今週の市場サマリー

<猛毒は蜜の香り>
新聞には、新聞社に不都合な記事は掲載されない。それにしても、最近の割引率は異常ではなかろうか?

2012/6/2より、規模を縮小してお送りしています。
2015/11/10より、土曜日のみ定期、その他は不定期に政治ネタをお届けします。

2017/06/15連載を終了させていただきました。ありがとうございました。

2015/11/30(月)   トルコの変態

 ちょっと前、シリアでトルコ機が領空侵犯で撃墜されたとき、首相はこう言っているんだよね。

 「ほんの短い距離だった」

 そのときのトルコの首相=現首相。

 ロシアは領空侵犯をしたとさえ述べていないけれど、トルコによると領空侵犯は17秒前後、距離にして2.2kmもない。17秒で10回も警告したという話だけど、そうすると2秒に1回より頻繁で、警告メッセージにならない気がする。現実的な警告メッセージだったのか疑問が残る。威嚇弾でもなく、いきなりミサイル本体を発射するものかね?
 被弾地点は両軍の発表によるとシリア領域。でも、トルコはシリア上空は侵犯していないって言うんだよね。あんなに国境が入り乱れた地域で、だからこそロシアも領空侵犯したというのに、おかしくない?そもそも、空軍機にとって2.2kmなんて昔シリアに撃ち落とされたときと同じような「ほんの短い距離」だと思うのですが。
 パラシュートで脱出するパイロットの射殺はジュネーブ条約違反。トルコがやったわけじゃない、シリアの武装勢力のしわざだと言っているけど、そのパイロットの遺体を持っていたのはトルコ。なんだかいろいろ、おかしい気がする。ロシアが正しいなんてこれっぽっちも思いませんが、トルコが正しいともまったく思わないんだよね。うしろめたさで言えばトルコのほうがロシアよりもはるかに上だと思う。

2015/11/28(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:農業人口矛盾・1億総活躍の矛盾
中日:日豪外務防衛会議・原節子さん死去

 7〜9月期の年金の含み損が10兆円を超えたらしい。そりゃ、株式一点張りなのがバレていたらそうなるわ。どう責任を取ってくれるのかと思っていたら、次の句が信じられないものであった。

 「外債投資を、より高利回りなものへと拡大する」

 リーマンショックのとき、サブプライムローンと言って、利率は高いけどリスクも高い債券が破綻したんだよね。日本の年金を、そんなギャンブル商品に投じるのだという。
 なんだかもう、ギャンブル中毒って感じになっているよね、現政府って。何がどうあっても不都合なこと(敗戦)は認めない。一億総玉砕。株で負けたから債券で取り戻すなんて考えているんだもん。国民を守る気持ちなんて全くない。こんな政権が保守気取りなのだから笑わせてくれる。本当の保守からしたら、現政権なんて真っ赤な偽物だよ。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1056.20(▼20.10)
原油   41.71(△ 1.32)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル:122.82 122.88 122.67
対ユーロ:130.12 130.82 131.84
対豪ドル: 88.33  88.87  87.39
日経平均:19883.94 19879.81 19596.91
債券10年:0.30% 0.32% 0.30%
債券20年:1.06% 1.08% 1.08%

2015/11/26(木)   集団的自衛権

 トルコとロシアのやりあいが思ったよりおとなしい。トルコがNATOの一員だからという面は否めないだろうけど、もっと大切だと思うのは、トルコがその気になればロシア海軍の地中海への移動を拒否できるからね。冬を控えたこの時期、ロシア首脳陣にとっては頭の痛い問題だと思う。
 トルコがNATOの一員であるからロシアはトルコに手を出さないと思っている人が大勢いるらしい。だから集団的自衛権は良かった、戦争法(安全保障関連法)が通過して良かったとか言っている人たちってほんと馬鹿なの?と思う。領空侵犯なんだから個別的自衛権だろ!集団的自衛権って言葉の意味、分かってる??と思う。

 今回のトルコ軍による撃墜は計画的だと思いますね。パラシュートで脱出するパイロット二人を撃とうとしたのはシリアの反政府勢力のようですが、トルコとシリアの反政府勢力なんて同盟軍みたいなもので、事前に情報を漏らしていたとしても何の疑問も感じない。だいたい、爆撃機から爆弾が降ってくるならともかく、パラシュートが降ってくるなんて想定していないと思うんだよ。そういう乗り物ではないから。むしろ、頻繁に国境侵犯してくることはトルコにとって喫緊の問題だから、どのタイミングで撃つかだけだったと思うんだよね。墜落地点はシリアになりましたが、トルコからすると誤算?だったかもしれないし、そうではないかもしれない。トルコ領内に墜落していればロシアによる現場検証を拒否できるメリットがある一方、国土(国民)が犠牲になる。どちらともいえない問題ですかね。

