今週の市場サマリー

<猛毒は蜜の香り>
新聞には、新聞社に不都合な記事は掲載されない。それにしても、最近の割引率は異常ではなかろうか?

2012/6/2より、規模を縮小してお送りしています。
2015/11/10より、土曜日のみ定期、その他は不定期に政治ネタをお届けします。

2017/06/15連載を終了させていただきました。ありがとうございました。

2016/04/30(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:志賀原発断層・シリア危機
中日:貧富の格差

 まあ、くどいようだけど、上がる時だけアベノミクスじゃないわけです。下がるときも含めてアベノミクス。日本の政策はいつも将来世代につけを残して現世代が利得を得るという構図なのだから、少子化が進むことは当然のことです。
 現世代が利益を享受しきった結果が今であって、今後出てくるのがそれまでのツケであるわけです。株価なんてもっと下がるよね。6月の参院選公示まではよほどのことがなければ上がらないだろう。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1266.40(△36.40)
原油   45.92(△ 2.22)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル:106.37 111.70 108.71
対ユーロ:121.80 125.48 122.66
対豪ドル: 80.91  86.12  83.87
日経平均:16666.05 17572.49 16848.03
債券10年:▲0.060% ▲0.110% ▲0.090%
債券20年: 0.33%   0.26%   0.31%

2016/04/28(木)   追加緩和なし

 すでに日本銀行は多くの企業で筆頭株主になっている。

 上場企業には株主数の制限があって、一定数以上の株主がいないと、上場廃止となる。そこで、個人投資家に株式を所有してもらうために、株主優待制度というものが多くの企業で取りいれられている。少数株主ほど有利。利潤分配の原則から言えば、考えられないことですけどね。

 日銀は調子に乗って株式を買いすぎた。国債もかいまくっている。まず、国債のほうはあと1年ちょうど経つと買い入れが持続不可能になる。マイナス金利とか言って話題になっているけど、国債がマイナスの金利になろうが、それを日本銀行がさらに高い値段で買い取ってくれるから、転売の道具として格好のものになっているんだよね、日本の国債って。その買い入れに使うお金も国民の負担なわけです。当たり前ですが。
 株式の方も、企業によって異なるけど浮動株(市場で出回っている株式)は20〜50%ぐらい。そのうちの平均5%、テルモなど一部企業においては12%も保有する株主になっている。そうすると浮動株が減るわけで、どんどんと取引は閑散とし、証券会社は手数料収入が減り、少しの注文でも多くの値幅が動くことになる。すでに、その兆候は表れてきていますけど。今後はもっとひどくなるだろうね。まああと1回ETF買い入れ拡大はできるけど、それは7月の参議院選挙の前にやることが確定的。断じて4月じゃない。
 っていうか、仮に4月にやったとしても、もう日銀の施策の幅はないということで暴落していたと思うけどね。今日の日銀会合で追加緩和を見送ったら、日経平均は2000円値下がりした。まあ、補選のために2500円も2週間であげてきているから、インチキが剥落しただけですけど。日本の市場ってひどいことになったものだ。追加緩和なしで暴落じゃなくて、どっちにしろ暴落。間違いない。

2016/04/23(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:熊本地震・ブラジル混乱
中日:地震と減災・老朽原発延命

信毎から。

> 政治の混迷も続く。決定的だったのは経済のけん引役として期待された国営石油会社ペトロブラスをめぐる大規模な汚職事件だ。同社との契約を欲しがった企業が賄賂を渡し、その一部が政界に流れたとされる。ルラ氏ら与党関係者が捜査対象になった。
>  これらの問題がルセフ政権を直撃した。さらに自身も国家会計を粉飾するため、年金など社会保障費や貧困対策の出費などを国営銀行に肩代わりさせたとされ、弾劾請求へ至った。

 日本の検察は完全に自民党の犬だから、こんな事件は起こりようもないんだよね。しかし、内部腐敗は日本のほうがブラジルよりはるかに深刻。24日の補選の公示から、いったいどれだけの資金を株式市場、為替市場につぎ込んだのだろう?と思うもの。
 株価がベンチマークになる内閣なんて、本当に史上最低・史上最悪だと思う。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1230.00(△ 3.50)
原油   43.73(△ 3.37)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル:111.70 108.71 108.09
対ユーロ:125.48 122.66 123.19
対豪ドル: 86.12  83.87  81.61
日経平均:17572.49 16848.03 15821.52
債券10年:▲0.110% ▲0.090% ▲0.085%
債券20年: 0.26%   0.31%   0.35%

