今週の市場サマリー

<猛毒は蜜の香り>
新聞には、新聞社に不都合な記事は掲載されない。それにしても、最近の割引率は異常ではなかろうか?

2012/6/2より、規模を縮小してお送りしています。
2015/11/10より、土曜日のみ定期、その他は不定期に政治ネタをお届けします。

2017/06/15連載を終了させていただきました。ありがとうございました。

2010/09/30(木)   メディアの説明責任は店晒し状態

今日の社説。

信毎:核鑑識・尖閣問題
毎日:成年後見制度・景気減速
読売:武富士破綻・尖閣問題
朝日:ねじれ国会・景気減速
日経:ねじれ国会・景気減速

産経の社説には相変わらずびっくりだね。
無罪が確定しそうな一連の小沢事件に加えて、故人年金、拉致事件、普天間問題、天皇の外交親善、中国の領海侵犯などなど、なにかにつけて政権の転覆材料にしようとしている。
論拠のほとんどが事実無根だったり、法解釈に誤りがあったり、相も変わらず得体の知れない関係者を記事の裏づけにしていたり。。。

それだけならまだしも、今度はノーベル平和賞を政治的に利用すべきかもしれないなどと述べる始末。
そんなことをしたら本当に平和のために活動している人が浮かばれない。
中国以外でも、世界中で平和のために粉骨砕身している人たちは大勢いるのだから。

一連の検察の不祥事でも相変わらず特捜および検察の肩を持っているのだが、にもかかわらず村木さんを悲劇の被害者として急に持ち上げたりとか。
逮捕直後に散々こきおろしていたのは一体なんだったのだろうか。
毎日や朝日や読売などはそれなりの検証記事も載せたというのに、産経には自社の報道姿勢を検証する気すらないのだろうか。

(参考)商品相場
純金 1310.30(△ 2.00)
原油   77.86(△ 1.68)

2010/09/29(水)   北情勢

今日の社説。

信毎:北情勢・難民受け入れ
毎日:北情勢・武富士破綻
読売:北情勢・日中外交
朝日:北情勢・日中外交
日経:北情勢・武富士破綻

北朝鮮が三代世襲を確立させようとしている。
しかしながら北の国民をいったいいつまで弾圧し続けられるのか。

同じことは中国にも言える。
中国国内で跋扈する日本やアメリカなどに対する強硬論を抑えることができない。
いつ不満が共産党政権に向けられるか、分からないからね。

そういえば中国人の来日数が8月の段階で前年を越えたと報じられた。
中国人が日本や韓国、台湾などに行って一番持って帰りたいと思うお土産はなにかといえば新聞である。
もちろん中国の空港で没収されるため、読むだけなのだが。
日本や韓国の新聞もどうかと思うところはあるけれど、中国の体制と比べれば相当良いほうなのだろうね。

(参考)商品相場
純金 1308.30(△ 9.70)
原油   76.18(▼ 0.34)

2010/09/28(火)   武富士が破たん

今日の社説。

信毎:武富士破綻・たんの吸引
毎日:対中外交・白鵬全勝優勝
読売:補正予算・百貨店低迷
朝日:補正予算・生物多様性
日経:対中外交・補正予算

一時期はまさにわが世の春と言った感じだった消費者金融も、もうダメになったということなのか。
本当にビジネスモデルの破綻と言いきってよいのだろうか。

(参考)商品相場
純金 1298.60(△ 0.50)
原油   76.52(△ 0.03)

2010/09/27(月)   

今日の社説。

信毎:核軍縮・木造校舎
毎日:途上国支援・イチロー200安打
読売:農業人口急減・キレる子供
朝日:核軍縮・日本の農業
日経:生物多様性・豪資源税

2010/09/26(日)   

今日の社説。

信毎:証拠品改ざん事件・臨時国会
毎日:証拠品改ざん事件・中国船長釈放
読売:国連安保理拡大・イチロー200安打
朝日:ひも付き予算・原子力政策
日経:途上国援助・リチウム確保

