今週の市場サマリー

<猛毒は蜜の香り>
新聞には、新聞社に不都合な記事は掲載されない。それにしても、最近の割引率は異常ではなかろうか?

2012/6/2より、規模を縮小してお送りしています。
2015/11/10より、土曜日のみ定期、その他は不定期に政治ネタをお届けします。

2017/06/15連載を終了させていただきました。ありがとうございました。

2011/06/30(木)   

今日の社説。

信毎:中国共産党・IMF改革
毎日:臓器売買・南沙問題
読売:税と社会保障・IMF改革
朝日:放射能の不安・中国共産党
日経:株主総会・IMF改革

(参考)商品相場
純金 1510.40(△10.20)
原油   94.77(△ 1.88)

2011/06/29(水)   

今日の社説。

信毎:東電株主総会・原発津波対策
毎日:東電株主総会・税と社会保障
読売:東電株主総会・B型肝炎訴訟
朝日:首相退陣・津波と減災
日経:東電株主総会・外国人看護師

(参考)商品相場
純金 1500.20(△ 3.80)
原油   92.89(△ 2.28)

2011/06/28(火)   社益優先にげんなり

今日の社説。

信毎:玄海原発・復興体勢
毎日:地震津波対策・首相退陣
読売:防災会議・首相退陣
朝日:愚策人事・君が代訴訟
日経:愚策人事・コメ先物

信毎から。

>  参加した県民は経済産業省が選んだ7人。一般参加は認めず、報道陣も締め出した。これで「住民説明会」と言えるのか。
> 佐賀県の九州電力玄海原発の再稼働を目指し、経産省が県内で開いた住民説明会である。安全性をアピールして地元の理解を広げるはずが、国の原子力行政の閉鎖性、独善性が浮き彫りになった。

再稼動のために証拠を作った、ってだけでしょ。
国民どころか、政治家にすら政策にタッチさせない。
それが経産省はじめ、各省庁がやっていること。

NYタイムスの記事と漫画で不本意ながら笑ってしまったけど、日本の原発神話は御伽噺なんだよねぇ。
これほどの悪夢を見せ付けられても旧態依然・・・
一体何を考えているのか、理解不能です。


退陣に条件をつける愚かな首相も同じですかね。

日経。これも首相も顔負けなぐらい愚かな社説。

>  農林水産省は近く、東京穀物商品取引所などが申請したコメ先物の試験上場の適否を決める。コメの価格が決まる市場ができ、生産者や卸会社などに価格変動リスクを回避する手段を提供する意味は大きい。農水省と市場関係者は市場が機能し農業改革に結びつくよう努力すべきだ。

QEとか中韓のように連日為替介入とかやってる国がある中で、はっきり言ってこんなものを作るなんて愚か。
原理的には先物を作ったほうが農家は安定するし、需要家もリスクを低減できることは事実。
だけれども、そんなに金融市場に精通した生産者は、はっきり言って農業なんかに従事していない。
だから無駄なのである。

>  コメ先物市場復活の第1の意味は生産者や卸、小売りのほか投資家も加わり、幅広い参加者によって透明性の高い価格形成ができることだ。

金や原油、パラジウム、とうもろこし、小麦などなどを見ても、投機マネーの流入で不透明な価格にしかなっていないじゃないか。
市場があるから透明な価格、というのは単なる錯誤である。

>  生産者が需要を把握し農業経営にあたるうえで、透明で厚みのある市場の存在は重要だ。先物市場の機能を十分に発揮できるような具体策が問われる。

日本が国を挙げて減反政策を実施して、需要が把握できない状況でどうやって把握するのか理解不能です。
天候リスク、凶作リスクもあるし、常に目いっぱいの生産を心がけていると言っても過言ではない。
日本の農家の規模を考えれば、先物ができれば市場に農家が振り回されるだけで不幸な結末が待ち受けているだけである。

(参考)商品相場
純金 1496.40(▼ 4.50)
原油   90.61(▼ 0.55)

2011/06/27(月)   

今日の社説。

信毎:アフガン撤退・B型肝炎訴訟
毎日:東京五輪・世界遺産
読売:原発事故・世界遺産
朝日:電力会社株主総会・南沙問題
日経:南欧経済危機・世界遺産

2011/06/26(日)   

