今週の市場サマリー

<猛毒は蜜の香り>
新聞には、新聞社に不都合な記事は掲載されない。それにしても、最近の割引率は異常ではなかろうか?

2012/6/2より、規模を縮小してお送りしています。
2015/11/10より、土曜日のみ定期、その他は不定期に政治ネタをお届けします。

2017/06/15連載を終了させていただきました。ありがとうございました。

2010/01/31(日)   

今日の社説。

信濃毎日:時効撤廃・男女共同参画

毎日:トヨタリコール・マンション管理金
読売:トヨタリコール・国民読書年
産経:時効撤廃・アフガン支援
朝日:時効撤廃・スリランカ情勢
日経:海外企業決算・公的支援

2010/01/30(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信濃毎日:施政方針演説・男児虐待死

毎日:施政方針演説・朝青龍騒動
読売:施政方針演説・バーナンキ再任
産経:施政方針演説・土地購入疑惑
朝日:施政方針演説・トヨタリコール
日経:施政方針演説・トヨタリコール

(参考)商品相場
純金 1083.80(▼ 1.00)
原油   72.89(▼ 0.35)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1083.80(▼ 5.90)
原油   72.89(▼ 1.65)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 90.26  89.83  90.81
対ユーロ:125.17 127.00 130.55
対豪ドル: 79.92  80.92  83.81
日経平均:10198.04 10590.55 10982.10
債券10年:1.32% 1.33% 1.33%
債券20年:2.12% 2.13% 2.13%

(先週のおもな出来事=主観による)
・米GDP4Q、5.7%成長
・トヨタ、米国に加え欧州や中国でも年間総生産台数越える大規模リコール

2010/01/29(金)   悪夢のバーナンキ再任

今日の社説。

信濃毎日:一般教書演説・検審起訴議決

毎日:一般教書演説・秋葉原無差別殺傷事件
読売:一般教書演説・検審起訴議決
産経:一般教書演説・検審起訴議決
朝日:一般教書演説・検審起訴議決
日経:一般教書演説・検審起訴議決

ヘリコプターのおっさんの再任が決まって非常に残念だ。
元FRB議長のボルカーの話を最近よく聞くけれど、一方で前FRB議長のグリーンスパンはどこに行っちゃったんだろうね?

(参考)商品相場
純金 1084.80(△ 0.30)
原油   73.64(▼ 0.03)

2010/01/28(木)   検察が常に正しいわけではない

今日の社説。

信濃毎日:春闘(定昇)・普天間基地移設

毎日:検審起訴議決・経団連新会長
読売:百貨店再編・マンション管理
産経:温暖化基本法・経団連新会長
朝日:温暖化基本法・経団連新会長
日経:温暖化基本法・経団連新会長

毎日から。

>  検察はこれまで起訴する権限を独占し、その判断は検察官の裁量に委ねられてきた。検察審査会は1948年に発足、約55万人が参加してきたが、起訴相当か不起訴不当の議決を受けた再捜査による起訴はここ数年も10〜30%台で、民意を直接反映させようと法改正された。

これがとてつもなく恐ろしいこと。
検察が暴走しても止められる機関がないことを意味しているから。

結論。

>  開かれた司法の実現のため、市民が判決にかかわる評決権とともに、起訴できる権利も持つ時代になった。だが、起訴はあくまで真相と責任を明らかにする入り口だ。市民の意識の中で「推定無罪」の原則を再確認することが肝要である。

小沢容疑者なんて記述をするマスメディアがある時代だから、推定無罪の原則なんていまや忘れ去られているんだろうね。



今回のことはいろんなことを示唆している。
たとえば現状では検察が検審を見る目は「素人」である。
いくら検審が起訴議決を出しても、検察官が協力しないことも考えられる。
補充捜査などには人員が必要だからね。
一方、検審の起訴議決が多発され捜査に人員が不足すれば、本当に必要な事件が解決できなくなるという事態も起こりうる。

検審の議決はあくまで素人の議決かもしれないが、検察の立場よりは国民目線になっていることを検察官など法曹界が理解してほしいと思う。

(参考)商品相場
純金 1084.50(▼13.80)
原油   73.67(▼ 1.04)

