今週の市場サマリー

<猛毒は蜜の香り>
新聞には、新聞社に不都合な記事は掲載されない。それにしても、最近の割引率は異常ではなかろうか?

2012/6/2より、規模を縮小してお送りしています。
2015/11/10より、土曜日のみ定期、その他は不定期に政治ネタをお届けします。

2017/06/15連載を終了させていただきました。ありがとうございました。

2012/02/29(水)   エルピーダが倒産

今日の社説。

信毎:エルピーダ・ボランティア車
毎日:エルピーダ・水俣病訴訟
読売:エルピーダ・年金消失事件
朝日:エルピーダ・原発事故調査
日経:エルピーダ・オリンパス

エルピーダが破綻。
まあ社長が無能ってことは昔からずっと変わらない認識なので、当然の帰結としか言いようがない。
株主はおろか、国すら金蔓である、と考えている思想が受け入れられない。

(参考)商品相場
純金 1788.40(△13.50)
原油  106.55(▼ 2.01)

2012/02/28(火)   コンクリートの無駄

今日の社説。

信毎:首相訪沖・並行在来線
毎日:首相訪沖・中銀総裁会議
読売:首相訪沖・中銀総裁会議
朝日:首相訪沖・年金消失事件
日経:首相訪沖・中銀総裁会議

北陸新幹線が金沢まで延伸。
何度も触れているけれど、森政権になってそれまでの赤字予測が突然「収支予測±0」になったから造られることになったんだよね。
とは言え、長距離利用が±0でも、在来輸送は大幅に落ち込むのは見えているのだから、全体ではマイナスである。
机上でもてあそべば何でも作れる、というのが浅薄な思想としか思えない。

別に赤字だから作るな、というわけじゃないんだけどね。
国土軸として必要、ということだったら、作ることは当然だと思うわけで。
成田以外に国際空港は不要なのか、って言われればそうじゃない。
だから関空とかその他の空港の意義があるわけだし。

しかし北陸新幹線に関しては、そういう国全体を考えた構想よりも、我田引水の土建政治だから受け入れられないのである。
並行在来線の第三セクター化が義務付けられているけれど、大赤字になるのは目に見えている。

信毎。

>  国の新たな支援策が決まり、赤字が避けられる見通しになったからだ。貨物線の設備維持費、除雪費としての支援だが、実質的な並行在来線の維持システムとなる。歓迎したい。

地方の赤字が避けられることになっても、結局は相当額を国が払うわけだから赤字の帰結が地方から中央になるだけで、赤字であることには何の変りもない。
何のために作ったのか。作っているのか。
そういう話がなんで出てこないんだろう。
何で日本人は、一回着工すればどんなに無駄なものでも最後まで作ることを良しとする固陋な思考から抜け出せないのだろう。
今からでもやめればいい。
できても国全体で大赤字なのは目に見えているのだから。

>  ただし前提には、しなの鉄道が身軽な形でスタートできることがある。具体的には、JRから譲り受ける土地、設備などの資産費用を県が負担すること、開業費用の3分の2を県と沿線市町が補助することである。

地方の赤字がなるなるという前提には、いきなりの債権放棄と公的資金投入が不可欠というんだから、何とも異常な前提ではないかと思うんだけど、そういう話をしちゃいけないみたいです。
毎日使う沿線客より、数年に一度しか使わない長距離客の利便のほうが大切?
長距離客は地方におカネを落とさないのに、そういう層のためにふんだんに補助金などを投じるのは受益者負担などの面からおかしくないだろうか?

