せっきーの世紀末

/(^o^)\日本ヲワタ/(^o^)\

2007/01/31(水)   弁当最終日

今日で弁当を作るのは最後。
高野豆腐とか、使いきれなかった。
料理そのものは苦手だけど、それでも自分自身でなんとかやろうとして作るのが面白い。
自分の料理のコンセプトはなんというか、Dee Whyのimitating food hallだね。
彼らは春巻きの作り方とか、デンマーククッキーの作り方とか、寿司の作り方とか、もちろん知っている。
それでもなぜか春巻きにアボカドやカリフラワーを入れてみたり、デンマーククッキーにイチゴグリームを入れてみたり、寿司にトマトソース(ケチャップ)をつけてみたりする。
料理ってお手本どおりに作ったほうがいい味かもしれないけど、つまらないからね。
自分たちなりにアレンジを加えて、独特の風味を持たせられるからこそ自分で料理をやろうって気分になれるんだよね。

シドニー市内で書籍を見ていました。3つの書籍を買いたいのだけど、一番安いところで$43、$45、$45。
日本と違って価格固定制ではないので同じ本でも店によって値段が違うんだよね。
一番高かったところだと、一冊が$71。
これがあるからこの国は・・・(笑)

結局、インターネットを調べていたらなんと日本からアマゾンに頼んでも3冊合わせて9600円しかかからないことが判明。
それって、本当にどうなの??(笑)

2007/01/25(木)   謙遜でもなんでもなく自分自身に力量が足りないということは誰よりも自分自身が一番よく知っている

おいらは本気で自分には何かをやる、あるいはできる力量など皆無だと思っているしそう口にするのだけど、その言葉が額面どおり受け入れられることがない。
なんというか、損な性格だね。
それほど世の中には本音で語る人がいないということなのか。などとも思ってみたりする。

今日はリアルオセロではじめて負けてしまった。
もちろん大真面目にやった結果である。
大喜びの相手とはうらかたに自分はもう一局再戦を挑むものの、それも負け。
そんなに格段と引き離されたわけではない、ほんのわずかの差なのだけど、抜かれたことは確かである。
そりゃ自分自身がどれだけ昔やりこんでいたからって今ほとんど何もしなくてもその力量を維持できるほど、世の中は甘くはない。
向こうが血のにじむ努力を続けているのだから、抜かれて当たり前なのだ・・・と。
おいらはオセロが弱い。全然たいしたことがない。というのは、自分自身の力量を自分自身がよく知っているからこそ言えることなんだよね。
オセロに限ったことじゃない。麻雀にしても将棋にしても文章力にしても、何をとってもそうである。
自分にもし何かひとつ才能があるとするなら、それは自分の力量の限界をよく知っていることに他ならない。
豚もおだてりゃ木に登る、などということわざもありますが、あまりに対象外のものをほめるのもいかがなものかと。
ちょっと不機嫌になります。おだてるのはおやめください(笑)。

この悔しさを忘れるようなことがあったらおいらもおしまいだよなぁ。
抜かれたら抜き返せばいい。
悔しさを胸に秘めて捲土重来を期するのみです。
往年の強さをいやというほど見せ付けておかないとね。
というか、往年の強さなんてあるんだろうか。自分自身はそんなものはなかったと思っているんだけど、相手はあったと思っているんだよね(笑)。
一種の無形財産というか、信用のひとつだろうか。
信用を無くす前に鍛えなおしておかないとね。
麻雀だって同じ。小手先のことばかりやっていて鍛えが入らなくなったら、いずれ面子から疎外される結果になるのは目に見えているからね。

2007/01/24(水)   11月17日出題分の答え。

(8)の答え。

○ぶつけられたのは後者。
最初の文はHe has hit a track.
過去の話(ぶつけたこと)を今話しているから現在完了形になってる。
二番目の文はHe is(or was) hit by a track.
単なる受動態。時制については話の脈絡から類推するしかない(これだけでは分からない)

○I haven't been to Germany.
この文は、近い将来ドイツに行く予定があるみたいな意味を内包しているように映る。
「いまんところドイツにいったことはない」

I've not been to Germany.
単に「ドイツにいったことはない」

○You are being kind.

