今週の市場サマリー

<猛毒は蜜の香り>
新聞には、新聞社に不都合な記事は掲載されない。それにしても、最近の割引率は異常ではなかろうか?

2012/6/2より、規模を縮小してお送りしています。
2015/11/10より、土曜日のみ定期、その他は不定期に政治ネタをお届けします。

2017/06/15連載を終了させていただきました。ありがとうございました。

2012/01/31(火)   

今日の社説。

信毎:除染工程表・食の文化
毎日:年金新制度・大相撲改革
読売:国会代表質問・将来人口推計
朝日:年金新制度・将来人口推計
日経:夏場の節電・将来人口推計

(参考)商品相場
純金 1734.40(△ 2.20)
原油   98.78(▼ 0.78)

2012/01/30(月)   ノーコメント??

今日の社説。

信毎:ドコモ通信障害・春闘
毎日:郵政改革・北情勢
読売:除染工程表・核再処理施設
朝日:汚染石材・在宅介護
日経:米軍削減・独立行政法人改革

読売の冒頭=結論である。

> 既に存在する「核のごみ」を安全に保管し、処分する技術の確立は急務である。試験を確実に成功させてもらいたい。

そもそも、発電だけしか考えていない原発ってのがありえないことでしょ。
核廃棄物は依然、非常に高いエネルギーを持っていて危険である。
200年以上も電気を使って冷やし続けなければならない。
なぜ廃棄コストが異常に安く見積もられているのか。
再処理はフランスやイギリスに高い値段(向こうの言い値)でお願いしているのが実態だけれど、結局は帰ってくるんだよね。
それを処理しなければいけないからその返品に新品のウランを混ぜて燃やす。
いわゆるプルサーマルというやつだけど、こんな危険なことまでしている。
プルサーマルの廃棄物も含めて、処分する技術がいまだに国内で確立されていない。
普通に考えりゃ、そんなことはありえないこと。
廃棄コストを考えることなく、ただの発電の部分だけで燃料費を計算している。
それでいて火力より効率は悪いんだから、廃棄物処理まで考えればコストは火力どころか、太陽光にさえ及ばないのは火を見るより明らか。
必要なコストを計上せずに、読売新聞・自民党・通産省(経産省)・電力会社(沖縄電力を除く)、自分たちが着服するために原発を使っている。
それが原発の実態である。

ウランやプルトニウムは無害だ、なんて堂々と主張している愚か極まりない学者もいるけれど、あくまで彼らの論理は「有害だという確証はない、だから無害である」という論理なんだよね。
世界中で、こんな論理が主流派なのは金融工学と原子力工学だけだわ。
論理が成立していないと思う。

最後の一文。

> 長年かけて築いてきた核燃料サイクル技術を今、放棄すると決めていいものか。急激な政策転換で将来に禍根を残さぬよう、冷静かつ緻密な議論を求めたい。

築いてきた、じゃないよ。
長年かけても築きあげることができなかったんだよ。
仮に今まで1兆円、10兆円かけてきたとしても、それらの今までの投資が無駄になるから今更やめられない、なんて考えが理解できない。
あと1000兆円投入したって、成功する保証はどこにもない。

原発事故はすでに将来世代に大きな禍根を残したというのに、そのことに対するコメントは全くないなのですか?

2012/01/29(日)   

今日の社説。

信毎:日露外相会談・春闘
毎日:日露外相会談・原発公文書隠匿
読売:日露外相会談・外国人看護士
朝日:日露外相会談・春闘
日経:日露外相会談・ハーグ条約

2012/01/28(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:平成の大合併・大雪
毎日:米金融政策・除染工程表
読売:米金融政策・年金改革
朝日:今夏電力需給・水俣病補償
日経:アラブの春・特定看護師

バーナンキの演説を聞いて吐き気がしたのは自分だけなのか。
――2014年まで、我々の金融政策は正当化される
されねーよ!
ふざけんな!!!

それこそ中国みたいに、米債を大量に抱える日本はアメリカの金融政策に対して公然と文句をつけるべきだと思う。
アメリカは金融テロ国家。
学者が権力を持つことの恐ろしさを嫌と言うほど感じるこの8年である。

早くバーナンキが辞めますように。

(参考)商品相場
純金 1732.20(△ 5.50)
原油   99.56(▼ 0.14)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1732.20(△68.20)
原油   99.56(△ 1.10)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 76.68  76.94  76.92
対ユーロ:101.30  99.51  97.53
対豪ドル: 81.70  80.65  79.24
日経平均:8841.22 8766.36 8500.02
債券10年:0.97% 0.99% 0.95%
債券20年:1.73% 1.76% 1.75%