2010/09/25(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:中国船長釈放・日米首脳会談
毎日:中国船長釈放・日米首脳会談
読売:中国船長釈放・日米首脳会談
朝日:中国船長釈放・イチロー200安打
日経:中国船長釈放

(参考)商品相場
純金 1298.10(△ 1.80)
原油   76.49(△ 1.31)

(参考)商品相場=前週末比

純金 1298.10(△51.60)
原油   76.49(△ 0.04)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 84.20  85.83  84.12
対ユーロ:113.61 112.01 106.70
対豪ドル: 80.74  80.31  77.91
日経平均:9471.67 9626.09 9239.17
債券10年:1.01% 1.08% 1.16%
債券20年:1.74% 1.85% 1.93%

(先週のおもな出来事=主観による)
・中国漁船船長が領海侵犯、危険行為で逮捕されるも釈放
・王座戦第二局、羽生が勝利

2010/09/24(金)   中国船の船長を釈放

今日の社説。

信毎:地価下落・多剤耐性菌
毎日:片山総務大臣・法曹養成制度
読売:証拠品改ざん事件・途上国支援
朝日:第三国定住・角界再生
日経:科学技術予算・金型産業に公的資金

領海侵犯したうえ日本の海上保安庁の船に体当たりをした中国船の船長を処分保留で釈放すると那覇地裁は述べた。
三権分立の世界なのだから、政治が司法の決定に対してあれこれ言うのは筋違いで、三権分立無視も良いところ。
そんな筋違いのことを平然とする政治家が多いことに唖然としてしまう。
日本人四人を拘束したりしたまさに中国そのものの思考回路なのだから。
日本は法治国家ではないというような印象を与えていったいどうするのだろう。


これがもし、政府の介入で今回の処分になったのだとしたら三権分立無視どころか絶対に許せない所業ではあるが。
きっとこういうことを煽りだす三流新聞社が現れるだろうね。きっと。。

(参考)商品相場
純金 1296.30(△ 4.20)
原油   75.18(△ 0.47)

2010/09/23(木)   

今日の社説。

信毎:首相訪米・地球温暖化
毎日:核軍縮・LCC
読売:地価下落・原油流出事故
朝日:証拠品改ざん事件・測位衛星
日経:地価下落・米金融緩和

(参考)商品相場
純金 1292.10(△17.80)
原油   74.71(△ 1.19)

2010/09/22(水)   検察暴走

今日の社説。

信毎:検察証拠捏造・日中外交
毎日:検察証拠捏造・子どもの暴力
読売:検察証拠捏造・プラザ合意25年
朝日:検察証拠捏造・日中外交
日経:検察証拠捏造・国連総会

はっきり言って今までに立件された事件もすべて無罪としなければいけなくなるかもしれない。
それぐらい、今回の特捜の犯罪は重い。
組織の解体以外に取るべき方策などないだろう。

そして、特捜の解体ももちろん必要なのだが、郵便不正事件で利益を得たのは誰なのか。
一連の公判で名前が出た飯島勲(小泉元首相秘書官)はどうなったのか。
なぜ報道されないのか。記事すら削除され、続報が出ないのか知りたい。


滋賀県には地方紙がなく、みんなの滋賀新聞という新聞を個人・中小企業などが出資して立ち上げたことがあった。
しかし地方紙がないということは全国紙(それに加えて京都新聞、中日新聞)の独壇場ということであり、それら競合紙にとっては新たなライバルの台頭など許せることではなかった。
新聞社連合は記者クラブへの加盟を認めず、共同通信の記事配信も拒否される。
県内ニュースに特化した記事構成だけで読者を維持できるはずもなく、廃刊となった。
既存のメディアが腐敗しており、国民の知る権利を阻害しているのは明らかなのだが、彼らの言い分はこうである。
「我々の世界は競合の世界。読者のニーズに応えられていなければ新たなメディアに足元を掬われてしまう」など。
新たなメディアを締め出し破綻させておいてよく言うよ、という印象なのだが。