「親切ぶりやがって」という意味を内包している。
普段はkindではない人があるときだけやさしいとそう言われる。

You are kind.は、いつもやさしい人、という意味。
訳はどちらにしても「あなたは親切ね。」

○The old are lazy.

the + 特定の形容詞、は名詞扱い。

the old, the young, the disabled, the quiet, the rich, the braveなど。
the hotなど、大半の形容詞は無理である。
意味は(形容詞の意味)な人々、ということ。
老人たち、若者たち、障害者たち、静かな人たち、金持ちたち、勇者たち・・・

この例文はまだ分かりやすい。

Young and old enjoyed themselves.
老若はそれぞれ楽しんだ。
対句を作ると、theは省略される。
名詞がないのにちゃんとした文になっている。


○sevenが正しい。

現在進行形という言葉を誤解すると、「今のところ3日いる」=threeと答えがち。
心配しなくても100人に99人はそう答えるのです。
ですが、文法的に言うと、現在進行形ってのは将来のことを現在話すときに用いられます。

I'm playing tennis.
今テニスをまさにしている、という意味ですが、ちょっと後もテニスをしている(しばらくはしている)という意味を内包しています。
その意味を内包しているからこそ、現在形の「わたしはテニスをします」と区別して「わたしは今テニスをしているところです」と訳させるのです。

この文の場合はどうなのか。
How long are you staying here?

stayみたいな状態動詞が進行形になってるとき、解釈に困ったらこう思えばいい。

How long are you going to stay here?

そうすれば簡単。
この質問は「今後何日いるつもり?」という意味であって、決して「今まで何日いたの?」ではない。
返答に困ったらこう返すと親切。
I've stayed here for two days, and I'm staying (going to stay) here for more eight days including today.
「今まで2日過ごして、今日込みで後8日間いるの。」

○She, belonging to the Personnel, has gone to the Lake Biwa, the Takasegawa river, and the Nijo castle.

2つ。
最初は分詞構文。
She belongs to the Personnel.(彼女は人事課に属している)
部署は大文字が普通なので、間違いではない。

湖は定冠詞がつかないので、the Lake Biwaは間違い。
川は定冠詞が必要なので、the Takasegawa riverは正しい。theさえついていればTakasegawa RiverでもTakase (R)riverでも正しい。
城は定冠詞がつかないので、the Nijo castleは間違い。
訳は「人事課の彼女は、琵琶湖と高瀬川と二条城に行っちゃった。」

○"Shit! I shouldn't have come back in this situation."

発声してみてください。そのままです。
遅れるんじゃなかった!とか、宿を手配しとけばよかった!とか、頻繁に使うので覚えておいて損はない。

○ヒントの4つの文章。
She said she could sleep well.
She said she could sleep well yesterday.
She says she could sleep well.
She says she could sleep well yesterday.

どれも正しい。直接話法に直すのが、正解への近道。
She said she could sleep well.はShe said "I can sleep well.".
彼女は「わたしはよく眠れるの」と言った。

She said she could sleep well yesterday.は She said "I can sleep well." yesterday.
彼女は昨日、「わたしはよく眠れるの」と言った。

She says she could sleep well.は She says "I could sleep well.".
彼女は「わたしは(その気になれば)よく眠れるの」と言う。
括弧内に書いている通り、普段はよく眠ってないということを暗示しています。
忙しいのか、はたまた習慣なのか。

あるいはこういう訳も可能である。
彼女は「わたしは昔はよく眠れたの」と言う。
今はよく眠れない、と医者を訪れて不眠症対策でも練ってもらっているところなのだろうか。

She says she could sleep well yesterday.は She says "I could sleep well yesterday.".(She says "I could sleep well." yesterday. は文法上不可)

彼女は「わたしは昨日その気になればよく眠れたの」と言う。
つまり、昨日はあまり寝ていない。



散々書いていることから分かると思いますが、could は can の過去形ではあるが、仮定法の助動詞でもあるのです。
可能の意味でcanがcouldになるのは、間接話法の節内のみです。
能力の意味でcanがcouldになるのは、一般的な話に限られます。

I could sleep well yesterday, so I'm really fine.