2010/01/27(水)   春闘の切り口

今日の社説。

信濃毎日:認知症者の身体拘束・ハイチ支援活動

毎日:春闘(雇用確保)・ハイチ支援活動
読売:春闘(成長戦略)・国内軍事産業
産経:ハイチ支援活動・普天間基地移設
朝日:春闘(賃金制度)・ハイチ支援活動
日経:春闘(賃金制度)・政府と日銀

春闘の切り口が各紙違って面白い。
根幹的な問題かもしれないけど、従業員が「働かせてもらっている」という意識を持つことはいいことだけど、一方で経営側が「雇ってやっている」という意識を持っている限りダメだろうね。

もっと、謙虚に。
労使双方がね。

(参考)商品相場
純金 1098.30(△ 2.60)
原油   74.71(▼ 0.55)

2010/01/26(火)   経団連と政治の距離

今日の社説。

信濃毎日:地方議会改革・中国ネット規制

毎日:温暖化対策・足利事件
読売:ハイチ大地震・経団連新会長
産経:派遣法改正・土地取引疑惑
朝日:米金融規制・ODA戦略
日経:揮発油税改革・八ツ場ダム

経団連新会長に住友化学の米倉氏の起用が内定。
御手洗時代にはいろいろとあったものの、総じていいことはなかった。
今後は読売の言うとおり政治との距離も懸案事項だろうね。

(参考)商品相場
純金 1095.70(△ 6.00)
原油   75.26(△ 0.72)

2010/01/25(月)   名護市長選

今日の社説。

信濃毎日:名護市長選・水俣病訴訟

毎日:名護市長選・自民党大会
読売:名護市長選・自民党大会
産経:名護市長選・自民党大会
朝日:名護市長選・自民党大会
日経:名護市長選・自民党大会

名護市長選で基地移転派の新人が現職を破って当選した。

読売。

> 名護市長選 それでも辺野古移設が最善だ(1月25日付・読売社説)

市長選なんてどうでもいいという結論(笑)

>  そもそも、国の安全保障にかかわる問題を首長選挙の結果に委ねること自体が誤りであり、国の責任で結論を出すべきだ。

読売のこれまでの論理展開を見ていれば、国が辺野古を決断しなかったことをたたいているのだから何がどうあっても反対なんだろう。
名護市長もそうだが、現在の政権も間違いなく国民の投票で選ばれたものなのにね。
極論すれば前回の衆院選の結果さえ否定している読売の論理がどれぐらい妥当なものか、正直分かりません。
選挙の結果が出て1日もたたないうちにこんなことを書かれては、いったい地元の反対住民は選挙以外のなにをもって基地移設反対の機運を訴えればいいんだろうね?

2010/01/24(日)   小沢氏事情聴取と誤植

今日の社説。

信濃毎日:小沢氏事情聴取・自民党大会

毎日:小沢氏事情聴取・百貨店業界
読売:小沢氏事情聴取・中国経済
産経:小沢氏事情聴取
朝日:小沢氏事情聴取・中国経済
日経:小沢氏事情聴取・2月金融G7

3人の元秘書が逮捕されるなど政治資金規正法に問われている小沢氏が4時間半にも及ぶ容疑者聴取を受けた。
焦点は、裏金を受け取っていたかどうか。
くどいけれども説明責任は検察側にある。当たり前のことを何度も書かなければいけない風潮が残念ではある。

一方、22日の産経新聞朝刊(大阪版)が小沢氏のことを「小沢容疑者」と書いていた。
校閲側の大チョンボですが、産経の場合必ずしもそうとはいえない部分がありそう。
社内では完全に容疑者扱いで取材に檄を飛ばしているしょうね。
しかし下野から巻き返すのに必死になるのは分かるけれど、あまりにひどい話だと思う。

2010/01/23(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信濃毎日:外国人看護士・中国GDP

毎日:米金融規制強化・貧困対策
読売:米金融規制強化・土地取引疑惑
産経:中国ネット規制・土地取引疑惑
朝日:自白強要・土地取引疑惑
日経:米金融規制強化(上)

(参考)商品相場
純金 1089.70(▼13.50)
原油   74.54(▼ 1.54)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1089.70(▼40.80)
原油   74.54(▼ 3.46)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 89.83  90.81  92.55
対ユーロ:127.00 130.55 133.43
対豪ドル: 80.92  83.81  85.51
日経平均:10590.55 10982.10 10798.32
債券10年:1.33% 1.33% 1.36%
債券20年:2.13% 2.13% 2.16%

(先週のおもな出来事=主観による)
・日本航空、会社更生法を申請
・海上自衛隊の給油活動が終了
・トヨタ、米で大規模リコール相次ぐ
・オバマ大統領、金融機関の自己勘定部門の取引規制を表明
・ギリシャ国債とドイツ国債の利回り差が過去最大に

2010/01/22(金)   献金の返金も犯罪のはずなのに?

