今週の市場サマリー

<猛毒は蜜の香り>
新聞には、新聞社に不都合な記事は掲載されない。それにしても、最近の割引率は異常ではなかろうか?

2012/6/2より、規模を縮小してお送りしています。
2015/11/10より、土曜日のみ定期、その他は不定期に政治ネタをお届けします。

2017/06/15連載を終了させていただきました。ありがとうございました。

2009/12/31(木)   対インド外交

今日の社説。

信濃毎日:2009県内回顧・首相訪印

毎日:2009回顧
読売:新成長戦略・米機テロ未遂
産経:新成長戦略・首相訪印
朝日:2009回顧
日経:新成長戦略・日本の株価

日本の対インド外交ってなかなかない気がする。
麻生大臣(≠首相)がODAで作られた地下鉄の視察に行ったのはよく覚えているけどね。
建設的な話をして帰ってこられるのかどうか。

(参考)商品相場
純金 1092.50(▼ 5.60)
原油   79.28(△ 0.41)

2009/12/30(水)   2009年回顧

今日の社説。

信濃毎日:2009回顧

毎日:首相訪印・中東和平
読売:2009国際情勢
産経:2009回顧
朝日:米機テロ未遂・自殺三万人
日経:首相訪印・温暖化と産油

2009年はジェットコースターのような一年だった。
それでも株価は底割れの様相から上向いたし、夏の総選挙の結果として政治の閉塞感も一部は打ち破られた。
2010年がどんな年になるのか。期待してよいものだろうか。

(参考)商品相場
純金 1098.10(▼ 9.80)
原油   78.87(△ 0.10)

2009/12/29(火)   一票の格差

今日の社説。

信濃毎日:一票の格差・五輪代表選考

毎日:普天間基地移設・一票の格差
読売:首相訪印・一票の格差
産経:憲法改正・石川議員聴取
朝日:普天間基地移設・一票の格差
日経:失われた20年

前回の衆院選。
高知と千葉の一票の格差がひどいものだった。
人口などを考えれば、どう贔屓目に見ても高知に3議席は多すぎる。

選挙無効の要求は却下されたものの、このまま放置して済まされる事態ではない。
議院の定数削減案など個人的には愚案としか思えないが、選挙制度を見直す中にあって定数を見直すという話もほぼ必然的に出てくるだろうね。
定数枠の配分変更は当然行われるべきこととしても、民主主義の維持のために必要なコストまでカットされるなんて、個人的には許せない話なのだけど。
投票時間の繰上げや投票日の繰上げなんかもそうなんだけどね。
職員人件費を抑えるためという理由で投票時間を繰り上げた投票所がいっぱいあったけれど、国民の貴重な権利行使の機会をそんな理由で減らさないでほしい。
もっと無駄なコストはいっぱいあるはず。

(参考)商品相場
純金 1107.90(△ 3.10)
原油   78.77(△ 0.72)

2009/12/28(月)   予算枠の分捕り合戦

今日の社説。

信濃毎日:普天間基地移設・難民認定

毎日:診療報酬改定・行政刷新会議
読売:診療報酬改定・教科書検定
産経:診療報酬改定・中国情勢
朝日:派遣法改正・首相訪印
日経:FTA戦略・高校無償化

高校の無償化でお金がかかる。
子供手当てでお金がかかる。
高速無料化でお金がかかる。
暫定税率廃止でお金がかかる。

多くのお金がかかる事業が控えるなか、民主党は無駄の撲滅でお金を出すと言った。
しかし結局は過去最多の国債発行額44兆円と、国債頼み。
前政権の愚策のツケもあり、致し方ないのかもしれないが。

そんな中、削られ続けてきた診療報酬はわずかながらプラス改定。
診療報酬が無駄遣いとは言わないが、ではいったい民主党は無駄遣いをどこで撲滅しようとしているのだろう。

2009/12/27(日)   10年度予算案

今日の社説。

信濃毎日:米機テロ未遂・医療保険改革

毎日:核密約問題・高速無料化
読売:2009回顧
産経:終末期医療・竹島問題
朝日:竹島問題・診療報酬
日経:核密約問題・日航再建

先週決定した来年度予算は残念ながら民主の無駄遣い撲滅というマニフェストとは程遠い予算案にしか思えなかった。

2009/12/26(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信濃毎日:来年度予算案

毎日:来年度予算案
読売:来年度予算案
産経:来年度予算案
朝日:来年度予算案
日経:来年度予算案

(参考)商品相場
クリスマス休場

(参考)商品相場=前週末比
純金 1104.80(▼ 6.70)
原油   78.05(△ 4.69)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 91.10  90.36  89.11
対ユーロ:131.30 129.49 130.22
対豪ドル: 80.55  80.51  81.31
日経平均:10494.71 10142.05 10117.87
債券10年:1.28% 1.24% 1.25%
債券20年:2.10% 2.08% 2.02%


