せっきーの世紀末

/(^o^)\日本ヲワタ/(^o^)\

2007/11/30(金)   近鉄使いまくり

ピタパは持ってるけど、まともに使うのは今月がはじめてだったね。
先月までの利用暦はというと、たったこんだけしかない。

阪神 梅田ー出屋敷
阪神 出屋敷ー西九条
南海 三国ヶ丘ー北野田
南海 北野田ー三国ヶ丘
大交 なんばー本町
大交 本町ー恵美須町
京阪 浜大津ー京阪石山

それに比べて今月はというと・・・近鉄だけで5800円も利用。
まあ一度だけ(っていうか今日)三重=大阪を乗ったけどさ、その分を差し引いても利用額割引の対象だものね。(3000円以上利用すると、超過分の10%割引になる)。
欲を言えば、内部線、八王子線も対象に加えてくれ・・・という印象だね。
まさか伊賀鉄道や養老鉄道みたいに3セクに売られる・・・なんてことはないよね?


それはともかく、今日はのんびり急行、快速急行と乗り継いで帰還。
何度特急に抜かれるんだ、とうんざりもするけどね。
江戸橋、東青山、名張と3度抜かれたからね。
この近鉄に乗っていけば出屋敷に行けるようになるんだなぁ、と思うと驚く部分が少なくないのだが、それも時代の趨勢ってやつかい?

2007/11/29(木)   竜王戦第5局

竜王戦は7番勝負。ということで、4勝したほうの勝ち。
渡辺竜王(3勝)−佐藤二冠(1勝)の対決。

しかし、なんと言っても将棋のつまんなさに尽きますな。
見てて、ため息が出るほどつまらない。
竜王の将棋が・・・ね。

▽1二香を封じ手に、穴熊に組む。
あほの一つ覚えみたいにこれだもの。
現代感覚と言えば聞こえはいいけど、防空壕に閉じこもって敵味方問わず全面掃討、というような指し方じゃ、血の気が通っていないというか、ただ勝ちたいだけというか・・・

渡辺の勝利で4期連続の竜王位、と思いきや、ミスが出て逆転。
あれだけ大差の局面からミスとは・・・名人戦第六局での森内名人を見ているかのようだった。
終わってみれば、防空壕に閉じこもっていた渡辺王は、「さて、終戦だな」といいつつ表に出てみたら自軍はみんな降伏していた・・・と。
そんな感じ。
人間じみたものを感じたなぁ。
ひとつの戦い方だけで勝ち続けられるほど世の中は甘くない、ということだろうか。

2007/11/28(水)   身体は正直、心は偏屈

どうも左ひざの具合が好ましくない。
痛みはなくても、違和感が強いのよね。
右ひざと較べてなんかこうプニプニしてるというか、べっちゃりしてるというか・・・・

思い切って外科に行き、「どうも膝に水がたまってるのか知らないけど、違和感を感じるんですけど・・・」と言う。
図星だったみたいで、いままでに似たような経験があるのかと聞かれる。
んなもん、ないです。
ただ、なんか変な気がしたのよね。それだけは確か。

「自己申告、たいしたもんだ。最近の子は鈍くてね。熱があるのかって聞くと『わからない・・・』というから計らせたら39度もあった」

39度でわからん・・・その鈍さがすごいですな。
おいらなんか6度8分も出れば身体からの警戒警報信号を聞き逃すことなどないのだけど。

「今の世の中、人間、みんなずぶくなっててね。仕事では敏感だけど、自分のことにはほんと気づかん。政治家ばかり叩かれてるけど、みんな鈍くなってなにがおかしいとか、そういうことがわからんのさ。」

仕事では敏感?ほんとかいな?