今日の社説。

信毎:復興会議・小笠原自然遺産
毎日:復興会議・国会延長
読売:復興会議・男女共同参画
朝日:復興会議・増税源探索
日経:復興会議・石油備蓄放出



2011/06/25(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:上高地土石流・臓器売買
毎日:再生エネルギー・肝炎和解
読売:アフガン撤収・石油備蓄放出
朝日:経団連暴走・二重ローン
日経:原発事故・肝炎和解

巷では円高ドル安だけを「円高」と称しているようだけれど、そうではなく、来週になればスイスフランを除くどの通貨に対しても「円高」になりそうな勢いである。
もっとも、週初の円高がどれぐらい進展するかが注目で、週央からはじりじり戻すような展開になるのかも。。。

下劣な論説に毒されるのが嫌なためか、なんだか珍しく予想を書いてしまった。はずれても知りません(笑)

(参考)商品相場
純金 1500.90(▼19.60)
原油   91.16(△ 0.14)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1500.90(▼38.20)
原油   91.16(▼ 1.85)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 80.45  80.00  80.32
対ユーロ:114.16 114.44 115.17
対豪ドル: 84.35  84.95  84.56
日経平均:9678.71 9351.40 9514.40
債券10年:1.11% 1.12% 1.14%
債券20年:1.88% 1.92% 1.92%

(先週のおもな出来事)
・日米仏の汚染水浄化システム、1週間持たずに故障
・名人戦第七局、森内が勝利し奪取

2011/06/24(金)   視野が狭すぎる

今日の社説。

信毎:県議会開幕・武器輸出
毎日:熱中症・外交置き去り
読売:QE2終了・普天間基地移設
朝日:アフガン撤収・NPO税制
日経:QE2終了・アフガン撤収

最近の読売は以前に輪をかけて狂っている。
QE2が終了するのは当然の話。むしろ繰り上げて終了しておくべきだった。
それほど商品価格は乱高下し、新興国は金融政策に困った。

>  だが、これに関連して、円高・ドル安が進んでいることに日本は警戒しなければならない。米当局も輸出に有利なドル安を容認しているようだ。

ドル安にするためにQEをしているというのに、この論説は何が主張したいのか全く理解できない。

> 大震災に直撃された日本経済はマイナス成長に陥っている。米側の事情によるドル売りで、過度に円高が進めば、自動車などの輸出企業の収益が落ち込む。震災からの復興に冷や水を浴びせる深刻な事態となろう。

輸出相手が米国主体なのがおかしいと思いませんか。
台頭しつつある中国に売ればよい。インドもブラジルも急成長。
ほかにもロシアや東南アジアも堅調である。
近くて大きな市場に目を向けず、あえていつまでもアメリカに売り続ける構図になぜこだわるのだろうか。
もっと多角的な視野を持たないと、アメリカがこけたから日本がこけるという構図から抜け出せない。

> 3月中旬に円が急騰した際、日米欧の協調介入で円高に歯止めをかけた。政府・日銀は、市場をけん制し、円高阻止に断固とした姿勢で臨むべきである。

3月の地震のときは円金利が急騰したものね。
円キャリー取引の多くが決済を迫られて、円が急騰したのは仕方のない話。
でも今はドル安というかドル暴落だからね。
介入するのはアメリカの仕事。
いつまでも自社利権のための原発推進を主張するのと同じように、いつまでも円高ドル安の視点しか持てないというのはどれほど狭隘な思考なのかと呆れてしまう。

(参考)商品相場
純金 1520.50(▼32.90)
原油   91.02(▼ 4.39)

2011/06/23(木)   

今日の社説。

信毎:日米安保協議・国会延長
毎日:スパコン世界一・国会延長
読売:日米安保協議・国会延長
朝日:日米安保協議・国会延長
日経:日米安保協議・国会延長

(参考)商品相場
純金 1553.40(△ 7.00)
原油   95.41(△ 2.01)

2011/06/22(水)   

今日の社説。

信毎:IAEA会合・復興基本法
毎日:IAEA会合・国会延長
読売:IAEA会合・媚米外交礼賛
朝日:IAEA会合・国民生活センター
日経:年金医療改革・放射能汚染水

(参考)商品相場
純金 1546.40(△ 4.40)
原油   93.40(△ 0.14)