(先週のおもな出来事)
・王将戦第二局、佐藤が連勝

2012/01/27(金)   確信犯

今日の社説。

信毎:国会代表質問・ハーグ条約
毎日:国会代表質問・貿易赤字
読売:原発公文書隠匿・公務員給与
朝日:国会代表質問・貿易赤字
日経:国会代表質問・米金融政策

読売。

>  重要会議の議事録を作成しないのは、誤った「政治主導」と「官僚性悪説」に起因する民主党政権の体質の問題でもある。

政治主導だったのは鳩山内閣まででしょ。
官僚性悪説は、菅前首相の個人的な信念。
完全に別個のもの2つを、全く別の問題の原因にしようとする。
頭がおかしい。
一個人の主張とかならまだしも、日本で一番売れている全国紙の論説がこれじゃ、日本人全体の論理力を疑われてしまうよ。
こんなことだからニューヨークタイムスや英FTに「日本の新聞は異常」と書かれてしまうんだよ。
一日本人としては残念極まりないこと。


原発事故のあと、官僚と東電が情報を政府に出さなかったこと、出し惜しみしたことはすでに明らかになっている。
東電社員と官僚は原発から80kmの範囲から避難した。
しかし国民は、あくまで20km圏内からの避難を「要請」されただけ。

本当に日本のためを思う官僚だったら、国民に対しても同じように広範囲の避難を命じるよう、政府に要請するんじゃないのかね。
今でも東電の会長の自宅には、臨時?の交番があるんだよね。
最も責任を負うべき人たちを税金を使って守っている理由は一体何なのか。
当時の政権の対応は最悪に近かったとは自身も思うけれど、論拠は捏造、おまけに東電幹部と官僚の自己保身をなかったことにする論説に説得力を全く感じない。

(参考)商品相場
純金 1726.70(△26.60)
原油   99.70(△ 0.30)

2012/01/26(木)   為替の構造

今日の社説。

信毎:一般教書演説・貿易赤字
毎日:一般教書演説・春闘
読売:一般教書演説・貿易赤字
朝日:一般教書演説・原発公文書隠匿
日経:一般教書演説・貿易赤字

ブッシュも再選は難しいだろう、などと言われていたけれど、それでも再選できた。
オバマの一般教書演説は今年が最後だろう、と指摘する向きもあるけれど、ことはそう単純ではない。
就任前からずっと書いていることだけど、共和党政権になればドル高になる。民主党政権になればドル安になる。
オバマが再選するということになれば、1ドル50円という水準も現実味を帯びてくる。
5年前、1ドル112円であったものが昨年は1ドル75円なんて水準になった。
そんなものは大統領選前、到底考えられないものであったようにね。

(参考)商品相場
純金 1700.10(△35.60)
原油   99.40(△ 0.45)

2012/01/25(水)   ザ★前のめり!

今日の社説。

信毎:消費増税(通常国会)・イラン情勢
毎日:通常国会
読売:通常国会・イラン情勢
朝日:通常国会・消費増税
日経:通常国会・ミャンマー情勢

消費増税とかけ、イラン情勢と説く。
前のめり過ぎる。
円高で原油価格も落ち着いているのに、東京電力は値上げ。
これも前のめりの一つだけどね。



そもそもアメリカのやり方に問題がある。
アメリカを取るか、イラン(からの原油)を取るか選べ、って言われたのが12日。
イランは貴重な親日国家。
別に両方を選ぶ選択肢だって、あると思うけど。
というよりもそれが現実的な最善策であって、アメリカを取るなんて愚行以外の何物でもない。

サウジアラビアだって原発を加速させる方向に舵を切っている。
産油国は原油がなくなると国家の存亡の危機だから、原油を極力、産出したくないんだよね。
同じことはイランにも言えることで、50年先、100年先を考えているからこそ、今のような方向を向いているんだよ。
アメリカの政治みたいに1年先とか、日本の政治みたいに2ヶ月先とか、ド近眼の政治とは次元が違うのだ。

消費増税・イラン情勢・東電値上げ。
これら3つ、どれ一つとってみても、何の根拠もない。
できの悪い官僚の作文に乗せられて大騒ぎなんて、馬鹿なの?と思うもの。
・消費増税は、官僚が自由に使えるお金を増やしたいだけ。
・イラン情勢は、大統領選に向けた成果作りが欲しいだけ。
・東電の値上げは、発送電を握っていることを悪用した社会的大詐欺事件。
中東はもともとパンドラの箱なんだから、さらに刺激するような馬鹿な真似は今のような時代にするべきことではない。
こんな情勢のときに米大統領選が被ったのは本当に世界にとって不幸なこととしか言いようがない。

(参考)商品相場
純金 1664.50(▼13.80)
原油   98.95(▼ 0.63)

