛れてオオカミが5分の1、たとえば10人プレイなら2人のオオカミ、16人プレイなら3人のオオカミが紛れ込んでいる。毎日会議でオオカミらしき一人を合議制で処刑し、夜はオオカミが市民をひとり食べてしまう。概要としてはそんなところであり、市民がオオカミをすべて処刑すれば勝ち、オオカミは市民を全部食べつくせば勝ちというゲームである。
 あのゲームはとにかく、信頼を得ることが大変なのよ。どう考えても嘘を述べている人間がいる。オオカミそのものか、オオカミ側の多重人格者なんだけど、まず最初の問題は、自分にだけしかその嘘は分からないものなのよ。それをどうやって、ほかの市民に納得してもらうか。信頼を得るのが非常に難しい。言っていることがどんなに正しくても、理解を得られなければ逆効果。ゲームにも敗北してしまう。
 まあ、それは仕事でも同じだけどね。言っていることがたとえ正しくても、やっていることは正しくない。そんなケースはごまんとあるわけだから。自身たちはむしろその対偶であり、正しくないことをしないために、ときおり誤ったことを述べるのである。それは正当な自己防衛であり、人間の本能的な機制であると思うのだが、どうだろう。自身の望みは、物事が正しい方向に速やかに進むこと。それに反することはすべて悪であると考えている。

2013/06/13(木)   反発係数

 プロ野球のコミッショナーに関する反発はもとからあったけど、もうどうしようもない状態になっちゃった。記者会見を通じてそう思った。
 もともと、新聞記事などあてにしない。今は動画サイトが増えているから、記者会見をそのまま見聞きすることができる。国会・東電などは昔からよく見ているけど、見ると読むでは大違い。新聞記事には悪意と社益以外の何も感じない。
 新聞記事を見て、読売グループの報知がボールの変更と阪神を結びつけた記事をかいている一方でボールの変更そのものに疑義をはさんでいないのをみて、きわめて異常に感じた。読売と加藤コミッショナーは昵懇の仲。読売の要請で変更したのは想像に難くない。不祥事でないと言い張っているのに、事務局長は辞任させる。ほかにも不合理をあげていけばきりがない。
 そもそも、二年前に統一球を導入した張本人でありながら、記者会見では勝手に変わったことに対する言及がないことが不合理である。事務局は最初、コミッショナーも知っていると言っていたが、夜になったら混乱していたと前言を翻した。クビの後の面倒を見るから黙ってろ、ってとこなんかね。何一つ生産的なことができもしない新聞社が日本を牛耳っている。本当にいやな世の中だ。。。

2013/06/10(月)   契約更新

 契約を更新したので、有効期限は2014年6月10日までになりました。
 いつもはもっと悩むのにね、こんなページに意義があるのか?って。まして、最近は書く量も激減しているわけだし。
 それでも、古いつながりに温かみを感じるときがあるのも事実。なくすのは簡単だけど、一度なくしてしまうと元には戻れないからね。それは仕事も同じことだけど。もうすぐページ開設以来20年。実に長いもんだね。

2013/06/08(土)   好き勝手

 なんだかイライラするので好き勝手にいろいろやった一週間だった(笑)。いい大人の行動とは思えないな。
 さて、来週は山場。仕事上は水曜日が山場なんだけど、いろいろと考えると金曜日のほうが山場なんじゃないかと思う。大きな仕事なんだけど、まあ、別に失敗しようが、はっきり言ってどうでもいい(笑)。だって、教育を受けていないんだもの、できっこない。次は15日に更新します。

2013/06/02(日)   筋を通す

 筋を通して生きないと意味がないと思う。いや、筋を通す生き方に意味があるとか、そういうふうには全く思わないけど、自分が自分であるために、絶対にそこは譲れない一線なのである。自身は自分自身の信念に反した行動を採ったことなんてない。
 債務関係があるわけじゃないけど、両親と話す。まあ、辞めるなら好きにしろ。これはまあ予想通りかな。でも、それでも国外で働くことには断固として反対されるんだよねぇ。それって結局ゼロ回答では・・・?という印象が無きにしも非ずなんだけど。最大の債権者が反対しているのだから、まだ実現させるわけにはいかないよ。
 もうひとつは、やっぱり結婚してほしいと思っているんだねぇ、ってこと。個人的にはこの人生は捨てゲーなので、早くゲームオーバーになって来世で好きな人と結ばれたらいいなぁ、それが現世でも最愛の人だった人だったらもっといいなぁ、ぐらいにしか思わないんだけど。人を好きになるっていうのは完全に心理的なものなので、そんなに簡単にスイッチをON/OFFできるものじゃないんじゃない?という印象である。
 トップページを更新した。ずいぶんあっさり、ばっさりと切ったもんだなぁ、と思う。女性が失恋したら髪を切る?なんて都市伝説があるけど、あれに近いものを思い出してしまった。まあ、今月いっぱいは絶対やめないよ。その先は本当に知らんけど。

2013/06/01(土)   耐えられない

 実家に帰った。仕事を存分に満喫、もとい拷問部屋にこもることしきり。しなのに乗って大嫌いな新幹線へと乗り継いでの帰還である。
 だって、新幹線に乗らないと帰れないからね。。。時間的にダイヤに余裕がある時間帯だから、よしとしないとダメかなって感じ。長野市へ異動になってからやたらと新幹線に乗る機会が増え、わずか2カ月で5回目。アーバンライナーと在来線の各1回を含めると7回であり、3.5往復目ということになる。ちなみにその前の諏訪時代5年間、40往復はしているはずだけど、新幹線の利用はわずか1.5往復、3回きりである。
 この時間に名古屋から新幹線に乗ると、もう当たり前のように酒を飲んでいる人間に出くわすのよ。もうこれが日本ならでは、やってらんないよ、って感じなんだけど。最初は指定席を取ってたんだけど、床がアルコールでべちゃべちゃだったのに、席の移動を申し出たところダメだとJR東海の車掌に言われて以来、自由席にしている。せめて床掃除ぐらいしてくれと頼むことさえかなわないのか。実に横柄な商売だなぁ、と思う。
 ってか、そもそも公共の場で飲酒することがダメでしょ、と思う。新幹線ならまだしも、とさえ思わない身だけど、在来線、それも普通電車で酒を飲んでいる人間がいると本当に怒り心頭になってしまう。一番いらっとしたのは富士山マラソンの帰り、富士急行の車内で、普通電車なのにアルコールやつまみの車販がきたこと。しかも、酒を飲んでる人間ってもれなくダメ人間みたいな人ばっかりで・・・・。日本の文化にやってらんないよ。

過去ログ 2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月