>  路線維持には利用の拡大も欠かせない。今のしなの鉄道の運賃と同じ水準にすると、乗車券で1・24倍、通学定期で1・61倍になるという。駅前に駐車場を整え、車からの乗り換えを便利にするなど、サービス向上を工夫したい。

しなの鉄道だって、IGRや青い森鉄道、肥薩おれんじ鉄道だって、みんなJRから第三セクターに転換されて運賃が急騰したんだよね。
一見関係なさそうな花輪線、八戸線、大湊線沿線の利用客も大きく煽りを受けているし、十和田観光鉄道に至っては廃業に追い込まれることになった。
運賃が上がれば利用客が減るんだから、いびつな前提を基にしても結局意味がないことになってしまう。


しかし日本って、年金、健康保険、原発、なんでもかんでも無茶苦茶な前提でしか成り立たないものばかりだね。
今のシステムを擁護できる人間のことが理解できないわ。

(参考)商品相場
純金 1774.90(▼ 1.50)
原油  108.56(▼ 1.21)

2012/02/27(月)   

今日の社説。

信毎:取調全面可視化・さいたま餓死事件
毎日:大阪教育条例・鳥インフル研究
読売:一票の格差・暴力団対策
朝日:原発再稼働
日経:国と企業の改革

2012/02/26(日)   

今日の社説。

信毎:民主党内紛・シリア情勢
毎日:官民農業ファンド・米朝協議
読売:地方消費税・外国人看護士
朝日:確定申告・日本弁護士連合会長選
日経:共通番号制・米朝協議

2012/02/25(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:年金消失事件・米朝協議
毎日:原発賠償・年金消失事件
読売:米朝協議・海外M&A
朝日:年金改革・産経門前払い
日経:年金消失事件・航空機排出ガス

(参考)商品相場
純金 1776.40(▼ 9.90)
原油  109.77(△ 1.94)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1776.40(△51.10)
原油  109.77(△ 6.53)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 80.92  79.48  77.61
対ユーロ:108.92 104.57 102.21
対豪ドル: 86.55  85.18  82.74
日経平均:9647.38 9384.17 8947.17
債券10年:0.98% 0.95% 0.98%
債券20年:1.76% 1.72% 1.74%

(先週のおもな出来事)
・王将戦第四局、久保が勝利
・棋王戦第二局、郷田が勝利

2012/02/24(金)   言うだけ番長

今日の社説。

信毎:一票の格差・普天間基地移設
毎日:年金改革・イエメン情勢
読売:消費増税・一票の格差
朝日:一票の格差・仏大統領選
日経:TPP・タイ経済

前原の記者会見から産経(の杉本記者)が排除された。
言うだけ番長とか書かれた意趣返しだなんて言われているけれど、言うだけ番長って聞くと「産経のこと?」と思ってしまうのも事実である。
目くそと鼻くそのやり合いに興味などないが、産経の報道が目に余るのはれっきとした事実である。
誤報に対し、要人から即座に反論され、何も言い返せなくても知らんぷり。
当の本人からそんな発言はしていないと反論されて、取材源秘匿を盾に拒否するというのは小学生でもおかしいとわかりそうなものだけど、産経新聞だけはわからない。
そんな誤報が今や、ネットなどには大量にあふれている。
そもそも産経新聞は紙面そのものがネットで無料で読めるんだから、記事に価値など皆無である。
無料で信憑性のない記事に踊らされる愚民も一票、普通の国民も一票。
実に馬鹿げた時代が来たものだ。



読売から。

>  閣議決定した社会保障・税一体改革大綱に、政権公約(マニフェスト)で掲げた「新年金制度の創設法案を来年提出する」という記述がある。自民、公明両党はこれを撤回しなければ、与野党協議には応じないとしている。

読売の年金の社説がいつも説得力がないのは、前回の百年安心とうたわれた改悪が1年も経たずに頓挫したのに、それを認める文章を全く書かないことにあるんだよね。
産経が誤報にほおかむりしているのと全く同じである。
自社に都合の悪い事実を受け入れないメディアが将来について語っても、何の説得力もないと思いませんか?