 中東問題と日本の金融問題はいつ火がついてもおかしくない問題なので、激震に備えるだけですかね。。。

2015/11/22(日)   意味不明

 インドネシアの首相と会談した日本の総理大臣が失望を表明したらしい。

 2年前、自分がG20で言ったこと、覚えていないんだろうね。法人税の引き下げ合戦をやめるべきだと述べて、そのことには自身も強く同意した。現在の政府がやっていることに、何から何まで反対しているわけじゃない。是々非々の立場。ネトウヨと言われる層には理解できないんだろうけど。
 法人税引き下げをやめるべきだと言って、そのことは途上国にはありがたい話だったのに、日本は消費税を上げて法人税は引き下げ、さらに20%台にまで引き下げる方向。東南アジアの新聞を読むとABEは国際公約違反だ、などと強く非難されている。いやぁ、国内でも公約に違反しまくりなんだけどね。。。。
 この件で日本の現政権は疑問視されているので、インフラ投資でも色眼鏡で見られるのは当たり前でしょ。「日本の技術、複雑な利権と責任たらい回しの構造」8月31日付のマレーシア紙にはそう書いてあった。新幹線だけじゃなくて、原発とか海洋土木も含めてね。それなのに失望?遺憾の意?馬鹿なの?死ぬの?お坊ちゃんだから日本においても相対する意見は完全無視だけど、海外にまで行って全く同じお坊ちゃま姿をさらすのは恥なのでやめていただきたい。ってか、憲法にのっとって臨時国会を開かなきゃいけない時期。外遊とか言いながら逃げてる場合じゃないんだけど。

2015/11/21(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:県北部地震1年・TPP
中日:東芝・南シナ海自衛隊派遣

 日経平均株価が7週間連続で上昇。いつ以来??正直、気味が悪いんですけど。。。
 日銀の登板回数は減ったけど、1回あたりに買う金額は増えているし、売買代金は細っているから、完全な官製相場になっているよね。これを市場と呼んでよいのかという疑問がついて回る。金曜日の引けピンもひどいもんだった。
 株価が不当に上昇することは、その後の処理で困るってのは今年の中国で身に染みて分かったはずなのに、それすら分からない。山本幸三とか、ブレーン無能すぎんだよ。9月決算の年金の赤字はいくらなんだよ?郵政三社上場でいくら富が国外に流出したんだよ?問いたいことはいっぱいあるのだが、なにしろ国会を開かないのでまったく分からない。この無能政府。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1076.30(▼ 4.60)
原油   40.39(▼ 0.35)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル:122.88 122.67 123.17
対ユーロ:130.82 131.84 132.29
対豪ドル: 88.87  87.39  86.78
日経平均:19879.81 19596.91 19265.60
債券10年:0.32% 0.30% 0.32%
債券20年:1.08% 1.08% 1.08%

2015/11/19(木)   首謀者死亡?

 パリのテロで首謀者と目された人間が死んだと報じられている。その前には、シリアで中枢と目される人物を殺害したと米軍が発表していた。
 なんだろ。白泉社のペルソナの性犯罪事件を思い出すかなぁ。囮捜査で女刑事は洗脳され、凌辱されたんだけど、結局は犯人と言われるAは捕まった。そして打ち上げを済ませバラけたら、またAが女性を洗脳し、拉致するところを見かけてしまった。その時初めて女刑事は気付く。Aというのは固有名詞ではなく、組織の主犯格という意味だったのだ、ってね。
 正直、テロの首謀者だれだれ〜〜を逮捕とか、だれだれ〜〜を殺害とか言われても、そんなやつ知らんし。習さんとかオバマさんとかなら分かるけど、ウサマビンラディンですら本当に首謀者なのかどうか知らん。聞いたことないような人だと、いくらでも変わりが出てくるんじゃないの?ってこと。要するに、米軍や仏軍は手柄として発表したいけど、そんなものは手柄に値しないということ。よっぽど追い詰められているんだろうなぁ、と思う。民衆の不満のはけ口を作るのに必死で、どうにもならないんだろうね。
 殺すことはこの世の在り方ではないと思う。無限に続けていくことはできないのだから。テロしそうなやつらを全員皆殺しにした。そう思っていたら、自分の子供が殺された。あるいは孫が殺された。そんな感じになってしまう。
 本当の首謀者だったら、逮捕して法治国家として裁いて、自白剤でも飲ませて、無理やり背景を探るってのが本来じゃないの?ってこと。殺してしまっては、本当にその人が首謀者かどうか、わからないやん。生け捕りなら手柄だけど、殺してしまっては手柄どころか確信犯だよね。うしろめたさを払しょくするって感じ。
 米軍仏軍、すごい後ろめたいことをしていると思いますよ。事態が事態とはいえ、法治国家が法に基づかないってことは褒められない。いずれ、大きな禍根になるような気がしています。