2012/01/24(火)   なかったことに

今日の社説。

信毎:原発公文書隠匿・裁判員法改正
毎日:ハーグ条約・米大統領選
読売:ハーグ条約・独立行政法人と特別会計改革
朝日:消費増税・エジプト議会
日経:原発公文書隠匿・春闘

原発に関する公文書や記録などが隠匿され、なかったことにされていた。
まあ、そういうことも当然あるわな、という印象でしかない。
産経曰く「大人の知恵」。
情報を出さないことが大人の知恵とは、大男、総身に知恵が回りかね、というやつか?
産経は大男にしてはずいぶん栄養失調気味で、いつ倒れるのか不安だけどね(笑)

代わりに信毎から。

>  東京電力福島第1原発の事故について専門家が「最悪シナリオ」を作成していた。
> だが、当時の菅直人首相ら政権幹部は「なかったこと」として封印し、昨年末まで公文書として扱っていなかった。国民の不信を高める行為であり、とうてい容認できない。
> 最悪シナリオを記した文書は、3月25日付だった。放射線量が上昇して作業員全員が撤退したと想定。注水冷却ができなくなった2号機、3号機の原子炉や1〜4号機の燃料プールから放射性物質が大量放出される。
(以下略)

到底容認できない。それが至極当然の結論だと思うんだけど、どうなんだろうね。
今のご時世に消費増税に電気代値上げとか、財政健全派の自身でも「アホか!」と思うものね。

(参考)商品相場
純金 1678.30(△14.30)
原油   99.58(△ 1.12)

2012/01/23(月)   身勝手な論説

今日の社説。

信毎:東電値上げ・明石歩道橋事故裁判
毎日:自民党大会・主権者教育
読売:自民党大会・中国経済
朝日:議員歳費削減・ミャンマー情勢
日経:自民党大会・米大統領選

円高が進むと、全国紙ってすぐに「産業の国内空洞化が進む」とか脅すくせに、消費増税とか、東電の値上げについては無視を貫いている。
消費税を増税されるとどうにもならない企業っていっぱいあるんだよ。
なにせ、日本の企業には国際競争力なんてほとんどないんだから。
東電に値上げされたら、多大な電力に依存するめっき産業とか金属精錬業はほんと、全滅だろうね。
こういうことは、国内の景気を悪化させたり、産業空洞化を加速させたりしないんですかね?
実際、中国や韓国など近隣や、タイやベトナムなど東南アジアに出て行った企業も多いものね。

都合のよい時だけ産業空洞化と叫んでいるようじゃ、いつまでたっても読者の理解を得られないよ。


そういうことを踏まえて、信毎の消費税増税の論説は実に読み応えがあるものだった。
是非紙面をご覧いただきたい。

2012/01/22(日)   

今日の社説。

信毎:消費増税・センター再試験
毎日:コダック破綻・市民被銃撃
読売:原発再稼働
朝日:原発政策・武道必修
日経:米金融規制・外国人看護士

2012/01/21(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:汚染石流通・ロシア選挙
毎日:大学秋入学・独立行政法人改革
読売:大学秋入学・郵政改革
朝日:大学秋入学・独立行政法人改革
日経:大学秋入学・オリンパス

東京大学が5年以内の秋入学への変更について明言した。
いいことなんじゃない??
昔の自身もそうだったけど、受験漬けで大学に入って、その後も世間を知らないまま社会人になったって、その人にとっても不幸だし、社会全体にとっても不幸なことだもの。
当面は春・秋入学を半々にするような、二期入学制に変えるだけでも大きな違いだろう。
ギャップイヤーは悪くない。

(参考)商品相場
純金 1664.00(△ 9.50)
原油   98.46(▼ 1.93)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1664.00(△33.20)
原油   98.46(▼ 0.27)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 76.94  76.92  77.00
対ユーロ: 99.51  97.53  97.96
対豪ドル: 80.65  79.24  78.75
日経平均:8766.36 8500.02 8390.35
債券10年:0.99% 0.95% 0.98%
債券20年:1.76% 1.75% 1.76%

(先週のおもな出来事)
・王将戦第一局、佐藤が先勝

2012/01/20(金)   

今日の社説。

信毎:原子力保安院・大学秋入学
毎日:原子力保安院・ユーロ危機
読売:税の一体改革・新型インフル
朝日:比例80削減・食品放射能
日経:米自動車ショー・大都市制度

(参考)商品相場
純金 1654.50(▼ 5.40)
原油  100.39(▼ 0.20)