>  このままでは、一体改革が目指す社会保障制度の充実と消費税率の引き上げが、いかに喫緊の課題か、という本質的議論に踏み込めないまま時間の空費が続く。

なんで社会保障の財源に消費税があてられるのか、よく分からない。
日本以外の国の消費税率は15%だとか20%だとかいつも大声で語っているけれど、日本以外の国だと生活必需品や農作物などは無税だからね。
日本は何でもかんでも5%取っているわけだけど、これはほかの国に直せば15%に迫る水準である。
ということは、実質的な増税余地はせいぜい1〜2%しかないわけだ。
それによる増収を5兆円としても、5兆増えれば社会保障の増加分をすべて賄えるのかって言われれば、100%違うだろう。

積立方式から官僚が賦課方式に変えた後、なんで年金とか保険とかで大きな穴が開いたのか、分かっているのかな。
官僚擁護の読売は、分かっていても決して書かないわけだけど。
選挙を経ずして官僚擁護の首相を誕生させた読売はしてやったりという気持ちなんだろうけど、こんなことだから日本が駄目になるとしか思えない。

>  野田首相は集中審議で、「社会保障改革は、今を生きる世代だけでなく、次の世代に何を残していくかだ」と述べた。

次の世代に借金を残して行くんでしょ。
いまの首相には、政治的理念が全く感じられない。ただの傀儡である。

結論。

> 「未来の高齢者」とその子供たちのために、国会審議を深め、制度改革と消費税率引き上げに踏み出す時である。

散々高齢者擁護してきている読売がこんな結論を出すなんて噴飯もの。
「未来の高齢者」とその子供たちのために原発が必要とか真顔で語っていたら、頭がおかしいとしか思わないもの。
内弁慶の新聞社が日本をおかしくしている。

(参考)商品相場
純金 1786.30(△15.00)
原油  107.83(△ 1.55)

2012/02/23(木)   跋扈する官僚

今日の社説。

信毎:公債法案・障害者支援法
毎日:一票の格差・普天間基地移設
読売:教科書採択・新規就農
朝日:原発賠償交渉・年金加算
日経:一票の格差・米自動車業界

日本の政党とかマスコミとかってずっとそうだけど、日本全体のことなんて全く考えてないよね。
自分の党のことしか、自分の会社のことしか考えていない。
そんなつまらない組織が大声でああだこうだ、そんなのはだめだとかいうからたちが悪い。
それだけならまだしも、1年前、下手すれば3か月前と言ってることががらっと変わっても、「昔からずっと言い続けてきた」とか言いだすからたちが悪い。
そんなアホみたいな存在は産経と読売ぐらいだと信じたいけど、残念ながら両社を筆頭に、ほとんどすべてがそうなのである。

もっとも、政治家が堕落するのは、官僚に取り込まれた新聞の影響が大きいのだけど。
有能な政治家が駆逐され、残るのは野田とか前原とか安住など、官僚の犬と言うべき無能な政治家ばかり。
官僚の犬だからこそ、逮捕されたり公民権がはく奪されそうなスキャンダルさえ抱えていても、かえって好都合だからと野放しにされているだけである。
官僚が操りやすいから、自分たちの利権を守ってくれるから、トップに据える。
こんな日本じゃ、先が見えているというもの。

(参考)商品相場
純金 1771.30(△12.80)
原油  106.28(△ 0.44)

2012/02/22(水)   

今日の社説。

信毎:ギリシャ情勢・原発停止の夏
毎日:ギリシャ情勢・普天間基地移設
読売:ギリシャ情勢・原発ストレステスト
朝日:ギリシャ情勢・山口母子殺害
日経:ギリシャ情勢・本四値下げ

(参考)商品相場
純金 1758.50(△32.60)
原油  105.84(△ 2.60)

2012/02/21(火)   

今日の社説。

信毎:共通番号制・山口母子殺害
毎日:創刊140年・山口母子殺害
読売:イラン情勢・山口母子殺害
朝日:関電全原発停止・皇室典範
日経:被災地雇用・山口母子殺害

(参考)商品相場
純金 1725.90(▼ 2.50)
原油  103.24(△ 0.93)