2015/11/17(火)   テロとIS

 ISを殲滅しても、テロはなくならない。911だってアルカイダだったわけだし、ISがなくなったって第二第三のアルカイダやISが台頭するに過ぎない。

 テロの被害に遭って、国民感情的にそう言わなければいけない、と言うのはあると思うけど、テロの伏線になったのはそもそもそれまでの欧米の中東政策や植民地時代からの南北問題など、欧米が起点であるとも言えるから。過去の反省もなしに、泥沼に足を突っ込んだところで、アメリカのように敗戦するだけだと思いますけどね。誰も得しない、不毛な世界になるだけです。

2015/11/17(火)   ゲリラ最強説

 ゲリラって無茶苦茶厄介なんだよね。権力側としてはもっともうざったい存在。間違いない。収束がまったく見えないから。
 以前も書いたので改めてになるけれど、ほんとツインタワー崩壊やペンタゴンに飛行機激突どころじゃなくて、なんだかもっと大規模なテロが起こればよいのに、と思うことがある。今日で何度目?3度目になるかな。いや、もっと書いているかもしれないけど。不謹慎かもしれないね。でも本音はそう。
 そもそも、自身の生き方が、テロに巻き込まれないような生き方になっているもん。凡人じゃ真似できない。家族のためとか健康のためとか遣り甲斐とかを大切にして、ほとんどの人は生きているのだと思うけれど、自身の最大のドライビングフォースは「テロやゲリラの被害に遭わない」ことだからね。電車でも1両目には乗らない、大きな放置荷物には近づかない、トイレのある車両には乗らない、いろいろと徹底している。そもそも、テロの標的になりそうな都市には住まないから。窮屈な生き方に思えるかもしれませんけど、これは普通にありなんだよね。
 ISの新しいビデオが投稿された。いつもながらホラー感満載のビデオですが、フランスへの警告と、ワシントンへの攻撃が明言されている内容だった。派手にやっちゃってほしい、と思う気持ちが正直ある。日本でも庶民圧迫の愚政だし、貧富の差が拡大する一方だもの。一度、世界のあり方を作り直すべきなんじゃないの?WW2以降、一度も戦争に勝てない堕落したアメリカにひたすらしがみつく安倍自民。明るい展望も何も持てないわ。アメリカも日本も、ガラガラポン!するべきだと思うよ。国民ももっと怒らないとね。テロの被害に遭われた方にはお見舞い申し上げるけれど、理解はしない。やっぱり、被害に遭う方というのは、どこかご都合主義的なものがあるからね。日本の右翼が大好きな「自己責任論」ってやつですね。テロに巻き込まれても自己責任でしょ。ゲリラに勝つには政府と国民の結託が必須だけど、政府には国民のことを思う気持ちがまったくない以上、いまの政府がゲリラに勝てるとは到底思えない。

2015/11/17(火)   口先介入

 口先介入と言えば山本。もう定番だけど、それよりも甘利の言っていることがまったく理解できない。野党の正当な要望に対して「いつまでに開かなければいけないという決まりはない」などと逃げて臨時国会を開きもしないのに、補正予算は当然あると語るって。こんなことやっているから、株価が1日で1000円も下がるような市場になるんだよ。愚かすぎ。

