伊忍道追記
伊忍道追記 2006/03/26 update

伊忍道の誤記を指摘されたのでやっておりました(爆)
ゲーム自体をあまりしないが、RPGなんてなおのこと、滅多にしないので・・・
このゲームは自力クリアした唯一のRPGかもしれません。
DQ1はほとんど自力だけど、ロトのしるしの場所を聞いたからなぁ。
にじぬひま まざぞででごず だにぼひま ひたぜ
とかあったような?もう忘れたわ。

やり直していると、矛盾する行為の多いこと。
ほかのRPGでも似たようなことはあるんだろうけど。

・「敵はまだ気づいていない」→逃げる→「逃げられなかった!」っておい!
・「敵の先制攻撃」→逃げ出した・・・意味が分からん。
・睡眠中の敵が攻撃を避ける。どーやってよけているんだよ!
・レイ(女忍者)、「私、どうしてもあなたの仲間になりたいの」→同伴して家を買おうとすると「あなたの奥さんになんかなりたくないわよ!!」
・天狗の団扇で飛ばす→生来で復活(DQに直せば、バシルーラで飛ばす→ザオリクで復活)
死んでない敵が復活するってありえなくね?
・道具屋に売るのと質屋に入れるのとで手に入るのが同じ金額
・宿屋で話した相手「家に帰る途中でござる」で、その日にその宿に泊まると「悪いけど死んでもらうぜ。これも金のためさ」って言って襲ってくる。
・戦闘直後、水龍という敵は体力丸(薬草みたいなの)を使った・・・「水龍はもったいないと思った」。
おい!じゃあ使うなよ!!
・ボスとの戦闘に勝利→間違って(あるいはわざと)ちょっと戻る→またそのボスが登場(爆)
スーパーファミコン版でも同様なあたり、バグではなくて仕様なんだろうね。


やり直したのは通常編ではなくて妖術師編だったんですが、最後の魔人アバドンって超波動出すんだね。
通常編だと森蘭丸で、確か使わなかったと記憶してるんだが。
森蘭丸の行動は、攻撃、治癒2、治癒3だったような?
いやまあ、普通の武将が治癒の呪文なんて使えるわけないけどw
たぶん妖術師編(アバドン)のほうが難しいね。
美濃も二人コンビだし(ニコラスとエウリノーム)。
とはいえ、お約束の睡眠薬クリアなのでレベル45でクリアできました。
一度だけ死んだけど、安土城ではなくて相模天狗の森でした。
睡眠薬を使わないと45ではクリアできない。
目安は、伊賀9、富士11、筑波12、義経14、恐山17、大島19、天狗21、御獄山22、越智23、金剛32、壇ノ浦40、剣山41、阿蘇43、比叡山44って感じですかね。
仲間は服部半蔵、因陀羅(羅漢)でした。
ちなみに最初は楯岡右近、豪伊久麿(武士)でしたが、筑波で苦労したね。
侍を最初に選んだのははじめてだったけど、解毒丸が足らんようになった。
祈祷をもってる顕光法師だったら楽なんだけど。
あと笑ったのは、豪を捨てた途端、宿屋で襲ってきたこと(爆)
いくら昨日の友は今日の敵とはいえ、分かれた瞬間に襲ってこなくてもいいんちゃう?