2011/06/21(火)   

今日の社説。

信毎:二重ローン・障害者虐待対策
毎日:震災復興・介護保険法改正
読売:公務員制度改革・サイバー法
朝日:原発賠償・菅退陣催促
日経:東京都五輪招致・震災復興

(参考)商品相場
純金 1542.00(△ 2.90)
原油   93.26(△ 0.05)

2011/06/20(月)   

今日の社説。

信毎:無政府状態
毎日:地震百日・イエメン情勢
読売:転校生・南沙問題
朝日:オスプレー・脱原発
日経:対インドネシア外交・就職活動長期化

2011/06/19(日)   

今日の社説。

信毎:原発再稼働・トンネル塵肺
毎日:原発再稼働・イタリア国民投票
読売:原発再稼働・東京都五輪招致
朝日:電力買取・TPP
日経:脱学歴社会

2011/06/18(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:節電・サイバー法
毎日:原発工程表・寄付税制
読売:首相退陣論・放射能汚染
朝日:社会保障改革・東京都五輪招致
日経:首相退陣論・日露外交

(参考)商品相場
純金 1539.10(△ 9.20)
原油   93.01(▼ 1.94)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1539.10(△ 9.90)
原油   93.01(▼ 6.28)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 80.00  80.32  80.24
対ユーロ:114.44 115.17 117.47
対豪ドル: 84.95  84.56  86.00
日経平均:9351.40 9514.40 9492.21
債券10年:1.12% 1.14% 1.14%
債券20年:1.92% 1.92% 1.90%

(先週のおもな出来事)
・イタリア国民投票で95%が原発再稼働に反対を投じる

2011/06/17(金)   

今日の社説。

信毎:子供手当て・汚染水対策
毎日:子供手当て・南欧経済危機
読売:二重ローン・東北高速無料化
朝日:原発再稼動・スポーツ基本法
日経:電力不足・原発賠償

(参考)商品相場
純金 1529.90(△ 3.70)
原油   94.95(△ 0.14)

2011/06/16(木)   いつまで首相?

今日の社説。

信毎:原発再稼動・国会大幅延長
毎日:世界農業遺産・国会大幅延長
読売:欧州脱原発・放射能汚泥
朝日:復興特区・迎撃ミサイル販売
日経:米景気減速・官民ファンド

読売の見出しが間違っているんじゃないかと思ったのだが。

> イタリアの選択 欧州の原発依存は変わらない(6月16日付・読売社説)

国民投票の結果、原発の再開を認めないことになったのに、なぜこの結論なのか。
国内でも同様の動きが起きかねない事態によっぽど焦ってるんだろうね。
さすが日本原子力翼賛新聞、ダーティーマネーにまみれているだけのことはあると思う。
いつまでたっても自己中心的で、論説といいながら書かれていることは色眼鏡のエゴばかり。
どうかしてるね。

対照的なのは昨日の朝日だろうか。

>  原発再開の是非を問うイタリアの国民投票で、反対派が9割を超えた。
> ドイツの2022年までの段階的閉鎖、スイスの34年までの廃炉に続き、欧州でまた「脱原発」の猛烈な民意が政治を突き動かした。

「原発依存は変わらない」という論調とはまったく違う。
どちらがおかしいのかは読者が判断するしかないとはいえ、あまりにも自明な質問ではないのだろうか。

最後に信毎。

> 原発再起動論 国民の考えに逆行する

国民不在のままエネルギー政策が語られ、推進されていくことがおかしい。
経産省の某トップ官僚は「原発増設は力ずくでも進めていくべき課題」などと述べたけれど、まさにそのまま、強引なんだよね。
ウランを買うことでアメリカの機嫌を取れる、技術を持つことで実質的な核保有国になれる、そしてなにより、原発一基を作れば数千億円もの巨大なカネを自由に動かすことができる。
当然、その一部は地元住民を買収するために使われているし、読売や産経のような亡国新聞へも渡っている。産業界は庶民をさておいて、安価な大口電力を買うことができる。

>  経産相の説明に対し、財界の委員からは電力安定供給の観点から原発稼働の必要性を説得していかねばならないとし、早期稼働を求める意見が相次いだ。

官僚、新聞社、財界。
日本をアメリカに売り渡す三悪トライアングルだね。
屁理屈ばかり口にして国を亡きものにしようとする動きを続けていることを絶対に許さない。
もちろん最も許せないのは、党内基盤が弱く支持率も低いゆえ、官僚に低頭で媚米政策に邁進する菅首相である。