2012/01/19(木)   政党交付金の全廃を

今日の社説。

信毎:比例定数削減・原発再稼働
毎日:比例定数削減・オリンパス
読売:日航新体制・原発再稼働
朝日:通常国会・原発再稼働
日経:TPP・君が代斉唱訴訟

信毎から。

>  毎年年末になると政党の離合集散劇が演じられる。1月1日時点で設立している政党に対し、国から交付金が支給されるからだ。お金目当ての駆け引きに国民はうんざりしている。
> 交付金申請をしていない共産党以外の各党に対し、合わせて300億円超が毎年支払われている。定数削減で議員歳費を節約するより、各党が交付金を返上する方がよほど効果的で手っ取り早い。

比例を80議席減らすというのは異常だと思う。
そもそも、日本の国会議員が多すぎるというスタンスに立てない。
一票の格差の問題は今でも深刻だと思うけれど、だからと言って定数をどんどん減らして、2県や3県で1議員で良いのか、と思うから。
そんなことをするからさらに大都市集中が進むのだ。

年末に民主党が分裂した。
あれにしても、政党交付金目あてなわけでしょ。
それを各紙とも認識していながら、政党交付金という枠組みに踏み込んだ論説を書けないのが情けない。
自民党と社民党が国有地を格安で借り続けていたり、あるいは違法占拠していたりしたことについても何の見解もないまま。
(産経のみ、自民党の行為は当然許されることだ、と書いていたけど、一方で社民党の行為は許されないことだ、と書いていた。自民のほうが悪質で金額も百億円単位に上るというのに、馬鹿につける薬はないというもの。)

全国紙の論調は、国民の意識からかけ離れすぎている。
政党交付金という大きな穴のあいたザルを放置したまま、数だけいじったってほとんど効果なんてないでしょ。。。

(参考)商品相場
純金 1659.90(△ 4.30)
原油  100.59(▼ 0.12)

2012/01/18(水)   誤解

今日の社説。

信毎:君が代斉唱訴訟・ミャンマー情勢
毎日:放射能汚染石材・就職内定率
読売:大阪都構想・センター試験混乱
朝日:君が代斉唱訴訟・東電値上げ
日経:中国経済・日航再建

日本語って、極めてあいまいな部分があるよね。
例えば英語と違って主語がなかったり、目的語がなかったり。
それを明らかに狙って取り違えた記事を書くのは許せないんだけどな。

読売から。センター試験で問題冊子が配られないなど、問題が生じたことについて。

>  被災地の宮城県の会場では、大学側のミスで英語のリスニング用機器が届かず、試験開始が2時間遅れた。これも緊張感の欠如の表れだ。猛省してもらいたい。

これが結論にあたる結びの文章なのだから、唖然としてしまう。
センター試験というのは、大学入試センターが会場を借りて、受験生に受けさせているんでしょ。
この文章だったら会場側の問題であり、入試センター側の問題じゃないんだけど。

全く関係のないものを結び付けてどうすんの?馬鹿なの?

(参考)商品相場
純金 1655.60(△24.80)
原油  100.71(△ 2.01)

2012/01/17(火)   あほだと思う値上げ

今日の社説。

信毎:ユーロ危機・阪神淡路大震災17年
毎日:君が代斉唱訴訟・センター試験混乱
読売:君が代斉唱訴訟・民主党大会
朝日:ユーロ危機・センター試験混乱
日経:民主党大会・都市型震災

東電が20%近く値上げすると言う。
中小企業や個人事業主の中には、ものすごい電気料金を払っている会社もあるからね。
諏訪地方なんてめっき企業が多いから特にそうだ。
めっき工程の操業時間は深夜10時〜午前4時、なんてところも多い。

仮に年1000万円の電気代を払っているとして、そこから2割上昇すれば月に200万円、年に2400万円もの減収要因に。
これって、日本の景気を大きく落ち込ませる事態を招きませんか??
消費増税とセットで大企業減税、富裕層減税を訴えている読売とか日経は、この東電の値上げを是とするんですか?

日本の全国紙はメディアとしての体をなしてないね。
これだけ円高なのに燃料費高騰で値上げとか、頭がおかしいとしか言いようがない。

(参考)商品相場
純金 1630.80(▼16.90)
原油   98.70(▼ 0.40)

2012/01/16(月)   

今日の社説。

信毎:台湾総統選・原発避難県内在住者
毎日:大相撲改革・官僚のインサイダー取引
読売:台湾総統選・阪神淡路大震災
朝日:台湾総統選・ボランティア
日経:台湾総統選・裁判員制度

2012/01/15(日)   

今日の社説。

信毎:死刑制度・武道必修
毎日:台湾総統選・受刑者脱走
読売:独立行政法人改革・EU国債格下げ
朝日:日本の指導者
日経:EU国債格下げ・食品放射能

朝日から。

> もし、ことしも首相が代われば7年連続である。

そうだね。
外国からは頻繁に変わる首相に、疑念の目を向けられているのも確か。
でも、結局は、野田が首相を続けることと、誰か別の人が首相になることを比較して、後者のほうがメリットが大きいのであれば当然首相は交代するべき。