(先週のおもな出来事=主観による)
・10年度予算が92兆2992億円に決定

2009/12/25(金)   中央リニア構想

今日の社説。

信濃毎日:首相元秘書起訴・中央リニア構想

毎日:首相元秘書起訴・首相元秘書起訴
読売:首相元秘書起訴
産経:首相元秘書起訴
朝日:首相元秘書起訴・子ども手当
日経:首相元秘書起訴・診療報酬改定

諏訪圏にリニアの駅など要らないと思っている。
たとえ工法上の問題で現在推進されている通称Cルートを取れなくなったとしてもね。

少なくともリニアが諏訪を通れば、中央線は平行在来線として分離対象になる。
あずさやしなのがリニアに置き換えられることはメリットなのだろうか。
沿線住民としてはデメリットばかり目に付くのですが。

信毎。

>  試算によれば、東京−名古屋間の建設費は、伊那谷の方が南アルプスルートより約6400億円高くなる。民間企業の立場からすれば、建設費が安く、しかも所要時間が短くなるコースを合理的と考えるのは当然だ。

> けれども、新幹線整備の基本理念である地域振興の側面をおろそかにしては困る。中央新幹線は1973年、全国新幹線鉄道整備法に基づいて基本計画線に決まっている。県内ルートを伊那谷にまとめるにも、時間をかけて意思統一を進めた経緯がある。

中央リニアは地域振興のためというよりもむしろ東西輸送のためでしょ。
当初計画では中間駅は飯田1駅のみだった気もするし。
その後、山梨県は実験線などでリニアに協力したからとか、岐阜も通るならとか、いろいろ言ってくる人たちが現れて1県1駅にはなったけどね。

東京(品川)=飯田=名古屋=奈良=大阪、でちょうどいい感じなんじゃないのかな。

(参考)商品相場
純金 1104.80(△10.80)
原油   78.05(△ 1.38)

2009/12/24(木)   密約問題

今日の社説。

信濃毎日:延命治療中止・対中貿易

毎日:鳩山政権百日
読売:中台交渉・沖縄核密約
産経:農家戸別補償・普天間基地移設
朝日:北問題・宇宙開発
日経:鳩山政権百日

読売から。

>  政府は従来、一貫して密約の存在を否定してきた。だが、日本外交に対する国民の信頼を回復するには、密約の存在を認め、問題にけじめをつけるべきだ。

密約の存在を一貫して否定してきたのは今まで長く続いた政府であって、現政府ではない。
現政府が密約の存在を否定しているのなら、それこそ大臣命令で調査なんてことも起こらないだろうに。

(参考)商品相場
純金 1094.00(△ 7.30)
原油   76.67(△ 2.23)

2009/12/23(水)   与党税制大綱

今日の社説。

信濃毎日:税制大綱・宇宙開発

毎日:税制大綱
読売:税制大綱
産経:税制大綱・天皇の政治利用
朝日:税制大綱・沖縄核密約
日経:税制大綱

産経は祝日の新聞発行をやめちゃったのかな。
ちょっと前には夕刊も休止しているし、ありえない話ではないかも?
と思ったが、1月半ばになってやっとWEBにも掲載されたみたい。

今までは自民税調が内閣以上の権限を持つという異常な状態だった。
何度も上程されたたばこ税が集票を気にする鶴の一声で取り下げられたりとか。
そのたばこは、来年の10月からは400円前後になりそうだという。
おいらはたばこは吸わないけれど、どうなんだろうね。
酒・たばこ・塩と言えば政府が儲かるための嗜好品で、どうしようもないのかもしれないけれどね。

(参考)商品相場
純金 1086.70(▼ 9.30)
原油   74.44(△ 0.68)

2009/12/22(火)   派遣法改正

今日の社説。

信濃毎日:首相が上申書・スキーの季節

毎日:政権交代・宇宙開発
読売:年金機構・宇宙開発
産経:首相が上申書・宇宙開発
朝日:鳩山政権百日
日経:子ども手当・派遣法改正

派遣労働が原則禁止されそうだという。
別のそのことは悪くないと思う。
雇用主と職場が違うという現状のほうがよっぽど大きな問題だと思うし。

しかし、派遣は切れても、正社員は切れない。
そういう現状があるからこそ、派遣労働者数はずっと増えてきているわけだ。
派遣の全面禁止を謳うのであれば、それに見合う労働関連法の改正も避けて通れないだろう。