「仕事に関することはよく知ってるよ。でも、例えば仕事でコンプライアンスって言えばわかるのに、日常生活で投薬コンプライアンスって言えば分からないんだな」

そりゃ、わからんでしょ。
自分だって海外生活が長くなければ、その言葉をきいてもちんぷんかんぷんだろう。
投薬コンプライアンスっていうのは、1日3回とか、1回2錠とか、食後、食間、寝る前とか、そういうのをきっちり守ること。

「治りの遅い患者に限って、家に薬がたまっていく。わしは名医じゃないけども、どんな名医だってそんな患者は治せんよ。」

もっともだなぁ。
古典を思い出したよ。
患者から何も聞かずになんの病気か分かる医者なんて、いるわけないだろうに。
と同時に、患者も医者のいうことを聞かないんだったら、そもそも医者にかからなければいいのに・・・ってとこかな。

ひざにたまった水を約10cc抜き、5ccの薬剤をかわりに注入された。

「君、骨が硬すぎるね。最近の子は骨粗鬆症気味やからみんな疲労骨折するんやけど君は骨が丈夫すぎて、膜が骨に突き破られてる」

骨が硬いとはよく言われる。現代っ子とは思えないほどのカルシウム摂取量だもの。
日本人でも指折りの域である。
前の会社でも骨の強度を計るたびに、2位に大差をつけての1位だったからね。
ちなみに従業員5万人以上の会社で。
それだけ、我慢強いということ?(笑)

「しばらくは運動、禁止やよ。言わんでもわかってるよね?」
「わかりました」
と答えながら、テニスにでかけるのであった(爆)
名医のため息が聞こえてくるようだけど、名医はこうなることも見抜いているに違いない(笑)

2007/11/27(火)   耐える日々?

おいらは文句をつけるときには烈火のごとく怒るけど、そういう気持ちになれないときは黙っている。

最近ぶちきれたのと言えば、やはりJR西日本のあれでしょ(7月29日参照)。
あれはありえん、と思ったもの。

でも、客観的に考えても「なんであそこでキレなかったのか、分からなかった」って言われたことも数多い。
それも今年になって、急激に増えた気がする。
それぐらい、冷静になったということか。
というより、史記を読み続けて、Mっ気に拍車がかかったのかもしれない。
最近の麻雀とか乗馬とか鷹狩りがとくにそうだもの。
あまりに酷すぎてブチ切れ5秒前って感じだけど、それでも自分が悪いのさ。
自虐的なのか忍耐強いのか、よく分からんが(笑)

麻雀といえば、今日はあわせの日。

44赤5566万23竹56789筒 ドラ5万

トップと8600の差の2位。
10種の広い受けで、満貫を下回りようのない手である。
ところがここから12巡無駄ヅモが続くとは誰が想定できようか。
9万9万9万東東東ってあんた・・・そりゃねーだろw

ははは、まあこんな日もあるか・・・ってのをひたすら繰り返している。
キレないのが不思議である。

余談だけど最近、乳製品を摂りまくっているからね。
朝食なんてチーズ8切れに牛乳500ccが定番である。
カルシウムは充分に足りている・・というわけですな(笑)

2007/11/26(月)   excel勉強中

基本的な機能しか知らん。
マクロなんて組めるはずもないけど、やっぱり使いこなせたら便利だろうなぁ、と思ってここ最近は柄にもなくexcel入門サイトとかを見っぱなしですよ。
いくらかはマシになったのだろうか。

オーストラリアで政権交代。
もう政権交代自身は確実視されてはいたものの、ハワード首相が議席を落とすとは思わなかった。
堕ちたりとは言え、現役の総理大臣ですからね。
日本も小選挙区が浸透していけば、いずれ総理が落選するときが来るかもしれない。

2007/11/25(日)   名古屋へ

東急ハンズなどでウインドウショッピング。
買おうと思っていた商品はあったんだけど、売っていなかった。
名駅店は狭くてかないませんわ。
それに加えてあの人出じゃね。

ビックカメラでチェスのソフトを買い、成城石井に寄って帰ってこようと思っていたのに、うっかり忘れてしまう始末。
バッチのチョコレートを欲しいって言われていたんだった。
駄目だこりゃ・・・

2007/11/24(土)   心地よい緊張感

雨天のため2週間順延となったテニス大会。
今日はいい天気だったね。

ミニリーグの総当りで勝ち上がったら本戦、みたいな感じ。
Sさんとのペアで6チーム総当り(2ゲームマッチ)で4−1。
パートナーの賜物ですな。
自分自身はどうだったんだろうね・・・
一度だけ自然とガッツポーズが出たけど、目立ったプレイはそれぐらいで。
まあ目立たぬのが吉かと。

で、本戦トーナメントに出たら6ゲームマッチなのにいきなり0−6で負けました(爆)
容赦ねー!
1ゲームぐらいくれたっていいのに(笑)


-----

よく、あがり症とか言う人がいる。
おいらはちゃらんぽらんで緊張しない人間だと思われているらしく、どうすればいいのかとか聞かれることも多い。
んなわけない。
おいらだって、いつも緊張してますヨ。
英語レッスンの次はあがり症レッスンですか?
まったくもう(笑)
あがってしまうのを克服する方法として、どうすればよいか?