検察の暴走は既存メディアが機能していないためという側面が大きいことをもっと大きく認識しなければならない。

(参考)商品相場
純金 1274.30(▼ 6.50)
原油   73.52(▼ 1.34)

2010/09/21(火)   特捜検事が押収証拠品をねつ造

今日の社説。

信毎:日印EPA・脳死移植
毎日:日中外交・環太平洋協定
読売:日印EPA・司法修習生
朝日:豪州新連立政権・斉明天皇陵
日経:日中外交・金相場最高値更新

検察がおかしい、危ないと書き続けてきたけれど、ついに危機が現実に。
障害者制度を利用した郵便不正事件を担当していた現役の特捜検事、前田恒彦が証拠隠滅容疑で逮捕された。

事件はどう考えても末端検事一人の逮捕で済む話ではない。
検察を取り締まれる機関が実質的に存在しない。
健全なメディアが多く存在していれば検察の横暴はメディアによって暴かれるのだけれど、残念ながらメディアと検察が癒着しているという最悪の実態がある。
その実態は、今まで、そして今後のこれらの事件に関する報道の少なさが証明してくれるに決まっている。
取調可視化などをはじめ、検察に集中した権限を国民が監視し、濫用しないようにできるよう、法を改めなければならない。


検事を一人逮捕して罪をなすりつけて検察組織そのものは堅持されるのだろうか。
ふざけた話と言わざるを得ない。
こんな検察が中国漁船を取り調べているという事実は不幸中の幸いなのか、あるいは逆なのか。
日本のメディアにジャーナリズム魂などなくなってしまっていても、中国は国家を挙げて検察・特捜叩きをするだろうからね。
日本政府の処分は偽造された証拠に基づいている、などなど、何を言ってくるのか想像すらできない。


本当に今の日本はひどい惨状である。
第二次大戦中かよ、と愚痴をこぼしたくなる。

(参考)商品相場
純金 1280.80(△ 3.30)
原油   74.86(△ 1.20)

2010/09/20(月)   

今日の社説。

信毎:一票の格差
毎日:敬老の日・測位衛星
読売:敬老の日・測位衛星
朝日:敬老の日・世界の貧困
日経:航空政策

2010/09/19(日)   裁判員制度裁判

今日の社説。

信毎:高齢化社会
毎日:為替介入・押尾裁判
読売:消費税論議・押尾裁判
朝日:新卒採用・押尾裁判
日経:リーマン破綻2年

押尾裁判が社説としてのテーマとしてふさわしいのかどうか。
いろんな意見があることは承知していても、個人的にはどうかと思わざるを得ないのだが。。。
刑事的には押尾被告が悪いように思えるけれど、倫理的には無くなった被疑者の方もかなり悪い人だと思うしね。

2010/09/18(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:改造内閣発足
毎日:改造内閣発足
読売:改造内閣発足
朝日:改造内閣発足・銀行資本規制
日経:改造内閣発足・人民元相場

(参考)商品相場
純金 1277.50(△ 3.70)
原油   73.66(▼ 0.91)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1246.50(△31.00)
原油   76.45(▼ 2.79)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 85.83  84.12  84.28
対ユーロ:112.01 106.70 108.64
対豪ドル: 80.31  77.91  77.23
日経平均:9626.09 9239.17 9114.13
債券10年:1.08% 1.16% 1.15%
債券20年:1.85% 1.93% 1.88%