日経の結論。

>  今後の法案作りのなかで、登録型派遣と製造派遣の「原則禁止」は見直すべきだ。さもないと、日本経済がさらに活力を落としかねない。

結局労働者の賃金が増えないことも景気が回復しない原因である。
派遣労働と言えば中間業者が乱立するように業者だけが儲かる構図ができているわけで、なぜそこを見直そうという機運が盛り上がらないのだろう。

(参考)商品相場
純金 1096.00(▼15.50)
原油   73.78(△ 0.42)

2009/12/21(月)   銀行新資本規制

今日の社説。

信濃毎日:子ども手当・銀行資本規制

毎日:就職難・北朝鮮デノミ
読売:ドバイショック・科学技術戦略
産経:関西三空港・豚由来インフル
朝日:中央アジア・障害者社会参加
日経:高速無料化・子ども手当

銀行の自己資本を規制する世界標準会計の導入が見送られることになった。
それを受け、メガバンクの株価は反発し、ストップ高(1日の値幅制限の上限まで上昇すること)になった銘柄もあった。
ここ最近、三菱東京UFJが市場(史上)過去最高額となる1兆円を超える増資を決行したり、投資家は公募増資に懐疑的だったからね。
大量に新株が発行されれば、需給から株価が下がるのは目に見えている。
だからこそ、株価も上がらなかった。
日本だけは取り残されていた。

では、今回のニュースを契機に株価は上がり続けるのか。
ことはそう単純ではない。

なぜなら、みずほも三井住友も、おそらく東京三菱以上に増資の必要があるだろうから。
劣後債や優先株を大量に発行しているメガバンクは自己資本の質・量とも改善しなければいけないし、それにもまして本業の利益率を高めていかなければ生き延びられないだろう。

2009/12/20(日)   COP15

今日の社説。

信濃毎日:COP15・イラク情勢

毎日:COP15
読売:COP15・地方分権改革
産経:COP15・銀行資本規制
朝日:COP15
日経:COP15

米中の強い主張と、欧州の削減要求が激しくぶつかり合った。
日本は建前上は25%減を主張しているけれど、本気かどうかは知る由もなく?

交渉決裂を恐れて歩み寄った玉虫色の決着になったのが予想通りであったのが寂しい気もする。

2009/12/19(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信濃毎日:小沢秘書裁判・茨城連続殺傷事件

毎日:小沢秘書裁判・子ども手当
読売:小沢秘書裁判・イラン核問題
産経:小沢秘書裁判・子ども手当
朝日:小沢秘書裁判・核廃絶
日経:小沢秘書裁判・日銀行動指針

産経から。

>  3月の同被告の起訴の際に、東京地検特捜部長らが異例の会見を行い、「重大性、悪質性を考えると放置できない」と強調したことが裏付けられた。

むしろ産経の悪質さのほうが放置できない印象ですが。
要人発言をねつ造したりね。
そもそも今回の検察の陳述がすべて正しいのであるなら、検察は小沢秘書の大久保氏ではなく小沢氏そのものを起訴しているはずである。

日経。

>  有力政治家それも政権党の幹事長である小沢氏が国民に負う責任はもっと別のところにあるだろう。検察が指弾する、秘書の犯行の背景事情について、小沢氏は法廷の外で自らの言葉で説明する責任がある。

すべては公判で明らかになればいいこと。明らかにする義務は検察側にある。
法廷なんて、そういうものなのだから。
そして同じことは産経がいやというほど取材している谷川恒太次席検事も記者会見で述べていたことです。

(参考)商品相場
純金 1111.50(△ 4.10)
原油   73.36(△ 0.71)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1111.50(▼ 8.40)
原油   73.36(△ 3.49)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 90.36  89.11  90.48
対ユーロ:129.49 130.22 134.31
対豪ドル: 80.51  81.31  82.68
日経平均:10142.05 10117.87 10022.59
債券10年:1.24% 1.25% 1.30%
債券20年:2.08% 2.02% 2.06%