2015/11/15(日)   テロへの反撃

 世界が結託してテロに反撃すれば良い、という論調を見かけることが多くなり、個人的には怖い気持ちでいっぱい。

 まず流れが見えていない。9・11、イラク戦争、アフガン戦争などいろいろとあったけれど、テロを根絶させるために地上軍を投入して、それでも全滅はできなかったのだから。アフガン駐留米軍は減って、諜報と空爆や暗殺などの手法に切り替えている。そうなった理由は簡単、地上軍の展開がコスト的に保てなくなったからである。そもそも、そう遠くない過去に失敗した方法と同じことをやれと主張するのが非現実的というのか、ただの認知症というのか・・・という気持ち。
 そして、テロの原因は国策により不利益を被る人たちが反旗を翻すためにあるんだよね。ルパン三世の映画で国家が偽札を作っていたというのがあったけれど、ある国家がテロそのものを起こしている場合もある。北朝鮮の拉致事件とか典型的だけどね。ある国家が他国に対するテロの温床を放置している、だから開戦だ、なんて話になるのかもしれない。
 空爆なんて美談でもなんでもない、誤爆などと言って民間人を大量に殺しているわけ。肉親を爆撃(誤爆)で失えば、その後一生親欧米なんて無理だと思う。そういう人たちは何万人、何十万人といるわけ。シリアでの空爆を増やしていくにつれ、その数はどんどんと膨らんでいく。コストをかけない方法に切り替えて、しわ寄せとして憎悪をどんどんと加速度的に膨らませている。都合の悪いことは報じられないから分からないだけの話。
 テロを起こす母体が、国家からもっと断片的なものにシフトしていっているんだよね。それって結構脅威的な話で、数千人、数万人規模の戦闘員が、6か所同時など難しいことをあっさりとやってのけたりする。地上軍から空爆に切り替えてコストを抑制したら、警備など社会基盤の維持のためコストがさらにかさんでしまった、という悪魔のシナリオという感じかな。引きどころがつかなくなっている。歴史的にもゲリラや一揆は怖い。政権を転覆させたなんて例もいっぱいある。

 なんだろ。日本人の多くがたとえば「仏露と世界が結託してイスラム国を殲滅すればよい」なんて述べるって、異常な情報傾倒だと思いますけどね。テロは許せない、それは事実。でも、必要なことは今後のテロを防ぐためにどうするかという話でしょ。イスラム国の犯行というような内容さえ時によっては嘘だったりする。イラクに化学兵器がなかったときのようにね。
 昔、首になったパイロットが上司の乗った飛行機と同じものに乗って、上司を射殺して墜落させたという事件があった。それを受けて、元従業員は身分証を即座に返還すること、従業員も手荷物検査を受けることなどが定められた。911のときには操縦室が乗っ取られたことから、その後は操縦室には外からは入れなくなった。いろいろと変化はしている。でもそうしたら、ドイツの副機長が機長を締め出して自殺したなんて事件も起こるわけで、一筋縄ではいかないのよ。
 テロの背景は根深くて、簡単に殲滅すればいいというような次元の話ではないと思います。つくづく、日本人は未熟になったと思います。まったく考えない民衆。新聞の記載内容が正しいと考える人の割合が中国の次に高いのが日本。洗脳文化のオチというやつですか。もっと歴史を知りましょうよ。もっと背景を探りましょうよ。考えなくては始まらない。とくに最近の日本人は答えをすぐに求めたがるので、インターネットで何かが見つかれば即満足、それが答えだと思ってしまうようです。反対派には「代案を出せ」と迫る。愚か極まりない、現状はひとつの代案なのだから。本当の解決は、もっと熟考の末にあるのですよ。

2015/11/14(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:自民党60年
中日:行政の無駄遣い・消防団の強化

 フランスで同時多発テロ。衆愚と衆愚を作り出したい産経新聞などは国による情報統制の強化や集団的自衛権、米国との追従を主張する。
 なぜテロなのか。テロという行為に訴えかけるのは、その国の政策に不満がある証拠です。シリア空爆がダメだと言っている。それにのこのこ応じればテロに屈したとか言われるから、勝ち目がなくても続けなければいけなくなる戦争に突入する。ベトナム戦争の二の舞?
 地上軍を投入して、全面的に駆逐できればよいのだろうか?そのことを考える前に、北朝鮮のことを考えてみる。なぜ北朝鮮はなくならないのか。メリットがまったくないんだよね。北朝鮮の存在は東西冷戦の賜物ですが、冷戦がなくなったからと言って簡単になくなるものではない。資源はなく、土地は痩せている。資源があるイラクに目が向かうのはやむを得ないことでしょうね。
 地上軍を投入して仮に全面勝利しても、中東の土地を手に入れてアメリカに何の利益があるの?っていう問題があるのと、地上軍にはコストがかかりすぎるという問題がある。地上戦闘はいっぱい血が流れ、つまりお金もかかりますからね。その分を日本に負担させるというのが集団的自衛権の意味。集団的自衛権はこれまで金銭の支払いだけにとどめてきた日本に対してさらに金を払えという請求書であって、つまり財源を考えずに集団的自衛権だけを論じても、まったく意味がないと思うのです。それこそ、その問題の根源はどこか、ということを正しく理解できていないと思う。
 テロが起こったということは、明確な犯行声明が分からないけれどフランスの外交政策に問題があるということに対する警鐘に尽きると思うんだよね。そういう意味で考えたとき、日本という国家も間違いなくテロの危機が迫っているのだと思う。日本は一歩引いて、アメリカを放置して医薬品と食糧だけ提供していればいいんだと思いますけどね。昔の自民党は商人というか、結構ずるがしこいところがあったんだけど、今の自民党はほんと稚魚だね。アメリカに首根っこをつかまれている感じ。まともな思考の持ち主には今の首相のような愚行は全くできないことだと思います。
 衆愚はテロの犠牲に遭ったフランスとロシアが結託してISの完全掃討などと妄想を描いているようですが、決してそんな方向に話が進むはずがない。シリアに対する外交政策はフランスとロシアで異なっているのだから、協調できるはずがない。アラブの春のころ、エジプトでは親米独裁政権が倒れたのに次の政府はまた親米政権になったのに、リビアの親露独裁政権は勝手に国連に倒され、勝手に親欧米の政権を作られてロシアは「ふざけるな」と思っているはずだから。
 もうひとつの懸念はやはり日本ですよね。愚かの極みのような首相がまさに外遊しているわけで、馬鹿の思いつきで語るのが不安で仕方がない。テロの被害に遭えば一歩引くってことが難しくなるのだから、巻き込まれる前に一歩引くというのが賢者の一手というものです。きっと、正反対のことを世界で公言して、恥をかいたうえに国民を危険にさらすのだけれどね……