(1)あがるのは正常
(2)失敗するのは準備不足
(3)ものを言うのは場数

(1)誰だって、あがるときはあがるんですよ。
でも、世の中にはほんと、緊張すべき場面でも緊張しない人がいます。
ADと言われます。
たまにADHDとごちゃまぜにされるけど、注意欠陥症の人。
どういう場面でどう対応すればいいのか、分からない人もいるんです。
でも、普通の人はそうじゃないんだから、緊張するのは当たり前なんです。
緊張できることを、良いことだと思わないと。

例えば商談に行って、へらへらと笑ってくだけた態度だったら、なんだこいつ?と思われるでしょう。
緊張してるっていうのは、相手に対する敬意の表れでもあります。
ただ、緊張するのはいいことだけど、そのせいでいつもどおりのパフォーマンスを出せないと困ったことになる。
緊張して舞い上がってなにを言えばいいのか分からなくなる。
そういう状態になるの、わかります。

(2)意外かと思われるかもしれませんが、準備不足がもっとも大きな、失敗の要因。
変な方向に話をふられたとか、最初からゼロ回答だったとか、弁解の余地はいろいろとあるかもしれない。
でも、いろんな方向に話をふられるのは自然なことだし、相手のことを知っていれば最初の出方がどうなのかも分かる。
予測どおりにゼロ回答だったんなら、予測が正しかったことを素直に喜べばいいと思う。
ただ、どういう結果になるにしても、失敗の原因は準備不足なのです。
予測が甘い、案の練りこみが足りない、シミュレーションを怠っている、などなど。
笑点なんて、録画の前に100回レベルでテストしてるんですよ。
即興でも話せる落語家でさえ、ひとつの番組を完成させるためにそれだけの努力をしているのです。
よりよいものを作ろうとしたら、それぐらいの練習量がかかるというのが自然な結論でしょう。

(3)やっぱり場数を踏めば、相手の本音がどこにあるとか、なにげないしぐさからどういうことを望んでいるのかとか、そういうのが分かる。
何が聞かれそうだとか、ここは多分駄目だろうから次に注力しようとか、そういうのも場数の一種。
こればかりは経験を積んでいくしかない。

-----
とは言え、準備さえちゃんと怠りなくできていれば9割は成功すると思います。

2007/11/23(金)   秘境を歩く

P1020495.jpg 600×450 90K

2007/11/22(木)   似て非なる光景

P1020504.jpg 600×450 38K
新しくした表紙写真↑(Canberra)。過去のものはこれ↓(Perth)。


2007/11/21(水)   自分探しの旅

何が自分に合うのか、何が自分に合わないのか。
その答えは、人それぞれ。
例えばおいらはキムチがどうしても駄目なんだけど、別に好きな人の気持ちは分かるし、そういう人がいるのは自然なことと考える。
それぞれの人、個々人の性格もそう。
おいらには受け入れがたい性格の人もいる。
でも、他の人からみれば、その人の性格がよかったりする。
まあ、それは当然のことなんだけどね。
おいらの人を食ったような性格が気に喰わないって人も多いし(笑)

ネットがインフラとなってしまって、情報がありふれている。
その中から真贋を見極めるという大変困難な作業もせずに、ただ効率的に、ただ狡猾に、ただすばやく、答えだけを拾おうとする人が多いことには閉口気味である。
もちろん、そういう人もいていいだろう。
時間はほかに生かしたいことがあるのかもしれないし。
とは言え、やはり成長するためには苦労しないと駄目なんじゃないのかな・・・と思ったりもする。
ためになった苦労もあれば不毛な苦労もある。
しかし、それについて語るのは栓のないこと。


