今週の市場サマリー

<猛毒は蜜の香り>
新聞には、新聞社に不都合な記事は掲載されない。それにしても、最近の割引率は異常ではなかろうか?

2012/6/2より、規模を縮小してお送りしています。
2015/11/10より、土曜日のみ定期、その他は不定期に政治ネタをお届けします。

2017/06/15連載を終了させていただきました。ありがとうございました。

2012/08/25(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:厚生年金基金・領土問題
中日:大連立国会・東電被爆改竄

(参考)商品相場=前週末比
純金 1672.90(△53.50)
原油   96.15(△ 0.14)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 78.69  79.54  78.26
対ユーロ: 98.43  98.08  96.16
対豪ドル: 81.86  82.86  82.75
日経平均:9070.76 9162.50 8891.44
債券10年:0.81% 0.84% 0.80%
債券20年:1.66% 1.66% 1.63%

(先週のおもな出来事)
・王位戦第五局、羽生が勝利し防衛

2012/08/18(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:シーリング・難病対策
中日:竹島問題・尖閣強制送還

竹島、尖閣。
アメリカなんて、いざというときには何もしない。
無理もない、どちらに介入してもアメリカの利益にならないのだもの。
今回のみならず、アメリカは自国の利益につながらないことはしないと何度も公言している。

それなのに、日本に軍事力が欠けているからこんな問題が起こるとか、日米同盟の劣化が原因だとか、新聞の論評ってのは心底頭がおかしいとしか言いようがないね。
タチが悪いと思うのは、書いている当事者が事実関係や因果関係の誤りを認識していながら、敢えてミスリードさせる記事や社説ばかり書いていること。
日本はこれからいよいよ真珠湾(消費増税)、次いで太平洋戦争(TPP他)に突入しようとしているのだろうか。

実直な話、日本国民を辞めたくなる。


(参考)商品相場=前週末比
純金 1619.40(▼ 3.40)
原油   96.01(△ 3.14)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 79.54  78.26  78.59
対ユーロ: 98.08  96.16  97.31
対豪ドル: 82.86  82.75  82.98
日経平均:9162.50 8891.44 8555.11
債券10年:0.84% 0.80% 0.74%
債券20年:1.66% 1.63% 1.58%

(先週のおもな出来事)
・竹島問題を国際司法裁判所に提訴へ
・尖閣諸島に14人が上陸。逮捕、強制送還へ

・羽生善治が通算1200勝

2012/08/11(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:消費増税・竹島問題
中日:消費増税

国民も馬鹿じゃないんだから、いつか増税が必要なことぐらい分かっている。
そのためのバーターとして必要なものは、社会保障の充実であったり、所得機能の再分配であったり、官僚やマスコミや大企業の既得権益の縮小であったりと、制度疲労を起こしたり現状の社会に合わないものを最新の情勢に合わせたものに変えていくことが必要なはずである。

しかし、社会保障と税の一体改革などと言いながら、消費増税以外は何も実現されていない。
地震を名目として自民党は公共事業の増大を求めていて、二階や町村などは消費増税の実現とともに100兆円と叫んでいる様子が放送されていた。
100兆円を公共事業を充てようと言うのである。
何が社会保障なのか。何が財政立て直しなのか。
収入が増えるから公共事業を大幅に拡充できるなんて、国民に対して一言も説明していないことだからね。
土建が完全に無駄とは言わない、津波で被災したの復興にはどうしても土木事業が必要なのだし。
全国的に防災網が必要なのも分かる。
しかし、それらのことは、今までの公共事業の組み換えで捻出できなければおかしいはずである。
今回の法案は、どんな多額のお金でも公共事業につぎ込めるための法案でないことは国会審議を聞いていても明らかだ。

思い出したのが国旗国歌法。
人の心の内面にまで立ち入って強制させるものではない、と当時の小渕総理が述べていたのに、いざ成立してみると強制させて、反発するものは処分。
なんで民主党は国旗国歌法を廃止にしなかったのかと今でも思うものね。
ほかにも、夫婦別姓法案なんかもあった。なんで実現させなかったのかと思う。
民主党が与党になって実現したのは農家の戸別所得補償、高校無償化、子ども手当、それぐらいのことであって、2年目以降は何の政策も実現していない。
そんな政権、国民は望んでいないよ。


建前と現実が異なるんだから、今回も消費増税分は土建に消えていくんだろうね。
消費増税、TPPや高い電気料金などもあわせ、どんどんと国富が海外に消えていく。
日本は海外の植民地である。悲しい現実である。

これも何度も言っていることだけど、日本の消費税には非課税の項目がないのであって、海外よりも低いなんて言われているけれど、国税としての収入で見れば実質的な税率は15%をすでに越えているんだよね。
増税余地なんてせいぜい1%しかない。
IMFが日本は増税が必要、15%が必要なんて言ってるけど、あれも結局は財務省が言ってること。
ほんとのIMFの人間は、あれだけカネを出させている日本に対してそんなこと言わないよ。

政治家に騙されて、官僚に騙されて、マスコミに騙されて。
日本国民ってのはほんとかわいそうと言うか、懲りない人種というのか。
呆れてものも言えないよ。

(参考)商品相場=前週末比
純金 1622.80(△13.50)
原油   92.87(△ 1.47)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 78.26  78.59  78.50
対ユーロ: 96.16  97.31  96.70
対豪ドル: 82.75  82.98  82.26
日経平均:8891.44 8555.11 8566.64
債券10年:0.80% 0.74% 0.75%
債券20年:1.63% 1.58% 1.57%

(先週のおもな出来事)
・消費増税法が成立

・王位戦第四局、羽生が勝利

2012/08/04(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:シリア情勢・シャープ
中日:日航再上場・大阪殺人判決

(参考)商品相場=前週末比
純金 1609.30(▼ 8.70)
原油   91.40(△ 1.27)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 78.59  78.50  78.46
対ユーロ: 97.31  96.70  95.43
対豪ドル: 82.98  82.26  81.41
日経平均:8555.11 8566.64 8669.87
債券10年:0.74% 0.75% 0.74%
債券20年:1.58% 1.57% 1.54%

(先週のおもな出来事)
・王位戦第三局、羽生が勝利

過去ログ 2000年01月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月