この文章は「わたしは昨日その気になればよく眠れたんだけど(実際にはあまりよく寝なかった!)、だからわたしはほんとに元気よ。」
昨日、と特定しているのでこういう条件下ではcouldは能力や可能の助動詞としては使えません。
I was able to sleep well yesterday, so I'm really fine.
「昨日はとてもよく眠れたから、本当に元気。」

あるいは、こう直すこともできる。

I could sleep well yesterday, but I'm really fine.

「昨日あえてあまりよく寝なかったんだけど、本当に元気よ。」
でも前者のように直すのが普通である。

○mustは、話し手の意思を含む場合。あるいは書き言葉(憲法など)の場合。
have toは、外部環境による場合。

A)Need I go there?
B1)Yes, you must.
B2)Yes, you have to.

Bが命令してそこに行かせる場合(Bが上司でAが部下の関係など)、B1の答えになる。
あるいは、法律により仕方なく行く場合(例えば裁判所に行くとか)もB1である。
その他の場合はB2。

2007/01/10(水)   地に足をつけて、飛躍のときを待っている。

全知全能の人間なんていない。
有限実行。決して有言実行である必要などないのだから。
自分はこうありたい、と思っている姿というものはあるけれど、別に今がそれとは違うからと言って悲観することも落胆することもない。
いまの自分。それがあってこそ、将来の自分があるのだから。

飾らず気取らず、ありのままに。
駄目な部分を素直に認めて受け入れて、折り合いをつけていければいい。
あとで直せばいいのだ、駄目なところなんて。


オーストラリアに向かいます。帰国日は未定です。
ではみなさま、また会う日まで。

2007/01/09(火)   今日は多忙

きりん合わせに出られるかどうか微妙です。
22:25はほぼ無理でしょう。その時間は間違いなく空いてるけど、そのころには寝ていないと明日間違いなく死んでしまう。20:25ならなんとかなるんだけどなぁ。
21時の部のほうはできるだけ出られるように調整してみますネ。
あまりに長引くようだと終了ボタンを押さざるを得ないかもしれません。
しおりん麻雀で4649!(笑)

そうそう、買ってまだ一ヶ月ほどにしかならないのに、腕時計をなくしてしまいました(o_ _)o
なんでぇ〜〜????
さすがに凹んだわ・・・
やっぱり時計の値段と寿命は反比例するんだよ。
ダイソーで買えば問題ナッシン?(笑)
っていうかそんな高価でもないのに・・・・5250円だったような?

2007/01/08(月)   ちょっと不調気味

喉の具合があまりよくないので、家でおとなしくしています。
月曜日なのに中央競馬をやってるんだね。
土曜日に雪でも降ったのかな?

さて、もう残すところ2日。
準備は整っています。
にしても、いつも思うけど本当に準備だけで大変だね。
40万マイルためようと思ったらどれだけ準備が必要なんだろう・・・

で、向こう行ったら弁当作らないといけないんだけど、このレスに爆笑してしまった。

>> 弁当作ってくっれえええええ
> せっきーお弁当作ってあげても
> アレも駄目、これも駄目ってダメ出ししそうやんけー!w

言う言う絶対言う(笑)
なんかツボにはまって、笑いをこらえきれなくなった。

2007/01/07(日)   そんなわけでBBS復活?

水面下で更新作業中。
渡航までに間に合うかしら?