関係ないけどふと思った。
自分自身は、自分が思っている姿はあるけど、他の人はどう思っているんだろう、って。
おいらはこの手のことは考えない人間である。
無駄だし、他人の評価より自分の評価のほうが正しいと確信しているから。
評価にあたっては他人と較べることが必須になってくると思うんだけど、おいらはご存知の通り、比較が大嫌いなのよね。
自分がもっともすばらしいと思えばよい。そして、それに根拠はいらない。
他人と比較した瞬間、他人に「自分より駄目なやつ」というレッテルを貼らざるを得なくなる。
それは人間関係における、不幸の始まりだ。

とはいえ、自分が思っている長所と、他人が思っているおいらの長所ってのは異なるものだろう。
それは自然の摂理。
まあ、おいらに長所などないかもしれんが(苦笑)、何がいいところなのか。
何が駄目なところなのか。
それを知っておかないと、自身を高めていくことが難しいんじゃないかな。
なんて、最近思ったんです。

そんなわけで、ふらっと旅に出ます。
ではまたね。

(今日のBGMはダイナマイト@IGT ババメ萌え〜〜)

2007/11/20(火)   おくすり手帳

あれって、発行にお金とられるのね。
ただだと思っていたよ。
自宅には1ページ目しか記入のないおくすり手帳が山盛りある。

で、今日はやっと、はじめて持っていって、2ページ目を記載された。
こんなもの持ち歩けって、真似している人を見たことがないんだけど。


自宅のポットが潰れたのでヤマダ電機に買いに行ったんだけど、気に入ったものに限って在庫がないんだよなぁ。
そんなんだったら展示しなきゃいいのに・・・

2007/11/19(月)   続く自宅風呂

今までだとコナミ鈴鹿店か会社で帰宅前に入るかのどちらかだったんだけど、もう最近は自宅で風呂に入ることが圧倒的に多いね。
最近とくに寒いせいか、とてもじゃないけどこんなに長距離乗って帰ってきたら身も身体も真冬だよ。
会社も同様。

っていうか、埼玉にいたころは風呂はあったけど、やっぱりコナミばっかりだったなぁ。
部屋に風呂はあったけど狭いし、洗い場がないし・・・
田舎のほうがのんびりしてて広くて安くて、言うことないね。
おいらはなんか、東京圏が好きになれないんだよなぁ。
性に合わないっていうやつなのだろうか。

2007/11/18(日)   はぁ?と思う大失敗

Image086.jpg 600×450 106K
昨日、火曜日だと思ってた(o_ _)o
おいおいおい〜〜〜

昨日の(8)の答えは、1月24日のところに書いておきました。

-----

金曜日は本当に寒かったが、昨日今日は快晴。
バーベキューをやるそうで、手伝いに行った。
もう慣れたもので・・・・
っていうかソーセージの焼き方を知らない人ばっかりだったのに驚いた。
基本中の基本ですよ。
キッチンマネジャーをする(させられる)のも、あっちにいるときと変わらず・・・なんですかね?(笑)


↓豚肉ソーセージと、国産牛肉。松阪牛ではない(苦笑)

2007/11/17(土)   英語がうまくなる順序?

私見だけど、だいたいこれらのステップじゃないのかな。

(1)基本的な単語を覚える

Hello! How are you?
Is this a pen?

みたいな。

(2)文法を理解する
(3)単語層を広げていく

この両者はセットだね。
しかしこれらをやっていっても、読み書きはできるようになっても、聞き話しはできない。

(4)ある程度まで聞けるようになる

これが難関。
破綻したNOVAに代表されるように英会話の熱は収まる様子を見せませんが、英語なんていくら話せても、聞けなければ意味がないのです。
常に自分の想定どおり答えてくれるとは限らないのだし。

"May I smoke?"
"Go ahead."