2012/02/20(月)   

今日の社説。

信毎:長野と原発事故・とうげの旗
毎日:食と放射能・イラン情勢
読売:共通番号制度・福島の米
朝日:日銀金融政策・大阪の条例
日経:天然ガス

信毎。

>  現在、原発の再稼働には立地自治体の同意が必要になっている。原発周辺の自治体の同意も義務づける仕組みにし、明文化するよう国に求める。

これは当然の話。
影響が100km、200kmと広範に及ぶのだから、それまで義務化されていなかったのが信じられないくらい。
こういう話がでるとすぐに読売が反発するんだけどね。
立地自治体に絞っているから、原発のコストは安くなっているのだから。
いつまで机上の低コスト論を貫くつもりなのかとあきれてしまう。

その読売。

>  食品中の放射性物質に関する厚生労働省の厳しすぎる新規制値が、福島県の農業再生・復興の足を引っ張っている。

厳しすぎる規制値が復興の足を引っ張っている、って、ほんと自民党みたいな、民主主義の「み」の字も知らない団体の書きそうな恐喝文書だね。
そうじゃないでしょ。
農業ができなくなったということをひたすら認めない東電が、賠償しないからこういう問題が生じるんでしょ。

> 昨年産米の97・5%は新規制値の100ベクレル以下である。こうした事実を知ってほしい。風評被害の封じ込めには、政府や県が消費者に正確な情報を粘り強く伝えていくしかあるまい。

新規制値が100ベクレルって、そうとうザルの数値でしょ。
ベラルーシの穀類の規制の5〜20倍。
この人たちがどこまで放射能のことを理解しているのか、底の浅さが窺いしれてしまうよ。
さすがは日本を代表する文系やくざ。

もっとも、去年の米なんて500ベクレル・キログラムが規制値だったからねぇ。
食の放射能被害が出るのは火を見るより明らか。
国のやり方がおかしいから、米も野菜も禁忌しなければならない。
実にあほらしい話。

普通の新聞社だったら国民を守ることが当然で、そういう主張をするはずなのに、飽きもせず原発再稼働、東電には税金無制限投入、汚染食品は安全、じゃ、頭が放射能に害されてしまったとしか思えない。
カネのためならなんでもやる。それが世界一売れている読売新聞というものの正体である。

2012/02/19(日)   

今日の社説。

信毎:陛下手術・公務員給与
毎日:共通番号制・東京五輪招致
読売:陛下手術・米予算教書
朝日:共通番号制・米中関係
日経:バイオテロ対策・与野党協議

2012/02/18(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:医療事故調査・南北スーダン
毎日:税制改革・選挙制度改革
読売:税制改革・小沢裁判
朝日:税制改革・イラン情勢
日経:電力改革・がれき処理

あれだけ通貨安に走ったドルが持ち直し、米株式市場の指数は4年振りの高値を示現するにまで至っている。
こういう相場になるとすぐに売りをぶつける人がいるけれど、金融工学が市場を席巻する今、流れは常に一辺倒だからね。
それは下落局面でも言えることだけど。
今の上昇相場もイラン情勢とかギリシャとか、何らかの要因でいったんは急落するだろう。
でも、いつ急落するかは分からない。
各国の大統領選挙を控えて、とにかく官製相場になっている時代だから。
年末までの中期で見れば買い。短期的なサヤが欲しいなら、売りよりも下落後に買いを入れる方が賢いと思う。

(参考)商品相場
純金 1725.90(▼ 2.50)
原油  103.24(△ 0.93)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1725.30(△ 0.60)
原油  103.24(△ 4.57)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 79.48  77.61  76.56
対ユーロ:104.57 102.21 100.66
対豪ドル: 85.18  82.74  82.46
日経平均:9384.17 8947.17 8831.93
債券10年:0.95% 0.98% 0.95%
債券20年:1.72% 1.74% 1.72%