(先週のおもな出来事=主観による)
・民主代表選、菅が小沢を制する
・菅改造内閣が発足
・6年半ぶりの円売り介入
・鈴木宗男議員の有罪確定

2010/09/17(金)   岡田幹事長

今日の社説。

信毎:岡田幹事長・ポルポト派
毎日:岡田幹事長・リーマン2年
読売:岡田幹事長・排外主義
朝日:岡田幹事長・日印FTA
日経:成長戦略・司法修習生

岡田が外相から民主党幹事長に横滑り。
堅調な働きぶりで申し分ない存在であり、菅よりも首相に向いていると思う。

誰かが幹事長をしなければいけないわけであり、毎日や朝日の言うように致し方ない選択なのだろうけれど、後任が前原というのがいただけない。
能力的に無理ではないか。
もっとも前原幹事長などというのも考えられないわけであり、後は川端、原口ぐらいなものだろうか。


(参考)商品相場
純金 1273.80(△ 5.10)
原油   74.57(▼ 1.45)

2010/09/16(木)   6年ぶりの円売り介入

今日の社説。

信毎:円売り介入・ブルカ禁止法
毎日:円売り介入・普天間基地移設
読売:円売り介入・尖閣諸島問題
朝日:円売り介入・民主代表選
日経:円売り介入・核燃サイクル

昼に3兆円、夜に2兆円の5兆円ぐらいの円売り介入がなされた模様である。
意表をついたのは海外での介入。
東京市場が終わった夜、介入はないと思わせるタイミングで実施されたから。
今回は当然世界の中央銀が合同で行う協調介入ではなく単独介入であるわけであり、海外中央銀に介入してもらうわけにはいかないからね。
邦銀経由での介入であろう。

というわけであり、昼の介入よりも抑止効果は大きかった。
補正なしでの残予算は20兆円ちょっと。
予算が少ない中、なんとかやりくりしなければならない状況。

もっとも、本当にこの姿勢を見習わなければいけないのは小沢の不倶戴天の敵である官僚なのだけど。

(参考)商品相場
純金 1268.70(▼ 3.00)
原油   76.02(▼ 0.39)

2010/09/15(水)   民主代表選

今日の社説。

信毎:民主代表選
毎日:民主代表選
読売:民主代表選
朝日:民主代表選
日経:民主代表選

菅首相と小沢民主党前幹事長が戦った代表選で、小沢が大敗。
議員票でも敗れているのだから、メディアスクラムに負けたと抗弁するわけにもいかない状態だろうか。

菅はともかく、とりまきに弁護士が揃った内閣というのがどうにも好きになれない。
弁護士の話ぶりはうまくて理路整然としていても、やはりどこか胡散臭さを感じてしまうから。
枝野、仙谷なんて布陣は不要である。福島みずほも不要だったけど。

重ねていうけれど言っていることは立派に聞こえる。
しかし、それだけではどういう方向性が正しいのか、どのように現実路線に対応していくのか、それが分からないから困る。
分からなくて困るならまだしも、代替案すら持っていないわけだから話にならない。
政治は理念だけでも理想だけでも上手くいかないということは日本人ならもう何十年も知っていることだから。

(参考)商品相場
純金 1271.20(△24.60)
原油   76.80(▼ 0.39)

2010/09/14(火)   

今日の社説。

信毎:普天間基地移設・角界再生
毎日:民主代表選・民主代表選
読売:名護市議選・銀行資本規制
朝日:名護市議選・民主代表選
日経:名護市議選・日中外交

(参考)商品相場
純金 1247.10(△ 0.60)
原油   77.19(△ 0.74)

2010/09/13(月)   新聞休刊日

お休みさせていただきます。

2010/09/12(日)   無利子国債

今日の社説。

信毎:斉明天皇陵・尖閣諸島問題
毎日:民主代表選・無利子国債
読売:防衛白書・米景気対策
朝日:追加経済対策・民主代表選
日経:日印EPA・円高対策

小沢が無利子国債うんぬんを言い出した。
こういう話を聞くと、菅だけが経済音痴というわけではないのだな、と思う。
無利子国債の実質利子負担が現存の国債を上回るものでない限り売れないことは明らかだからだ。