今日の社説。

信濃毎日:過疎法延長・政教分離

毎日:衆院予算委・「関係者」報道
読売:衆院予算委・オバマ政権1年
産経:可視化法案・土地取引疑惑
朝日:衆院予算委・「関係者」報道
日経:衆院予算委・中国GDP

産経の見出し。

> 【主張】小沢氏の形式犯論 虚偽記載は重大な犯罪だ

鳩山兄弟が実母から大量の政治資金を受けていたのは立派な贈与税の脱税である。
あれだけの金額なのに今まで指摘されてこなかったのが不思議なぐらいだ。
と同時に、自民党に多くいる世襲の議員は、政治団体を世襲するという形式をとることにより贈与税も相続税も納めていない。
もっともこれは現在の法令化では合法な措置であり、だから起訴などもされない。
これは法治国家としては当然のこと。

でも、やっぱり国民感情からすれば釈然としない気持ちが残るんだよね。
親子とも政治家ならば贈与が無税であることが、無能な世襲議員を大量輩出していると考えればいただけない仕組みである。
一刻も早く規制してほしい。


さて本題。
今まで多くの自民党の議員が政治資金について記載漏れをした。
記載漏れっていうか多くの場合では裏金の受領であり、贈収賄に問われるべき罪のはずなんだよね。
でもそうした問題が起こるたびに献金を「返金」して、政治資金の記載内容の「修正」だけで済ませてきた。
検察が起訴した例なんて、ほんと限られるほど。

記載していない裏金を受け取っても「返金」と「修正」だけでまかり通ってきたのが現在までの日本の法律なんだよね。
返金しても贈収賄の罪には変わりない。
確たる証拠があるケースが大半を占める中で、なぜ東京地検特捜部は強制捜査しないのか不思議である。
疑いは法廷であきらかにする、と言っていながら小沢の場合はいつの間にか「小沢は説明責任を」なんてわけのわからない展開になっているし、自民党議員の場合は二階秘書のときのように略式起訴で済まされ、それ以上のことは法廷では戦われない。
産経の言い分が正しいとするなら日本の政治家、とりわけ自民党(議員)は重大な犯罪者(の集団)だということになる。

(参考)商品相場
純金 1103.20(▼ 9.40)
原油   76.08(▼ 1.54)

2010/01/21(木)   目に余る情報操作

今日の社説。

信濃毎日:検察リーク批判・バイオ燃料

毎日:政教分離・オバマ政権1年
読売:政教分離・オバマ政権1年
産経:政教分離・ハイチ大地震
朝日:政教分離・検察リーク批判
日経:政教分離・検察リーク批判

今日は日経から。

> 検察も取材対象の一つであるが、あたかもメディアが検察によって操られているかのような民主党の見方は誤っており、到底認められない。

では検察にとって都合の悪い情報というのがメディアによって流されたことっていっぱいあるんですかね。
民主党政権になっていまや取材はある程度オープンになっているから、政治関係の取材は新聞社からなる記者クラブに属していない一般人であってもできる。
しかし、検察への取材を一般人が行えるようになったとは聞かない。
それこそ、取材に基づいて検察の見解とは異なるものの、真実を明らかにした報道もたまには出た。
しかしそのたびにそこの新聞社は検察取材の出入り禁止になり、ときには東京地検の建物そのものへの出入り禁止となり、結局は以前の報道内容を大幅に差し替えるなど、検察に阿(おもね)なければならなかった。

マスメディアが本来あるべきような報道をすれば、検察への取材ができなくなり、紙面に支障が生じてしまうという現実があることを日経が分かっていないとは思えないのだけど。
こういうのをご都合主義というんだろうね。