(先週のおもな出来事)
・王将戦第三局、佐藤が三連勝で王手

2012/02/17(金)   時代は焼け太り

今日の社説。

信毎:オリンパス・無責任原子力行政
毎日:オリンパス・裁判員裁判
読売:オリンパス・東電国有化反対
朝日:東電破綻処理
日経:オリンパス・仏大統領選

読売は相変わらず詭弁にあふれている。

>  東電は2011年4〜12月期の決算で6000億円超の赤字を計上し、財務は火の車である。

国からの援助、1兆円超を特別利益に計上してなおかつこの水準なんだから、実態は2兆円以上の赤字である。

> 西沢社長は「民間の方が望ましい」と訴えているが、東電の破綻を防ぐために公的資金を注入する以上は、経営に国が関与し、合理化の徹底や料金値上げの抑制を求めるのは当然だろう。
>  とはいえ、枝野氏が国による経営支配を注入の条件としたのは行き過ぎだ。そもそも国に企業経営の優れたノウハウがあるのか。東電の経営が非効率になって、“第二の国鉄”となりかねない。

東電に企業経営のノウハウってあるのかね?
ひたすら政治献金をし続け、官僚の天下りを大量に受け入れることによって発言力を確保し、発送電分離は永遠に棚上げ・電力自由化もごく一部・電気料金制度はお手盛りのまま、ときたもんだ。
そういう意味ではいまの勝俣東電のほうが経営のノウハウはあるんだろうね。

しかし、すでに実質的に公的資金を数兆円も受けている企業が、そんなふざけた収支構造のままでいいはずがないだろう。
東電の経営は著しく非効率なんだけど、それでもやってこれたのは独占企業だから。
これ以上非効率にするほうが難しい。

>  経団連の米倉弘昌会長が「国有化というのは、とんでもない勘違い」と批判したのに対し、枝野氏は「経団連でお金を集めてもらえればありがたい」と皮肉った。感情的な対立に発展させず、冷静に話し合うことが求められる。

米倉って本当に愚かだね。
まあ、今の日本の経営者団体連合のトップとしてはまさにそんな感じ?という印象だけど。
会社の利益と自分の報酬のことしか考えていない近眼的な経営じゃ、国家の50年先、100年先のビジョンが見えてなくて当然だろうよ。

>  枝野氏や経産官僚は経営権を握り、政府の主導で発送電分離などの電力制度改革を進めようと狙っているのかもしれない。
> だが、制度改革は中長期的なテーマであり、他の電力会社にも影響が及ぶ。東電の経営問題と切り離し、じっくり議論すべきだ。

独占体質は東電に限らず、ほかの電力会社もそうなんだよね。
東電管内だけ電力自由化が実現したらそれはそれで驚きだけど、じゃあ中電とか関電とかの管内も自由化しろよ!って話になるのは目に見えている。
広告主を非常に大切にする読売のスタンスは、東電の傲慢な経営と何一つ変わらない。
ただの経済やくざである。

>  最優先の課題は、福島第一原子力発電所事故の収束と被害者への損害賠償である。それには東電の経営安定が欠かせない。

東電がなくなって、政府が直接賠償したって、全然かまわないんだけど。
今の東電を見ていると賠償する気が全く感じられないし。
安定経営とは程遠い場所にいる会社にいったい何を求めているのか理解不能です。

> 安全確認できた原発は再稼働し、電力需給の逼迫(ひっぱく)を解消することも急務である。

安全の確認なんて何一つできてない。
ストレステストも、司会や委員が原子力業界から300万円とか500万円とかの献金と、それとは別に高額の接待を受けていたんだよね。
そんな議事運営でストレステストはOKだったなんて言われても、利益背反なのは目に見えている。
それでも原子力安全庁の回答は、「独立性に問題はない」「個別の献金については回答する義務も必要性もない」だものね。
まさに狂ってる。