(参考)商品相場
純金 1526.20(△ 1.80)
原油   94.81(▼ 4.56)

2011/06/15(水)   

今日の社説。

信毎:欧州脱原発・作業員被爆
毎日:欧州脱原発・二重ローン
読売:原発賠償・民主党内紛
朝日:欧州脱原発・関電の節電要請
日経:欧州脱原発・成長基盤強化

(参考)商品相場
純金 1524.40(△ 8.80)
原油   99.37(△ 2.07)

2011/06/14(火)   原発再開を煽るな

今日の社説。

信毎:電力不足・自殺対策
毎日:障害者虐待防止・普天間基地移設
読売:ハーグ条約・復興構想
朝日:東電解体論・司法改革10年
日経:社会保障・トウモロコシ最高値

信毎の12面の松本市長と主筆の対談は良かったね。
内容は社説のこの見出しに尽きる。

> 電力不足 原発再開をあせるな

全国紙が再開を煽る記事満載である。
事故の検証などどうでもよい、再稼働が最優先になっている。
経団連の手先であることと、アメリカの忠犬であることの証左だろう。
電力が不足する、産業が空洞化する、電気料金が月に1000円以上上昇する・・・などなど。

もとから原発のエネルギーが元を取れてなかったということに全く触れずじまい。
論説をうたうなら、もっと多角的な視点が必要。
上から目線で強要するとか、一体何さまなのかと思える。


信毎の主筆の所属元は、東電解体論を展開。
これも至極当然のことで、どこかの全国紙が「東電の法的整理は避けなければいけない」などと大真面目に書いているのとは対照的。
東電の法的整理を皮切りに媚米政策にピリオドを打たなければならない。
前原とか野田とか、自民の人材とかが次期首相になったらもはや末期だよなぁ。
個人的には嫌いだったけど亀井首相のほうがまだ日本のためになりそうだ。

(参考)商品相場
純金 1515.60(▼13.60)
原油   97.30(▼ 1.99)

2011/06/13(月)   新聞休刊日

お休みさせていただきます。

2011/06/12(日)   

今日の社説。

信毎:福島の子供・栄村支援
毎日:スポーツ基本法・大連立
読売:節電・自転車暴走
朝日:津波観測網・津波三カ月
日経:東北高速無料化・増税論議

なんでまた東北道など一部の高速無料化とか、わけわからん政策ばかり実行されるのか理解不能。
真顔で増税を論じるのも理解不能。
従米外交が幅を利かすのも理解不能。

なんだかもう、理解不能すぎる・・・

2011/06/11(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:政治の混迷・オスプレー
毎日:復興庁・政治の混迷
読売:復興基本法案・学校の防災機能
朝日:首相辞任拒否・諫早湾干拓
日経:被災地支援

(参考)商品相場
純金 1529.20(▼13.50)
原油   99.29(▼ 2.64)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1529.20(▼13.20)
原油   99.29(▼ 0.93)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 80.32  80.24  80.84
対ユーロ:115.17 117.47 115.50
対豪ドル: 84.56  86.00  86.53
日経平均:9514.40 9492.21 9521.94
債券10年:1.14% 1.14% 1.13%
債券20年:1.92% 1.90% 1.90%

(先週のおもな出来事)
・大相撲、名古屋場所から再開
・名人戦第六局、羽生が勝利
・棋聖戦第一局、羽生が勝利

2011/06/10(金)   増税は政策でもなんでもない

今日の社説。

信毎:振り込め詐欺・景気動向
毎日:家庭用蓄電池・OPEC分裂
読売:原発点検・南沙問題
朝日:増税肯定・311世代
日経:寄付文化・OPEC分裂

朝日の社説が愚か過ぎる。

> 震災復興財源―増税で被災地支えよう

震災の復興は一時的な財源でよいはずなんだよね。
もちろん、必要となる金額は多額である。
10兆円、20兆円、下手をすればもっとかかるかもしれない。

しかし、一時的に必要な資金を恒久的な増税で賄うという案には無理がありすぎる。
被災者に鞭を打つのが朝日の提案する政策というものですか。

(参考)商品相場
純金 1542.70(△ 4.00)
原油  101.93(△ 1.19)