新聞社にとって刺激的な書き方をすれば、民主が政治改革を少しは進めた結果、政治に阿る必要性が減った。なぜなら、政治家の機嫌を損ねても取材の場には立ち会えるから。
でも検察に対しては締め付けが厳しくなり、検察に阿る重要度はますます増すばかり。ってこと(笑)

> また、原口一博総務相は「『関係者』という報道は何の関係者か分からない。そこは明確にしなければ公共の電波を使うことは不適だと考える」と述べた。もちろん、メディアは情報源をできる限り明らかにする必要がある。一方で、真実を報道するためには情報源を隠さねばならない場合もある。そうした点を踏まえれば、電波行政の主管大臣として不適切な発言ではないか。

報道にはこの取材源秘匿を含め、いろいろな権利が保障されているのだけれど、それに甘えた結果なのかどうかは知らないが、いまやメディアは風説を流布しているだけの存在に成り下がっている。
メディアが信頼を失いつつあるのは政治からの圧力ではなく、自己統制機能がうまく機能していないからである。
関係者関係者と連呼するだけでなんだか訳の分からない報道ばかり繰り返すことには害こそあれ、何の意義があるのだろう。

それこそ、長銀事件みたいに世論を動かしたい意向を持っている政治家あるいは政権とべったりの検察以外にとって何の意義もない。
検察の意向に沿って報道を行うことのほうがよほど恐ろしいことで許されざることなのではないのだろうか。
逆転無罪になった長銀判決、検察が事実を隠蔽し2度警察署に送り返してまで自白を強要した布川事件などの反省をなぜメディアはしないのだろう。

信毎。

>  検察がすべて正しいとは言えないことも事実だ。これまでも捜査を有利に運ぶための情報操作が行われている。意に沿わない報道をしたマスコミを出入り禁止にしたこともあった。

検察取材を続けるために検察からの圧力を泣く泣く受け入れた、とまでは今までの、そして今の情勢じゃ書きづらいだろうね。

(参考)商品相場
純金 1112.60(▼27.40)
原油   77.62(▼ 1.40)

2010/01/20(水)   航空行政の再考を

今日の社説。

信濃毎日:日航再建・国会代表質問

毎日:日航再建・国会代表質問
読売:日航再建・国会代表質問
産経:日航再建・強制捜査検証
朝日:日航再建・国会代表質問
日経:日航再建

日航が会社更生法を申請。

毎日。

>  前原誠司国土交通相は、地方空港乱立の原因となった空港整備勘定の廃止や、着陸料などの値下げに言及した。また、羽田空港のハブ空港化、さらに、関西の3空港のあり方という問題もある。これらの課題にも具体的に取り組んでもらいたい。

これは当然の視点。いままでなされなかったことが驚くべきことかもしれないほど。


90年度初頭までのように「何も考えなくても大黒字」という産業構造であった空運業界というものが特殊だったんだろうね。
だからこそ政治にたかられ続けたのだろうし。

(参考)商品相場
純金 1140.00(△ 9.50)
原油   79.02(△ 1.02)

2010/01/19(火)   中国の情報統制

今日の社説。

信濃毎日:日米安保50年

毎日:日米安保50年・通常国会
読売:日米安保50年・内閣支持率
産経:日米安保50年・首相の検察批判
朝日:日米安保50年・新興株式市場
日経:税制改革・予算案審議

グーグルがサーバ攻撃や中国による情報検閲に業を煮やし、関連法を改正しなければ撤退すると言いはじめた。
当然のことだと言いたいが、そもそもそんなことは中国進出の前に決着しておくべき懸案事項じゃないのだろうか。
中国政府による検閲を受け入れてまで中国に進出して、「やっぱり検閲が問題でしたぁ、検閲なんてやめてぇ♥」じゃ、「何言ってんだおまえ!?」と批判されてしかるべしだろう。
中国政府のやり方が正しいなどとは微塵も思わないが、今回のような経緯を見ればグーグルという一企業が中国に政治干渉した、というとんでもない事件でしかない。

(参考)商品相場
休場(キング牧師誕生日)

2010/01/18(月)   ハイチで大地震

今日の社説。

信濃毎日:国会開幕・ハイチ地震

毎日:阪神淡路大震災15年・親族優先移植
読売:通常国会・常用漢字
産経:通常国会・外国人参政権
朝日:中国グーグル・日独協力
日経:日米安保50年

ハイチで大地震が発生。M6級の余震も発生している模様。

2010/01/17(日)   地震から15年

今日の社説。

信濃毎日:政治とカネ

毎日:政治とカネ
読売:阪神淡路大震災15年・政治とカネ
産経:阪神淡路大震災15年・政治とカネ
朝日:阪神淡路大震災15年・政治とカネ
日経:阪神淡路大震災15年・政治とカネ