7年連続になるから変えるな、というのは論理になっていない。

日経。

>  消費者の不安解消のため、食品中に許容できる量をより小さく抑えるのは理解できる。ただ生産者や流通、外食産業にとっては厳しい規制となる。

厳しいって・・・
むしろ、お客様のためなら暫定基準値よりはるかに厳しい自主規制を敷いているのが当然というもんでしょ。
このあたりの認識が全く理解不可能。
原発事故後、自身の外食の頻度は激減したし、同じような話はよく聞くからね。

2012/01/14(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:改造内閣・官僚のインサイダー取引
毎日:改造内閣
読売:改造内閣
朝日:改造内閣・官僚のインサイダー取引
日経:改造内閣・九電やらせ問題

いつも思うことなんだけど、改造内閣ってのに何の意味があるのか。
いまは首相を変える必要があるんだよ。

自民と公明は山岡大臣のマルチ献金疑惑について審議拒否などに走ったけれど、どう考えても愚かな行為だったとしか思えない。
だって、大臣就任前のことでしょ。
そんなことやってたら、自民が政権を取り返した時に大臣を出来るのが1年生議員だけになってしまう。
アムネット野田とか、どうするんだよ(笑)

(参考)商品相場
純金 1630.80(▼16.90)
原油   98.70(▼ 0.40)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1630.80(△14.00)
原油   98.70(▼ 1.13)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 76.92  77.00  76.96
対ユーロ: 97.53  97.96  99.61
対豪ドル: 79.24  78.75  78.71
日経平均:8500.02 8390.35 8455.35
債券10年:0.95% 0.98% 0.99%
債券20年:1.75% 1.76% 1.76%

(先週のおもな出来事)
・野田改造内閣が発足

2012/01/13(金)   失われた時代は続く

今日の社説。

信毎:イラン制裁・野鳥の餌付け
毎日:イラン制裁・小沢裁判
読売:イラン制裁・官僚のインサイダー取引
朝日:イラン制裁・小沢裁判
日経:イラン制裁・官僚のインサイダー取引

失われた10年が20年、30年と続きそうな時代。
その根幹が官僚にあることは明らかである。

社説にも載っている小沢裁判。
まともな論調だったのは岩手日報、あとはせめて東京新聞ぐらいなものだった。

そもそも、カネのない政治家なんて、要らないよ。
前原みたいに何でもかんでも見境なくカネをもらう政治家は国益を損ねるからだめだけど、普通の人、あるいは企業というのは政策の実現のために政治献金をするのだから。
献金を受けられない政治家というのは、要するに期待されていないということ。
そんな政治家が仮に大臣になったところで、何を実現するのだろう。
現首相の野田のように官僚の飼い犬になって、官僚にクビを取られない政策に邁進するだけである。

多くの社説で小沢が記憶にない、とひたすら繰り返した、と書かれている。
それは事実だけど、じゃあ質問する側はどうだったのか。
検察官側の質問がほとんど同じだった。同じことばかり繰り返していた。
だから返答も繰り返しになるのは当然というもの。
じゃあなぜ、検察官側の質問はあれほどにまで単調だったのかといえば、調書が捏造であったということが弁護側の指摘で明らかになったからである。

少し前に確定申告の雑記を書いて、あのときにこんなふうに書いた。

>  確定申告ってのは納税額を自分で決定できるという権利である。それこそ昔は、収穫量に応じてではなく、裁量によって年貢がどうこう、とされてきたりしたのだった。そのことを思えば現在の税制というのはいくぶん不平等な形態であるにせよ、きちんと確立されているのは非常にありがたい話。やることさえやれば自分の納税額をちゃんと把握できるのだから。悪代官が出てきて付け届けをしなければ増額、なんてことは起こりえぬ話なのである。

このときは敢えて書かなかったけど、確定申告のシーズンが近づくと、毎年税理士や会計士が見せしめで逮捕されるんだよね。
税制に則って行った正当な「節税」の行為を、「脱税」だとするのである。
狙いはもちろん、脱税を防ぐため。
だから本当は悪代官はいるんだよ。自分の場合にそんなことがありえないと断言できるのは貧困層だからである。

脱税事件と同じで、調書そのものも裁量なんだよね。
だから、日本というのは実にいい加減な国家である。
日本の検察、あるいは官僚組織というのは、裁量で自分たちに都合の悪いものを捕まえているのである。
国民が選んだ選良を、である。
民主主義を根幹から否定する行為であり、断じて許せるものではない。