(先週のおもな出来事=主観による)
・天皇陛下が習氏と会見

2009/12/18(金)   なお続く金融危機の余震

今日の社説。

信濃毎日:政府と与党・調書流出有罪

毎日:政府と与党・障害者制度改革
読売:政府と与党・日中外交
産経:政府と与党・安保政策
朝日:政府と与党・調書流出有罪
日経:布川事件再審・ドバイショック

日経から。

>  11月下旬に政府系企業の債務返済延期を求め、国際金融市場に衝撃を広げたドバイが、同じアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビから100億ドルの資金援助を受けることになった。これで当面の債務不履行は回避できそうだが、ショックは欧州にも飛び火している。金融市場の安定に向け、ドバイの債務問題から学ぶべき教訓は多い。

リーマンショックの直後、与謝野財務大臣が「蚊がさした程度」と述べたのは記憶に新しいことだけど、その二の舞になるのだろうか。

> ドバイは野心的な経済開発を外部資金に頼って進めてきたが、新たな資金調達や借金の借り換えが困難になり、経済運営がつまずいた。ドバイ問題を契機に、市場は借金に大きく依存して経済を運営してきた国の信用力に再び過敏になっている。
> 欧州でも、財政赤字が大きく外国資金に頼りがちな南欧諸国などへの懸念が強まった。国債相場急落を受け、ギリシャ政府は社会保障費の1割カットを含む赤字削減策の発表に追い込まれた。だが、政策の実効性に疑問が残り、同国債の格付けを引き下げる動きが続く。市場が求めているのは、債務返済能力を明確に示すような財政のリストラ策だ。

借金に大きく依存して経済を運営している国と言えば日本がまさにそう。
でも、日本の場合は外部からの調達ではなく、国債発行による内部(国民)からの調達ですからね。
言い換えれば、国民が国家(国債)に不安を感じれば、日本の財政運営はいつ行き詰ってもおかしくないということ。

与党が政府に子ども手当の支給制限や暫定税率維持などを提言したようですが、ギリシャやかつてのイタリアの例に倣えば日本はもっと社会保障費など財政支出を切り詰めなければいけないだろうね。

(参考)商品相場
純金 1107.40(▼28.80)
原油   72.65(▼ 0.01)

2009/12/17(木)   三井住友も増資へ

今日の社説。

信濃毎日:布川事件再審・東京空襲訴訟

毎日:布川事件再審・天皇の政治利用
読売:布川事件再審・租税特措見直し
産経:COP15・北問題
朝日:布川事件再審・天皇の政治利用
日経:COP15・陳情仕分け

先ごろ東京三菱UFJが増資を行ったけれど、三井住友も増資に向かう模様。
さすがに1兆円なんてことはないと思いますが。

邦銀髄一の効率経営の三井住友は世界の投資家の人気が高い。
かたやみずほは・・・どうなるのだろう。

(参考)商品相場
純金 1136.20(△13.20)
原油   72.66(△ 1.97)

2009/12/16(水)   普天間基地移設

今日の社説。

信濃毎日:普天間基地移設・日中外交

毎日:普天間基地移設
読売:普天間基地移設・天皇の政治利用
産経:普天間基地移設・天皇の政治利用
朝日:普天間基地移設
日経:普天間基地移設・企業政策

社民の主張が沖縄問題で、国民新党の主張が郵政民営化凍結と大型景気対策。
どちらの主張も呑まれたにもかかわらず、民主の主張である外国人参政権などは反対に遭い、実現していない。
沖縄問題が解決しないのも社民の反発が大きいからだし。

議席数から言えば大差なのに、こんなに少数与党に振り回される日々が続いているのはどうなのかと思う。
斎藤社長の人事なんて、まさにそうだし。
民主に主だった軸がないことが事態の更なる悪化に歯止めをかけているという見方をすれば、政治のあり方としてこんな皮肉なことはないだろう。

(参考)商品相場
純金 1123.00(▼ 0.80)
原油   70.69(△ 1.18)

2009/12/15(火)   天皇の政治利用?

今日の社説。

信濃毎日:オープンスカイ協定・地方分権

毎日:日中外交・関西三空港
読売:オープンスカイ協定・外国人参政権
産経:日中外交・日韓外交
朝日:企業年金・法制局答弁
日経:オープンスカイ協定・天皇の政治利用

産経。

>  習氏は中国共産党内での序列は6位だが、胡錦濤国家主席の有力後継候補とされる。まだ日本になじみが薄く、天皇との会見は、習氏の存在を日本に印象づけたい中国の意向に沿ったものだ。それは明らかに天皇の政治利用であり、会見を求める中国の要求をきっぱりと拒否すべきだった。