あの日からもう15年。
月日の経つのは早いものです。

2010/01/16(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信濃毎日:給油終了・共産党大会

毎日:石川議員ら逮捕・給油終了
読売:石川議員ら逮捕・中国グーグル
産経:石川議員ら逮捕
朝日:石川議員ら逮捕・給油終了
日経:石川議員ら逮捕・外国人参政権

(参考)商品相場
純金 1130.50(▼12.50)
原油   78.00(▼ 1.39)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1130.50(△38.00)
原油   78.00(▼ 4.75)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 90.81  92.55  92.94
対ユーロ:130.55 133.43 133.00
対豪ドル: 83.81  85.51  83.40
日経平均:10982.10 10798.32 10546.44
債券10年:1.33% 1.36% 1.30%
債券20年:2.13% 2.16% 2.11%

(先週のおもな出来事=主観による)
・政治資金規正法違反で衆院議員、石川知裕容疑者他2名が逮捕される
・日航再建に稲盛和夫氏を起用
・魁皇が幕内新の通算808勝を達成

2010/01/15(金)   東京地検特捜部の大暴走

今日の社説。

信濃毎日:振り込め詐欺・子宮がん予防

毎日:中国グーグル・土地取引疑惑
読売:日航再建・給油活動終了
産経:給油活動終了・土地取引疑惑
朝日:ハイチ自身・土地取引疑惑
日経:中国グーグル・給油活動終了

東京地検特捜部はエリート集団で、やってることは常に正しい。
そう思っている人がいるのなら、危険すぎる見識と言うしかない。

冤罪を作り上げた数が多いほど、世論を自民党政権にとって都合の良いほうに傾けた数が多いほど出世しているようにしか思えない。
ねぇ、佐久間特捜部長?


石川、大久保、池田と3名の小沢氏元秘書が逮捕された。
逃亡の恐れも証拠隠滅の恐れもないのに、である。はっきり言って暴挙。


そもそも東京事務所で経理をしていた大久保被告が岩手の事件にどう関与するのか不明である。
一昨日の公判の末、大久保被告に無罪の判決が出る可能性が極めて高くなったから再逮捕ですか。そうですか。
別件逮捕は日本の検察の悪しき風習なのだけど、ここまで来ると民主主義を否定する癌だと言っても差し支えない。

(参考)商品相場
純金 1143.00(△ 6.20)
原油   79.39(▼ 0.26)

2010/01/14(木)   外交機密文書

今日の社説。

信濃毎日:日米外相会談・土地取引疑惑

毎日:日米外相会談・政治主導法制化
読売:日米外相会談・土地取引疑惑
産経:土地取引疑惑
朝日:日米外相会談・性同一性障害
日経:日米外相会談・土地取引疑惑

日米で何らかの会談があるたびに、核密約に絡む外交機密文書の問題が出てくるように感じるのは気のせいなのだろうか。
その問題は当初は昨年末までの結論といわれていたのが、気づけば2月末までに延期されている。
真相究明のためには致し方ないことですかね。

産経などに言わせればきっと、国の安全保障のためだから国民を欺いても許される、ということになるんだろうけど、どこまで思考が麻痺しているのかと疑う。

(参考)商品相場
純金 1136.80(△ 7.40)
原油   79.65(▼ 1.14)

2010/01/13(水)   大久保裁判の行方

今日の社説。

信濃毎日:日航再建・内閣支持率

毎日:裁判員裁判・土地取引疑惑
読売:裁判員裁判・調査捕鯨活動妨害
産経:日航再建・外国人参政権
朝日:年金機構発足・土地取引疑惑
日経:IT戦略・成長戦略

大久保裁判の公判が開かれた。今日を含めて公判はあと2回である。

その公判で、西松建設の当時の総務部長が「政治団体がダミーだという認識はない」「事務所も資金も会社(西松)とは別」「(献金のための社員からの)寄付を強要したことはない」と証言。