理念がどんなに良くても、政策実現能力がなければ不安になるというもの。
借金する方法だけを考えて、返済のことは考えないというのではいくらなんでも無神経というものである。

2010/09/11(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:村木裁判・振興銀破綻
毎日:村木裁判・振興銀破綻
読売:村木裁判・振興銀破綻
朝日:村木裁判・振興銀破綻
日経:村木裁判・振興銀破綻

(参考)商品相場
純金 1246.50(▼ 4.40)
原油   76.45(△ 2.20)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1246.50(▼ 4.60)
原油   76.45(△ 1.85)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 84.12  84.28  85.23
対ユーロ:106.70 108.64 108.67
対豪ドル: 77.91  77.23  76.60
日経平均:9239.17 9114.13 8991.06
債券10年:1.16% 1.15% 1.01%
債券20年:1.93% 1.88% 1.70%

(先週のおもな出来事=主観による)
・日本振興銀が破綻、初のペイオフへ
・障害者郵便制度訴訟、村木元局長に無罪
・王座戦第一局、羽生が勝利

2010/09/10(金)   村木裁判で被告に無罪判決

今日の社説。

信毎:地域主権・エコカー補助
毎日:大相撲改革・同時多発テロ
読売:成長実現会議・自民新三役人事
朝日:自民新三役人事・宗教弾圧
日経:銀行資本規制・次世代ワンセグ

通称村木裁判で、無罪の判決が出た。
事件の構図はこうだ。

ーー
障害者団体が格安で郵便を送ることができる制度を悪用して大量のダイレクトメールを安価で送ることにより莫大な利益を得ることができるため、障害者団体の認可を求めて日本郵政(公社)に口利きできる政治家を探していた人たちがいた。

首相秘書官の飯島勲(あるいは小泉首相本人かも?)が口利きをして、倉沢被告の団体が障害者団体の認可をすんなり得た。

何らかの原因で口利きが露呈しそうになり、飯島らは石井一民主議員の秘書の名刺を見せ、氏が口利きしたのではないかとマスコミに喧伝した。

大坪大阪地検特捜部長が佐久間東京地検特捜部長への対抗心から、あるいは小泉、飯島の圧力から石井=村木のラインを作りあげ、村木を起訴した。

上司および部下が相次いで供述を翻し、裁判所が証拠不採用を明言。検察のシナリオが完全崩壊。
(以上、推論を含む)
ーー

偽造証明書が発行され、それが割引に利用されたという厳然とした事実があるわけで、村木がやっていないのなら誰がやったのか。
そこのところがどうにも判然としない。
口利きしたのはやはりマスコミにほとんど名前が出てこない飯島勲と思われる。裁判所での証言でも検察官から「小泉元首相の秘書(飯島)から言われた」と出て一瞬ニュースにもなったが、なぜか一日足らずで完全に続報などを封じられた。



なんてことはない、郵政を食い物にした小泉らの一派が自分たちの関与を隠蔽しようとした。
それどころか、村木=石井ラインというものをでっちあげて敵対政党にダメージを与えようと考えた。
仮説だが、一連の公判を通じて考えれば妥当な終着点であろう。

小沢事件でもそうだけど、普通は野党の議員には多額の献金などしないからね。
メリットがないことをなぜするのか理解不能である。
決定権限のない野党議員が天の声とか、馬鹿じゃないの、と心底思う。
自民と検察の卑劣もここに極まれりと言ったところか。

(参考)商品相場
純金 1250.90(▼ 6.60)
原油   74.25(▼ 0.42)

2010/09/09(木)   鈴木宗男氏、収監へ

今日の社説。

信毎:民主代表選・鈴木宗男収監
毎日:尖閣諸島衝突・普天間基地移設
読売:尖閣諸島衝突・鈴木宗男収監
朝日:尖閣諸島衝突・円高ドル安
日経:尖閣諸島衝突・鈴木宗男収監