2011/06/09(木)   

今日の社説。

信毎:原発事故調査・ペルー情勢
毎日:原発事故賠償・放射能測定
読売:海賊対策・池田小事件
朝日:原発事故調査・タイ総選挙
日経:原発事故賠償・欧州金融危機

(参考)商品相場
純金 1538.70(▼ 5.30)
原油  100.74(△ 1.65)

2011/06/08(水)   

今日の社説。

信毎:大連立・義捐金
毎日:原発事故検証・大連立
読売:原発事故検証・義捐金
朝日:ドイツ脱原発・大阪府知事暴走
日経:原発事故検証・村上事件

(参考)商品相場
純金 1544.00(▼ 3.20)
原油   99.09(△ 0.08)

2011/06/07(火)   

今日の社説。

信毎:南沙問題・名古屋場所
毎日:首相退陣・放射能被害
読売:ドイツ脱原発・大連立
朝日:新幹線整備・大連立
日経:南沙問題・大連立

(参考)商品相場
純金 1547.20(△ 4.80)
原油   99.01(▼ 1.21)

2011/06/06(月)   読売の妄想

今日の社説。

信毎:刑事司法・スポーツ法案
毎日:名古屋場所・地域防災
読売:青森知事選・名古屋場所
朝日:復興会議・IMF人事
日経:食糧資源高騰・ハッカー対策

読売新聞の販売が17年ぶりに1000万部を割った。
もっとも、押し紙の多さが指摘されており、実売部数は3分の1にもならないという話ですが。

その読売の結論がここ数年はあまりに短絡的過ぎて、売れなくなるのもよくわかる。

> 原子力の安全性が確保されるのであれば、国策への協力を続けていい。青森県民はそう選択したと言えよう。

言えません。
推進派2名と反対派1名の争いになったけれど、地盤などから言えば推進派の勝利は目に見えていたこと。
だから原発政策は今後も推進されるべきだ、という結論では異常である。

結局、過疎地域に産業がない、雇用がないということは変わらない。
電力会社が現地の人を正社員として雇っているのは、こういう選挙のように原発を巡る大きな反対運動が起きたときに、地元の意向を割るためのことなのだ。
そういう意味では、電力会社のカネにまみれた選挙で、まさに政治とカネというのは今回の選挙のことを意味しているのだ、と思えたけれどね。

>  三村氏は、「安全なくして原子力なし」と主張した。原発などの安全対策を検証する専門家委員会を設けることで、県民の懸念払拭に努めたいとの考えを示した。

原発に関する情報は、原発所長→東電本社→経産省官僚→経産省大臣・総理大臣→所在地知事→所在町村首長、という順番で流れていくわけだ。
知事のところにまで情報がたどり着くのに2年3年かかることもある、ということはもはや周知の事実なのに、地元で委員会を作れば安全性が担保できる、と公約するのは気が狂っている。
それにもまして、専門家といいながら政府の息のかかった人間を専門家として呼ぶわけだ。
情報収集は数年遅れ、委員は全員推進派、まして原発運転に支障のあるデータが集まる構造にならない委員会に、いったいなんの意味があるのか。
新人の構想ならまだしも、2期8年勤めた(務めた、ではない)方の主張なのかと思うと寒気がする。
知事も原発マネーにまみれているのだろうね。

核エネルギー税は10倍に値上げして、そのうちの8割は今回のようなトラブルのための賠償資金としてプールしておくのがよいのかもしれない。
アメリカに媚びるためにウランの輸入がやめられない、というのでは独立国家として異常である。

2011/06/05(日)   ドイツの脱原発

今日の社説。

信毎:ドイツ脱原発・税と社会保障
毎日:内閣不信任案・政治混迷
読売:税と社会保障・日米会談
朝日:公務員労働権・名古屋場所
日経:首相退陣・中東デモ

信毎から。

>  今回、早期脱原発に転じ、22年までにすべて停止で連立与党が合意した。今後、閣議決定し関連法案の議会採決を目指す。
> もともと原発に対する国民の警戒心の強さがある。旧ソ連のチェルノブイリ事故の記憶などだ。政権支持率が低下し、地方選挙で反原発を掲げる党が躍進した影響も見逃せない。