(参考)商品相場=前週末比
純金 1080.90(▼ 6.80)
原油   40.74(▼ 3.55)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル:122.67 123.17 120.64
対ユーロ:131.84 132.29 132.62
対豪ドル: 87.39  86.78  86.02
日経平均:19596.91 19265.60 19083.10
債券10年:0.30% 0.32% 0.30%
債券20年:1.08% 1.08% 1.06%

2015/11/10(火)   逆切れの世界

 文句を言ったほうが勝ち、というような昨今の風潮に納得できない。本当に主張に値する人が言うのならまだしも、現実にはそうなっていないわけです。何もしない輩に限って逆上する。そういえば、前の職場でも、まったく仕事をしない若手がいて、「お前が(仕事)やれ!」と言われたことがありましたね。ここで言い返すとパワハラだと脅すつもりなんでしょうか。そんな役立たずがなぜか栄転する不思議。奇妙な世の中だね。
 GDPが二四半期連続のマイナスとなるなか、国会は開かれない。景気は緩やかに回復していて、補正予算を組む必要がない、首相が外遊する予定がある、憲法で国会議員の一定の比率の要請があれば国会を開かなければいけないと書いてあるけど、いつまでに開かなければいけないとは憲法に書かれていない、というのが臨時国会を開かない根拠のようです。バカげているよね。とくに最後のことこそ、30日以内にとか期日を明記するべく、憲法を改正するべきだと思いますが、政府が改正したいのは別の条なんですよね。今でも憲法を無視してふんぞり反っていますが、さらに現政府の信条に沿わない憲法を改正するというのは正気ではないですよね。ときの政権が間違えるからこそ、憲法が必要なのだから。
 ふんぞりかえると言えば、今日の閉会中審査でこんなことがありましたね。民主党の山井議員が障がい者報酬が引き下げられたことに関して首相に問いただしたところ、首相は「障がい者報酬について質問通告がありませんのでお答えできません。厚生労働大臣も呼ばれていません。質問通告がなければ答えられないじゃないですか!前もって質問通告されなければお答えようが無いですよ。」と堂々と逆上していた。その後は事前通告したと主張する山井に対し、早口でないの一点張り。見苦しい姿だったね。
 姿も見苦しいけれども、結構狂気もはらんでいるように思う。今回は閉会中審査だけれども、本国会でも同じようなことは起こるかもしれない。事前通告しても、「事前通告されていないから答えられません。以上。」で終わる可能性があるということで、国会での質問に対してまったく答弁しないということが正当化されるという、恐ろしい可能性を孕んでいる。厚生労働大臣が居ても同じことで、大臣だって同じ答弁で逃避することが可能なわけです。最早、民主主義国家の国会とは到底思えなくて、残念というか、狂った時代に突入したものだと思いましたね。

2015/11/07(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:国産ジェット・もんじゅ
中日:税の無駄遣い

(参考)商品相場=前週末比
純金 1087.70(▼54.70)
原油   44.29(▼ 2.30)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル:123.17 120.64 121.43
対ユーロ:132.29 132.62 133.73
対豪ドル: 86.78  86.02  87.60
日経平均:19265.60 19083.10 18825.30
債券10年:0.32% 0.30% 0.30%
債券20年:1.08% 1.06% 1.06%

過去ログ 2000年01月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月