そういう全体像がありながら、そしてもちろん、新聞社はその構図を把握していながら、顕微鏡でみたかのように「小沢は同じことばかり繰り返した」とわめき散らす。
はっきり言えば、日本の全国紙を買う人の脳を疑う。
新聞を買って知的ぶっているんだろうけど、民主主義の否定に一役買っているだけである。

長いものの、今年1月11日の東京新聞の社説を引用して終わりにしたい。

> 初公判から約三カ月間に、検察の捜査に疑問符が付いた。一つは事実と異なる捜査報告書の問題だ。「(元秘書の石川知裕衆院議員が)議員なのにウソを言ってはいけないと言われた。あれが効きました」と書かれている。作成した検事は法廷で「その通りのやりとりはなかった」「記憶が混同した」と答えた。
> 問題なのは、この報告書が小沢元代表が陸山会事件に関与したとする石川議員の供述調書の裏付けとなっていることだ。市民による検察審査会が強制起訴に持ち込む根拠となった可能性がある。
> もう一つは、捜査に加わった大阪地検元検事の証言だ。建設業者の取り調べメモでは、一億円を渡したとする水谷建設以外は「小沢元代表側に現金を渡していない」という業者ばかりだったと述べた。「渡していない業者」のメモは検察審のメンバーには明らかにされていない。つまり、検察があえて、検察審に起訴議決を促そうとする、きわどい手法をとったとの見方も浮上するのだ。
> もともと小沢元代表は「国家権力の乱用だ」と訴えていたが、陸山会事件そのものが、はじめに「筋書きありき」の捜査ではなかったかという想像すら湧く。
> 石川議員ら元秘書三人に対する判決では、土地取引の原資となった四億円を隠蔽(いんぺい)しようとしたと推認し、三人が共謀したことも推認するなど、推測を重ねて有罪に導いたとも批判されている。

> 小沢元代表の裁判では、裁判官は一切の予断を排し、厳格な事実認定に基づいて、四月に予想される判決に臨むべきだ。

裁判官が権力側に買収されている、あるいは権力の管轄下に置かれているということが如実に分かったのは石川被告に対する裁判で分かったこと。
その構図は当時と全く変わっていないのだから、どんなに無罪となるべき案件であっても残念ながら「有罪」となってしまうんだろうね。
そうして官僚主導の政治が続く限り、日本の失われた時代が引き伸ばされていくのである。

(参考)商品相場
純金 1647.70(△ 8.10)
原油   99.10(▼ 1.77)

2012/01/12(木)   変な話

今日の社説。

信毎:小沢裁判・尼崎脱線事故
毎日:消費増税・尼崎脱線事故
読売:小沢裁判・尼崎脱線事故
朝日:米大統領選・尼崎脱線事故
日経:消費増税・尼崎脱線事故

尼崎脱線事故に関する、経営陣の責任を問うた裁判で判決が下された。
無罪。
もちろん地裁の判決であり、上級審でどうなるのか分からないけれど。

個人的には当然無罪で、そもそもこの件を起訴したことがありえないことだと思っている。
検察審査会という、一切何も分からない組織。
もう一つの強制起訴、小沢裁判も行われているが、小沢の言い分はまともだろう。
支持者に迷惑をかけられない。そう考えるのがまっとうな政治家なんだもの。
銀行を設立して私的にがっぽがっぽ、オリンピック誘致などと叫んでまた私的にがっぽがっぽ、そんな政治家は「地震は天罰」など、とんでもない失言をしても新聞にクビを取られない。
実に変な話だわな。

(参考)商品相場
純金 1639.60(△ 8.10)
原油  100.87(▼ 1.37)

2012/01/11(水)   

今日の社説。

信毎:原発事故調査・オリンパス
毎日:被災地紛争・バロンドール
読売:経済再生
朝日:消費増税・沖縄振興政策
日経:中韓FTA・オリンパス

(参考)商品相場
純金 1631.50(△23.40)
原油  102.24(△ 0.93)

2012/01/10(火)   

今日の社説。

信毎:発送電分離・ストーカー殺人
毎日:震災復興
読売:外交戦略
朝日:核燃サイクル・次期戦闘機
日経:発送電分離

(参考)商品相場
純金 1608.10(▼ 8.70)
原油  101.31(▼ 0.25)

2012/01/09(月)   

今日の社説。

信毎:成人の日
毎日:成人の日・原発40年廃炉
読売:世界経済危機
朝日:成人の日・小沢裁判
日経:エネルギー政策

日経から。

>  エネルギーは生活や産業を支える基盤であり、安心して使えることが暮らしや生産活動に大きな便益をもたらす。電力構成を見直すと、それがどう変わるのか。政府は春にも戦略のたたき台となる選択肢を示す方針だが、その前に、便益を含めて幅広い判断材料を国民に明らかにすべきだ。

