今週の市場サマリー

<猛毒は蜜の香り>
新聞には、新聞社に不都合な記事は掲載されない。それにしても、最近の割引率は異常ではなかろうか?

2012/6/2より、規模を縮小してお送りしています。
2015/11/10より、土曜日のみ定期、その他は不定期に政治ネタをお届けします。

2017/06/15連載を終了させていただきました。ありがとうございました。

2013/01/26(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:地方交付税・財政再建
中日:日中関係・高校無償化

地方交付税を削減するらしい。
国家公務員の給与を100とすると地方公務員の給与は106になるからとか、わけがわからない。
2年間限定で9%給与を引き下げたから、両者は逆転しただけ。
なんで一時的な措置をあたかも日常のように捉えるのだろう。

少し前、国家公務員の残業タクシーの問題があったね。
結局なくなったんだけど、あんなもの地方では20年も前に問題視され、なくなっている。
なんで地方で問題になっているのに、国家のほうでは問題にならないのか、その理由がよくわからないんだけど。
結局、残業代に加えてタクシー代も手当なんでしょ。
表向きの給与を削減したって、何の意味もないと思わない?

地方は職員数も給与も国に先駆けて、極端に減らしている。
村役場の職員の給与が800万円とか、都市伝説もいいところ。
そのくせ、国家公務員による手当の搾取は一人当たり年100万円どころの話じゃない。
今の財務大臣って、本当に無能だと思う。

まあ、財務大臣が無能なのはずっと昔からそうか。
常に官僚の操り人形。
見るべきベクトルが違うんだもの、話にならないってやつか。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1656.60(▼30.40)
原油   95.88(△ 0.32)


(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 90.84  90.06  89.19
対ユーロ:122.25 119.95 118.99
対豪ドル: 94.70  94.63  93.94
日経平均:10926.65 10913.30 10801.57
債券10年:0.72% 0.75% 0.81%
債券20年:1.76% 1.76% 1.78%

(先週のおもな出来事)
・王将戦第二局、渡辺が連勝

2013/01/19(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:たまゆら判決・手抜き除染
中日:地震の日・人質救出攻撃


ガソリンを入れに行った。高くなったよねぇ・・・
株価が上昇して円安になったからいいのだ、なんて喜べる政治家って、ほんとどうかしているね。
大企業が潤っても、庶民は潤わない。
いわゆるトリクルダウンは起きない。
そんなことは、もうずっと前から分かっていたことなのに。
バラマキ政治、陳情政治が帰ってきた。
将来のことは知らん。負担は何でもかんでも将来に先送り。
そんな政権が誕生したことがただ悲しい。
菅・野田と無能な政権が続いたせいとはいえ、どっちも国民が選んだわけじゃないんだから、奇異な心情である。

今後、日本で格差がどんどんと拡大していくのは目に見えている。
アルジェリアではないが、日本も血を見ないと何も変わらないのかもね。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1687.00(△26.40)
原油   95.56(△ 2.00)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 90.06  89.19  88.12
対ユーロ:119.95 118.99 115.26
対豪ドル: 94.63  93.94  92.38
日経平均:10913.30 10801.57 10688.11
債券10年:0.75% 0.81% 0.83%
債券20年:1.76% 1.78% 1.79%

(先週のおもな出来事)
・アルジェリアで政変、日本人2名を含む26名以上が死亡

2013/01/12(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:大衆薬ネット販売・沖縄の緊張
中日:大衆薬ネット販売・補正予算の無駄

(参考)商品相場=前週末比
純金 1660.60(△11.70)
原油   93.56(△ 0.47)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 89.19  88.12  86.00
対ユーロ:118.99 115.26 113.67
対豪ドル: 93.94  92.38  89.16
日経平均:10801.57 10688.11 10395.18
債券10年:0.81% 0.83% 0.79%
債券20年:1.78% 1.79% 1.75%

2013/01/05(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:日韓外交・財政の崖
中日:選挙と環視

円安が進んでいる。
日本の輸出大企業は技術力がないから、為替レートだけが生きる術なんだよね。
それは韓国も中国も同じ。技術力のなさを、ウォン安・人民元安という方法で切り抜いてきた。
アメリカでテレビを作っている会社はもうない。日本勢に駆逐されたから。
歴史は繰り返すとすれば、今回円安に一時的になったところで、日本からテレビを作る会社はなくなる、ということになるんじゃないか。
海外で見かけるテレビのメーカーは、10年前はソニーやパナソニックだったけれど、いまやLGやサムソンがほとんど。

繰り返すけど、日本は内需王国だからね。
GDPに占める輸出依存度は16%前後で、先進国では二番目に低い水準。
そんな状態で円安になると、どうなるか。

すでに値上げ表明された小麦粉をはじめ、物価ばかり上昇。
原油は値上がりに加え円安で、ガソリン価格はかなり上昇するだろう。
物価が上昇したから賃金が上がるのかと言えば、そうじゃないよね。
大企業もそうだけど、公務員の賃金も下がっている。
インフレを目指すと言っておきながら増税で巷の資金を回収し、しかもそれを国民には吐きださず、建設業界経由で自分たちの懐に収めようっていうんだから、もうわけがわからない。
大企業が潤っても、国民は全く潤わない。
銀行の抱える大量の国債の含み損も増える一方だし、どうも一方的な円安は日本のためになるとは思えないのである。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1648.90(▼ 7.00)
原油   93.09(△ 2.29)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 88.12  86.00  84.22
対ユーロ:115.26 113.67 110.97
対豪ドル: 92.38  89.16  87.57
日経平均:10688.11 10395.18 9940.06
債券10年:0.83% 0.79% 0.77%
債券20年:1.79% 1.75% 1.73%

過去ログ 2000年01月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月