正直言って地裁の判決など検察の思いのままなのでどうなるか不明ですが、今回のやり取りからすれば大久保被告が政治団体からの寄付を西松からのものと認識していたと判決することには無理があるだろうね。

あと一回の公判でそれを覆す証拠や証言がなければ、検察はどのようにして公判を維持するのだろう。

(参考)商品相場
純金 1129.40(▼22.00)
原油   80.79(▼ 1.73)

2010/01/12(火)   関西三空港

今日の社説。

信濃毎日:長野市民会館・調査捕鯨活動妨害

毎日:裁判員制度・派遣法改正
読売:温暖化ガス削減
産経:インフルワクチン・教員の資質
朝日:関西三空港・死因究明制度
日経:貿易自由化

朝日は伊丹廃止もやむなしという論調の社説。
同意見ですが、それならなぜよりによって神戸などという空港を作ったのか。
着陸料収支では日本で数少ない黒字空港なのですが、橋下大阪府知事曰く大赤字ということ。
建設に要した費用に関連インフラの収支などをあわせればそうなるのも自然な話。

関空は遠いと言われるけれどそれでも大阪中心部から30分で結べる範囲。
成田に比べれば圧倒的に恵まれていると思うのですが・・・

(参考)商品相場
純金 1151.40(△12.50)
原油   82.52(▼ 0.23)

2010/01/11(月)   思いやり予算

今日の社説。

信濃毎日:日本国憲法

毎日:調査捕鯨・心を病む教員
読売:成人の日・思いやり予算
産経:成人の日・外国人参政権
朝日:高齢者虐待・読書
日経:成人の日

読売。

>  1978年に金丸信防衛長官が日本側負担を拡大する際に呼び始めた「思いやり」予算という通称は、そろそろ見直す時期だ。
> 当時は、円高の進行で米側の財政事情が厳しかった。「思いやり」は、日本が余分に費用を払う語感があり、誤解を招きかねないと、かねて指摘されてきた。
> この支出が、日本の安全保障にとって必要不可欠な負担であることを改めて確認したい。

思いやり予算は日本の安全保障にとって必要不可欠な負担かもしれませんが、その水準が適切かどうかは分からない。
バーテンダーの費用、レンタカーの個人旅行費、ゲームなどの電気代などは米兵の個人負担なのが当然だと思うし。

2010/01/10(日)   名古屋の市民税減税

今日の社説。

信濃毎日:日航再建・大相撲理事選

毎日:地域主権
読売:外交戦略
産経:卑弥呼の鏡・政党助成金
朝日:韓国併合100年
日経:日航再建・核軍縮

河村たかし名古屋市長が市民税減税を実施した。

ばかげた話というしかない。

確かにどこの市町村も市民税を横並びで徴収しているというのは一見奇異である。
でもそれこそ、たばこ自販機による税収増と同じこと。
あの熱海市や泉佐野市の事例のように、住民税だってどこかの市町村がダンピングすれば、周囲の自治体にしわ寄せがきてしまう。
確かに住民票上の人口は増えるかもしれない。
でもその分、周囲の人口は減るわけだからね。
転出した人が住民票を移さないというケースだって当然考えられる。
住民税はいま住んでいる地域に対する納税なのだから、人が住んでいるのに納税が受けられない自治体は、当然相対的に住民サービスが下がるということ。

そのあたりのことまで検討した結果での住民税減税なのか。
そうであれば文句は言わないが、経緯からすれば単なる首長のエゴである。
そんなつまらないものによって地域社会が歪になっていくことを憂慮している。

2010/01/09(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信濃毎日:世界平和

毎日:日米安保
読売:菅財務大臣・日航再建
産経:菅財務大臣・裁判員制度
朝日:日米外相会談・名古屋市民税減税
日経:雇用不安

(参考)商品相場
純金 1138.90(△ 5.20)
原油   82.75(△ 0.09)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1092.50(△46.40)
原油   82.75(△ 3.47)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 92.55  92.94  91.10
対ユーロ:133.43 133.00 131.30
対豪ドル: 85.51  83.40  80.55
日経平均:10798.32 10546.44 10494.71
債券10年:1.36% 1.30% 1.28%
債券20年:2.16% 2.11% 2.10%