日本も警戒心は非常に強いのだけどね。
あの原発事故以来、いったいどれだけのデモが起こっていることやら。
そんなことは絶対に報じない(報じられない)新聞社やテレビ局に情報依存していては、何事もないかのように思うけれど。

>  道のりは容易ではない。ドイツ産業界は、電力需給の逼(ひっ)迫(ぱく)と料金の大幅値上げを強く懸念する。企業競争力も弱まりかねない。そこを乗り越えられれば、世界の脱原発の手本となる。

ほかの国も電気料金はあがっていくだろうね。
日本は不幸にも経団連が幅を利かせている不幸な構造なので、大口需要者のためだけに供給体制も料金体制も歪められているけれど。

>  理科年表の世界地震分布だと、日本は発生を示す黒い点でいっぱいだ。ドイツはほとんどないが、テロを念頭に航空機墜落のリスクも安全対策に加え、脱原発を図る。その技術に未来を託す。

今回の騒動を見ると、原発へのテロというのは非常に危険だよねぇ。。
作業員のボタンの押し間違いだけでもメルトダウンや大爆発をしかねない状態である。
そういう論点など、まったく触れられていないことにも違和感を禁じえない。

> 日本はドイツから多くのことを学びたい。再生可能エネルギーの利用は既に日本より格段に多い。日本は地震国である危険性と技術の集積を踏まえて、原発頼みでない新たな電源開発と省エネに力を入れるべきときだ。

地震の多い日本で原発が50基もあるとか、正気とは思えない。
日本に原発は向かない。
と同時に、日本には脱アメリカも必要ということである。

2011/06/04(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:公務員給与削減・パキスタン情勢
毎日:首相退陣・税と社会保障
読売:首相退陣・IAEA報告
朝日:首相退陣・税と社会保障
日経:年金医療改革・自動車産業


(参考)商品相場
純金 1542.40(△ 9.70)
原油  100.22(▼ 0.18)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1542.40(△ 5.10)
原油  100.22(▼ 0.37)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 80.24  80.84  81.72
対ユーロ:117.47 115.50 115.64
対豪ドル: 86.00  86.53  87.07
日経平均:9492.21 9521.94 9607.08
債券10年:1.14% 1.13% 1.13%
債券20年:1.90% 1.90% 1.93%

(先週のおもな出来事)
・石勝線トンネル内で特急おおぞらが脱線、炎上
・大阪府で君が代条例が成立

2011/06/03(金)   おことわり

今日の社説。

信毎:首相退陣表明
毎日:首相退陣表明
読売:首相退陣表明
朝日:首相退陣表明
日経:首相退陣表明

こういう大きな動きがあったとき、新聞記事というのはいつもにもまして裏取りのない出鱈目な記事が氾濫するんだよね。
そういうわけで今日は社説を読んでない。
それどころか、たぶん一週間ほどはずっとそうだろうね。
誤った情報に翻弄されるより、耳栓をするのが正しい。
能力のある人ならばこういうときにでも事実だけを知ることができるのだろうけれど、普通の一読者には不可能なことです。

そういうわけで一週間ほどは見出しのみのご提供になります。あしからず。

(参考)商品相場
純金 1532.70(▼10.50)
原油  100.40(△ 0.11)

2011/06/02(木)   内閣不信任案

今日の社説。

信毎:内閣不信任案・IAEA報告
毎日:内閣不信任案・君が代条例
読売:内閣不信任案・ガザ封鎖
朝日:内閣不信任案・原発作業員
日経:内閣不信任案・出生率上昇

近いうちの辞任を条件に否決されたとか。
とか言いながら、鳩山が議員を続けているように、菅とていつまでも続けていそうなぐらい愚か。
首相としては麻生みたいなもんだ。

(参考)商品相場
純金 1543.20(△ 6.40)
原油  100.29(▼ 2.41)

2011/06/01(水)   

今日の社説。

信毎:原発安全管理・JR北海道事故
毎日:原発賠償・復興会議
読売:原発賠償・JR北海道事故
朝日:君が代訴訟・消費税増税
日経:原発再稼働・景気回復

(参考)商品相場
純金 1536.80(▼ 0.50)
原油  102.70(△ 2.11)

過去ログ 2000年01月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月