今週の市場サマリー

<猛毒は蜜の香り>
新聞には、新聞社に不都合な記事は掲載されない。それにしても、最近の割引率は異常ではなかろうか?

2012/6/2より、規模を縮小してお送りしています。
2015/11/10より、土曜日のみ定期、その他は不定期に政治ネタをお届けします。

2017/06/15連載を終了させていただきました。ありがとうございました。

2015/04/25(土)   今週の市場サマリー


今日の社説。

信毎:安全保障体制・尼崎脱線事故10年
中日:地中海密航船転覆・酒類安売り規制

(参考)商品相場=前週末比
純金 1175.00(▼28.10)
原油   57.15(△ 1.41)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル:118.89 118.87 120.21
対ユーロ:129.24 128.50 127.39
対豪ドル: 93.01  92.50  92.30
日経平均:20020.04 19652.88 19907.63
債券10年:0.28% 0.30% 0.34%
債券20年:1.05% 1.04% 1.12%

2015/04/18(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:政治の放送介入・普天間基地移設
中日:普天間基地移設・集団的自衛権

信毎から。自民党が一部の放送局の報道姿勢にケチをつけた問題。

>  「放送番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、または規律されることがない」。放送法3条である。自民党は今回、何を根拠にテレビ局を呼び付け「法律に基づいてやらせてもらう」と言っているのか。自民党の行為は放送法に違反する可能性が大きい。素直に応じたテレビ局も情けない。

もとはと言えば、自民党の川崎二郎が変なことを言った。

> 川崎二郎会長は「放送法に照らしてやった。真実を曲げた放送をされるなら、法律に基づいてやらせてもらう」と述べている。

少なくともこの内容は法律に記載のない内容。(法律の第4条では、真実ではなく「事実」)
そもそも、事実を曲げていないうえ、法律上は放送局が自分たちで是正すると明記されているのだから、この介入は明確に法律違反である。

どの法律でも、その法律の目的は何なのか、ということは第一条に記載されることになっている。

===放送法===

(目的)
第一条  この法律は、次に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。
一  放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
二  放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。
三  放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。

(放送番組編集の自由)
第三条  放送番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない。

===

上位条文の趣旨に反する下位条文の持ち出しは法そのものにそぐわないもの。
本当に法に基づいて対処するなら、こんな愚かな行為ができるはずがない。
川崎の行為は放送法第一条に反する行為であり、違法と見なされると思うのである。

先般施行された秘密保護法により秘密保護に指定された文書が18万9193件にのぼるという。
放送にしても、文書にしても、なんでそんなに介入したり、隠ぺいしたりするのか。
欧米では必要な文書は非公開だけど、将来的には必ず開示するようにできているんだよね。
でも日本ではそれもない。秘密です。捨てちゃったみたいです。と、永遠に存在しないことにできる。

でも、実はこういう行為は、自らの首を絞めているものだと気づけないのだから、今の政府は首相をはじめ、極めて愚かだと思うのである。
たとえば外交で、相手国が持ち出した文書が、「日本では秘密だから公開できないよ」「捨てちゃったみたいだから公開できないよ」ということが起こる。
通商や領土などが絡む問題で、そんな事態を来してよいのか。
第三国から見れば、日本のほうが信頼性が薄いという結論になり、結局そのことは日本という国家にとって不利に働く。
得するのは、売国交渉する(した)ことがバレなくて法や国民から責められなくて済む自民党議員(安倍みたいな)だけでさ。

今回の放送法といい、昨年の特定秘密といい、国益に全く沿わない愚かな施策だと思うのである。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1203.10(▼ 1.50)
原油   55.74(△ 4.60)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル:118.87 120.21 118.96
対ユーロ:128.50 127.39 130.52
対豪ドル: 92.50  92.30  90.71
日経平均:19652.88 19907.63 19435.08
債券10年:0.30% 0.34% 0.36%
債券20年:1.04% 1.12% 1.12%

2015/04/11(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:教員不祥事・親の監督責任
中日:統一地方選・官製相場

日経平均株価が一時2万円を回復。
なぜこの時期なのか?だって?? 統一地方選挙が週末にあるからに決まってるでしょ。
前回の衆議院総選挙のときもそうだったけど、選挙のためなら国税年金総動員。
でも、時価総額は変わっていない。
そのことは、ほかでもない、アベノミクスの大失敗を示しているんだけどね。
指標をつりあげることでごまかすことしかできない。無能な政府である。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1204.60(△ 3.70)
原油   51.14(△ 2.00)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル:120.21 118.96 119.17
対ユーロ:127.39 130.52 129.75
対豪ドル: 92.30  90.71  92.36
日経平均:19907.63 19435.08 19285.63
債券10年:0.34% 0.36% 0.37%
債券20年:1.12% 1.12% 1.14%

2015/04/04(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:イラン核問題・県議選告示
中日:イラン核問題・異次元金融緩和

異次元緩和を開始して2年になる。2%の物価目標は達成できなかった。
一方、紙幣量を2倍に増やすという目標は達成した。
これが何を意味するのか。
富裕層のお金の動きと、一般庶民のお金の動きは全く違うということだ。
そんなことは、アメリカでトリクルダウンの失敗が言われたときから分かってたことなんだけどね。
歴史に学べない安倍政権。愚かだね。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1200.90(△ 1.10)
原油   49.14(△ 0.27)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル:118.96 119.17 120.11
対ユーロ:130.52 129.75 129.97
対豪ドル: 90.71  92.36  93.33
日経平均:19435.08 19285.63 19560.22
債券10年:0.36% 0.37% 0.32%
債券20年:1.12% 1.14% 1.10%

過去ログ 2000年01月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月