(先週のおもな出来事=主観による)
・藤井財務大臣が辞任、後任に菅氏
・日経平均が昨年来高値

2010/01/08(金)   三井住友が大増資

今日の社説。

信濃毎日:日本年金機構・イエメン情勢

毎日:日航再建・土地取引疑惑
読売:外国人看護師・土地取引疑惑
産経:調査捕鯨・イエメン情勢
朝日:新財務大臣・中国の人権
日経:三井住友増資・土地取引疑惑

三井住友の増資が1兆円規模になりそうだ。
先に増資した東京三菱は1兆円にはなったが、発表にともなう株価低下がなければ1兆3000億円ほどにはなったはず。

不思議なもので、東京三菱が増資を発表すると株価は下がるのに、三井住友が増資を発表すると株価は上がるのである。
もちろん両社とも、増資により発行済み株式数が増え株主地位が低下するなどの一連のことに変わりはないはずなのだが。

タイミングのうまさというのか、なんと言うか。

みずほも増資が必至だと思われていて、しかもみずほは東京三菱以上に株価が下がる傾向にある。
前回の増資でも株価は急落に見舞われ、希望額の半分ぐらいしか増資できなかったのだし。
今後はみずほの増資タイミングを注視していこう。

(参考)商品相場
純金 1133.70(▼ 2.80)
原油   82.66(▼ 0.52)

2010/01/07(木)   藤井財務大臣が辞任

今日の社説。

信濃毎日:新財務大臣・行政文書公開見直し

毎日:新財務大臣・新成長戦略
読売:新財務大臣・子宮頸がん
産経:新財務大臣・土地取引疑惑
朝日:新財務大臣・日航再建
日経:新財務大臣・水産資源

円高を主導した藤井財務大臣が体調不良を口実に辞任した。後任は菅氏。
またしばらく円相場が触れやすい時期が続きそうだ。

(参考)商品相場
純金 1136.50(△17.80)
原油   83.18(△ 1.41)

2010/01/06(水)   

今日の社説。

信濃毎日:認知症介護・土地取引疑惑

毎日:ヒトの社会
読売:鳩山政権
産経:日航再建
朝日:中国GDP・土地取引疑惑
日経:産業構造転換

(参考)商品相場
純金 1118.70(△ 0.40)
原油   81.77(△ 0.26)

2010/01/05(火)   

今日の社説。

信濃毎日:脳死移植・地球温暖化

毎日:デフレ時代
読売:ポスト金融危機
産経:日本年金機構・首相年頭会見
朝日:新成長戦略・政治主導
日経:日本年金機構・イエメン情勢

読売の英字版はそうでもないのだけど、日本版のポスト金融危機という見出しを読むとゆうちょ銀行が危機なのかと思ってしまうよ(笑)

(参考)商品相場
純金 1118.30(△25.80)
原油   81.51(△ 2.23)

2010/01/04(月)   

今日の社説。

信濃毎日:循環型社会

毎日:核廃絶
読売:鳩山外交
産経:安全保障条約
朝日:対アジア外交
日経:社会保障制度

2010/01/03(日)   

今日の社説。

信濃毎日:男女雇用機会均等法

毎日:マニフェスト
読売:経済再生
産経:新春特別版
朝日:地球文明
日経:新春特別版

2010/01/02(土)   今週の市場サマリー

新聞休刊日のためお休みさせていただきます。

(参考)商品相場
年始休場

(参考)商品相場=前週末比
純金 1092.50(▼12.30)
原油   79.28(△ 1.23)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 92.94  91.10  90.36
対ユーロ:133.00 131.30 129.49
対豪ドル: 83.40  80.55  80.51
日経平均:10546.44 10494.71 10142.05
債券10年:1.30% 1.28% 1.24%
債券20年:2.11% 2.10% 2.08%


(先週のおもな出来事=主観による)
・中国で曹操の陵墓が発見される

2010/01/01(金)   迎春

今日の社説。

信濃毎日:新春特別版

毎日:新春特別版
読売:新春特別版
産経:
朝日:新春特別版
日経:新春特別版

産経は参詣に出たのか、ありませんでした。
最近載らないことが多いね。そろそろ外しごろかな。
載らなきゃ、どうしようもないものね。

はっきり言って地方紙のほうがよっぽどしっかりしている。

特別版が終わるころまで、付記はお休みさせていただきます。

(参考)商品相場
年末休場

過去ログ 2000年01月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月