Yes, you may smoke.とか言ってくれる人なんていないからね。
I don't mind.とかDon't hesitate.とか、I'm afraid but it's prohibited.とか、答えは百者百様になるのが自然だ。
ある程度言い換えられても理解できるようにならないと駄目だからね。

だから、英会話学校に行く必要なんて、ほとんどの人にはないんだよね。
だって、聞くだけだったらテレビやテープやCDやインターネットで何とかなる。
聞く訓練をせずして話そうとしても、そりゃ意思疎通はできないよ。

(5)ある程度話せるようになる

話そうとすると言葉が思い浮かばない、なんていったらいいか分からない、とかそういう境遇にでくわすと思います。
知らない言葉も類推する必要が出てくるだろう。
でも話の流れさえつかんでいれば、(2)(3)の延長と考えればそう難しくはない。
ただ、発音そのものは難関で、通訳とかでも人によっては完全にthの発音が出せずに(あるいは出さずに)s(z)で代用してたりする。
それでも通じれば問題ないのだから。

(6)シチュエーションに応じて単語層を広げる

ある程度会話ができるようになると、わからない単語が出てきても言い換えてもらったり、類推でなんとかなったりします。
そのせいで、単語力が伸びなくなります。
電車などの「発車する」は話し言葉ではleaveですが、書き言葉ではcommenceです。
Today, the 8:30 train bound for New York commences from the track No. 15.
こういう文を見て、commenceって単語を知らなくても「これは発車するって意味だよなぁ」ってあたりをつけることが類推の一種。
単語の意味を知った上で「これは話し言葉ではなくてポスターか掲示か何かなんだな」と気づくことが、さらにその上の類推。
そういうのが必要になってくるのよ。
「脅迫する」もfrightenではなく、intimidateという単語を使う。
「没収する」という言葉は話し言葉ならtakeで充分なんだけど、税関などではconfiscateという言葉を使う。
JR西日本のアナウンスで"This train consists of seven cars."って言うのがあるけど、掲示するほうは"This train comprises of seven cars."じゃないと駄目だと思う。

会話で使わない単語や会話にないシチュエーションでも出てくる単語とか、そういうのがおろそかになるんだよね。

(7)専門用語の勉強

自身の専門用語が話せないと、とてもじゃないけど話にならないね。
an arbitrageとかkineticsとか自分にとってはしょっちゅう出てくる言葉だけど、知らない人が覚える必要があるか、って言えば、全くないと思う。

でも、自身の専門分野については言葉を知っておかないと、言い換えもクソもないからね。

(8)助動詞、時制(進行形など)、冠詞の正確な理解

ある程度の文法は初期段階でもやるけど、やはり難しいものなのよ。
知らないと意味を取り違える言葉とか、いっぱいありますから。

developed countriesといえば先進国でdeveloping countriesといえば発展途上国。
能動か受動かで意味合いは180度変わるけど、その典型的なものでしょうか。

He's hit a track.
He's hit by a track.

ぶつけられたのはどっち?
前置詞があるから容易ですが、その助動詞はどのぐらいのスピードで話されるかを考えると、いざ話されたときに理解するのは容易ではないです。

発声スピードとも関係あるけど、文章の書き方である程度、英語力が分かったりする。

I haven't been to Germany.
I've not been to Germany.

同じ文章に映りますか?
圧倒的に違うと思うのですが。

You are being kind.

会話してたらしょっちゅうでてくるせりふだね。
You are kind.とどう違うのか、説明できますか?

The old are lazy.

この文には名詞がありませんが、文法的には正しいです。
なぜですか?

How long are you staying here?

これもしょっちゅう出てくるくせに、日本人の99%以上は誤答する質問。
ここに10日いる予定で聞かれた時点では3日目だと、答えはなんでしょうか?
_____ day(s).
正しい数詞を入れてください。

She, belonging to the Personnel, has gone to the Lake Biwa, the Takasegawa river, and the Nijo castle.

間違いは何個?

"Why did you come back?"
"Shit! I shouldn't have come back in this situation."

ここに書いてあるように「戻ってくるんじゃなかった!」って言いたいとき、ちゃんとこの文章を読めますか?
日本語だとしょっちゅうあるシチュエーションでしょ。
でも英語だと駄目なんだなぁ。
旅行の知識、ではないけどむしろ"I shouldn't have been late."とか、例文を丸々覚えておくとお得です。

I could sleep well yesterday, so I'm really fine.

この文の何がおかしいのでしょうか?
ヒント:これらの文は正しい?
She said she could sleep well.
She said she could sleep well yesterday.
She says she could sleep well.
She says she could sleep well yesterday.

Need I go there?

Yes, you must.
Yes, you have to.