というわけで、とりあえず、取りうる限りのスパム対策はしておいた。
あとは投稿者の善意に任せます。
普通に書いても不適切投稿扱いされるかもしれません。
とりあえずurlを含む投稿はできないようになっています。

問題が起こっても向こうにいるので対処できないかも?(爆)
あと3日ですか(笑)

で、夜に旧雑記を処分しておきました。
もう必要ないし(笑)

2007/01/06(土)   No!と言える日本人

会社のお偉いさんと同僚と同僚の娘さんの4人で夕食にバイキングを食べに行った。
お子様のためにカレーをとってきてくれるお偉いさん。
ダンディだな。
ところが、娘さんは「いや!」と食べるのを拒否(爆笑)
ひとりでぽつんとカレーを食べるお偉いさんの姿に、少し哀愁が漂って見えた。

2007/01/05(金)   色の割当。

22時ごろかなぁ、ジムに行って年初の運動初め。
で、そのときにアタック25を模したテレビが流れてた。
三国志を題材にしてた番組で、何チャンネルだったかとかは覚えてない。
ただ、緑の劉備さん、青の曹操さん、赤の孫権さん、というのはよく覚えている。
なぜ、魏呉蜀の3人にこの色が割り当てられるのだろう・・・

おそらく、光栄(現コーエー)の三国志(初代、1988年10月30日発売)において、曹操=青、劉備=緑、孫権(策、堅)=赤、という色が割り当てられたせいだろう。
ちなみにそれより前に発売されたナムコの三国志(中原の覇者、1988年7月29日発売)、およびナムコの三国志2(覇王の大陸、1992年発売)においては、曹操=緑、劉備=黒、孫策(孫権)=黄色、であった。
この魏=青、呉=赤、蜀=緑、という図式は、SEGAから発売され好評を博している三国志大戦シリーズでもそうである。

このことはすなわち、コーエーのすごさを物語るものだけど、おいらはナムコ三国志が好きです(爆)
あの口パクとか、左右対称のグラフィックとか(加工豚を除く)・・・・
ファミコンの割に動作が軽くてね。
しょぼくれた顔して「にんむに シッパイしました」って言われてもなぜか笑えた。
「かならずや シロをおとしてまいります」
あ、でもセーブで命令書1枚使うのは勘弁(笑)

2007/01/04(木)   お知らせ

海外渡航などのため、今後は毎日更新ではなくなります。
みなさまも御身体にはくれぐれもお気をつけて(^^)

-----

今日は大発会なので(嘘)北浜に行き、その後梅田、難波と行って帰ってきた。
梅田での所用がそんなに時間がかからない用事だったので、北浜から天満橋まで歩いて地下鉄を使うという手段を選択。
Q:北浜は大阪市交通局で梅田乗り継ぎの切符が買えない唯一の駅である。YESかNOか?
なんてクイズはおいておいて、昔は30分以内なんてリミットはなかったんだけど・・・っていうか、なんで天満橋まで歩いたのかというと、北浜からだと梅田乗り継ぎができないからね。
谷町線で東梅田まで行って、速攻で用件を済ましたつもりが25分もかかってる。
意外と時間かかるものだね。新年で混んでるし。
御堂筋線で難波を降りたときにはちゃんと合計で230円しか引かれていなかった。
おいらは吝嗇なので(笑)、交通費はいつもケチります。
東京なんていくときはいつも予算10000円(往復)、飯塚なんて同8680円。
それ以上かかる理由が分からない。
もちろん急ぐ必要があるときは新幹線とか飛行機を使って時間を買うということをしますが、基本的には交通費なんて移動のための対価なんだから安いに越したことはないよねぇ。
難波=梅田なんていつもなら徒歩ですよ。徒歩。北浜=梅田なら尚更です。

難波でコタンラーメン(しょうゆ味)を食べた後、心斎橋の東急ハンズまで行ってちょっと買い物。ついでにLOFTで買い物。
ついでに高島屋で買い物・・・のつもりが買いたいものが「おいてない」と言われてしまった。むー。

2007/01/03(水)   リアル麻雀企画倒れ

ちょっと格闘(ゲームの麻雀)しに出かけた。
いや、もうやる必要ないはずなんだけど、習慣になってしまったのかな?
で、結局444で、店を変えて23443。さらに定期船にて8連続放銃の神業ラス(爆)