以前の論説では民主が30日ルールを反故にしたこと、民主が天皇を政治利用をしていることを糾弾していたようでしたが、今度のはニュアンスが違う。
政治利用しているのは中国だ、という文である。

古くはGHQによる政治利用をはじめ、長年の自民党政権時代もずっと、天皇はずっと政治利用され続けてきた。
それまでの事実に関してはどのように考えているのだろう。
それに、この産経の文脈なら30日ルールを破ったことは問題ではなく、30日以上前の会見申請でも断らなければいけない。
それは国際親善の面で大きな問題を孕んでいないだろうか。

もうひとつ指摘すると、羽毛田長官の対応はおかしいと思う。
「30日ルール」に則った天皇の外国要人との会見は年に100回を越える。
会見の目的はすべて国際親善なのに、わざわざ暴露する必要のない政府との内幕を暴露することにより親善という目的が果たせないとすれば、長官として求められている職責を果たせないということ。
天皇の体調を気遣うことだけが職務だと考えているのなら、愚か極まりない長官と言うしかない。


民主の小沢が会見を求めたと勝手に報道していたけれど、その小沢本人は否定。
ことあるごとに説明責任ばかり連呼するのなら、産経は取材源ぐらい明らかにしたらどうか。
取材源秘匿のため無理ですか。ああそうですか(笑)
どう考えても羽毛田長官以外にありえない。下手な三流ドラマ以下である。

根も葉もないうわさを勝手に報道して煽って、批判されても反省もせず、同じことの繰り返し。
日本の政治は未成熟なままですが、マスメディアに関しては退化を続けているように感じる。
自民と同じで、そんなに「産経新聞が初めて下野なう」がいやなのか。

(参考)商品相場
純金 1123.80(△ 3.90)
原油   69.51(▼ 0.36)

2009/12/14(月)   新聞休刊日

お休みさせていただきます。

2009/12/13(日)   銀行BIS規制

今日の社説。

信濃毎日:米朝協議・天皇の政治利用

毎日:来年度予算・天皇の政治利用
読売:連立政権・天皇の政治利用
産経:連立政権・民主党訪中団
朝日:パリフォーラム・天皇の政治利用
日経:銀行過少資本

世界会計基準っていつも邦銀を焦点にしたような変更がなされるよね。
バブルの頃しかり、今度もしかり。
米英をはじめ銀行が大きな痛手を負ったのは事実なのだけど、恣意的な変更で国際競争力を維持させるというのはどうも違う気がする。

2009/12/12(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信濃毎日:オバマノーベル賞・連立政権

毎日:オバマノーベル賞・地域主権
読売:米朝協議・民主党訪中団
産経:オバマノーベル賞・天皇の政治利用
朝日:世界自動車再編・COP15
日経:財政再建・健保組合

(参考)商品相場
純金 1119.90(▼ 6.30)
原油   69.87(▼ 0.67)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1119.90(▼49.60)
原油   69.87(▼ 5.60)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 89.11  90.48  86.45
対ユーロ:130.22 134.31 129.55
対豪ドル: 81.31  82.68  78.38
日経平均:10117.87 10022.59 9081.52
債券10年:1.25% 1.30% 1.26%
債券20年:2.02% 2.06% 2.01%


(先週のおもな出来事=主観による)
・国債発行額が53.5兆円、36.9兆円の税収を上回る
・スズキとフォルクスワーゲンが提携へ
・パナソニック、三洋電機をTOB

2009/12/11(金)   政治とカネの問題

今日の社説。

信濃毎日:二階秘書有罪・世界自動車再編

毎日:連立政権・男子ゴルフ界
読売:延命治療中止・世界自動車再編
産経:政治とカネ・政治とカネ
朝日:高校無償化・米朝協議
日経:米雇用政策・政治とカネ

日経から。二階氏と検察の癒着について。

>  今年3月に小沢氏の秘書を規正法違反で起訴した際、東京地検次席検事は「看過し得ない重大、悪質な事案」と異例のコメントを出した。あとは「公判で明らかにする」とだけ述べたが、西松建設側被告の公判で、検察は、同社と小沢氏側との関係を「公共工事受注を巡る金銭的癒着」と表現しており、「重大、悪質」と判断した根拠はそこにある。
> 報道によれば、西松建設と二階氏側との関係も、公共工事を媒介にしてかなり親密なようだ。なのに検察はなぜ二階氏の秘書を軽い処分で済ませたのか、その理由を知りたいところである。
(略)
> 検察当局は、検察権の行使についての説明責任は公判廷で果たすものとしてきた。であれば、社会の関心を集めた、しかも政治とカネを巡る違法行為という、国民の目に実態をさらさなければならない事件は、正式起訴をして公開の法廷に持ち込むべきだったのではないか。