信毎から。鈴木宗男被告の上告が棄却され、実刑が確定した問題。

> 鈴木被告は一審の有罪判決後も当選を重ねてきた。民主党と統一会派を組み、衆院外務委員長を務めるなど政治家としての力を評価する声も少なくない。
>  けれども、一連の事件は広がりをみせ、計12人が起訴されている。さまざまな言い分があるにしても、司法上の結論が出た以上、政治的、道義的責任を果たすのが筋である。被告にはきちんとした説明を求めたい。

司法の結論が出た以上、それには従わなければならない。
それはその通りです。
ですが、司法の証拠採用などには無理がある。
贈賄側(とされている人)は時効を過ぎているので何を言っても自らの身には無関係なのに対し、収賄側はそうではないからね。
村木裁判では多くの証拠が不採用とされたのに、本事件ではこの無リスク供述を始めほぼすべての証拠が採用されている。
贈収賄の時効期を一致させ、そして量刑のバランスをとらないと似た問題は今後も起こるだろう。


それに加え、司法の結論が出る前からレッテルを貼っていたことに関しては同意できないし、そういう行為は愚劣で卑劣だと言わざるを得ない。

>  気になるのは、民主党が鈴木被告を衆院外務委員長の要職に起用したことだ。

日本は法治国家なのだから結果的にはだめだったけれど、当時としては何一つおかしいことではなかったと思う。
鈴木氏は質問主意書を霞ヶ関に送り続け、霞ヶ関の答弁の矛盾を露呈させたりあるいはいい加減な対応をあらわにすることに成功したりなど、ある程度の進展をもたらした事例も多かった。
公金詐取しか念頭にない政治家とは一回りも二回りも違ったと思う。
刑期終了後5年は立候補できないからもう鈴木議員をみる機会はないのかもしれないけれど、氏が日本を憂えている政治家であったことだけは確かなことである。

(参考)商品相場
純金 1257.50(▼ 1.80)
原油   74.67(△ 0.58)

2010/09/08(水)   ワールドワイド肥料争奪戦

今日の社説。

信毎:民主代表選・邦人誘拐事件
毎日:民主代表選・自殺うつ対策
読売:院内感染・自衛武器使用
朝日:民主代表選・子宮頸がん
日経:肥料争奪戦・日本版GPS

日経はらしいすばらしい社説。

>  化学肥料は主に葉の成長を助ける窒素、根を強くするカリウム、花や実がつきやすくするリン酸という3つの要素で構成する。このうち窒素は工業生産が可能だが、カリウムとリン酸は地下資源に頼る。
> カリウム鉱石の産出は、カナダとロシア、ベラルーシの3国が世界の6割を占める。リン鉱石も中国やモロッコなどに偏在する。いずれも農業を支える「希少資源」といえる。
> カリウムやリンの国際取引価格は、過去10年で3倍以上に上昇している。日本はカリウム、リンとも輸入に依存しており、2008年には原料の高騰で国内農家の化学肥料の購入価格は5割も上がった。

何しろこういう事態を見聞きする機会が少ないですからね。
硫安、りん安などは知られていてもなかなかカリウムまでは意識が回らない。

>  新興国を中心に食糧需要が増える一方、世界の農地面積は頭打ちで、品種改良や化学肥料の利用による生産効率向上が食糧増産のカギになる。今後アジアやアフリカでも農業の生産性を引き上げる必要があり、化学肥料の需要が増す。

中国の輸入増で物価が上がった乳製品(チーズなど)を思い出してしまう。
諸外国から見れば日本に売ろうが他国に売ろうが同じことで、より儲かるほうに売ればいいだけなのだから。

肥料争奪戦は食糧不足と重なる部分もあるのだろうね。
人材面、資金面もそうだけど、資源面でも農業をよく手当てしていかなければならないだろう。

(参考)商品相場
純金 1259.30(△ 8.20)
原油   74.09(▼ 0.51)