信毎。

>  寺坂氏は昨年3月の原子力緊急事態宣言後に、それまで詰めていた官邸をあとにし、保安院で対応に当たったという。「私は事務系なので、理系の次長が官邸に残った方がいいと判断した」。これが、氏の言い分である。

事務系が保安院長であることにまず驚きだけど、理系であれば原発のどんな話でも理解できると思っているのがまずとんでもない勘違い。
理系の中でも、原子力工学が分かる人なんてまあ100人に1人もいないわな。
緊急時に何の役にも立たない院長がいるぐらいだもの、次長とて何の役にも立たない人材だったとしても驚かない。

寺坂院長のとんでもない発言はまだ続く。

>  「緊急事態に対応できる人材がいたかというと否定的にならざるを得ない。専門性、知見、習熟度は米国やフランスと比べて弱かった」とも述べている。

人材がいないのに、原発の設置密度は世界一。
この時点で、原子力行政というのはとんでもない誤りをおかしていると思う。

> 班目氏は「事故当時、1週間以上ほとんど寝ておらず、記憶は飛んでいる」と発言した。「国際安全基準に全く追いついていない。30年前の技術で安全審査をしている。早急に直さないといけない」などとも語っている。
> 保安院が人材不足だと分かっていたなら、寺坂氏はなぜ補強に全力を注がなかったのか。安全基準が遅れていたと言うなら、班目氏はなぜ一日も早く改善することに力を尽くさなかったのか。

「私は寝ていないんだ!」
雪印(当時)の石川社長の会見を思い出すね。
しかし、あのときよりもひどい会見内容であっても、徹底擁護してくれる読売や日経などがいるおかげで、全くニュースにもならない。
とんでもない話だね。

いまの原子力行政ってのは、官僚・経団連・新聞業界というトライアングルにあぶく銭を回し続けている存在でしかないだろう。
原子力規制庁なんて作っても無駄である。機能する構図が全く見えない。

(参考)商品相場
純金 1728.40(△ 0.30)
原油  102.31(△ 0.51)

2012/02/16(木)   

今日の社説。

信毎:子ども手当・米中関係
毎日:大阪維新の会・米中関係
読売:選挙制度改革・米中関係
朝日:東電破綻処理
日経:米予算教書・米中関係

(参考)商品相場
純金 1728.10(△10.40)
原油  101.80(△ 1.06)

2012/02/15(水)   

今日の社説。

信毎:裁判員裁判・日銀追加緩和
毎日:米朝高官協議・日銀追加緩和
読売:裁判員裁判・日銀追加緩和
朝日:裁判員裁判・大阪維新の会
日経:日銀追加緩和・収益構造変化

(参考)商品相場
純金 1717.70(▼ 7.20)
原油  100.74(▼ 0.17)

2012/02/14(火)   

今日の社説。

信毎:宜野湾市長選・年金試算
毎日:東電国有化・陛下の手術
読売:宜野湾市長選・GDP悪化
朝日:診療報酬・シリア情勢
日経:原子炉監視・東電救済

(参考)商品相場
純金 1724.90(▼ 0.40)
原油  100.91(△ 2.24)

2012/02/13(月)   新聞休刊日

お休みさせていただきます。

2012/02/12(日)   年金改革

今日の社説。

信毎:県内世界遺産・イラン情勢
毎日:新障害者制度・武道必修
読売:医療と介護・ギリシャ情勢
朝日:年金改革・自殺防止
日経:年金改革

年金を改革するためにどうすればいいのか。
今後も少子高齢化が進むと考えれば、賦課方式はもう成り立たないと考えるのはほぼ必至である。
積立方式に戻す必要がある。
そのために、今の剰余原資を全部つぎ込んで、穴が出てもある程度は国費で埋めるのはやむを得ないことだと思う。