鳩山首相の問題でも、起訴に相当するなら起訴すればよい。
検察がダブルスタンダードなままでは、いつになっても自身の正当性を主張できないし、検察に対する疑念ばかりが残ってしまう。

(参考)商品相場
純金 1126.20(△ 5.30)
原油   70.54(▼ 0.13)

2009/12/10(木)   VWとスズキが提携へ

今日の社説。

信濃毎日:普天間基地移設・財政赤字

毎日:二階秘書有罪・納税者番号
読売:二階秘書有罪・普天間基地移設
産経:普天間基地移設・小沢訪中
朝日:二階秘書有罪・普天間基地移設
日経:普天間基地移設・世界自動車再編

日経から。

>  自動車大手のスズキが独フォルクスワーゲン(VW)との資本提携を発表した。VWがスズキ株の19.9%を取得するほか、共同で環境関連技術の開発に取り組む。

これには驚いたね。
スズキと言えばGM、ってぐらい両者は密着していたから。
そして環境規制・燃費規制の緩い米車同様、スズキにも環境対応技術はあまりないままだった。

だからこそ、今回のVWとの連携なのだろうけど。

日本の大手自動車社は政治干渉して環境規制を強めさせないようだけれど、そんなアメリカまがいのことをしてどうするのだろう。
製造業として、自社製品が環境に与えるインパクトぐらい、理解していてほしい。

(参考)商品相場
純金 1120.90(▼22.50)
原油   70.67(▼ 1.95)

2009/12/09(水)   国債残高はどうなったの?

今日の社説。

信濃毎日:裁判員制度・冬山登山遭難

毎日:事務次官廃止・補正予算
読売:国債過去最多・補正予算
産経:米朝協議・補正予算
朝日:COP15・補正予算
日経:米朝協議・補正予算

補正予算が7兆円規模に。
国民新党に歩み寄ったのだろうけど、危機だから国家が下支えしろ、じゃ自民党時代となにもかわりゃしない。
民間が変わらないといけないというのに。

亀井が国債発行は当然の話、岩盤を国民新党がぶち壊す、だなんて会見で述べていたけれど、この人ってほんと、古い自民党そのままだね。
大きい政府を維持できるほど、いまの日本に体力はあるのだろうか?
良くも悪くも亀井さんの次の世代、さらにその次の世代へと日本は続いていくのだ。

(参考)商品相場
純金 1143.40(▼20.60)
原油   72.62(▼ 1.31)

2009/12/08(火)   日債銀訴訟

今日の社説。

信濃毎日:COP15・松本山雅FC

毎日:米朝協議・家庭生活意識調査
読売:高校無償化・ゴルフ賞金王
産経:COP15・普天間基地移設
朝日:陳情改革・情報収集衛星
日経:WTO交渉・日債銀粉飾決算訴訟

長銀と日債銀が破綻したとき、粉飾決算をしたとして経営陣が罪に問われた。
長銀裁判(大野木裁判)では最高裁での逆転無罪が確定。
では日債銀はどうなのか、と言えば、差し戻しだという。

日経。

>  経営破綻し一時国有化された旧日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)の粉飾決算事件で最高裁は、旧経営陣3人を有罪とする原判決を破棄した。ここまでは、旧日本長期信用銀行の粉飾決算事件と同じだが、自ら無罪を言い渡した長銀事件と異なり、今回最高裁は東京高裁に審理のやり直しを命じた。

差し戻しというのは時間を強いるものだし、なぜ最高裁は自身で審理しないのか。
いつも思うことですがね。

> (長銀裁判と)同じ法解釈に基づきながら、最高裁が日債銀の3被告を無罪にしなかったのは、従前の基準でも回収不能と査定されるはずの貸出債権を「償却・引き当ての必要なし」と分類して決算を粉飾した疑いが残る、とみたからだ。いわゆる「有罪方向での差し戻し」に思える。

長銀裁判でも同じじゃないのかな。
あのときも、どうみても回収不能な融資も大量にあった。
それでも経営陣は無罪になった。
そしてそれでも、納得できる判決だった。

なんとなくですが、ダブルスタンダードに感じるのは気のせいでしょうか。
裁判所が検察、あるいは自民党政治家の顔を立ててどうするのだろう。

(参考)商品相場
純金 1164.00(▼ 5.50)
原油   73.93(▼ 1.54)

2009/12/07(月)   lighter規制

今日の社説。

信濃毎日:ライター規制・イラン核問題

毎日:COP15・個人情報保護法
読売:COP15・漢方保険対象外
産経:環境税構想・高齢者医療制度
朝日:予算編成
日経:COP15

信毎のライター規制は火をつけるほうのライターです。
子供が使ったりして失火の原因になるのでね。
決して文章を書くほうのライター規制ではございません。念のため。


盗用、盗作が跋扈する今のネット時代、無法なフリーライターを規制してほしい気持ちはやまやまなのですが(笑)

2009/12/06(日)   キレる子供たち?