2010/09/07(火)   民主代表選

今日の社説。

信毎:院内感染・NPOと県
毎日:民主代表選・国連軍縮会議
読売:外国人看護士・大相撲改革
朝日:介護雇用・科学五輪
日経:民主代表選・中東和平

民主代表選の論争を見聞きするまでもなく言えることがひとつだけある。
前回参院選での選挙区選挙では国民は菅首相にNo!をたたきつけた、ということである。

その事実を無視して、短期間で首相を挿げ替えることは好ましくないだとか言うのは愚かな開き直り以外の何者でもない。
いまだに前回衆院選の結果を受け入れられず国民は愚かだという論調を張り続けている産経新聞みたいなものである。

もっともその産経だけでなく、全紙とも小沢首相など容認できないというスタンス。
それが自社の利益を損ねるからというのは前に書いたけれど、それ以外にも霞ヶ関とアメリカの声を代弁しているというのは言わずと知れている。
日米同盟が大事と言ったって、だからと言って国富や国益をアメリカに詐取搾取されることが日本人にとって大事なことなのか、幸せなことなのか。
書かなくとも答えは分かろうというもの。



思い返せば、もともと民主は財務大臣をできる人材がいないことがネックだった。
だからこそ政権交代が確実になった前回衆院選に引退を表明していた藤井をかつぎあげた。
ほかにできそうな人といえば能力的に池田元久、浅尾慶一郎ぐらいだったけれど、浅尾はまだ若い上に衆参鞍替えを認められず離党しみんなの党に移った。池田は政策通だけれど前々回選挙直後は落選した元議員(メール事件による繰り上げ当選)であり、大臣経験もなかった。

藤井が辞めたとき、菅が財務大臣を兼務したがこれがいけなかったのは明らか。
政策に疎く理念もない菅はあっという間に財務官僚に取り込まれていった。
消費税問題で自民に抱きつき失敗したというのに、また今度も政治とカネの問題以外では小沢に抱きつこうとしている。

いったい、何を考えてんだか。

(参考)商品相場
純金 1251.10(▼ 2.30)
原油   74.60(▼ 0.42)

2010/09/06(月)   日航再建策まとまる

今日の社説。

信毎:民主代表選
毎日:中東和平・日航再建
読売:新卒就職対策・気象変動パネル
朝日:地域主権・院内感染
日経:若手技術者育成

日航再建の問題。
稲盛会長は「2年ぐらいで・・・」と述べていたけれど、数少ない親民主の経済界重鎮は今回の人事を貧乏くじだと思っているのだろうか。

日航の再建計画を見ると、3年後の利益見込み額などがどうしてもお手盛りな印象をぬぐえない。
それだけ利益を出せるんだったらなぜいまはだめなのか。という印象でね。

昔はなぜだめで、今回どのような経営政策を採ることにより業績が改善するのか。
そこをもう少し突き詰めた再建案を期待していただけに拍子抜けの印象が拭えない。

2010/09/05(日)   院内感染

今日の社説。

信毎:院内感染・戦中体験
毎日:民主代表選・院内感染
読売:民主代表選・中東和平
朝日:普天間基地移設・高校無償化
日経:米景気対策・院内感染

新型インフルエンザ(swine flu/ avian flu)にしてもそうだけど、ウイルスが突然変異を起こすことほど怖いことはない。
感染力が異常に強くなったり、あるいは症状が異常に重くなったりすると深刻な問題である。

帝京大学病院でアシネトバクターというごく当たり前の菌の変異体が確認された。
いや、実は確認されていたのはもっと大昔で、その事実が公表されたのが今月というのだから開いた口がふさがらない。
変異によりあらゆる抗生物質が効かなくなっており、普通の人に感染しても症状はないが、免疫力の低下している人に感染すると死亡してしまうという。
事実の公表が遅れた病院側は責められてしかるべきだが、それだけではない。
こういう問題は本当に、いつおきてもおかしくないこと。
行政側にそれに対応できる状態が準備万端整っているのかどうか。知りたいものだ。