この答えの違いはどこにあるのでしょうか。

(9)イントネーションを正しくする。

(8)ができれば、あとは心構えをするだけ。

He's gone to school.

行っちゃったってことを言いたいのならgoneに強勢が置かれるし、学校に行ったってことを言いたいのならschoolに強勢が置かれる。
場面によってはHeを強調することもある。
その場合、書き文章だとこうなるね。

HE's gone to school.

疑問文だと末尾を上げるとか、そんな知識は実践的ではありません。


まあ、ここまでクリアすれば一人前とは言わないまでもやたらと苦労することはないと思います。
自分も骨を折ることはあっても、全く通じないとか逆に捕らえられるとか、そういうことはなくなったからね。

自分は今、(10)の最中かな。
慣用句などの勉強中。
近況?
I've met my Waterloo.かなぁ。

2007/11/16(金)   この冬一番の寒さ

驚くほど寒かった。
夜は5℃まで低下。
その上、風も強いものだから、体感温度は相当な低さでしたね。

冬は空気が汚れているせいで、体調を崩しがちなんだよね。
まして今年は手術受けた直後なのだし。
あと1ヶ月の辛抱・・・ですか。

2007/11/15(木)   桧の家がお好き?

http://quote.yahoo.co.jp/q?s=%C9%B0%B2%C8&d=t&k=c3&h=on&z=m&esearch=1

いやぁ、これを見て素で吹いたんですけど。
初値がつく前に下方修正って、初めて聞いたよ。
いまだにIPO神話を信じている人たちがいるけど、どうなのかな・・と。
気管支に牛乳はいってむせちゃった。

上場基準を売上高にしてるから、今期の売り上げが前期の半分以下とか、不可思議な決算書があふれるのだよ。
とはいえ東証社長の斉藤氏の改革案も丸呑みでいいとは思えないしなぁ。

2007/11/14(水)   徒歩で帰宅

職場の上長というか、最高責任者も経て現在は顧問みたいな形に落ち着いている人といっしょに家まで歩いて帰ったよ。
自分は自転車だったんだけど、そのお方は「行きは電車、帰りは徒歩」っていうんだもの。
なんでも脱メタボのためだそうで・・・
耳の痛い話ですな。

それにしても、徒歩ったって9駅ですよ、9駅。
1〜2駅程度なら分かるけどさ・・・・
ちなみにおいらは5駅目のところ。
ためになる話もいっぱい聞けて、健康のためにもなって、いい一日だったな。

2007/11/13(火)   うまいなぁ。

老師の掲示板の書き込みに笑ったよ。
あっぷあっぷと物価のアップをかけているのか。
もちろん経営があっぷあっぷなんてのは冗談で、大繁盛してるんだけどね。
気の利いた言葉をすぐに出せるマスターがうらやましいよ。
また店に顔を出さないとね。

昨日の自分はといえば、関本の墓とスレを立てるで掛けて笑いを取ったぐらいか。
元NEC社長の関本忠弘氏が死去。
喪主は二男、澄人(すみと)氏なんだけど、なぜ長男が存命なのに次男が喪主なのか?って問いが自然と沸いてくるはずなんだけど、そうでもない?のか?
長男坊(某?)は今年10月9日に、労働者偽装派遣および5600万円の横領で逮捕されました。

自分は変なネタにしかついていけない。
広範な大衆ネタについていけて、しかも上品な返事ができる老師が本当にうらやましく思える。
そりゃ商売もうまく行くよね。
自分もそうありたいもんだけど、一度自営業を畳んだ身だからなぁ。
いくら能力を積み上げれば再起を図れるのだろう。

2007/11/12(月)   即的中?