今日の社説。

信濃毎日:追加経済対策・南アW杯

毎日:キレる子供・東証誤発注訴訟
読売:予算編成・暴力行為調査
産経:貨物検査法案・マニフェスト事業
朝日:COP15
日経:デフレ対策

昨日今日とキレる子供たちの社説が載っている。
でも、問題なのはキレる子供たちというよりも、キレる先生たちというほうが正確なのだけど。。。
性行為、言葉の暴力、体罰などなど・・・
いじめが原因で自殺する子供たちが残念ながら増えてきているけれど、教員によるいじめも増加する一方。
キレる子供たちが大人になってそのまま先生をしているんだから、どうしようもないんだけどね。

頭が「切れる」子供たちだったらいいんだけどね(笑)

2009/12/05(土)   今週の市場サマリー

今日の社説。

信濃毎日:国会閉幕・福島社民党

毎日:国会閉幕・診療報酬
読売:国会閉幕・WTO交渉
産経:郵政民営化凍結・普天間基地移設
朝日:平山郁夫さん死去・キレる子供
日経:普天間基地移設・東証誤発注訴訟

(参考)商品相場
純金 1169.50(▼48.80)
原油   75.47(▼ 0.99)

(参考)商品相場=前週末比
純金 1169.50(▼ 6.00)
原油   75.47(▼ 0.58)

(参考)週末相場 週初相場 二週間前相場
対米ドル: 90.48  86.45  89.00
対ユーロ:134.31 129.55 132.27
対豪ドル: 82.68  78.38  81.47
日経平均:10022.59 9081.52 9497.68
債券10年:1.30% 1.26% 1.31%
債券20年:2.06% 2.01% 2.05%

(先週のおもな出来事=主観による)
・豪中銀が政策金利を0.25%上げ、年3.75%に

2009/12/04(金)   普天間基地移設問題

今日の社説。

信濃毎日:原爆症基金法・自動車再編

毎日:普天間基地移設・たばこ増税
読売:普天間基地移設・ビラ配り有罪
産経:政治献金
朝日:普天間基地移設・イラン核問題
日経:暫定税率廃止・環境対応技術産業再編

連立の脆さが顕著に現れてきている。
なんでも反対社民党、なんでも拒否の自民党。
なかなか大変なことで。。。
民主党の本音としては来年の参院選まで先送りして、選挙で議席を固めた後で沖縄県内移転をする、ってところなんだろうね。

日本の政治は常に日程政治なのだけれど、選挙をはさんだ日程となっているのは異常で、もっと現実的かつ速効性のある回答を求めたいところ。
そうすれば沖縄から撤退してグアムへの集約にしか、行き着かないんですが。。。

(参考)商品相場
純金 1218.30(△ 5.30)
原油   76.46(▼ 0.14)

2009/12/03(木)   臨時国会終幕へ

今日の社説。

信濃毎日:米アフガン戦略・科学技術予算

毎日:米アフガン戦略・ビラ配り有罪
読売:米アフガン戦略・日米密約検証
産経:米アフガン戦略・政府日銀連携
朝日:米アフガン戦略・住民訴訟
日経:米アフガン戦略・郵政凍結法案

与野党が逆転しても、国会のあり方は全く変わらないようで・・・
野党の審議拒否戦術を批判していた自民はいったいいま何をしているのだろう。
与党の情報公開の少なさを批判していた民主はいったいいま何をしているのだろう。

(参考)商品相場
純金 1213.00(△12.80)
原油   76.60(▼ 1.77)

2009/12/02(水)   なんでもかんでも「存在しない」では通用しない

今日の社説。

信濃毎日:日米密約検証・松本空港存続

毎日:量的緩和政策・日米密約検証
読売:量的緩和政策・貨物検査法案
産経:量的緩和政策・中高生の暴力
朝日:量的緩和政策・臨時国会
日経:量的緩和政策・後期高齢者医療制度