もちろん、穴が開いた原因は官僚が無駄遣いするためのお金が欲しかったということなのだから、厚生省・労働省をはじめとした官僚に弁済させる。
それは基本的なこと。

前回、小泉政権時代に年金は100年安心と言われる制度に変わったと強弁された。
しかし、結局すぐにそのしわ寄せは来たんだよね。
100年安心と言われながら、1年でその設計が破綻の危機に瀕した。
そのときにどうしたのかと言われれば、3%成長を前提としていた試算を4%成長に直すことによって、何の対策を取ることなく終わってしまった。
机上だけで片づいたことにして、解決は先送りした。

そんな自公がいまごろ年金改革に反対しているというのが何かの喜劇としか思えない。
4%成長なんて、いったいいつ以来実現していないんだ?と詰問したくなる。

そもそも国が成長を主導するという考え方が古い考え方としか思えない。
成長しなければ、賦課方式は機能しないんだから。
少子高齢化時代に適合したシステムを作り上げるのは、今しかない。

2012/02/11(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:復興庁・診療報酬
毎日:公務員人件費・津波警報
読売:復興庁・年金制度見直し
朝日:復興庁・東電国有化
日経:ギリシャ情勢・エジプト情勢

(参考)商品相場
純金 1725.30(▼15.90)
原油   98.67(▼ 1.17)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1725.30(▼15.00)
原油   98.67(△ 0.83)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 77.61  76.56  76.68
対ユーロ:102.21 100.66 101.30
対豪ドル: 82.74  82.46  81.70
日経平均:8947.17 8831.93 8841.22
債券10年:0.98% 0.95% 0.97%
債券20年:1.74% 1.72% 1.73%

(先週のおもな出来事)
・棋王戦第一局、久保が先勝

2012/02/10(金)   

今日の社説。

信毎:原発再稼働反対・米軍再編
毎日:復興庁・国債残高
読売:九条改正・春闘
朝日:米軍再編・雪害
日経:復興庁・米軍再編

(参考)商品相場
純金 1741.20(△ 9.90)
原油   99.84(△ 1.13)

2012/02/09(木)   

今日の社説。

信毎:長野県予算
毎日:米軍再編
読売:米軍再編・TPP
朝日:電気料金制度・家電の苦境
日経:経常黒字縮小・総合取引所

(参考)商品相場
純金 1731.30(▼17.10)
原油   98.71(△ 0.30)

2012/02/08(水)   

今日の社説。

信毎:介護保険・著名人の写真
毎日:年金試算公開・中東情勢
読売:科学技術会議・整備新幹線
朝日:研究者と政策・北朝鮮と核
日経:電気料金制度・首都圏直下型地震

(参考)商品相場
純金 1748.40(△23.50)
原油   98.41(△ 1.50)

2012/02/07(火)   現代の笑い話

今日の社説。

信毎:普天間基地移設・シリア情勢
毎日:普天間基地移設・ローザンヌバレエ
読売:普天間基地移設・成年後見制度
朝日:普天間基地移設・ストーカー対策
日経:カルテル・エルピーダ

エルピーダほどふざけた会社はないと思う。
まあぶっちゃけた話、大企業は多くは政治的な力が強い。
しかしエルピーダなんて設立間もない企業なのに、いったい何回公的支援を求めるつもりなんだろ。
メモリ事業の展開が想定外、だなんて、想定外と言えばなんでも受け入れられるとでも思ってるのかな?
東電の罪は大きいねえ。

おまけにあの社長が食わせ物。
配当はせず、株価上昇で株主に報います、だなんて言って、結局資金繰りに詰まってMSCB発行。
当然株価は大暴落。

もはや、エルピーダの存在そのものが現代の喜劇としか思えない。

(参考)商品相場
純金 1724.90(▼15.40)
原油   96.91(▼ 0.93)