日経平均が日曜の予言通りに15000円割れ。
とは言え、これはまだまだ序章に過ぎない。
下がるだけ下がればいい。
持ち合い全盛時代と違って、企業のバランスシートは相当健全化しているのだから、株安が株安を呼ぶことはありえない。
今回はドル安が市場を傷めているだけである。
ドル建ての日経平均で見れば、下落幅はわずかなものだ。

別に下がることを嬉しく思っているわけではない。
だけど、景気循環論で言えば、小泉時代は循環好景気だったのだから、そのツケがくるのは言わずと知れていたこと。
循環不景気が来たことに文句を言うのではなく、構造的な好景気にすることができなかった、真の構造改革ができなかった小泉時代の悪政のツケだろう。
その被害をモロに蒙ったのが安倍というわけだ。

余談ですが、日曜日にNHKで暗躍するブラックマネーという番組が放映された。
テレビがないこともあり見てないけど、大体の内容は想像がつく。
「NHKのせいで新興市場が急落した」という抗議も多いという。
別にそれはNHKのせいではない。
NHKは事実を報道しただけなのだし。
もちろん、事実を報道することが好ましくないという状況もある。
が、今回は単に、本来あるべく株価に近づくべく、下げただけ。

新興市場の株価はまだまだ高すぎるのだよ。
含み損はあっても含み益はほとんどない企業の株価がなぜあんなべらぼうに高くなるのか。
そのアオリを受けているのは誰なのか。
一度、国民全体で考え直す時期に来ているのではないだろうか。

-----

本日深夜、再放送があるみたいだね。
録画でも頼むかなぁ。

11月12日(月) 25:05〜26:00 NHK総合
▽ヤクザマネーが株式市場で膨張▽元証券マンの暗躍
▽企業が暴力団に操られる

2007/11/11(日)   腰痛

持病ではないはずだけど?
なんか今日は座りっぱなしでお尻が痛いよ・・・

自治会うんぬんの書類が鬱陶しい。
まだフリーペーパーとか変な宣伝のほうがマシかと思うぐらい投函されるもの。
なんとかならんのかなぁ。

2007/11/10(土)   不ヅキもここに極まる

雨のためテニスの試合は中止。

しかし今日、気持ち悪いおばはんに遭った。
オバタリアンって言えばいいのだろうか(死語?)

2007/11/09(金)   減量決定

体重計に乗ってみた。
そして驚いた。
さすがに一時期より10kg太ったら問題あるだろ・・・
というわけで、減量決定。

とりあえず50kg前後、体脂肪率10%前後にしとけば問題ないだろう。

2007/11/08(木)   太り気味

太ろうとしているから問題ないっちゃーないんだけど、ちょっとやっぱり不恰好かな・・・と。
おなかが出てきたしね。
そりゃ毎日、氷結レモンで睡眠薬で、しかも助長剤に食品をとってるようじゃ駄目駄目だわな。

さて、今後どうしたものだろう。
健康リスクを犯してでも減量に走るべきか、それともバランスを貫くべきなのか・・・
難しい舵取りだなぁ。

2007/11/07(水)   値上げの時代

ものがどんどんと値上がりしていく。
ガソリンなどは筆頭格だけど、食料品の値上がりもすごい。
農家が赤字になる理由を掘り下げて知りたいものです。

ティーパックがなくなったので100円均一の店まで買いに行く。
つい春ごろまで100円で20袋入っていた箱は、あけてみるとなんとびっくり8袋しか入っていない。
同じ容器なのに・・・・
ご丁寧にシールを貼って2g×「8」と直ってるけど・・・

この大きさで8袋?
いやいや、マヨネーズとかで価格据置で少し量が減るのならまだしも、20→8じゃ別の商品でしょ?
でも、これでも赤字かもしれないんだよなぁ。
流通コストの上昇恐るべしですな。


---
っていうか今日はニュース短評のほうと同じネタなのに、書き方(タッチ)でこれだけ変わっちゃうものなんですね(笑)

2007/11/06(火)   格闘運子♪

渡豪が決まってから、まともにやる気になれない。
そりゃそうか。

今日はというと、仕事終わってからイオンに行って、近くのスーパーに寄って半額の弁当を買って、それを食べてからもそもそと格闘しにでかけたんだった。
あわせで441。
なんか、腑に落ちない結果だな。
親Wリーのときに四風連打とか言われたのがありえんかったかとw
九連はこないし。
とはいえ、聴牌まではしたんだけどね。

2軒リーチのときに8ツモってきて3枚切れの北を切り聴牌。

1112345888999竹 ドラ9竹

竹は場にゲロ高。25でて三倍満、赤5ツモって数え。
次のツモが索子。
リアルしてたら思いっきり指に力が入りそうな局面だけど、4とは・・・w
ツモ切ったら、次に7ツモ。8切り。