2016/04/16(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:熊本地震・原発のリスク

 熊本県で大地震。安倍首相は大喜び。補選どころじゃなくなるから。いつしか、スキャンダル対応に追われた菅首相が地震が起きたとたん、喜々として作業着を着て会見していたことを思い出すよ。自民も民主(当時)も、まったく頼りにならん。大災害を喜んでいるようではね・・・・。情けない。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1226.50(▼17.30)
原油   40.36(△ 0.64)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル:108.71 108.09 111.59
対ユーロ:122.66 123.19 127.13
対豪ドル: 83.87  81.61  85.70
日経平均:16848.03 15821.52 16164.16
債券10年:▲0.090% ▲0.085% ▲0.070%
債券20年: 0.31%   0.35%   0.49%

2016/04/09(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:大北補助金不正・EU難民送還
中日:自白調書の妥当性・在沖米軍基地拘束事件

 水曜日。日経平均7日続落を避けるべく、公的資金総動員で終値介入した。しかし、最後は売りに押され、7日続落。笑ったよ。
 木曜日。円高ドル安が進んだが、昨日の反省を踏まえたのか、14時40分にはもうどうやってもマイナスにはならないような水準まで持っていかれる。しかしそれでも終わってみれば約35円高。しょぼい反発だった。
 昨日の金曜日。さらに進んだ円高ドル安と米市場の下落をうけ、大きく値下がって始まった東京市場。先物なんて15300円ぐらいだったのに、そこから700円もあがって一時16200円をつけた。なんなのこの市場。馬鹿なの??しかしそこから落ちて行き、結局15821円で終わった。3日続けての公的資金劇場。楽しめた?笑えたけど、でも原資が年金保険料というのだから笑えない。
 これだけ円高ドル安が進行して、株価がこの水準にあるというのは異常でしょ。ユニクロの決算も散々(減配)だったし、今後は自動車会社の決算でも下方修正が相次ぐでしょ。だって、想定為替レートは117円とか120円とかなんだもん。110円で計算しても、某企業などでは5000億円ぐらい下方修正はしなきゃいけない。利益が減れば株価は下がる。当たり前の話です。

 そんな当たり前の話を、なぜ公的資金は全く理解できず、さらに資金を溶かそうとするのかって話だよ。国民の金(年金保険料)を株式市場で失ってしまいました→取り返そうとしたらさらに損失を拡大させてしまいました、って話。こんなギャンブル中毒に資金運用なんてさせるなんて正気じゃない。いい加減にやめてほしい。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1243.80(△ 8.20)
原油   39.72(△ 2.93)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル:108.09 111.59 113.12
対ユーロ:123.19 127.13 126.32
対豪ドル: 81.61  85.70  84.85
日経平均:15821.52 16164.16 17002.75
債券10年:▲0.085% ▲0.070% ▲0.095%
債券20年: 0.35%   0.49%   0.39%

2016/04/07(木)   TPP

 開示しないのに批准するってどういうこと?特定秘密保護法って、趣旨説明のときだと軍事や国防の話だったような気がするんだけど、こういうことに濫用するというのは違うんじゃないですかね?

 っていうか、安保法廃止を求めるんだったら、どうみても特定秘密保護法の廃止案を提出するべきだったろうに。

2016/04/06(水)   パナマ問題

 日本政府「調査する気はない!」

 2012年度の税収:45兆円
 某タックスヘイブンで日本企業・ファンドが税逃れされた額:55兆円

 政府が大企業の味方であることは言わずと知れていますが、それにしてもこんなに大々的に租税回避がなされているとは思わなかった。もっとも、正しいかどうか、判然としないけれども、アイスランド首相の辞任とか、本当にヤバイ事件なのだと思う。

 アメリカでは、製薬会社によるM&Aと本社のアイルランド移転が取りやめになった(させられた)。アメリカ本社とアイルランド本社では税率が違うから、課税逃れになるんだよね。