い〜み〜な〜い〜じゃ〜〜〜〜〜ん

と誰かに突っ込まれそうだ(笑)
で、格闘をやりにいったときにPさんとかKさんとかMさんとかUさんとかいっぱいいたので、せっかくだからリアル(実際の麻雀)やらね?って話になって、とりあえず駅前の店に電話すると満員だという。
で、車に乗って隣町の雀荘にいくも、そこも満員。
むーん。

まあ正月だもんなぁ。ボウリングは2時間待ちだし、なぜかレンタルシューズ代が100円高くなってるし(笑)。
どこも儲け時だものね・・・
結局なにもせず帰宅。
東京圏はどうだか知りませんが、こちらでは雀荘の数が明らかに減ってるね。
雀荘はともかく、昔は寿司屋とかケーキ屋(洋菓子屋)とか個人薬局とかおもちゃ屋がもっと多かった気がします。

2007/01/02(火)   周囲は変わらないし変われないのだから自分が変わらなければいけない

最近の文章を読んだ方々が「なにか変わってない?」と言うようなニュアンスのことをおっしゃる。
直接会った人はもっと言うね。別人だね、って。
そりゃ人間、いきものですから(笑)
変わらなければ大事件ですよね(笑)

環境ってのは良くも悪くもなかなか変わらないし、変えられないものです。
変えられるのは自分自身のみ。
だったら、自分がかわったらいいんじゃない?という印象ですかね。


ページを再編して思いましたね。コミュニケーションの手段にはなっていないんじゃないかな?って。
まあいまの体裁は言ってみればこんな感じですよね。
「今日はうな重をたべた。」
「昨日は温泉にいった。」
「一昨日は麻雀を打った。」
とはいえウェブというのはかなりのスライヴィングマーケット(成長市場)なので、相互交流を意識するとどうしても商人(宣伝)がやってきます。
向こうに行っている間、ほんねを言うと自分だって交流をもっていたいのよ。
なんていうか、日本語に飢えるのね(笑)。
向こうでたまに日本人にあっても頭で日本語がぱっと出てこない。
言語のチャンネルが英語に切り替わってるからで、それは向こうも同じ。
日本人同士なのにぎこちない会話を何度もったことか分からない(笑)
「あなたの家は北に位置していますか?」
「いいえ違います。」

「あなたの息子の名前は何ですか?」
「彼の名前はたくみです。」

教科書みたい。頭の中で英語が浮かんで、それを口で日本語に訳しているという印象(笑)


phpをお勉強して暖めていたアイデアをもとに新掲示板(交流板)を作ろうと思っていたのですが、間に合いそうにありませんね。
むーん。
まあ「今日はうまいコーヒーを飲んだ」ぐらいにでも適当にコメントくれたら嬉しいね。
難しい議論を戦わせるつもりなんてないから(笑)

2007/01/01(月)   あけましておめでとう。

年が変わると同時に改めます。
なぜ?といわれても、特に理由などないのですけれど。
強いてあげれば「直リン」が嫌いだからですかね。
1ヶ月もすれば直リンされる回数は50を越え、そのまま放っておくと1年もすれば1000ぐらいにはなる。
ウェブは木構造です。そのことを考えると、あまり複雑な系にはしたくありません。
だから自分のページはいつになってもとってもシンプルです。

年越しをゲーセンでゲームしながら迎えるなんて、人生ではじめてだね。
U氏やK氏をはじめ、いろんな方にご挨拶。
そのまま神社までいったものの、小銭を100円玉しかもっていなかったのでそのまま全部投げ入れてきました。
うん。なんていうかね、手持ちに日本円がない(爆笑)
プラスチックのお札ばっかりでね。


起きて届いた年賀状を確認すると、たったの2通のみ。
人気ねーなー(笑)、って行く前にちゃんと連絡したからですが。
向こうの住所にも何通か届いているようで、ご丁寧な心遣いに感謝申し上げます。

自分ががんばったジャンボパンチ希林は全国8位で、福岡1位。
おめでたいね。
自分は11位だったので役に立てずじまいでしたけど、仕方ありません。
今日もちょっとだけやって、2−2−1−3で+3個でホールアウト。
トップを取れる局を落とさないためにはもっと精進しなければいけないね。

過去ログ 2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月