幅広い判断材料を求めても、東電をはじめとした電力会社が開示しないじゃないか。
黒塗りの手順書、揚水発電の故意不記載、廃棄コストの非計上など。
国民に対してどころではなく、政府に対してさえもそうなのである。
この体制がふざけたことだと思うのだが、なぜか日経はそこには触れない。
狂ってるね。

2012/01/08(日)   狂犬二匹

今日の社説。

信毎:原発40年廃炉・自炊と著作権
毎日:国と地方
読売:原発40年廃炉・成人の日
朝日:米国防戦略・長周期地震動
日経:北朝鮮情勢・金融市場

日経の社説がよくわからない。

> 年が明けても世界の金融市場の不確実性は消えない。欧州の財政金融危機は米国や新興国にも影響する。日本も直接投資で資金流出が拡大しており、財政改革の実行は急務だ。

財政改革とか、消費増税とか、すべてかなりの円高に直結する政策でしょ。
それと為替介入を別口で論じられるのが信じられない。
ユーロはひたすら売られているが、円が買われる背景には増税などもあるというのに、そこは完全に無視ですか。

原子力マネーで潤ってきた読売も相変わらず狂っているね。
原発を40年で廃炉にするという方針に対し、猛然とかみついた。

>  海外では、脱原発を掲げる国を除き、法律で原発の「寿命」を規定する例はまれだ。今後の電力供給の在り方を巡る政府内の議論も続いている。唐突すぎないか。

外国では法律で規定しなくても、耐用年数30年と決めて、30年経ったら速やかに廃炉にしているでしょ。
日本では法律がないことを盾に、経産省と電力会社が耐用年数を過ぎた原発を廃止しない。
だったら、法律で強制させることは当然だし、国民の利益にもなる。
っていうか、40年は長すぎる。30年あるいはもっと短くするべきだ。

> 国内では、廃炉となる福島第一原発の4基を除く50基のうち、15基が、すでに運転30年を超えている。うち2基は40年以上だ。原発は急速に減ることになる。

日本で廃炉になったのは浜岡の1基だけだけど、それもまだ、今後どのように進むのか不透明なんだよね。
原発を作り続けてきた一方で、廃炉の技術というのはほとんどないのだ。
技術的に廃炉にできないから運用を続けているだけで、まさに便所のない部屋に住んでいるようなもの。
廃炉の技術もないのに原発の維持・増設を求めるというのはどうかしているとしか考えられない。

2012/01/07(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:米国防戦略・税の一体改革
毎日:米国防戦略・税の一体改革
読売:米国防戦略・里親制度
朝日:原発40年・税の一体改革
日経:米国防戦略・ドコモ通信障害

核なき世界、などと言ってノーベル賞まで受賞したオバマ。
その後はどうなったのかと言えば、核実験をして、在沖米軍も撤退させず、米中、アラブなどで不毛な緊迫を煽っている。
平和賞?笑っちゃうよ、ほんと。

そのオバマ、ブッシュが雪だるま式に増大させてきた軍事費を削り、不足分を日本などに求めることを決めた。
消費増税を是として、米軍のためにカネを出すべきだ、なんて堂々と書いている日経のセンスを疑うね。
政経両面で日経はアメリカのスポークスマンになっている。
読売もだけどね。
いったい、日本の国民の税金をなんだと思っているのだろう。

その読売。

>  日本の防衛予算は来年度で10年連続の減少となり、自衛隊の訓練や装備の修繕などに歪(ひず)みを生んでいる。厳しい安全保障環境を踏まえれば、予算削減に歯止めをかけ、反転させることが急務だ。

米軍の飲み代とか、遊興費に無駄金を使っているのとか、全く是正されないままじゃないか。
税の一体改革の社説にも言えることだけど、無駄をなくした上で、そこで改めて増税って選択肢が出てくるんじゃないのかね?
東電をはじめとした電気代にしてもそう。
設立記念日の現金5万円支給とか、年8%以上の社内預金みたいな、アホみたいな金まで発電コストに加算されているとか、利用客を舐めているんじゃないのか?と思うもの。
防衛費を反転させたいなら、もっと理詰めで細部まで説かなければ話にならない。
無駄を抱えたまま増額じゃ、国民の理解は得られない。

(参考)商品相場
純金 1616.80(▼ 3.30)
原油  101.56(▼ 0.25)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1616.80(△50.00)
原油   99.83(△ 1.73)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 77.00  76.96  78.06
対ユーロ: 97.96  99.61 101.77
対豪ドル: 78.75  78.71  79.23
日経平均:8390.35 8455.35 8395.16
債券10年:0.98% 0.99% 0.98%
債券20年:1.76% 1.76% 1.76%

2012/01/06(金)   