2012/02/06(月)   

今日の社説。

信毎:電気料金制度・将来人口推計
毎日:TPP・特定看護師
読売:議事録未作成・シリア情勢
朝日:除染工程表・成年後見制度
日経:普天間基地移設・シリア情勢

2012/02/05(日)   

今日の社説。

信毎:外国人看護士・リニア計画
毎日:家電不振・ユーロ危機
読売:沖縄の政治・武道必修
朝日:家電不振・電気料金制度
日経:エネルギー政策

2012/02/04(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:沖縄の政治・家電不振
毎日:沖縄の政治・帰宅困難者対策
読売:食品の放射能・水俣病救済
朝日:大阪都構想・八ツ場ダム
日経:ユーロ危機・防衛省不祥事

読売は食品の放射能の社説と水俣病の社説を同日に・・・

>  そもそも、厚労省の算出手法に問題がある。国内産の食品がすべて放射性物質で汚染されているという極端な前提で計算した。
> 実態は異なる。国土の大半は放射性物質の大量飛散と無縁だ。飛散地域も懸命に生産物を検査したうえで出荷している。関係者には許容しがたい前提だろう。

無縁なんて強弁が通用するのは残念ながら、日本だけですよ。
内弁慶の新聞社が日本をおかしくしている。

> 厚労省は、新規制値案を国際標準の手法で算出した、とも強弁している。だが、厳しい基準設定で知られる欧州も、飲料水は厚労省案の100倍、食品で10倍以上緩い規制値だ。
> 厚労省は、4月からの新規制値導入を目指している。だが、生産地では検査の負担が増す。作付け制限も広がろう。「地域経済に大打撃だ」と懸念する声もある。
> 規制は、放射線のリスクだけでなく、農業などの産業再生が妨げられるリスクも勘案して、総合的に判断しなければならない。

新しい規制によって農業ができなくなるようなら、東電に賠償させればいいじゃない?
なぜその当たり前の話が出てこないのか、さっぱりわからない。
東電は解体。コストを精査しなおしたうえで、いずれは割高な電気料金を東電管内の人は払わないとダメだろうね。
リスクを各地に押し付けて、メリットだけ享受、というのは許されない。

(参考)商品相場
純金 1740.30(▼19.00)
原油   97.84(△ 1.48)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1740.30(△ 8.10)
原油   97.84(▼ 1.72)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 76.56  76.68  76.94
対ユーロ:100.66 101.30  99.51
対豪ドル: 82.46  81.70  80.65
日経平均:8831.93 8841.22 8766.36
債券10年:0.95% 0.97% 0.99%
債券20年:1.72% 1.73% 1.76%

(先週のおもな出来事)
・次期名人戦、羽生が挑戦決定

2012/02/03(金)   

今日の社説。

信毎:議事録なし・水俣病救済
毎日:電力改革・読書感想文
読売:尖閣問題・エジプト議会
朝日:子育て支援・暴力団対策
日経:ソニー人事・東証システム障害

(参考)商品相場
純金 1759.30(△ 9.80)
原油   96.36(▼ 1.25)

2012/02/02(木)   

今日の社説。

信毎:川内村帰村・沖縄の政治
毎日:古事記論・沖縄の政治
読売:消費増税・ドコモ通信障害
朝日:生レバー規制・沖縄の政治
日経:ユーロ危機・沖縄の政治

(参考)商品相場
純金 1749.50(△ 9.10)
原油   97.61(▼ 0.87)

2012/02/01(水)   

今日の社説。

信毎:大相撲改革・IAEAの茶番
毎日:将来人口推計・原発と既得権益
読売:行政改革推進・原発推進
朝日:ドコモ通信障害・校長の反乱
日経:EU新条約・原発推進

(参考)商品相場
純金 1740.40(△ 6.00)
原油   98.48(▼ 0.30)

過去ログ 2000年01月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月