 日本だって、企業からもっと徴税できますよね?という話。

 結構前から知れているネタで、3年前?まあ日本は中小企業には厳しくても大企業には激アマなので、まず調査が実行されることはないと思っていた。日本だけじゃなくて世界中そうだけどね。そうじゃなきゃ、先のM&A中止の件なんて、そもそも議題にさえ上っていない。堂々と「租税回避のためアイルランドに移転します」って言って、米政府はそれまで、何も言っていなかったのだから。
 なぜか、パナマの法律事務所から、法人のものではなく、個人の租税回避の書類が出てきた。まあ、こういうこともあることだとは思っていたし、そのことがアイスランド首相の辞任にもつながっているのだろうけど。55兆円ってとんでもない金額だよ。ほかのタックスヘイブンをあわせたら一体税金の取りのがしはいくらになるのか、って話。消費税あげるより、0一つちがう税収増になるだろうに。こういうことを堂々と野放しにできることが、日本を覆う鬱積した雲のようなものなんだろうね。国民を痛めつけることしかできないのだもの、そりゃやる気なくなるわ。

2016/04/05(火)   基本的なこと

 値動きが荒くなるのは必定。中央銀行が大量に株を買っているのだもの。浮動株が少なくなれば、板が少なくなる。同様に出来高も少なくなるのだったら値動きはそんなには変わらないかもしれないけど、仕掛け的な売り買いには非常に脆弱。ヘッジファンドなどからすれば、同じ資金額で変動させられる値幅が倍になったわけで、当然そのことを武器にしますわな。この時点で、GPIFはすでに逆手を取られているんだよね。
 スウェーデンみたいに、年金が損失を出したら強制的に即座に国庫から補完しなきゃいけないと思うんだよね。年金がもっているべき資産が明示されているからこそ、そうなっている。そのことは国民の安心感にもつながっている。でも、日本はすべて非開示。年金が抱えている負債が分からないだけではなく、年金資産の総額さえ分からない。含み益が過去最高だった?なんで含み益や運用益が必要なんですか?って話だよ。実質賃金の上昇率以上の運用利回りは必要ない。非常に基本的なことなんじゃないんですかね?なんでこんなことさえ日本の政府はできないの?っていうか、野党でさえ明示できないの?って話。
 長妻さんが言ってた。政権を取ったらGPIFの株はすべて手放すって。方向性としては正しいけど、あれだけ巨額の資金運営団体が即座にとか、現実的ではないよね。この人は消えた年金とか、追及役だけやらせればいいと思う。今の年金がまさにそうだけど、非常に短期間で株式の運用比率を12%から25%に変えたことそのことが問題。これが、50年かけて変更するとかだったらまだ理解はできなくもない。でもそうじゃない、わずか1年で変えるんだよ。相当なひずみが生まれますわな。13%の変動でさえこの乱高下なのに、25%→0%なんてしたら、さらに倍どころじゃない乱高下になるわけでしょ。浮動株は増えるから多少は吸収されるにしても、株式投資を促す政策とセットじゃなきゃ、絶対うまくいかない。そのへんの政策も明示してこそ、ああ自民党よりしっかりしてるなあ、と思わせるところなんだけど、アタマはどうもアレみたいだね。

2016/04/02(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:衆参同時選挙・子宮頸がん
中日:日米韓首脳会談

 選挙のための政治になってるね。ばらまき、隠蔽。年金の決算報告が例年の7月上旬から7月下旬に延期されたのが最たるものだけど。参院選の時期ともろかぶりだから、不都合な事態があることで延期させたのが見え見え。しかも、延期の理由が「従来より帳票の数が多く、時間が必要なため」というのが馬鹿げてる。約10%の損失になっているはず。それより損失率が低ければ、明確な国家による隠蔽です。

 政府が現状をあからさまに開示しないことが国民の政治不信につながり、少子化、消費減退などに表れている。安倍政権はそんな基本的なことも分かっていないんだろうね。目の前に蓋をできればそれでよし。こんな愚かな政権が長続きしていることに驚きと失望を禁じ得ない。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1235.60(△14.00)
原油   36.79(▼ 2.67)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル:111.59 113.12 111.54
対ユーロ:127.13 126.32 125.80
対豪ドル: 85.70  84.85  84.79
日経平均:16164.16 17002.75 16724.81
債券10年:▲0.070% ▲0.095% ▲0.100%
債券20年: 0.49%   0.39%   0.37%

過去ログ 2000年01月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月