日銀の量的緩和。
若干ながら円安になり、長期金利は大きく低下した。
1.1%台なんて久々に見るよ。
とはいえ政策に小出し感が拭えないし、措置を講じるのが後手後手である。
なぜもっと早く手を打てないのか知りたいよ。

松本空港の存続問題。
日興の撤退をうけ、フジドリームエアラインズが就航することに決まった。
現在毎日2便運行の大阪(伊丹)線は廃止になり、現在隔日の札幌便と福岡便を毎日運行するという。
あとは、利便性だけの問題だね。
松本空港に機材を留置できるのなら県民にとって利用しやすいダイヤになるだろうね。
現在のダイヤじゃ、どうにも利用しようがなかったから。。。


最後に、日米密約の問題。信毎から。

>  沖縄返還をめぐり日米間の密約が存在したかどうかが争われている訴訟で、元外務省幹部が密約があったことを認めた。
> 証言したのは元アメリカ局長の吉野文六氏。「沖縄返還協定の文言とは異なり、(米国が負担すべき費用を)実際には日本側が負担した」と述べた。

日本側は長い自民政権の間ずっと「密約など存在しない」というスタンスだった。
情報公開を求めたところ「原本不存在」を理由に却下された。
しかしその後、アメリカが外交文書を公開し、密約の存在が明らかになった。

情報公開を避けるために故意に重要文書を焼却したり、シュレッダーにかけたり、倉庫に押し込んだりなどの行為が中央官僚によって常態化している。
とくに省庁再編時に顕著だったけどね。
外務省も、密約に携わった本人が裁判で証言したことを重く受け止め、真相究明に協力するべきだ。


それに、不存在を主張するのはなにも外交文書に関することだけではない。
たとえば埋蔵金は存在しない、という財務官僚の主張もそうである。
埋蔵金というのは特別会計の積立金・剰余金のことであり、特別会計はすべて決算も報告されているから「埋蔵」などはされていない、というのが財務省(より正確には財務省主計局)の言い分。
しかしながら利益剰余金をたんまり溜め込んできて、景気対策で財源が足りなくなるとわざわざ特別立法をしてまで財源に流用するぐらいなのだもの。
財投特会の26兆円など、理解を超える水準である。
もっとも同会計の26兆円(05年度)の積立金は自民・公明両党の悪政により、来年度(10年度)には底を尽き0になってしまうことがすでに確定している(今年度は3.2兆円)。
たった5年で0とは無駄遣いも極まれりというものだ。
それに埋蔵金というのはストック(貯蓄)のことではなくて、フロー(お金の流れ)からそうなのである。
だから「一度使えばなくなる」という指摘も正しくない。
実際には特別会計は毎年1兆円余のフロー残高は発生していると財務省は公式に述べている。
ただ、会計検査院はその額を2〜3兆円と指摘しており、民主党の細野議員などのように独立行政法人なども含めて10兆円規模に上ると指摘する人もいる。


存在しないから開示できない、というのは当たり前の論理に思えるけれども、実際には開示したくないから原本を故意に処分しているんだよね。
いったいどれほどの悪行を政治家と中央官僚は積み重ねているんだろう。

(参考)商品相場
純金 1200.20(△17.90)
原油   78.37(△ 1.09)

2009/12/01(火)   ビラ配布に有罪判決

今日の社説。

信濃毎日:ビラ配り有罪・国会延長

毎日:追加経済対策・国会延長
読売:デフレ危機
産経:円高株安対策・国会延長
朝日:環境税構想・ビラ配り有罪
日経:人民元問題・国会延長

共産党のビラを配った僧侶に最高裁が有罪判決。
オートロックを破壊して潜入したとかだったら分かるけれども、そうではないからね。
政治的なビラはどこかのカルト宗教団体などがよく配っているけれど、あんなのはかわいいもの。
卑劣な選挙運動に較べれば、の話だけどね。

ビラ配りお断りと書いてあったら、それに対する配慮も必要だろう。
去年はイラク戦争反対のビラを撒いた人がやはり最高裁で有罪になった。
しかし、生活関係のビラ、とくにピンクのビラ、貸金業のビラなどはもっとひどいもんだ。
政治的なビラよりよほど悪質だし、野放しにされている理由が知りたい。
それとも、このテのビラ配りでも大勢の逮捕者が出ているのだろうか?

(参考)商品相場
純金 1182.30(△ 6.80)
原油   77.28(△ 1.23)

過去ログ 2000年01月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月