今日の社説。

信毎:自然エネルギー・遭難事故
毎日:明治と戦後
読売:平田容疑者逮捕・定年延長
朝日:食品の放射能・里親制度
日経:内向性

(参考)商品相場
純金 1620.10(△ 7.40)
原油  101.81(▼ 1.41)

2012/01/05(木)   再分配機能の再構築を

今日の社説。

信毎:首相年頭会見・平田容疑者逮捕
毎日:首相年頭会見・平田容疑者逮捕
読売:消費増税
朝日:首相年頭会見・平田容疑者逮捕
日経:税と社会保障

朝日から。

>  警察は、出頭を見逃しかねない失態を犯した。
> 容疑者が最初に名乗り出た警視庁の本庁舎では、機動隊員が取り合わなかったという。一人ひとりの緊張感や、この間の情報収集態勢に、問題ありと言わざるをえない。縦割りで連携がまずい巨大組織の弊が、またも出たのだろうか。
> 最近は、特別手配者の写真を見ても名が浮かばない新人警官が増えているという。風化の兆しは、ここにまで及んでいる。

毎日から。

>  それにしても、警察の対応は緊張感に欠けていた。平田容疑者が警視庁に出向いた際、警備の機動隊員はいたずらと判断し、門前払いしたというのだ。平田容疑者は、情報提供のフリーダイヤルに10回近く電話したが、つながらなかったとも話したという。経緯の検証が必要だ。

警察に緊迫感がなさすぎる。
無実の人をでっちあげて逮捕して解決にする一方で、大事件でこんな大失態。
これで再度逃亡されていたらどうなっていたのかと思うとぞっとする。

日経は近眼的な社説。

>  私たちは税金や社会保険料を払い、年金や医療などのサービスを受ける。一生を通じた負担と受益の収支を一橋大学の小黒一正准教授が試算したところ、60歳以上は4000万円の黒字、20歳未満は8300万円の赤字となった。

いや、この文は良いとしても、続く文がいただけない。

> 現役世代や将来世代が高齢者を支えるのは必要だ。だが負担と受益の不均衡は国際的にみても大きいといわれる。社会保障などの改革を怠り、子や孫の世代に過大な借金を負わせた結果である。

社会保障改革を怠り続けたのは確か。
でも、そうしてきた官僚を糾弾した社説を日経が書いてた記憶が・・・???なんだけど。
もうひとつ、大きな問題として、高年齢層のほうが高所得、低年齢層のほうが低所得かつ高失業率という問題があるんだよね。
統計の結果を簡単に年齢だけで分別してあっさりと述べているけれど、じゃあ所得別に見ればどうなのか。
低所得者のほうが圧倒的に赤字だと思う。
そしてそれはもちろん、富裕層向けの所得税減税を続けてきた結果として、所得の再分配が機能しなくなったことを意味している。

ブッシュ時代、高所得者を減税すれば恩恵は低所得者にも回るなどと演説され、実際にそういう政策がなされたものの、結果は格差を助長しただけだった。
なぜ全国紙、とくに読売と日経は、具体的な失敗例を目の当たりにしていながら無視し続けるのか。
このご時世の所得増税とか、気が狂っているとしか思えない。

購買層がいなければ、どんな商品だって売れないよ。
日経がいつも無視し続けてきている再分配機能の低下について、是非とも見解をお伺いしたいものだねぇ。

(参考)商品相場
純金 1612.70(△12.20)
原油  103.22(△ 0.26)

2012/01/04(水)   

今日の社説。

信毎:プロテスターと政治
毎日:消費増税
読売:震災復興
朝日:主要国選挙
日経:事業海外展開

(参考)商品相場
純金 1600.50(△33.70)
原油  102.96(△ 4.13)

2012/01/03(火)   

今日の社説。

信毎:脱原発
毎日:世界協調
読売:主要国選挙
朝日:世代と政治
日経:パラダイムシフト

(参考)商品相場
休場

2012/01/02(月)   新聞休刊日

お休みさせていただきます。

2012/01/01(日)   年初から思いやられる。

今日の社説。

信毎:新春特別版
毎日:新春特別版
読売:新春特別版
朝日:新春特別版
日経:新春特別版

読売から。
> 「危機」乗り越える統治能力を ポピュリズムと決別せよ(1月1日付・読売社説)

統治能力ってのは隠蔽能力とは別物でしょ。
東京新聞をはじめ、毎日や朝日が原発関係でスクープを出すなか、読売は関係者擁護に終始している。
重要な政策に国民をタッチさせないことが国のためになるとは到底思えない。

今日はポピュリズムをこき下ろしているけれど、選挙とか、都合のよいときだけポピュリズムを持ち出すダブルスタンダードぶりが理解できない。

過去ログ 2000年01月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月