1112345788999竹

無筋の竹を2枚も強打して通し、準九連ではあるが確定。
通った瞬間、「さすがにこりゃあいただきやろ!」と思ったのが悪かったのか、下家にカン6を引きあがられる。
このシチュエーションでゴットーってあんた(爆)

どんなエンディングだよ。

2007/11/05(月)   予定組みなおし

27日に書いたけど、思いっきり勘違いしていたみたい(汗)

以下、書き直しです。

というわけで、今後の予定。
目下の目標は、10日のトーナメント。

11月 3日(土) 鈴鹿温泉(湯治)
11月 4日(日) 鈴鹿温泉(湯治)
11月 7日(水) テニス
11月 9日(金) テニス
11月10日(土) テニス ダブルストーナメント@桑名
11月11日(日) 高圧ガス保安法試験(名古屋)
11月17日(土) 高圧ガス保安法講習(津)
11月23日ー25(祝)(土)(日) AFP講習
12月 1日(土) オーストラリア
12月 2日(日) オーストラリア
12月 9日(日) 日本プロ麻雀連盟中部プロリーグ観戦(最終節・伏見)
12月15日(土) 日本新聞記者協会
 1月 4日(金) 転居(手続き上)
 1月 X日(金) 渡豪(関空発ブリズベーン経由シドニー行き)

2007/11/04(日)   鈴鹿さつきの湯

P1020985.jpg 600×450 56K
今日はいい天気だったね。
のんびりバイクで気が向くまま走行。

行った先は単純天然温泉の鈴鹿さつきの湯。500円。10時〜21時。
更衣室を経由しないとサウナに入れない温泉ってはじめてだったよ(笑)
水風呂1+大浴場1+サウナ、って感じ。
500円は無難なとこでしょう。


その後はなんとなく平田町に寄って帰宅。

2007/11/03(土)   一泊二日湯治

全身を貫く疲労感がどうにもならなかったりする。
こんなときはのんびりと、温泉を堪能するに限るね。

最近、出不精だなぁ。
とは思うものの、身体がついていかないのだもの。
ご海容願いたい。

2007/11/02(金)   松阪牛を堪能

なんか贅沢な気分に浸ったよ。
っていうか、贅沢なんだけどさ(笑)

近江牛や米沢牛や前沢牛などなど・・・
ありとあらゆる土地で当地の牛肉を食べたけど、やっぱり今日のには及ばない気がする。
単なる思い込み?
そうかもしれないね(笑)

2007/11/01(木)   ピッチャー、岩瀬

このアナウンスがコールされるときって、例外なく中日ファンからは大歓声が上がったものだった。
それも今年だけではない。
岩瀬はプロ入り以来ずっと、最高の成績を残し続けてきているのだし。

あの瞬間をコナミスポーツ鈴鹿店で、リアルタイムで見ていた。
客席がシーンとしたのが、なによりの証拠ではないだろうか。
おいらは白けた。

楽天の野村監督が言っていた。
「あそこで10人監督がおったら、10人とも続投。代えるとしたらヒット一本打たれたとか、そういうとき。」
普通の感覚だとそうだよね。。。
セパあわせて12人の監督がいるわけだけど、あそこで代えるのは落合と岡田?ぐらいじゃないだろうか。
どちらにしても絶対的なストッパーを持っているからこその采配ではあるんだろうけど・・・

自身や監督を含め、誰もが想像だにしていなかった山井の力投が、悲劇を呼んだのだろうか。
それに加えるとしたら、1点しか取れなかった中日の打線だろうか。



-----

(後日のためのメモ書き)
中日が山井=岩瀬の完全投手リレーで、ナゴヤドームでの第5戦を1−0で制し、日本シリーズを制覇。
中日はレギュラーシーズン2位ながら、今年から導入されたクライマックスシリーズで3位の阪神に連勝、首位の巨人に三連勝し日本シリーズ出場権を得ていた。
中日は2回、一死2、3塁で2年目の平田が決勝の犠飛。
日本ハム先発のダルビッシュは中4日で7回1失点の力投も、実らなかった。
中日先発の山井は8回までパーフェクトピッチング。9回を岩瀬が抑え、日本ハムに一人の走者も許さなかった。

過去ログ 2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月