2010/09/04(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信毎:日航再建・中東和平
毎日:民主代表選・北情勢
読売:シーリング・院内感染
朝日:中東和平・政治とカネ
日経:イラン制裁・名古屋市議会

(参考)商品相場
純金 1251.10(▼ 2.30)
原油   74.60(▼ 0.42)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1251.10(△13.20)
原油   74.60(▼ 0.57)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 84.28  85.23  85.60
対ユーロ:108.64 108.67 108.83
対豪ドル: 77.23  76.60  76.35
日経平均:9114.13 8991.06 9179.38
債券10年:1.15% 1.01% 0.94%
債券20年:1.88% 1.70% 1.56%

(先週のおもな出来事=主観による)
・帝京大病院で院内感染、少なくとも10名以上が犠牲か
・王位戦第六局、広瀬が勝ち初タイトル

2010/09/03(金)   民主代表選

今日の社説。

信毎:普天間基地移設・サッカー新監督
毎日:民主代表選・民主代表選
読売:民主代表選・高校無償化
朝日:民主代表選・日印原子力協定
日経:民主代表選

新聞全紙はどうしても小沢首相の誕生を容認できないようだねぇ。
デマ、中傷、なんでもあり。
靖国を参拝せず日韓併合談話を出したことを叩いた読売や産経に至るまで、いまや菅批判をトーンダウンさせている。

小沢の会見はずっとオープンだから、小泉のときみたいにぶら下がりといった新しい取材機会(既得権益)をもらえるわけではない。
それどころか政治記事の捏造すら困難になり、情報の知れ渡りは一層早くなり、新聞社にとっては存亡の危機だ。
ただでさえ、ネット時代の新聞社の在り方というものを各社とも見つけられず、軒並み3〜4年連続赤字で青色吐息だというのに。

日本の異常なメディアスクラムはいったいいつになったら崩壊するのだろう。
メディアスクラムが日本のメディアをダメにしていると断言できる。


それとは別の話だけど、菅は福田と同じだね。
官僚のお雇いマダムと化している。
そしてそのことは、新聞社にとっても都合のいいことだということ。


(参考)商品相場
純金 1253.40(△ 5.30)
原油   75.02(△ 1.11)

2010/09/02(木)   新知事誕生

今日の社説。

信毎:民主代表選・阿部新知事
毎日:民主代表選・米軍イラク撤退
読売:民主代表選・日航再建
朝日:民主代表選・民主代表選
日経:民主代表選・普天間基地移設

村井知事のあとを受け、阿部新知事が誕生。
信州版事業仕訳を行うと言っていたけれど具体的にどういったことをするのかという印象もある。
県政ははたして変わるのか。

たまにはドラスティックなチェンジというものを見てみたい気もするが、期待薄だろうか。

(参考)商品相場
純金 1248.10(▼ 2.20)
原油   73.91(△ 1.99)

2010/09/01(水)   民主代表選

今日の社説。

信毎:民主代表選・普天間基地移設
毎日:民主代表選
読売:民主代表選・普天間基地移設
朝日:民主代表選・日航再建
日経:民主代表選・日航再建

民主代表選は菅首相と小沢前幹事長の戦いとなった。
理念の小沢に対して風見鶏の菅というところか。
年齢的にもそろそろ限度なこともあるし、なによりあれだけ検察に目をつけられていながら微罪ひとつ出てこなかった小沢。
政治とカネだなんていうけれど、カネを集められないような政治家など要らないし。
(税金を集める政治家はダメだよ、あしからず)
せっかくの機会、小沢首相を見てみたいものだね。

理念が先行し過ぎて大失敗に終わるかもしれないけれど、それでも今よりは悪くなりようがないように思えるのが不思議である。

(参考)商品相場
純金 1250.30(△11.10)
原油   71.92(▼ 2.78)

過去ログ 2000年01月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月